2019年3回中京1日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒6からマイナス1秒0への変動、日曜がマイナス0秒5からプラス2秒0への変動だった。
 木曜日からの雨の影響で、土曜日芝で最初のレースである5R時点で稍重。高速馬場ではなく、2000m換算の馬場差はマイナス0秒6でスタートした。土曜については、その後乾いてマイナス1秒0で終わったが、日曜は雨が降り続き、後になるほど時計が掛かって行った。11RG3のCBC賞時点で2000m換算の馬場差はプラス2秒0と、かなり時計が掛かっていた。上位馬については、土曜は大きな偏りはなかった。日曜の勝ち馬は前目に位置した馬の方が多かったが、連対馬ということでは、中段から食い込んで来る馬が多かった。土日で馬場コンディションが変わったことも影響しているのではないだろうか。今週もう1週Aコース、後半2週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒4からマイナス2秒0への変動、日曜は、マイナス2秒5からマイナス2秒8、マイナス2秒2への変動だった。
 土日を通じて重か不良で水分を含み、脚抜きの良いコンディションとなった。馬場差は全てマイナス2秒台だった。土曜は終盤いくらか乾いたが、日曜は再び雨が降って、時計が出やすくなった。ただ日曜は7R・10R時が高速馬場のピークで、その後は水が浮いて12R時は水準方向に戻っている点に注意したいと思う。連対馬を見ると、後方からの馬はいないが、それ以外は目立った偏りはない。少なくとも高速馬場だから前有利という事はない。


  タイム分析
 2019/06/29 (土)  芝=-0.6 → -1.0  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1600 ラインベック    牡2 新馬 1:39.2 +2.6 -1.3 +1.8 -0.5 SL C 3.71
7R T2200 シャイニングデイズ    牡3 未勝利 2:16.6 +1.7 -1.1 +1.4 -0.8 SL D 7.64
9R T1600 ブレイニーラン    牡4 御在所特(1勝) 1:34.0 -0.8 -0.2 -0.3 -0.7 C C 6.17
10R T1400 ミッキーブリランテ    牡3 知多特別(2勝) 1:20.3 -0.7 --- -0.1 -0.6 C C 3.71
12R T1200 ホッコーシェルビー    牡3 1勝クラス 1:09.1 ±0 --- +0.6 -0.6 D D 7.40
 2019/06/29 (土)  ダ=-2.4 → -2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1900 アイファーキングズ    牡3 未勝利 1:58.9 -2.9 --- -0.4 -2.5 B C 6.27
3R D1200 ナムラマッチェリ    牝3 未勝利・牝 1:11.5 -1.7 --- -0.1 -1.6 C C 7.88
6R D1400 グランドビクトリー    牡3 未勝利 1:23.8 -2.3 --- -0.6 -1.7 B C 8.33
8R D1800 バーンスター    牡3 1勝クラス 1:52.2 -1.4 --- +0.7 -2.1 D C 8.25
11R D1800 メイプルブラザー    牡5 白川郷H(3勝) 1:50.3 -1.7 --- +0.3 -2.0 C C 6.00

中京2R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。大外からキタサンチャンドラがダッシュを効かせてハナに立ち、2番手には最内枠からアイファーキングズがつけて行った。直線ではアイファーキングズがキタサンチャンドラに並んで行き、後続は離されて2頭の争いとなった。ゴールではほぼ並んでの入線。外アイファーキングズがクビ差で1着。2着キタサンチャンドラから7馬身離れてメメランタン3着。
1着 アイファーキングズ 勝ち馬注目
 ここまで4走全て2着だったアイファーキングズが競り勝った。1・2着の2頭が3着以下を7馬身離してマッチレース。最後にアイファーキングズがクビだけ出たが、2着キタサンチャンドラもよく粘った。勝ったアイファーキングズは断然の1番人気。4戦連続2着しており、前走クビ差2着と負けられない戦いだった。好タイム勝ちで、3着以下は離しましたし、上のクラスでも十分やれるだろう。
2着 キタサンチャンドラ 番組注目馬
 ここまで4走全て2着だったアイファーキングズが競り勝った。1・2着の2頭が3着以下を7馬身離してマッチレース。最後にアイファーキングズがクビだけ出たが、2着キタサンチャンドラもよく粘った。逃げて頑張ったのがキタサンチャンドラ。川崎の中央交流でアタマ差2着。過去には阪神で2着もあり、4番人気とはちょっと不思議な感じもした。次走はそろそろ勝ち上がる番だろう。中央交流を使うと人気がなくなる傾向にあるが、先週も前走中央交流戦の馬が何頭か穴を開けている。是非今後も狙ってみたい。
中京5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。前半600mが39秒0、800mが52秒1と少頭数の2歳新馬とは言え、かなりのスローペースだった。ペース補正が1秒3入っても補正し切れずにSLとなった。ただ、注目馬が出走して話題の新馬戦だった。上位3頭人気通りで決着。
1着 ラインベック 
 まず1着ラインベックは父がディープインパクト・母がアパパネ。スローで逃げて、直線粘っているファルークを交わして抜け出した。2頭ともに上がりはまとめており、評価できる。
2着 アージオン 
 それを追ってファルークを交わしたアージオンは父がロードカナロア、そして秋華賞馬ミッキークイーンの近親にあたる。2頭ともに上がりはまとめており、評価できる。
3着 ファルーク 
 それを追ってファルークを交わしたアージオンは父がロードカナロア、そして秋華賞馬ミッキークイーンの近親にあたる。2頭ともに上がりはまとめており、評価できる。
中京6R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。
1着 グランドビクトリー 勝ち馬注目
 グランドビクトリーがブリンカー装着2走目で逃げ切った。1番人気グランドビクトリーは速いラップで逃げて、後続に脚を使わせた。ダートは4戦して全て3着以内。完全タイム差は優秀で、この競馬ができるなら上のクラスでも通用するだろう。
2着 ワンダークラッシー 
 それに対して2着ワンダークラッシーは上手く内をすくった。いずれも漁夫の利であり、次走を狙うならフォリオールの方だろうか。
3着 セデックカズマ 
 あと3着セデックカズマは前バテに乗じた形。いずれも漁夫の利であり、次走を狙うならフォリオールの方だろうか。
3着 セデックカズマ 解説危険
 このレースも先ほどあったが、前バテに乗じて追い込んで3着という形だった。この馬、ちょっと堅実タイプではなくて、あくまで他力本願。今、やっとこう画面に映ってきた感じだが、このためちょっと連続して好走というのは1度もない。次走人気になるなら、嫌いたいなという感じ。
4着 フォリオール 
 一方、2番人気フォリオール4着。2番手につけたかったのだろうと思うが、間に1頭入って3頭目の外になってしまった。距離ロスもあって、ハイペースで前に飛ばされて、苦しくなってしまったと言えるだろう。
中京7R 3歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 シャイニングデイズ 
 超スローで2着したボンベールは逃げていて、展開に恵まれたが、勝ったシャイニングデイズの方は、狭い所を割ってきっちり差しており、評価できる。
2着 ボンベール 
 超スローで2着したボンベールは逃げていて、展開に恵まれたが、勝ったシャイニングデイズの方は、狭い所を割ってきっちり差しており、評価できる。
中京9R 御在所特別 注目
 タイムランクCだが、先週の中京では最もBランクに近いレースだった。逃げたナンヨープランタン、3番手からこれに迫ったミッキーバディーラ、中団から差して来たブレイニーラン、この3頭がちょうどハナ面を並べたところがゴールで、写真判定の大接戦となったが、まぁ1着・2着・3着までハナ+ハナ差だった。1番人気シュリ、2番人気ミッキーバディーラと3歳馬が人気だったが、勝ったのは4歳馬ブレイニーラン。2着も4歳馬ナンヨープランタンだった。この夏から降級制度が廃止となり、下級条件ほど3歳馬が活躍する傾向にはあるが、4歳馬が意地を見せるレースも実は結構ある。
1着 ブレイニーラン 
 勝ったブレイニーランは昨年7月初勝利以来の勝利で、勝った後は善戦止まりの競馬が続いていたが、未勝利勝ちが中京だったように、やはり中京コースはよく走る。
2着 ナンヨープランタン 
 2着ナンヨープランタンは逃げの手がハマった印象だが、初めての左回りを克服したのは大きい。次走も中京ならかなりやれるだろう。
3着 ミッキーバディーラ 
 3着ミッキーバディーラは直線で追われると、内に刺さるところを見せて、その分届かなかった感じ。このクラスでは堅実で、そろそろ次辺り順番が回って来るのではないだろうか。

  馬券Summary
3歳馬vs古馬
 やっぱり下級条件ほど、降級馬がいなくなったので、3歳馬が強いという印象はあるが、果たして本当はどうなのか。3歳以上1勝クラス・2勝クラスにおける6/1から6/23まで4週間分の年齢別成績を出してみた。
3歳馬vs古馬
1勝クラス・2勝クラスともに3歳馬優勢とは出た。ただし、まず1勝クラスの方は3歳馬の数も結構多いですから、3歳馬の中からどれを選ぶかが、やはり重要となってくる。また、3歳馬による上位独占というのは意外に少なくて、4歳馬・5歳馬も1頭は絡んでくるというケースが多い。ただし、6歳以上はほぼ無視で良いんじゃないかという結果になっている。
それから2勝クラスだが、もうこれは勝率・連対率・3着内率断然なので、狙いたいが、意外に3歳馬の絶対数が少ない。ですから、出てきたらともかく狙ってみたいが、相手は3歳同士というのは、そんなに居ないので、相手はやはり4歳馬・5歳馬。穴でこの2勝クラスの場合は、6歳以上の馬も穴をあける事がまぁまぁあるというデータが出ている。
なお、3勝クラスだが、期間中3歳馬は1頭も出走していない。3勝するような馬というのは、オープンか重賞を勝っていますから、3勝クラスには止まっていない。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26