2019年2回小倉6日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス0秒7だった。ここまで6日間の馬場差を確認すると、全てマイナスの数値だが、前半2週と比べ先週は水準寄りになった。
 先週は火曜日に雨が大量に降って、土曜はその水分が残っている状態だった。ただ、土曜の時点で2週目より時計が掛かっていたのは、含水率よりも芝の傷みの影響が大きくて、実際土曜より乾いた日曜の方が、更に時計が掛かるようになっていた。今週までAコースが使用されるので、さらに馬場差が水準方向に動くと予想される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒3だった。遡って6日間の馬場差を確認しておくと、水準レベルで大きな動きはないが、先週は土日ともにプラスの数値だった。
 火曜日の雨の影響もあって、土曜朝の含水率は2週目より高かったが、時計の出方は4日目と変わらなかった。そして土曜よりも含水率が下がった日曜はさらに時計が掛かるようになった。先週は1700mでラスト200mが13秒台にならないレースが3つあったが、ラスト400mの2つのラップがどちらも12秒台だった日曜の8Rと10Rは、ペース補正が入るほどではないが、ペースが遅かった。2週目、そして先週土曜の前がバテるという結果を踏まえて、前半に行き過ぎないようにする意識が強くなったのかもしれない。


  タイム分析
 2019/08/11 (日)  芝=-0.7  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1200 フルフラット    牡2 未勝利 1:09.2 -0.3 --- +0.1 -0.4 C D --
4R T1800 ピノクル    牡3 未勝利 1:48.2 +0.3 --- +0.9 -0.6 E D --
5R T1200 グランドデューク    牡2 新馬 1:10.6 +0.9 --- +1.3 -0.4 E C --
7R T2000 ルタンブル    牝3 1勝クラス 2:00.1 +0.2 --- +0.9 -0.7 E C --
9R T1700 カイザーミノル    牡3 青島特別(1勝) 1:41.1 +0.3 --- +0.9 -0.6 E D --
11R T2000 アロハリリー    牝4 博多SH(3勝) 1:59.4 +0.9 --- +1.6 -0.7 E D --
12R T1200 レッドベレーザ    牝3 1勝クラス・牝 1:08.4 -0.1 --- +0.3 -0.4 D D (8.00)
 2019/08/11 (日)  ダ=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R D1000 アメリカンソレイユ    牡3 未勝利 0:59.5 +0.5 --- +0.3 +0.2 D E (2.00)
6R D1700 メイショウカスガ    牝3 未勝利・牝 1:48.6 +2.3 --- +2.0 +0.3 E D --
8R D1700 ウラノメトリア    セ3 1勝クラス 1:46.9 +1.7 --- +1.4 +0.3 E D --
10R D1700 キーフラッシュ    牡4 西部日刊(2勝) 1:46.3 +1.9 --- +1.6 +0.3 E D --

小倉4R 3歳未勝利 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
7着 ルッチョーラ 通信簿
 1番人気7着だった。やや出負けしたために、仕掛けて先行して2番手に落ち着きかけたが、2コーナーで外から来られて引っかかってしまった。中1週の影響もあったと思うが、不本意なレースで巻き返しに期待したいが、優先権がない状況で、あと3週。希望通りの条件に使えるかどうかが鍵になる。
小倉5R 2歳新馬 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。4着だったソニックベガについて。
4着 ソニックベガ 
 大きく出遅れるというか、出ていないというレベルだが、そのまま後ろでじっとしていた訳ではなくて、前半600mでかなり脚を使って追い上げて行った。そこから直線に入るまでは少し息が入ったと思われるが、前半でかなり脚を使っているのに、直線では伸びた。と言っても、ちょっと手前がなかなか変わらなかったようで、エンジンが掛かるまで時間は掛かったが、最後の100mは勢いが抜けていましたし、完全に脚を余している。とは言ってもタイムランクEのレースだが、この馬は1200m向きではないと思う。短距離馬が多く出ている母系で、母モンローブロンドも短距離馬だったが、父がルーラーシップなら距離は伸びた方が良いはず。実際に今回は1200mでは短いというレースぶりでもあって、距離を伸ばして来れば勝つ確率は上がると思う。
小倉6R 3歳未勝利 タイムE
 基準より2秒0遅い勝ちタイムだった。
小倉7R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
小倉8R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
1着 ウラノメトリア 通信簿
 1番人気1着だった。向正面で行きっぷりが悪くなってちょっと危ない感じだったが、終わってみればこのメンバーでは能力が違ったという感じだった。4コーナーで内を突いたのも良かったと思う。
小倉9R 青島特別 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
小倉10R 西部日刊スポーツ杯 タイムE
 基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
小倉11R 博多S タイムE
 基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
小倉12R 3歳以上1勝クラス・牝 注目
 10着だったナリスについて。
10着 ナリス 
 見てすぐ分かるが、内で包まれたままと言うよりも、内でもみくちゃにされたままで全く追えないままでゴールを迎えてしまった。ただし、初めての1200mだった前走は前半が上り坂の京都とは言え、600m通過34秒6だった。そのレースで中団からになった馬が18頭立ての小倉1200mの内枠に入ったら、まぁスムーズなレースになりにくいという事は、ある程度レース前から読めたが、想像以上に悲惨なレースになってしまった。1200mのハイペースで前に行くスピードは今のところ無いようなので、次走も多頭数の内枠なら割引は必要。逆に落ち着いた頭数の外枠などというシチュエーションになったら、狙って行きたい。

  馬券Summary
前走2着のオルフェーヴル産駒
 前走2着のオルフェーヴル産駒かどうなのかという話だが、タイムランクAやBのレースの上位にオルフェーヴル産駒がいると、私は「オルフェーヴル産駒なので、次走も同じように走れるかどうか疑問」とよく言ってると思うが、実際のところどうなのかというのが、今回のテーマ。
前走2着のオルフェーヴル産駒
 まず何の条件もつけない前走2着だったオルフェーヴル産駒の全成績だが、これ比較対象がないので難しいと思うが、大体年間のトータルと比べても悪くはない。しかし問題なのが、前走Aランク・Bランクのレースで2着で好走したその次のレースで、こういうレースで勝率17%というのは、相当良くない。17頭・18頭が1番人気で、5頭が2番人気になりながら、この成績ですから期待値は相当低い。このタイムランクA・Bの2着馬というのは、番組注目馬の定番だが、定番であってもオルフェーヴル産駒は恐ろしくて番組注目馬にはできないという私の感覚は正しかったと思う。で、しっかり能力を発揮したり良いレースをした時こそ、次はちょっと嫌気が差してしまう模様。
そしてこの表の3段目の新馬戦2着馬の成績、次走の成績、もちろん新馬の次走なので未勝利戦という事だが、この新馬2着馬が2戦目に1頭しか勝っていないというのは、まぁ恐ろしい話で、この19頭中11頭が1番人気ですから、新馬戦2着のオルフェーヴル産駒は自動的に次走危険馬にしておいても、それほど間違いではないというレベルになっている。で、オルフェーヴル産駒はレース経験を積むと悪さをするようになるようなことを私、ちらっと言った事があると思うが、そういう性質がモロに出ているのが新馬戦2着馬の次走成績だと思う。
 先週番組注目馬が7頭出ていたが、その内2頭が前走から中3週で、2頭とも勝って2勝。中2週だった馬が2頭いて、こちらは1勝・そして着外が1頭。中1週だった馬が3頭いて、1勝・2着が1頭・着外が1頭だった。結構重要で、特に番組注目馬になるぐらい力走した馬、好結果を出した馬ほど、真夏に中1週で出てくるとちょっと危なっかしい所があるので、番組注目馬の次走に関しては、中1週の場合はちょっとどうなのかなと。思った方が良いと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26