2019年3回中山5日目

開催一覧
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒2だった。まずは、遡って8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、先週は前の開催3日目以来のマイナス1秒台となった。
 Bコース2週目、芝の生育が進んで月・火の4.5ミリを除いて雨は降っていない。馬場差は高速のレベルに入った。内に若干の傷みがあっても、影響するほどではない。差しや追い込みも届いてはいるが、全般的に前に行った組が強い傾向にあった。最終週もBコースが使用される。雨の影響されなければ、高速馬場の皐月賞ウィークになりそう。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒4。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス0秒3だった。遡って8日間の馬場差を確認しておく。まず1800mはこの4日目を除けば、水準に近いレベルで推移している。ただ、先週は土日ともにプラスだった。そして1200mは全てマイナスで、この開催に入ってから基本的にはやや速めの時計が出るレベルで推移している。
 月曜・火曜の4.5ミリを除いては、雨は降っておらず、ダートは乾燥が進んだ。中・長距離の馬場差は先々週土曜の良馬場時よりも時計を要していて、プラスゾーンに入り、日曜は更に乾いて0秒1掛かっていた。1200mは土日ともに標準より速かった。脚質は中・長距離がマクリや差し・追い込みが効きやすく、1200mは先行有利だが、日曜7Rの1200m戦は、さほどペースが速くない割に外2頭の追い込み同士の決着だった。メンバー次第ではある。


  タイム分析
 2019/04/06 (土)  芝=-1.2  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2000 ディヴァイン    牡3 未勝利 2:00.8 -2.1 --- -0.9 -1.2 A D 8.73
9R T1800 ゴージャスランチ    牝4 野島崎特1000 1:47.7 -0.2 -0.6 +0.3 -1.1 C C 5.70
10R T2200 マイネルファンロン    牡4 湾岸S1600 2:12.3 -0.7 -0.8 -0.2 -1.3 C C 5.00
11R T1600 ワイドファラオ    牡3 ニュージG2 1:34.2 -0.3 -0.6 +0.1 -1.0 C D 9.82
 2019/04/06 (土)  ダ=+0.3 / 1200m=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 フランシス    牝3 未勝利・牝 1:12.5 -0.4 --- ±0 -0.4 C D 6.42
2R D1800 コングールテソーロ    牡3 未勝利 1:57.3 +1.6 -0.2 +1.1 +0.3 E D 10.00
3R D1200 アールランペイジ    牡3 未勝利 1:12.5 -0.4 --- ±0 -0.4 C D 8.38
4R D1800 エフルラージュ    牝3 未勝利・牝 1:56.5 +0.8 --- +0.5 +0.3 D D 5.83
6R D1800 ローリエテソーロ    牡3 未勝利 1:56.4 +0.7 --- +0.4 +0.3 D D 8.38
7R D1200 スマートマルシェ    牝3 500万下 1:12.0 -0.2 --- +0.2 -0.4 C C 6.69
8R D2400 ディスカバー    牡5 500万下 2:36.8 +0.9 --- +0.5 +0.4 D C 5.00
12R D1200 サトノブレイズ    牡4 500万下 1:12.2 +0.3 --- +0.7 -0.4 D D 10.45

中山2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
中山5R 3歳未勝利 タイムA
 このレースの勝ちタイムは当開催3歳未勝利クラスの基準タイムより2秒1速く、2000m対象の馬場差がマイナス1秒2だった事を踏まえても、 -2.1-(-1.2)=-0.9 で基準より0秒9速い勝ちタイムだった。
1着 ディヴァイン 勝ち馬注目
 ディヴァインが芝に戻って一変した。1600mの新馬戦2着の後、太めが絞れなかったり、ダートを模索したり、勝ちあぐねていたが、気温の上昇とともに体が締まり、パンパンの良馬場で真価を発揮した。内をロス無く立ち回った勝利ではあるが、時計は速かった。父がハーツクライ。3代母が名牝のSex Appeal。アーモンドアイと同じ牝系。今が良くなっている最中でもあって、上でも通用すると思う。
2着 モンブランテソーロ 番組注目馬
 そして勝ち馬に同タイムクビ差2着が、1番人気のモンブランテソーロだった。2着のモンブランテソーロ、今回がデビュー戦だったが、一週前の美浦坂路調教で50秒5をマーク。その通りの性能の高さだった。直線は勝ち馬の後ろを縫うように進出してのクビ差惜敗。ダノンバラード産駒。芝の中距離が向いている。同タイムでAランク相当なので、次走はだいたい勝てると思う。
3着 ミケランジェロ 
 3着のミケランジェロ、前半1000m通過が1分ジャスト。結構厳しいペースで逃げて踏ん張った。休養明けの前走はダートで大敗。芝向きは確かで、今回は馬体が増加してスタミナ面も強化していた。ハービンジャー産駒で、こうした消耗戦が合う。スローからの瞬発力勝負にならない限りは、期待できると思う。
4着 トランスポーター 
 そして4着が2番人気のトランスポーターだった。その4着のトランスポーター。新馬戦2着の後、前走の中京戦はもたれて追えずに5着だった。今回は1番枠。ラチを頼って走れたが、胴長でワンペースのタイプ。瞬時に反応できないのがネックになる。能力は上だが、乗る難しさがあって、連軸には推しづらい。そんな馬。
5着 シゲルグリンダイヤ 
 5着のシゲルグリンダイヤ、ダート交流G1勝ち(南部杯)があり、芝の適性もあったオーロマイスターの半弟。初芝だが、レベルが高い中、頑張ってはいる。休養前のダート2着・4着は低レベルだが、今回を経てもう一度ダートに戻れば、芝以上に勝機が近い。そんな気がする。
中山8R 4歳上500万下 注目
1着 ディスカバー 
 ただし、勝ったディスカバーは初ブリンカー着用と距離延長が相乗効果になった。これまでがムラ駆けで、今回のタイムランクもDですから、昇級後は苦しいと思う。
2着 ロビンズソング 
 2着のロビンズソング、道中後方から向正面で一気に先頭に立った。内田博幸騎手らしいマクりだった。大型馬の休養明け。上積みも大きくて、未勝利を楽勝した東京2100mに変われば、チャンスは大きいと思う。これまでの良績は湿ったダートだったが、今回良馬場でも走れたのは収穫。
3着 ファイトアローン 
 3着のファイトアローン、ダートの長距離は安定している。今回は内枠。550キロの大型馬だけに、捌くのに苦労した。直線は包まれて、待たされるロスがあった。外へ出せれば勝っていた可能性がある。ただ、勝ち鞍のある福島2400m戦が今開催の福島は組まれていないのが、どう出るか…というところだろう。
4着 ユメノサキ 
 4着のユメノサキ、こちらも大型馬で、外へ出すのが理想。枠なりに内を回って伸びを欠いた。2走前が中山2400mで4着。前走は東京2100mで2着だった。今回は全く同じ経緯。2着馬同様に東京2100mで一変して来ると思う。
中山10R 湾岸S 注目
1着 マイネルファンロン 
 前半1000m1分2秒0の緩やかなペース。単騎逃げのマイネルファンロンが逃げ切ったが、後半1000mから12秒0-11秒8-11秒4-11秒3と徐々にラップを上げて、ラスト200mも11秒7。バテてはいなかった。過去にスプリングS3着など、中山にも実績があるが、2000m以下では切れ負けしていた。今回は鞍上の絶妙なペース配分とともに、2200mへの距離延長がプラスに働いた、そんな気がする。全兄のマイネルクラフトは芝2400m以上で2勝している。気の早い話だが、この馬自身、札幌で勝っている事から、北海道シリーズの2600m戦あたりで狙い目になると思っている。
2着 アクート 
 2着以下は接戦だった。2番手を進んだレッドイグニスを3番手からアクートが交わして2着。基本はスローの前残りだった。ただ、5着のゴールドギアは後方から、ラップ的に厳しい3コーナー過ぎに一気に動いていた。2着からクビ・クビ・クビ差の5着なら、内容的には1番だった。
中山11R ニュージーランドT 重賞
 タイムランクがC・メンバーランクはDだった。人気の1頭ヴィッテルスバッハらが遅れる。一方、ワイドファラオが最内から先手を取って行った。1000m通過、1分0秒3のスローペース。1枠1番からワイドファラオが先手を取って、息の入った逃げが打てた。途中からミッキーブラックがマクって来て、ペースが上がったが、内の好位から2番手に上がったメイショウショウブを退けて、見事な逃げ切り勝ちを納めた。ここら辺からメイショウショウブとの差が詰まりそうで詰まらない。大外伸びて来たヴィッテルスバッハが、一気の末脚で3番手に上がったところがゴール。
1着 ワイドファラオ 
 このレースはウオッカ追悼競走として行われた角居勝彦の管理馬、ワイドファラオが逃げ切って重賞初制覇。前走後に疲れが出て、12キロ増。ただし、太くはなかった。ちょっと硬さのある馬なので、内田博幸騎手は返し馬を入念に行っていた。ダノンチェイサーやエメラルファイトと言った、重賞勝ち馬と接戦していたマイネルウィルトスは、未勝利時代に0秒1差の2着の実績がある。メンバーランクDの重賞なら間に合って当然でもあった。今回は完調手前なので、まだ良くなってくると思う。左回りの経験もある。NHKマイルCでも侮れない。そんな気がする。
2着 メイショウショウブ 
 そしてワイドファラオに迫ったメイショウショウブが2着。3着ヴィッテルスバッハで、ここまで3頭がNHKマイルカップへの優先出走権を得た。2着のメイショウショウブはデイリー杯2歳Sでアドマイヤマーズと一騎打ちの2着がある。前2走はG1と出遅れ。内をロス無く立ち回れば、このくらいは走れる。ただ、東京のG1となると、この馬の一瞬の決め手だけでは厳しそう。
3着 ヴィッテルスバッハ 
 そしてワイドファラオに迫ったメイショウショウブが2着。3着ヴィッテルスバッハで、ここまで3頭がNHKマイルカップへの優先出走権を得た。3着のヴィッテルスバッハ、前走東京での500万勝ちは出遅れて、上がり600mは推定32秒9。鬼脚を使った。時計が速くなってどうかが、今回の課題だった。前残りの展開の中、上がり推定最速。やっぱり良い脚を使う。あとは1分33秒前後の決着で、長い脚が使えるかどうかだと思う。
4着 アガラス 
 4着がアガラス。きさらぎ賞では口を割って引っかかっていたが、馬具を工夫して今回は大丈夫だった。とは言え、折り合いを考えると、出しては行けないそんなタイプの馬。展開に泣いた口。新馬の楽勝と、東京スポーツ杯2歳S2着の東京で巻き返し濃厚と見たいが、NHKマイルカップ、G1は賞金が足りるかどうかが鍵となる。

  馬券Summary
福島・新潟では 好調の若手騎手に注目
 1回福島が開幕した。3週間6日間開催なので残り2週だが、その後は1回新潟開催されてオークスの週まで4週間行われる。こうした開催は若手にとっては、腕を磨く格好の場となるはず。また馬券の肝にもなりやすいということで、東西の若手騎手の中で、最近の開催から好騎乗として目に付いたレースを取り上げてみたいと思う。
3/31日曜日の阪神では、当時▲3キロ減、栗東所属の西村淳也騎手が6R・7Rを連勝した。共に5番人気で馬券的にも妙味があった。この週は2場開催。加えて、G1大阪杯の行われる阪神は当然有力騎手が集まる。その中で2勝したことの意味は大きいと思う。
 まず6Rのランドジュピター、はダートの長距離を使って来たズブい馬。自分からやめることも多いタイプを3コーナーから追いまくって追いまくって楽勝させた。
続く7Rのライオネルカズマ、この馬は障害帰りの芝短距離戦。距離が半分以上短くなった状況の馬を先行させて、3コーナーでは手綱を引っ張る不利がありながら、外へ出してリズムを取り戻させて、勝たせていた。そして西村淳也騎手は先週から△2キロ減で、平場における減量の恩恵は1キロ減った訳だが、1回福島に参戦して、土曜日に1勝。日曜日2勝。特に日曜はどちらも特別レースでの勝利で、10R芝2600mの燧ヶ岳特別は5番人気ニッポンテイオーで7馬身差の圧勝。12R芝1200mの喜多方特別は7番人気のラニカイサンデーに騎乗して、直線見事な差し切り勝ちを納めている。これらを含めて、今年で20勝。デビューした昨年の13勝を上回って、リーディングでは14位につけている。常に一生懸命に乗っている、そんな印象がある。

 3/31中山6Rでは、△印の菊沢一樹騎手が所属先の父菊沢隆徳厩舎の3番人気のインテンスライトで1着になった。前走でカントルやアドマイヤスコール・トーセンカンビーナなどと差のない勝負をしていたが、瞬発力のあるブーザーとか、ジュニアカップ2着のカルリーノなど、決め手上位の馬が揃ってもいた。追い出しを我慢すると、切れの差で負けると思っていたかどうか不明だが、4コーナー手前での早めのスパートがドンピシャリハマった。菊沢騎手は今年3勝と出遅れ気味。ただ、恵まれた環境であるのは確かなので、もっと勝って良いはず。その前日、土曜中山1Rでは☆印の木幡巧也騎手が1番人気のカッチョエペペで1着。所属先の牧厩舎の馬で、4戦全てに騎乗しているが、前走は内の馬を行かせて控えて、持ち時計を下回っての4着だった。当時もっと積極的に乗るべきだったとコメントしている。今回は雁行の先行争いを行ききって、持ち時計を短縮させての勝利だった。木幡巧也騎手は3兄弟の真ん中にあたる。先の菊沢騎手・藤田菜七子騎手と同期にあたり、先々週までに通算91勝を挙げている。今後とも注目したい。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26