2019年3回京都12日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともにマイナス1秒7だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、マイナス1秒8からマイナス1秒6。開催を通じても、マイナス1秒8からマイナス1秒5大きな動きはなく、速い時計の出るコンディションだった。
 ほんと3回京都は芝は全て良馬場発表だった。コンディションに大きな変化はなく、安定していた。そして最終週の先週、上位馬の脚質を見てみると、後方からの差し馬はわずか1連対だった。先々週と同様、差して来るにしても中団にはいないと厳しい状況が続いていた。一方、逃げ馬は5連対で、先々週と比べると、前めにつけた馬も頑張っていた。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラスマイナスゼロだった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、週によって時計の出方に違いはあるが、水準かそれに近いレベルで推移していた。
 開催5週目と比較すれば、いくらか時計は出やすくなったが、水準レベルだった。脚抜きの良いコンディションではなかった。ただ、連対馬を見ると先々週と比べると、多少時計の出方が速くなった影響か、好位・中団からの差し馬も台頭していた。


  タイム分析
 2019/05/26 (日)  芝=-1.7  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1800 コパノケネディー    牡3 未勝利 1:47.7 -0.7 --- +0.8 -1.5 D D 7.00
3R T2400 ゴットフルール    牝3 未勝利 2:27.0 -1.2 -0.9 -0.1 -2.0 C C 6.40
6R T1200 シャンデリアムーン    牝3 500万下 1:08.4 -0.8 -0.2 ±0 -1.0 C D 5.80
9R T1200 ダイシンバルカン    牡7 御池特H1000 1:08.0 -0.7 -0.2 +0.1 -1.0 C D 8.43
10R T1400 ダイアトニック    牡4 安土城H(L) 1:19.6 -0.8 --- +0.4 -1.2 D D 6.13
11R T1800 レッドアネモス    牝3 白百合S(L) 1:47.6 +1.0 -0.9 +1.6 -1.5 SL D 6.40
 2019/05/26 (日)  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 ワンダーエカルテ    牝3 未勝利 1:26.2 +0.6 --- +0.6 ±0 D C 7.27
5R D1400 チュウワフライヤー    牝3 500万下 1:24.5 -0.3 --- -0.3 ±0 B D 8.14
7R D1800 キンショーヘニー    牡4 500万下 1:53.6 +1.0 --- +1.0 ±0 E C 8.33
8R D1400 グローリーグローリ    牡4 1000万下 1:24.2 +0.4 --- +0.4 ±0 D C 7.17
12R D1800 レッドアトゥ    牝5 東大路S1600 1:51.3 +0.3 --- +0.3 ±0 C C 7.45

京都2R 3歳未勝利 
4着 プレイリードリーム 通信簿
 3番人気4着だった。3番人気3着なら格好ついたが、僅かに届かなかった。レースぶりが前回と同じだった。もう少し慣れてスムーズな競馬をするかなと思ったが、ちょっと残念な結果になってしまった。
京都5R 3歳500万下 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。チュウワフライヤーが2着以下に4馬身以上の差をつけて勝った。タイムランクはギリギリのBだった。ですから、2着馬を4馬身千切った勝ち馬のみがBランクの対象になる。
1着 チュウワフライヤー 
 勝ったチュウワフライヤーは16番枠だった事もあって、終始外を回る形になったが、危なげなく抜け出した。今までは甘さが目立っていたが、この中間に放牧を挟んだことで、気配が良くなっていた。それが実践にも繋がった感じ。先ほども言った通り、タイムランクはギリギリのBで、次走昇級で古馬相手で、さらに牡馬相手となる可能性が高い分、上位候補とはしないが、力をつけているのは確か。引き続き警戒は必要。
2着 カルロスミノル 
 そして2着カルロスミノルは好位につけて粘った。どうやらブリンカーが効いている感じ。前とは離されたが、きっかけを掴んだのは確か。
3着 アイメイドイット 
 3着アイメイドイットは、揉まれない形で力を発揮した。小柄な馬なので、プラス10キロも良かったんだと思う。次走古馬相手になって通用するかとなると、少しクラス慣れが必要かもしれない。
9着 アカネサス 
 一方、1番人気のアカネサスは9着、3番人気アオイツヤヒメは14着だった。アカネサスは揉まれる場面はなかったが、最後アッサリと後退した。久々が影響した感じが強い。
14着 アオイツヤヒメ 
 一方、1番人気のアカネサスは9着、3番人気アオイツヤヒメは14着だった。そして14着アオイツヤヒメは揉まれる形で全く力を発揮できなかった。前走は実は逃げてBランクの時計で勝っている馬ですから、次走ハナへ行ければ巻き返しもある。
京都7R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
京都11R 白百合S タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
京都12R 東大路S 注目
 タイムランク・メンバーランクともにCだが、上位馬にはそれぞれ見所があったのでここで取り上げておく。
 いずれにしろこの上位4頭は次走も注意が必要。
1着 レッドアトゥ 
 勝ったレッドアトゥは中団で脚を溜めて、ラストはスパッと弾けた。前走は1コーナーで狭くなる場面があって、道中も力んでいたが、スムーズに運んだ今回は能力の違いを発揮した。これで京都のダートコースでは4勝目ですから、非常に相性が良い。オープンに昇級しても相手になりに走れそう。
2着 カレンカカ 
 あと2着カレンカカは勝負所から他馬に早めにプレッシャーをかけられる展開になった。上位馬の中では最も厳しい展開になったが、それでも崩れずに粘った点は評価できる。昇級初戦で早速、現級に目処を立てた。次走も上位争いになる。
3着 エルリストン 
 あと3着エルリストンはゲートの中でちょっとチャカついて出遅れた。それでもラストはよく伸びて来た。ダートに使われるようになってからは、1着・2着・3着と堅実で、芝だともう出遅れると対応できないが、ダートだとどんな形になっても崩れない。こちらも次走上位争いになる。
4着 ストーミーバローズ 
 そして4着ストーミーバローズは休み明けだったが、一応上位争いには加わった。次走の上積みを考えれば、期待は大きい。

  馬券Summary
夏競馬の注意点
 ダービーが終わった事で今週から古馬のクラス編成は3歳が基準になる。そして昨年まで夏競馬スタートと同時に、4歳馬の収得賞金が半分になって、いわゆる降級馬というのが出走していたが、この夏からその精度が実はなくなった。ですから、4歳馬はそのままのクラスで戦うことになった。そして条件戦の名称も実は変わった。今まで500万下だったクラスが1勝クラスと呼ぶようになって、1000万下が2勝クラス。1600万下が3勝クラスという状況になった。これまぁ呼び方の変更に関しては、単純にもう今後の慣れだと思う。この呼び名を言い続ける事によって、何となく定着していくことは想像がつく。で、問題は降級馬ががなくなる件。降級がなくなることによって、一体どういうことが起こり得るのかということだが、まずクラス編成直後に圧倒的に強かった4歳の降級馬がいなくなることによって、3勝クラス・2勝クラス・1勝クラスは古馬と3歳の力量が以前よりも小さくなるんじゃないかなと思う。ですから、3歳馬が活躍するケースというのは、増える事が想像できる。ただこれ逆の見方もできて、それは降級馬がいたときは、あくまで伏兵レベルだった3歳馬が過剰に人気になるケースっていうのが当然出てくると思う。オッズが下がるケースも想定されて、結果人気で飛んで波乱となるケースと、両方あると思う。ただ、どちらのパターンが増えそうかと言うと、やはり3歳馬が活躍するケースが増えるんじゃないかなと思う。何と言っても、経験豊富で降級の恩恵のある4歳馬がいなくなる訳ですから、当然まぁ3歳馬の活躍が増えるというのが、普通の見立て。というわけで、今回京都のタイム分析で取り上げた3歳馬のアルテラローザ・ミッドサマーハウス・ローザノワールは、昇級して古馬相手になったとしても通用する馬という事で、今回選んでいる。ですから次走上位候補として選んでいますし、馬券作戦の参考、この辺りしてくれたらなというところがある。

 今年になって5ヶ月、印象になったところを振り返る。いっぱいあるが、とりあえず3つ選んだ。まずは海外競馬で日本馬が活躍したこと3/30のドバイワールドカップデーにおいて、アーモンドアイが芝1800mのG1ドバイターフで1着になった。このレースでは2着にはヴィブロスが入って、4着にディアドラが入って、日本の牝馬が大活躍した。結構これは見応えのあるレースだった。そして4/28、香港のクイーンエリザベス?世カップではウインブライトが1着で、日本国内を含めてもG?初制覇になった。このレースでは実はリスグラシューも3着に入ったということで、もちろん勝ったレースはもちろん凄かったが、ケンタッキーダービーでマスターフェンサーガ6着というのがあった。しかもちょっと3着争いに加わるような形で、ケンタッキーダービーは日本の馬には手の届かない範疇なのかなと思っていたが、それがちょっと手の届く範疇になって来たのかなと思わせるレース、今後参戦する馬も増えてくると思う。いろんな海外のレースを含めて、今後も注目して行きたいと思う。
2つ目は日本の競馬になるが、G1で休み明けの馬が優勝したケースが多かったということ。これまず桜花賞。グランアレグリアが昨年12月の朝日杯FS以来、4ヶ月近いブランクがありながらも1着になった。これはまあ仕上げに関してどうかという話もあったが、レース当日非常に落ち着いていて、馬の能力を最大限に発揮したというところだった。で、皐月賞。サートゥルナーリアが昨年末のホープフルステークス以来3ヵ月半ぶりの実戦で1着になった。これ最後フラッとするシーンもあったが、力づくでねじ伏せる強い内容の競馬だった。そして春の天皇賞。フィエールマンが1月のアメリカジョッキークラブカップ以来の3ヶ月ぶりの実戦で1着になった。これ3頭とも共通しているのは、やっぱりノーザンファームの生産馬ということなんですよね。育成技術が上がってる分、昔ほど休み明けどうこう言われなくなりましたし、何か今まではトライアル使って、本番みたいなのが当たり前になっていたが、これからもそういう時代ではなくなっているので、あくまで個々の仕上げを重要視して予想を組み立てる必要があるなと思う。もう全く時代が変わって来た。そこはちょっと我々予想する側も注意したいと思う。3つ目は藤田菜七子騎手が活躍したということ。女性騎手の騎乗機会の拡大を図るために一般競走において、女性騎手に対する負担重量の減量制度が3/1から導入された。具体的には所定の負担重量は2キロ軽くなって、見習い騎手はなんと最大4キロも軽くなった。現在中央競馬で女性騎手は藤田菜七子騎手だけなので、結果的に3キロ軽い負担重量で騎乗できるようになって、活躍が目立つようになった。映像を見て欲しいが、これ初勝利の時の映像。追うフォームを見てほしいが、新人なので当然男女関係なく仕方がない部分はある。まぁそれでも前に入って早めの競馬で押し切って、新人騎手だなっていう感じだった。次の映像が先々週。新潟でサンタナブルーで勝った時だが、鞍ハマりが全然違う。これこれぐらい上手くなるという事は、大体3キロ減が過去においては、なくなってる。3キロ減なくなってのが普通なのに、これぐらい上手くなっているのに3キロ減がまだあるという状況ですから、これはもう私が調教師なら藤田菜七子騎手に依頼しますし、絶対お得。これは間違いないと思う。後はもう特別レースとか、負担重量が軽くならないところで、どれだけ活躍できるのかが彼女の今後の方向性というのが決まってくると思う。もうワンステップ上のジョッキーになって欲しいなと思う。先週の東京では特別も勝っている。この辺りが増えてくれば、G?とかいうのも出てくるかなという気がする。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26