2019年2回中京5日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒6、日曜がマイナス1秒3だった。遡って6日間の芝の馬場差を確認しておくと、雨が降り続いた2日目は後半にプラスの数値となった。それ以外はマイナスの数値だが、先週は一気に高速化した。Bコースに変わった事に加えて、加えて中間の雨は水曜の2.5ミリのみ。土日ともに風が強かったこともあって、乾燥が進んで最終週にして一気に高速化した。まぁ土曜の使用頻度が多かった事もあって、日曜は0秒3ほど掛かってはいるが、それでもマイナス1秒3。高松宮記念の勝ち時計、1分7秒3は過去10年で2番目に速いが、それでも馬場差を踏まえると、完全タイム差はプラス0秒4。あくまでDランクにすぎない。G1回顧で触れた通り、柵を設けた内が威力を発揮したが、土曜は中間の雨を考慮に入れてか、各騎手が若干最内を開けたコース取りも見られた。高速馬場なので、外からの追い込みは届かないケースが多かった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒1だった。遡って6日間の馬場差を確認すると、全てマイナスの数字だが、3日目以降は水準に近い数値となっている。
 土日ともに水準に近いマイナスの馬場差。中間の雨の影響から、土曜の方が少し速くて、日曜は4角・ゴール前の含水率が3%台と乾燥が進んだ。マイナスの完全タイム差は皆無。時計の掛かる競馬が多かったが、その割には逃げ・先行馬が強くて、後ろの組は苦戦していた。


  タイム分析
 2019/03/23 (土)  芝=-1.6  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T2000 ウインメルシー    牝3 未勝利・牝 2:02.2 ±0 -0.9 +0.7 -1.6 D D 9.13
5R T1200 シセイタイガ    牡3 未勝利 1:08.6 -1.2 --- -0.2 -1.0 C C 7.19
6R T1600 ショーヒデキラ    牡3 未勝利 1:33.7 -2.1 --- -0.8 -1.3 B D 8.27
8R T2200 イペルラーニオ    牡4 500万下 2:11.2 -2.5 --- -0.7 -1.8 B D 4.57
10R T1600 ダノンディーヴァ    牝5 刈谷特別500 1:33.8 -1.0 -0.3 ±0 -1.3 C C 6.63
12R T2200 レッドレオン    牡4 熊野特別1000 2:12.7 -0.3 -0.3 +1.2 -1.8 E C 6.80
 2019/03/23 (土)  ダ=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 ノンライセンス    牝3 未勝利・牝 1:26.8 +0.5 --- +0.7 -0.2 D D 7.20
2R D1900 ローザノワール    牝3 未勝利・若 2:02.5 +0.4 --- +0.6 -0.2 D D 4.73
3R D1200 エルズリー    牝3 未勝利 1:13.5 +0.1 --- +0.2 -0.1 C C 7.64
7R D1400 ジョワイユ    牝5 500万下 1:25.1 ±0 --- +0.2 -0.2 C D 10.60
9R D1800 サニーレイ    牝4 500万下・牝 1:54.8 +1.2 --- +1.4 -0.2 E D 7.89
11R D1800 アイファーイチオー    牡5 名古屋城1600 1:53.0 +1.0 --- +1.2 -0.2 E C 8.25

中京6R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒8速い勝ちタイムだった。
1着 ショーヒデキラ 勝ち馬注目
 ショーヒデキラが好位から抜け出した。ショーヒデキラ、1000m通過58秒2。前3頭が飛ばす流れの離れた4番手。速い馬場では理想的な位置を進んでいたが、早めに抜け出して、影を踏ませない強い競馬だったと思う。前走は中山マイルで0秒4差の3着だったが、当時騎乗した武豊騎手は口向きが悪いので、左回りの方が良いと語っていた。進言通り左回りの中京を選択して、高レベル勝ち。馬体が絞れて状態も良化していたと思う。昇級しても左回りの1400mから1600mなら首位候補。
2着 ファムファタル 
 そして勝ち馬の後ろにつけたファムファタルが2着、ミッキーバディーラが3着。ハーフバックが4着だった。2着のファムファタル、芝でもダートでも結果を残してはいるが、最近は芝が少し甘くなり、2走前に2着したダートの短距離が確実と、私個人は考えていた。それが芝のマイルでこの内容。外外を回って、3着以下を離している。放牧で硬さがなくなったとは厩舎コメント。この状態を維持できれば、芝でチャンスが近いと思う。
3着 ミッキーバディーラ 
 そして勝ち馬の後ろにつけたファムファタルが2着、ミッキーバディーラが3着。ハーフバックが4着だった。3着ミッキーバディーラ、これまで4戦して2着3回3着1回。今回1番人気で離された着なのは勝ち時計が速かったからだと思うが、ラストは内にもたれて追いづらそうにしていた。休養明けもあるのだろう。普通の組み合わせなら、次走は上積みが見込めるので勝ち負けになると思う。
4着 ハーフバック 
 そして勝ち馬の後ろにつけたファムファタルが2着、ミッキーバディーラが3着。ハーフバックが4着だった。あと4着のハーフバックは2番人気だった。直線はミッキーバディーラに馬体を合わせに行って、競り負けた。前走2着は1400m、このぐらいのレベルになると、1ハロン長い気もする。
中京8R 4歳上500万下 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。
1着 イペルラーニオ 
 イペルラーニオが前走の14着から一変。その1着イペルラーニオ、人気のアールスターを目標にできた部分はあった。それでもこの時計で差し切ったのですから、人気薄の勝利とは言っても、フロックとは言えないと思う。1つに減量騎手器用、次に前走から着用したブリンカー効果、これまでの成績からはそれでも信じられない部分はあるが、走られてみればディープインパクト産駒で、競馬に出走した兄弟馬3頭は全て3勝以上している。素質の高さ、これが出たとそんな気もする。それ以外は何とも言えませんし、昇級しても一応△ぐらいかなと言った感じで良いのではないだろうか。
2着 アールスター 番組注目馬
 2着のアールスター、平均速めの流れを自ら動いて先頭。後半も落ちないラップを耐えての0秒1差なら、内容は1枚上だった。ゴール前は右ムチに反応して、一瞬内へ切れて、再び外へふらつくロスもあった。ロードカナロア産駒らしいセンスの良さがあって、スタミナも十分ある。ダートで惜敗が続いていた。久々の芝だったが、適性はむしろ上の模様。ただ、次走が仮にダートでも勝てそうな気がする。
3着 ダノンクライム 
 3着以下はバラけての入線だった。3着のダノンクライム。0秒4差だが、上位2頭の前後にいて、ラストで甘くなった。勝ちに行く範囲の中での3着は評価に値すると思う。兵庫から戻って、ここ2戦が2着と3着。シェルズレイの仔で、500万下なら上位の素質馬。アールスタートかち合わなければ、勝機もあるだろう。
中京9R 4歳上500万下・牝 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
中京11R 名古屋城S タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
中京12R 熊野特別 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
中山内回り、1800mの馬、2000mの馬
 連続開催の中山、先週から後半に入った。前半の開催を見ていて、1つ気がついたことがある。月並みではあるが、同じ中山内回りでも芝でも1800mと2000mでは微妙に質が異なる点。3/9に行われた中山牝馬ステークスで、1番人気のノームコアは7着に敗れた。道中は後方を進んで、直線内を突いたが、馬群が密集して脚を余した。なぜこうなったかと言うと、1800mは1コーナーまでの距離が短くて、前目の位置につけられなかったから。同じ内回りでも2000mの昨秋の紫苑ステークスでは、1コーナーまでの距離が長いために、好位につけることができて楽勝している。中山巧者でも、ベストは2000mであって、1800mでは危険な人気馬だった。まぁ考えてみれば、出遅れた愛知杯で2着したのも、2000mだから届いた。その公算が高かったと思う。
 その翌週のフラワーカップでは、1番人気のエールヴォアが0秒4差の2着。逃げたコントラチェックの影を踏めずにゴール前で3着馬をハナ差交わして2着に上がるのがやっとだった。楽勝した前走のエリカ賞の阪神2000mとでは、4コーナーでの反応が違いすぎた。これもベストは2000mだった可能性が高い。昨年10月に1800mの2歳未勝利戦を圧勝してるが、あれは阪神外回り。中山の内回り1800mは忙しかったんだと思う。
 差し馬だけではない。逃げタイプのオスカールビーは、1800mの富里特別で失速して5着。しかし、次走2000mの平場戦でアタマ差2着に粘っている。ペースや相手関係もあるとは言っても、1800mはコーナーまでの距離が短く、ハナに行ききるまでに脚を使ってしまう。また、他馬の出方も速くなる。それが2000mではコーナーまでの距離があるので、前半のスピードの乗りが良くて、余裕を持って逃げのパターンに持ち込める。そんな気がする。
 あとウインプライトは1800mでも2000mでも勝っているが、どちらかと言うと、1800mがベストだと思う。中でも、中山のこの距離では3つの重賞を制している。ただ、今年の中山記念はG1馬が5頭。格下感が否めないで、5番人気で止まっていた。キーポイントは昨年56キロで2着だった2000mの中山金杯を、今年は58キロのトップハンデで勝ちきったこと。それだけ昨年より力をつけていて、十八番の距離なら・条件なら相手強化でも頭から狙って行けた。
 中山の場合、器用な馬は1800mがベストの馬でも、2000mをこなしてしまうケースが多い。ただ、不器用なタイプの馬には2000mから1800mへの200mの短縮が影響しやすくなっている。パフォーマンス上の派手さに騙されないで、よくその馬の特性を見極める。それが重要だと思っている。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-