2019年2回阪神3日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒6からマイナス0秒2への変動、日曜がマイナス0秒2からマイナス0秒4への変動だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、最も速いレベルの日でマイナス0秒7となっており、高速馬場となった日はない。また、前の開催最終週は雨の影響で時計が掛かった。
 土曜日は良馬場からスタートしたが、午前中から雨が降り出して、昼過ぎから強くなって合計6ミリを記録した。馬場差は変動で、先々週に近いマイナス0秒6から始まって、10レース時には水準に近づいた。日曜は水分が残っていて、土曜後半の馬場差から始まって次第に乾いて行ったが、後半も土曜午前までには、戻り切れていなかった。Bコース替わりで、どちらかと言うと内寄りが上位を賑わせていたが、一辺倒というほどではない。メンバーや条件、ペースによっては外からの差しも決まっていた。残り2週もBコースが使用される。芝の生育は進むが、中山よりは高速になる可能性は低いのではないかなと考えている。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒1からマイナス0秒5への変動、日曜日がマイナス0秒5からマイナス0秒3への変動だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響を受けた開催日が多く、終日良馬場で行われたのはこの開催2日目だけだが、極端に脚抜きの良いコンディションになった日はない。基本的には水準に近いレベルで推移している。
 芝同様に乾いた状態が土曜開催の雨で徐々に速まって行った。日曜は土曜後半の速い時計の出るコンディションから始まって、少し乾いて標準方向へ傾くという流れ。土曜の変動は12R時で0秒4速くなって、日曜日は逆に0秒2だけ時計を要して行った。脚質的には前と後ろがほとんど互角。短距離でも追い込みが決まっていた。


  タイム分析
 2019/03/30 (土)  芝=-0.6 → -0.2  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1800 セラピア    牝3 未勝利・牝 1:49.9 +1.7 -1.5 +0.7 -0.5 D C 6.64
4R T2000 ダンスディライト    牡3 未勝利 2:01.8 -0.4 --- +0.2 -0.6 C C 6.17
6R T2000 スマートアエロ    牝4 500万下 2:02.6 +1.7 -0.3 +2.0 -0.6 E D 6.70
9R T2400 ヒーリングマインド    牡3 アザレア500 2:27.2 -0.5 -0.3 -0.3 -0.5 C C 4.75
10R T1400 グランドロワ    牡5 仲春特別1000 1:21.3 -0.2 --- -0.1 -0.1 C C 6.22
 2019/03/30 (土)  ダ=-0.1 → -0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ダンツキャッスル    牡3 未勝利 1:54.3 -0.3 -0.2 -0.4 -0.1 B D 6.27
2R D1200 シーシャープ    牡3 未勝利 1:13.4 +0.1 --- +0.2 -0.1 C D 7.92
5R D1800 ポップフランセ    牡3 500万下 1:53.5 -0.2 -0.2 -0.2 -0.2 C D 7.89
7R D1400 タガノプレトリア    牡4 500万下 1:25.0 +0.1 --- +0.3 -0.2 D C 5.20
11R D1400 スマートダンディー    牡5 コーラH(L) 1:23.1 +0.1 --- +0.4 -0.3 D C 7.86
12R D1800 スズカガルチ    牡5 1000万下 1:52.1 -0.2 --- +0.3 -0.5 C C 8.29

阪神1R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。ダンツキャッスルがこれまでとは違い、積極策で先手を取って直線に入って行く。同じ4枠のアイファーキングズが2番手にいて、並んで行こうとするとが、ダンツキャッスルは直線で突き放し、6馬身差をつけて1着。離されながらもアイファーキングズが2着。2番人気メメランタン3着。
1着 ダンツキャッスル 
 ダンツキャッスルが逃げて圧勝。1着のダンツキャッスル、ダート替わりの前走で初めて2着したが、Dランク相当だった。砂を被って嫌がっていた。今回はゲート練習をして、その効果から抜群のスタートを決めての逃げ。ズッと楽なペースで運んで、終いも伸びて6馬身差。補正を入れてギリギリのBランクだが、ラストは流していましたから、目一杯に追っていれば、完全タイム差も大きくなったと考える。父がルーラーシップの牡馬で、母はチューリップ賞3着・桜花賞5着のダンツクインビー。素質的には上でも十分に通用して良いと思う。
2着 アイファーキングズ 
 2着のアイファーキングズ、勝ち馬にはプレッシャーをかけていたが、最後は6馬身千切られた。新馬から連続2着だが、ランク的にはEからDと僅かながらも向上した。まだメンバー次第だが、センスは買えるので、次走も崩れる事はなさそう。
3着 メメランタン 
 3着のメメランタン、前走はアイファーキングズと同タイムの3着だったが、今回は0秒2置かれた3着。528キロの馬体が絞れてこなかった。馬体が締まって来れば、前進可能に思う。
阪神2R 3歳未勝利 
1着 シーシャープ 通信簿
 1番人気1着だった。好スタートから先行有利の流れに乗って楽勝だった。今回に関しては順当勝ち。その一言。
阪神3R 3歳未勝利・牝 注目
 1着のセラピアについて。
1着 セラピア 
 経験馬相手の初出走だった。セラピアは父がオルフェーヴルの牝馬で、現4歳3勝馬のサラスの全妹にあたる。併せ馬で古馬に先着と調教も動いていたが、実戦でも強かった。1000m通過1分4秒0のかなり緩やかなペースだったが、ラスト600mは11秒1-10秒9-11秒4。この速いラップをほとんど追わないで記録したのですから立派。前半少し行きたがっていたが、掛かる程ではありませんでしたし、スタートの良さを含めて、センスの高さは相当なモノがある。さらにパドックでの長めの馬体と、姉よりも落ち着きのある周回。距離も2000mまでなら問題ないだろう。素質は牡馬相手の500万でも通用しますし、牝馬限定戦ならオープンでも遜色ないはず。
阪神4R 3歳未勝利 注目
 1着のダンスディライトについて。
1着 ダンスディライト 
 2000mで前半1分1秒1、後半1分0秒7の平均ペースだった。レースの上がり36秒2を1秒2も上回る推定上がりで、少し内にもたれながらも豪快に差し切った。タイムランクはCだが、見た目の印象はそれを上回る。これまでも3戦全てが掲示板内だったが、着差はどれも0秒5以上離されてもいた。この勝ち方で、鞍上のM.デムーロ騎手は「まだ集中力を欠いている」とコメントしているのですから、まさしく覚醒して来たんだと考える。父がキングカメハメハ・母はヴィクトリアマイルの覇者で、天皇賞・秋の2着とか3着など、牡馬相手のG1で活躍したダンスインザムード。兄弟馬も平均して走っている。500万でも通用しますし、やがてはもっと上を望める。そんな1頭だと思う。
阪神6R 4歳上500万下 タイムE
 基準より2秒0遅い勝ちタイムだった。
阪神9R アザレア賞 注目
 頭数は少ないが、メンバーの粒は割と揃っていた。
1着 ヒーリングマインド 
 1着のヒーリングマインド、父タニノギムレットの珍しいアイランド産馬。前走芝2200mの未勝利をBランクで楽勝していた。母の父がスタミナ型のMonsun。距離がさらに伸びて連勝を決めた。勝負所で詰まってインへ。その分脚が溜まっていたとも言えるが、バテずに伸びて来る末脚が長所。典型的なステイヤータイプで、古馬になってからもしぶとさは記憶しておきたい。
2着 プランドラー 
 あと2着のプランドラー。内の好位で脚を溜めて、最内をM.デムーロ騎手が叩き出して来た。これまでが追っての味に物足りなさがあっただけに、差す競馬ができた事が収穫。ディープインパクト産駒でも中・長距離向きだった。勝つのに時間は掛からないと思う。
3着 アドマイヤユラナス 
 3着のアドマイヤユラナス、今回も決め手の差。ジリ脚でハービンジャー産駒だけに中山芝のタイム分析で取り上げた、マコトジュズマルのようなメリハリの効いた競馬が合ってると思う。
7着 ショウリュウイクゾ 
 一方、1番人気ショウリュウイクゾは7着に終わった。7着のショウリュウイクゾ、相手なりに走るタイプが今回は崩れた。このぐらいの勝ち時計になると、2400mは長いのかもしれない。母のショウリュウムーンは1600mと1800mの重賞勝ち馬。
阪神11R コーラルS 注目
1着 スマートダンディー 
 1着スマートダンディー、昨年11月、休養明けの1600万下で3着。次走で勝利。前走オープンのリステッド競走を2着して、今回同じ条件で差し切り勝ちと、トントン拍子で上昇して来た。本来、休養明けは走らないタイプだが、これがいきなり昨年の秋好走した事に、躍進の兆候があった。タイムランクはD、またハイペースの展開も向いたが、こと1400mは堅実で、流れが遅ければ前でも競馬ができるタイプ。この距離なら重賞でも目が離せない。そう思う。
2着 イシュトヴァーン 番組注目馬
 2着が1番人気のイシュトヴァーン。ダートに転じて6戦4勝2着2回と、底が割れていない。反面、前走の準OP勝ちがDランクだった。2着のレイダーにクビ差では少し足りない印象もあった。それが3ハロン33秒9のハイペースを好位追走から、前を掃除してのクビ差惜敗だった。やっぱり強く、相手なりに走るタイプだった。12キロ増の馬体には余裕があって、次は良くなるのでオープン初勝利が期待できる。
阪神12R 4歳上1000万下 注目
 1着のスズカガルチについて。
1着 スズカガルチ 
 このレース、タイムランクはCだが、道中は外め4番手を引っ張りきり、直線で先頭のグラットシエルを交わして追われると3馬身差の楽勝だった。前走1000万下の瀬戸特別は、0秒2差の2着だったが、勝ったアイファーイチオーは続く1600万特別の名古屋城Sも連勝している。休養明けの2走前の4着を除くと、5戦連続の連対になる事、上でも通用の要素も多いと思う。全8連対中、4回が稍重とか重とか不良のダート。脚抜きが良くなれば1600万下で馬券になる確率は高くなる。

  馬券Summary
桜花賞・皐月賞の展望
 今週は阪神で桜花賞、来週は中山で皐月賞とクラシックレースが行われる。前哨戦のタイムランク・メンバーランクを改めて振り返りながら、展望してみたいと思う。
桜花賞・皐月賞の展望
 まず桜花賞と同じ舞台で行われたチューリップ賞。昨年暮れの阪神ジュベナイルフィリーズを制したダノンファンタジーが完勝した。阪神ジュベナイルフィリーズと違って、好位3番手で折り合う競馬。直線で進路が狭くなると、外へ立て直して瞬時に反応して、一旦先頭のドナウデルタを次元の違う脚で捕らえて抜け出した。相手に恵まれたのも確かだが、本番へ向けて正攻法で勝った。その価値は大きいと思う。この組では一頓挫明けの2着シゲルピンクダイヤ、休養明けが敗因と思える5着シェーングランツに変わり身が期待できるが、いずれも勝ち馬ダノンファンタジーを逆転するまでには至らないと考えている。
次に東京のクイーンカップ。タイムランクは桜花賞の前哨戦で唯一の高レベルのBだった。他ではエルフィンステークスを勝ったアクアミラビリス。直線でごぼう抜き、荒削りだが、ツボにハマった時は、大物食い可能な切れ味を秘めている。
桜花賞・皐月賞の展望
 ダノンファンタジーが一歩リードだと思う。クロノジェネシスが当面の相手だが、負かす可能性が高いのは昨年末の朝日杯FSから直行する、グランアレグリアだと思う。スピードが勝ちすぎているのがネックだが、逆にその速さを活かす競馬を、ルメール騎手が実戦すれば、差しタイプが多いので、面白い存在になってくる。以下、ビーチサンバ、アクアミラビリス、シゲルピンクダイヤ、シェーングランツ、っと言った順番だろうか。あとフェアリーステークスはEランクの決着だが、勝ち馬のフィリアプーラは未勝利戦をAランクで勝った馬。瞬発力も勝負根性も持ち合わせていて、大穴として注目しておきたいと思う。
桜花賞・皐月賞の展望
 昨年暮れ、サートゥルナーリアの制した中山のG1、ホープフルステークス。タイムランク・メンバーランクともにCだが、上位馬の今年の成績を見ると、低調と言わざるを得ない部分がある。つまり、サートゥルナーリアは相手に恵まれて勝ったという事は存在すると思う。さらに年明けの前哨戦には出走せず、暮れ以来、皐月賞へ直行という形になる。まぁこのように気になる面はあるが、競馬を見れば不安よりも期待感が大きくなる。好位の内に収まって、狭いところを抜けてくるまでも、抜けた後もほとんど追っていない。この勝ち方は破格。相手が強くなって、もっとパフォーマンスを上げて勝つ。そんな想像が膨らんで来る。
 皐月賞と同じ中山で行われた弥生賞は、タイムランクD。重馬場の巧拙の差が大きく影響した。また、スプリングステークスもタイムランクはD。上位2頭が2000mに距離延長して良いタイプとは思えない。サートゥルナーリアに続くのは、違う組の馬たちだと思う。
1回東京の共同通信杯は、過去10年の勝ち馬から3頭が次走で皐月賞を勝っていた。今年は2戦2勝のダノンキングリー、朝日杯FSの覇者アドマイヤマーズの一騎打ちとなって、ダノンキングリーが1着。スローペースでは決定的な差をつけた。タイムランクも、前哨戦では唯一のB。父がディープインパクト、母の父がストームキャットの黄金配合。ダービーはともかくとして、2000mなら守備範囲だと思う。
桜花賞・皐月賞の展望
 そして今年に入ってリステッド競走連勝したヴェロックス、サートゥルナーリアの相手となるのは、底が割れていない点からダノンキングリーとヴェロックスが有望だが、あとすみれステークスを完勝して、4戦3勝としたサトノルークスもここには入って来る。
桜花賞・皐月賞の展望
解説者:長谷川仁志(馬サブロー専属評論家)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-