2019年1回福島2日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒5だった。
 昨年の春開催は標準より時計の掛かる馬場だった。芝の生育が遅れた影響だと思う。今年は生育が順調、補修も行われて速い時計 の出やすいコンディション。とは言っても、高速馬場と言う程のレベルには達していない。1200mも中・長距離も開幕週の割に差しが届いてはいた。今週までAコース、最終週の3週目にBコースに移行する。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒8、日曜がプラス0秒9だった。
 水曜日に1.5ミリ降っただけ。砂が乾いているのに加えて、昨年のこの開催は砂が重くて、時計を要していた。今年も同様。プラス1秒に近い馬場差。ただ、全体的に前の組が優秀だったのは、小回りコースの特性でもある。


  タイム分析
 2019/04/07 (日)  芝=-0.5  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1200 スキップ    牡3 未勝利 1:10.2 +0.3 --- +0.6 -0.3 D D 7.25
5R T1800 マジストラル    牡3 未勝利 1:49.7 +0.8 --- +1.3 -0.5 E D 7.06
8R T2000 ジョブックコメン    牝4 500万下・牝 2:00.1 -0.5 --- ±0 -0.5 C C 7.00
9R T1200 サンライズカナロア    牡4 500万下 1:09.8 +0.6 --- +0.9 -0.3 E D 9.42
10R T2600 ニッポンテイオー    牡4 燧ヶ岳特500 2:39.6 -1.1 --- -0.4 -0.7 C D 5.82
12R T1200 ラニカイサンデー    牡5 喜多方特500 1:09.2 ±0 --- +0.3 -0.3 D D 7.38
 2019/04/07 (日)  ダ=+0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1700 プリカジュール    牝3 未勝利・牝 1:50.0 +2.7 --- +1.8 +0.9 E D 6.92
3R D1700 サピアウォーフ    牝3 未勝利 1:48.6 +1.3 --- +0.4 +0.9 D D 9.00
6R D1150 シゲルジルコン    牝3 未勝利・若 1:10.3 +1.0 --- +0.4 +0.6 D D 7.54
7R D1700 ブリーズスズカ    牡6 500万下 1:47.9 +1.9 --- +1.0 +0.9 E D 5.27
11R D1700 クインズヌーサ    牝5 米沢特H1000 1:47.2 +2.0 --- +1.1 +0.9 E D 8.80

福島1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒8遅い勝ちタイムだった。
福島3R 3歳未勝利 
1着 サピアウォーフ 通信簿
 1番人気1着だった。スタートが遅くて前半で脚を使って、さらに道中でペースを落とせない厳しい展開。それでも勝ったのは強い勝ち方だったと思う。
福島5R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
福島7R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
福島8R 4歳上500万下・牝 注目
1着 ジョブックコメン 
 1着ジョブックコメン、まず掲示板を外さない堅実派。ただ、小柄な牝馬で重量に敏感な面があった。それが前走の中山戦は定量の55キロで0秒4差の3着。ランクもCランク相当で、地力強化の印象さえあった。今回は牝馬限定戦、坂の緩い福島に加えて、山田騎手騎乗で52キロと条件が揃っていたが、2着以下を突き放しての楽勝だった。1000万下でも減量騎手が起用できる平場戦なら、差のない勝負になると思う。
2着 カーロバンビーナ 
 2着のカーロバンビーナ、離されたがしっかり伸びて3着馬には1馬身差。4コーナー過ぎにアドマイヤアルパマと接触する不利を挽回した。福島・新潟は全て馬券の範囲内。チャンスは来ると思う。
8着 サツキワルツ 
 8着サツキワルツ、これは叩いて良くなるタイプ。今回は4ヶ月ぶり。直線大外では厳しかったと思う。現級で3着があって、一瞬の切れ味に良いモノがある。次走以降も穴に注目。新潟は内回りコースが向いている馬。
福島9R 4歳上500万下 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
福島11R 米沢特別 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
福島・新潟では 好調の若手騎手に注目
 1回福島が開幕した。3週間6日間開催なので残り2週だが、その後は1回新潟開催されてオークスの週まで4週間行われる。こうした開催は若手にとっては、腕を磨く格好の場となるはず。また馬券の肝にもなりやすいということで、東西の若手騎手の中で、最近の開催から好騎乗として目に付いたレースを取り上げてみたいと思う。
3/31日曜日の阪神では、当時▲3キロ減、栗東所属の西村淳也騎手が6R・7Rを連勝した。共に5番人気で馬券的にも妙味があった。この週は2場開催。加えて、G1大阪杯の行われる阪神は当然有力騎手が集まる。その中で2勝したことの意味は大きいと思う。
 まず6Rのランドジュピター、はダートの長距離を使って来たズブい馬。自分からやめることも多いタイプを3コーナーから追いまくって追いまくって楽勝させた。
続く7Rのライオネルカズマ、この馬は障害帰りの芝短距離戦。距離が半分以上短くなった状況の馬を先行させて、3コーナーでは手綱を引っ張る不利がありながら、外へ出してリズムを取り戻させて、勝たせていた。そして西村淳也騎手は先週から△2キロ減で、平場における減量の恩恵は1キロ減った訳だが、1回福島に参戦して、土曜日に1勝。日曜日2勝。特に日曜はどちらも特別レースでの勝利で、10R芝2600mの燧ヶ岳特別は5番人気ニッポンテイオーで7馬身差の圧勝。12R芝1200mの喜多方特別は7番人気のラニカイサンデーに騎乗して、直線見事な差し切り勝ちを納めている。これらを含めて、今年で20勝。デビューした昨年の13勝を上回って、リーディングでは14位につけている。常に一生懸命に乗っている、そんな印象がある。

 3/31中山6Rでは、△印の菊沢一樹騎手が所属先の父菊沢隆徳厩舎の3番人気のインテンスライトで1着になった。前走でカントルやアドマイヤスコール・トーセンカンビーナなどと差のない勝負をしていたが、瞬発力のあるブーザーとか、ジュニアカップ2着のカルリーノなど、決め手上位の馬が揃ってもいた。追い出しを我慢すると、切れの差で負けると思っていたかどうか不明だが、4コーナー手前での早めのスパートがドンピシャリハマった。菊沢騎手は今年3勝と出遅れ気味。ただ、恵まれた環境であるのは確かなので、もっと勝って良いはず。その前日、土曜中山1Rでは☆印の木幡巧也騎手が1番人気のカッチョエペペで1着。所属先の牧厩舎の馬で、4戦全てに騎乗しているが、前走は内の馬を行かせて控えて、持ち時計を下回っての4着だった。当時もっと積極的に乗るべきだったとコメントしている。今回は雁行の先行争いを行ききって、持ち時計を短縮させての勝利だった。木幡巧也騎手は3兄弟の真ん中にあたる。先の菊沢騎手・藤田菜七子騎手と同期にあたり、先々週までに通算91勝を挙げている。今後とも注目したい。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26