2019年4回阪神4日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜・日曜がマイナス2秒2、月曜がマイナス1秒8だった。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、4日目まではマイナス2秒台。5日目はマイナス2秒台ではなかったものの、マイナス1秒8とかなり速い時計の出るコンディション。
 中間は合計19.5ミリの雨。特に開催前日の金曜午前に14.5ミリを記録した。ただそれも金曜夕方には良馬場に回復するくらい乾きが進行していた。土曜・日曜の馬場差は1週目から少し掛かっていて、マイナス2秒2。月曜は風の影響とAコース5日目の頻度の関係から、マイナス2秒台を割った。高速馬場で前残りではないのは、開幕週と同じだった。差しと追い込みがバンバン決まっている。今週から後半からBコースが使用される。雨の影響がなければ、今週までは高速馬場が維持されそうだが、その中でも時計は少しずつ掛かって行くと、そう考える。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒4からマイナス1秒2への変動、日曜がマイナス0秒8、月曜がマイナス0秒4だった。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、マイナス1秒台だったのは開催に3日目、つまり先週土曜だけ。
 芝は乾いたが、土曜朝の段階でダートは水分が残っていた。土曜の馬場差は変動。高速寄りの中、最も乾燥して来た土曜11Rでもマイナス1秒2だった。日曜は朝に良馬場発表まで回復。先々週と同じくらいの数値に戻っている。月曜はさらに時計を要して行ったが、これには風の影響もある。中団・後方の馬が届いていたのは、開幕週と同じだった。


  タイム分析
 2019/09/15 (日)  芝=-2.2  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1200 コウエイバクシン 牡2 未勝利 1:09.4 -0.8 --- +0.5 -1.3 D C 6.50
5R T1800 コントレイル 牡2 新馬 1:48.9 +0.1 -1.3 +0.8 -2.0 D C 4.57
8R T1600 ミッキーバディーラ 牝3 1勝クラス 1:33.1 -1.5 --- +0.3 -1.8 C C 6.50
9R T2000 アドマイヤスコール 牡3 能勢特別(2勝) 2:01.0 +0.8 -0.6 +2.4 -2.2 SL D 6.29
11R T1800 ダノンファンタジー 牝3 ローズSG2 1:44.4 -1.2 -0.6 +0.2 -2.0 C C 5.44
12R T1200 エクレアスピード 牡3 1勝クラス 1:08.3 -1.0 --- +0.3 -1.3 D C 8.53
 2019/09/15 (日)  ダ=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 クレパト 牝2 未勝利 1:56.0 +0.8 --- +1.6 -0.8 E D 6.83
3R D1800 レーヌブランシュ 牝2 新馬 1:56.0 +0.5 --- +1.3 -0.8 E C 8.45
6R D1200 ピアシック 牡3 1勝クラス 1:11.5 -0.8 --- -0.3 -0.5 B C 6.00
7R D1800 ウインプラウド 牡3 1勝クラス 1:53.7 +0.6 --- +1.4 -0.8 E D 8.10
10R D1400 ウォータースペース 牝3 新涼特別(2勝) 1:24.2 ±0 --- +0.6 -0.6 D C 7.46

阪神1R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
阪神3R 2歳新馬 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
阪神6R 3歳以上1勝クラス タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。さぁスタートで最内枠のピアシックが遅れて最後方からとなった。前ではアユツリオヤジがハナを奪って先頭で直線に入り、2番手にいたシャドウハンターが差を詰める。しかし、大外からピアシックが目立つ勢いで追い込んで来て、内の先行馬を交わす。結果、ピアシックが3馬身差をつけて1着。2着にシャドウハンター、3着には人気薄コンセッションズ。
1着 ピアシック 勝ち馬注目
 5ヶ月ぶりの実戦だったピアシックが追い込みを決めた。1着ピアシック、休養明けでも調教の動きが抜群だった。さらに体重28キロ増と減少した分が戻って来た以上に成長して、春とは見違えるほど逞しくもなっていた。出負けして最後方から。直線大外一気の差し切り勝ち。ペースが速かったにせよ、レースの上がり600mを2秒2上回る、推定上がりで突き抜けて3馬身差。直線は半端な脚では無かった。父のCentral Bankerという馬はマテラスカイやリエノテソーロを排出したSpeightstownの産駒。2勝クラスも突破の魅力がある。1400mに距離が伸びても問題ないと考える。
2着 シャドウハンター 
 2着のシャドウハンター、3馬身半差でCランク相当。前の出方を見ながら進んで、ハイペース逃げのアユツリオヤジをゴール前で交わした。ダート1200mでは連続2着。前走は重馬場、今回が乾いた馬場と異なる状況でのもので、安定感が出て来た。
3着 コンセッションズ 
 その後の3着には13番人気のコンセッションズが入った。その3着コンセッションズは展開に乗じて追い込んで来た。3回目のダートで馬券の対象となったのを認めるが、次走となると、まだ危険が先に立つ。
10着 パンサーバローズ 
 あと2番人気のパンサーバローズは10着だった。砂を被る位置で中途半端に前を追い掛けたのが影響したんだと思う。阪神は3戦して4着がベスト。好走時は京都や福島など、直線が平坦のコースが多い。直線最後の急坂も良くないんだろうか。
阪神7R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
阪神9R 能勢特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神11R ローズS 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。スイープセレリタスが先手を取ったが、同じ8枠のビーチサンバが並んで来た。勝ち時計の1800m1分44秒4はカレンミロティックの持つコースレコードを0秒1短縮。ただ、依然超高速の馬場で、マイナス0秒6のスロー補正を入れても完全タイム差はプラス0秒2。ランク的にはCランクになる。今先頭ビーチサンバとウィクトーリアが競り合っている。その外からダノンファンタジーがやって来る。2着は激しい競り合いだが、これは内のビーチサンバがギリギリウィクトーリアを競り潰した。
1着 ダノンファンタジー 
 ダノンファンタジーが外から差し切り、重賞4勝目。スタートが抜群に良くて一旦は先頭。そこから折り合いに専念するのは春と同じだが、道中出入りの激しい競馬で、3コーナーでは7番手まで順位を下げた。ここから外に。高速上がりでなかなか前との差が詰まらなかったが、ラストではきっちりと捉えて見せた。オークスは距離が長かったが、1600mだけではなくて中距離1800mでも控えれば切れる。それを証明したと思う。本番である秋華賞は、京都内回り2000m戦となるが、多分大丈夫ではないだろうか。あとは他の路線から来た組との力関係。そうだと思う。
2着 ビーチサンバ 
 2着争いは接戦になり、ビーチサンバがウィクトーリアに先着した。ここまでの3頭が秋華賞への優先出走権を得た。2着ビーチサンバは途中から外を上がって行って、スイープセレリタスと併走の先頭に立った。直線もウィクトーリアとの競り合いを制して粘り切った。これもオークスは距離が長かったモノ。ダノンファンタジーがグランアレグリアがいなければ強い様に、こちらはクロノジェネシスがいないと、着順が上がる。本番はペースが上がっての距離という事が課題になると思う。
3着 ウィクトーリア 
 2着争いは接戦になり、ビーチサンバがウィクトーリアに先着した。ここまでの3頭が秋華賞への優先出走権を得た。3着ウィクトーリア、今回はスタートが決まった。関東馬だが栗東に滞在。カイ食いが良くて体重が増えている事も好感が持てた。ただ、ある程度の位置に入ると、フローラSやオークスで見せたような決め手が封印される。そんな印象も残った。本質的には控えて味のある馬だと思う。そうなると、本番は内回りが鍵になってくると思う。
4着 シゲルピンクダイヤ 
 4番人気シゲルピンクダイヤは4着、3番人気スイープセレリタスは6着、5番人気シャドウディーヴァは9着。この3頭は少し掛かり気味に前に押し上げて行って、スムーズさを欠いた。中では桜花賞2着のシゲルピンクダイヤが一番踏ん張ってはいる。それぞれ直線の長いコースで差して味の出るタイプ。今回は基準外としても、本番の内回りが適しているは言えないと思う。
6着 スイープセレリタス 
 4番人気シゲルピンクダイヤは4着、3番人気スイープセレリタスは6着、5番人気シャドウディーヴァは9着。この3頭は少し掛かり気味に前に押し上げて行って、スムーズさを欠いた。中では桜花賞2着のシゲルピンクダイヤが一番踏ん張ってはいる。それぞれ直線の長いコースで差して味の出るタイプ。今回は基準外としても、本番の内回りが適しているは言えないと思う。
9着 シャドウディーヴァ 
 4番人気シゲルピンクダイヤは4着、3番人気スイープセレリタスは6着、5番人気シャドウディーヴァは9着。この3頭は少し掛かり気味に前に押し上げて行って、スムーズさを欠いた。中では桜花賞2着のシゲルピンクダイヤが一番踏ん張ってはいる。それぞれ直線の長いコースで差して味の出るタイプ。今回は基準外としても、本番の内回りが適しているは言えないと思う。

  馬券Summary
エピファネイア産駒も好調
 前回に続いて新種牡馬を取り上げたい思う。と言うのも、エピファネイアの産駒が秋競馬に入って、3勝上積みして現在11勝。キズナの15勝を追っているから。これら2頭は現役時代もライバル関係にあったが、どうやら今年の新種牡馬ランキングも2強となる可能性が高くて、一緒に取り上げておくべきと判断した。
エピファネイア産駒も好調
 エピファネイア産駒のここまでの11勝は全て芝。1200mがおよそ半数の5勝、残り6勝は1600mと2000mで3勝ずつ。エピファネイア自身、菊花賞とジャパンCの勝ち馬ですから、短距離に適性のある産駒が多いのはある意味驚きだった。決め手勝負のキズナと比べると、自身は平均したラップで決着するレースに強かった。この少しワンペースな点が遺伝している模様。また、期待を裏切ったケースでは、しばしば折り合いの難しさを露呈していた。これも短距離馬を排出させる理由ではないだろうか。2000mの3勝の内、2勝が逃げきりと3コーナー先頭だった。これは自身の競走パターンに似ている。今後は中距離前後を先行する産駒が増えて来そう。早熟でも晩成でもない。Mr.Prospectorの血が入っていない。繁殖相手としては、そのMr.Prospectorの血を受け継いでいる牝馬をつけやすいという利点がある。ここまで11頭の勝ち馬の内、6頭が該当する。また、サンデーサイレンス直仔の種牡馬が母の父の場合、サンデーサイレンスの4×3になる。母の父がディープインパクトという馬も2頭いて、この配合からはスピードと瞬発力の強化が期待できる。生産者にとっては、使い勝手の良さが魅力でもある。ダートの勝ち鞍はないが、エピファネイアの父シンボリクリスエスはダートG1馬のルヴァンスレーヴ・サクセスブロッケンを出していて、このダートからも大物の出現も可能に思えてくる。
解説者:長谷川仁志(馬サブロー専属評論家)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-