2019年2回福島8日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒3、日曜がプラス1秒5からプラス1秒8への変動だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、開催を通じて雨の影響を受けて、ほとんどがプラスの数値だった。
 土曜は雨の影響が残った上、昼過ぎに雨が降って1日を通じて馬場差はプラス1秒3と時計が掛かっていた。日曜は開催最終日だった上、再び雨の影響を受けて後半はさらに時計が掛かっていた。連対馬については、前回のサマリーで強調したように、差しの効く馬場だった。ただし、馬群全体が外を回って、特に日曜の差し馬はコースロスが大きくなって、4コーナーで外へ出された逃げ・先行馬が粘るレースが増えた。これは馬場が荒れてきた開催では、よく見受けられること。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒6からマイナス0秒8への変動、日曜がマイナス0秒7だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で2日目と6日目は終日マイナス1秒台だった。
 また、雨の影響により変動となった開催日の方が多くなっている。
 土曜は終日稍重発表だったが、昼頃の雨で午前よりも午後の方が時計は出やすくなった。ただ、日曜も含めマイナス1秒台にはなっておらず、雨の影響を受けたとは言え、高速馬場という程ではなかった。連対馬については、ダートは前めに位置した馬が優勢だった。


  タイム分析
 2019/07/21 (日)  芝=+1.5 → +1.8  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1800 コスモインペリウム    牡2 未勝利 1:53.1 +3.6 -0.8 +1.4 +1.4 SL C 6.86
2R T1200 ビブショウ    牝2 未勝利 1:11.9 +1.7 --- +0.8 +0.9 E D 11.00
4R T1800 ウエスタンランポ    牝3 未勝利・牝 1:51.3 +2.6 --- +1.2 +1.4 E D 7.78
6R T1200 ディザイアソング    牝3 未勝利 1:11.2 +1.4 --- +0.4 +1.0 D D 9.40
7R T2000 パシフィスタ    牡3 未勝利 2:04.2 +2.6 --- +1.0 +1.6 E C 5.75
9R T1200 サウンドマジック    牝5 白河特H(2勝) 1:09.6 +0.8 --- -0.2 +1.0 C D 11.09
11R T1800 リライアブルエース    牡6 福島テレ 1:48.9 +2.9 --- +1.3 +1.6 E D 8.22
 2019/07/21 (日)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R D1700 フィストバンプ    牡3 未勝利 1:47.9 +0.8 --- +1.5 -0.7 E C 5.80
5R D1150 オヌシナニモノ    牡2 新馬 1:09.4 -0.6 --- -0.1 -0.5 C D 8.71
8R D1700 ワシントンテソーロ    牡3 1勝クラス 1:46.2 +0.2 --- +0.9 -0.7 E C 7.89
10R D1700 グラスブルース    牡5 横手特別(2勝) 1:45.5 +0.3 --- +1.0 -0.7 E D 9.40
12R D1150 サニーストーム    牝3 1勝クラス 1:07.9 -0.6 --- -0.1 -0.5 C D 8.27

福島1R 2歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。1000m通過1分4秒5のスロー。人気馬が前めにつけて、順当に粘り込んだレース。
1着 コスモインペリウム 
 ただ、まぁ勝ち馬は展開的にやや恵まれた。
2着 ソスピタ 
 2・3着馬は次走有望だろう。
3着 ロードオマージュ 
 2・3着馬は次走有望だろう。
福島2R 2歳未勝利 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
福島3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
福島4R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
福島5R 2歳新馬 注目
 タイムランクはCだが、勝ち馬オヌシナニモノが圧倒的なパフォーマンスを見せた。好スタートからデビルスダンサーが逃げる構えを見せたが、内からムーニーヴァレーが巻き返して先頭。しかし、3コーナーでは早くもデビルスダンサーとオヌシナニモノが外から被せに行って、残り200mからはオヌシナニモノが独走態勢に入って、直線ノーステッキで圧勝。1番人気に応えた。
1着 オヌシナニモノ 勝ち馬注目
 オヌシナニモノ、東海S2着がある現役オープン馬、コスモカナディアンの近親。それにしても強かったと思う。次走上のクラスでも勝ち負けになるのではないだろうか。オヌシナニモノは、新種牡馬カレンブラックヒル産駒としてJRA初勝利となった。カレンブラックヒルと言えば、芝のイメージが強くて、実際のところ産駒は先週土曜まで17戦。全て芝のレースに出走していた。日曜は中京2Rの2歳未勝利戦のテレーザ、そしてオヌシナニモノと日曜日に初めてダートに出走して、そのダートで産駒初勝利。日曜の函館2歳Sに出た地方馬、アザワクもカレンブラックヒル産駒で、門別で2勝している。ただ、芝でも既に2着が1回・3着が2回あって、そろそろ芝での勝利も見られるのではないだろうか。
2着 デビルスダンサー 
 2着デビルスダンサーは素晴らしい行きっぷりだった。今回離されてしまったが、次走以降相手次第では、かなりやれそう。
福島7R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
福島8R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
福島9R 白河特別 注目
 上位ランクはなかったが、Cランクの中からBランクに近かったレースを2つ取り上げる。このレースの完全タイム差も、あと0秒1速ければBランクだった。
1着 サウンドマジック 
 距離短縮、芝では初めての1200mだった11番人気サウンドマジックが穴をあけた。ここまでの2勝は福島ダート1700mで逃げ切り。しかし、2勝クラスでは大敗が続いて、芝に転向して1800mを使った後、初めての芝1200mに使って来た。このため、ハンデが51キロと恵まれてはいたが、1200mなのにスタート後は逃げようかというスピードを披露。ルマーカーブルが来たら2番手に控えて、直線に入ると外めへ出して伸びた。福島最終週の荒れ気味の芝が合った可能性もあるが、ここまでやるとは驚きだった。
2着 シセイヒテン 
 2着は1番人気シセイヒテン。いつもより前の位置につけて、直線では余裕十分に勝ち馬の外へつけたが、そこから意外に伸びなかった。勝ち馬とはハンデの差だろうか、今回は一息入っており、使った次走は勝ち負けだろう。
3着 マリアズハート 
 その後2番人気マリアズハートが3着。直線で勝ち馬の内を突いて伸びて来た。この馬はまだ4戦目の3歳馬。上積みはまだまだありそうで、次走は勝ち負けになるのではないだろうか。
4着 イノバティブ 
 そして注目したいのは4着イノバティブ。能力はあるが、気性難で出世できずにいた。去勢してセン馬として2戦目で変わり身を見せた。今回は負担重量が55キロですから、軽いハンデだった訳ではない。次走行こう穴馬として注目したい。
福島10R 横手特別 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
福島11R 福島テレビOP タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
肝心なときに4着になる馬
 これ馬券検討に役立つ知識かどうか…だが、穴馬を狙う時の話。私の場合、能力はあるが、展開・ペースなどがハマらないと来ない馬とか、近走で不利があって実力より不当に人気が無い馬、あとは気性難で常に走るわけでは無い馬などを、ちょっと穴馬は選ぶことが多いが、こういう馬はココというピンポイントで狙わないと、バレてしまうとちょっと人気になってしまう。そのピンポイントで狙う時に、1番困るのが4着である状態。せっかくなのに、狙ったのに4着では馬券になりませんし、次走は人気になってしまう。4着になるぐらいなら、バレないように、大敗してくれないかといつも思うが…。例えば、日曜福島9R白河特別で4着だったイノバティブ。これ、過去何度も狙っているが、たまに穴をあけてくれる。今回、12番人気だが、去勢明け2戦目で外差しの効く福島の今の馬場は得意なはずだと。今ならまだ人気が無い。ワイドも3連複も含めて狙い撃った。そしたら4着だった。実はこの馬、グリーンチャンネルの特番を収録している時に、房総特別、2年ぐらい前ですかね、大きく狙ったら4着だったという事を思い出した。そして次走勝った。まだ市丸めげません。イノバティブさん、狙わしていただきます。
解説者:市丸博司(パソコン競馬ライター)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-