2019年3回新潟4日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒5からプラス1秒5への変動、日曜がプラス0秒7からプラス0秒4への変動。直線1000mは土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒1だった。3回新潟は先々週は開催がなく、1週開いて、先週が開催2週目だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、雨の影響で全て変動。ただ、1週目はマイナスゾーンだったが、先週はプラスで時計が掛かった。
 良馬場発表とは言え、開催1週目よりも時計の掛かる馬場だった上、土曜は後半雨が降り続いて時計が掛かって来た。日曜は逆に乾いて、後半水準方向に動いたが、土日を通じて馬場差はプラス。直線1000mは土曜は12Rで行われ、このレース時は向かい風で、土曜の方が日曜よりもやや時計が掛かっていた。3回新潟は3週の開催で最終週の今週もAコースを使用。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒2からマイナス1秒8への変動、日曜がマイナス1秒8からマイナス1秒6への変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒9からマイナス1秒9への変動、日曜がマイナス1秒8からマイナス1秒6への変動だった。ここまで4日間の馬場差を確認すると、ダートも雨の影響によりすべて変動で、脚抜きの良いコンディションが続いている。
 土曜は後半、雨が降り続いて後になる程さらに時計が出やすくなった。特に1200mは大きく数値が動いて高速馬場になった。日曜は後半の方がいくらか水準方向に近づいたが、大きな動きではなく脚抜きの良いコンディションだった。まぁいずれにしても1800mも1200mも土日ともに、かなり時計の出やすいコンディションである事に変わりはなかった。連対馬の脚質を見ると、逃げ・先行が明らかに優勢。逃げ・先行が連対しなかったのは日曜11Rだけだった。


  タイム分析
 2019/10/20 (日)  芝=+0.7 → +0.4 / 直線=+0.1  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1600 ビオグラフィー 牝2 未勝利 1:36.5 +1.4 -0.9 -0.1 +0.6 C D 6.92
5R T1600 ブライティアランド 牝2 新馬・牝 1:38.8 +3.4 -1.4 +1.4 +0.6 SL D 7.33
7R T2000 ハンターバレー 牡3 1勝クラス・若 1:59.9 -0.1 --- -0.7 +0.6 B D 7.90
9R T1800 キングテセウス 牡3 1勝クラス 1:48.2 +1.7 -0.5 +0.7 +0.5 D D 8.18
10R T1400 ハーフバック 牝3 十日町特(1勝) 1:22.6 +0.9 --- +0.6 +0.3 D C 6.60
12R T1000 ブリッジオーヴァー 牝5 飛翼特H(2勝) 0:55.4 +0.5 --- +0.4 +0.1 D D 11.73
 2019/10/20 (日)  ダ=-1.8 → -1.6 / 1200m=-1.8 → -1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1200 レイテントロアー 牡2 未勝利 1:11.1 -1.9 --- -0.1 -1.8 C C 7.08
3R D1800 オデュッセイア 牝4 1勝クラス・牝 1:51.4 -1.4 --- +0.4 -1.8 D D 6.55
6R D1800 ワンダーコノシュア 牡3 1勝クラス 1:50.6 -2.2 --- -0.6 -1.6 B D 7.33
8R D1200 エースロッカー セ4 1勝クラス 1:10.2 -1.7 --- ±0 -1.7 C D 8.30
11R D1200 テーオージーニアス 牡4 北陸S(3勝) 1:09.2 -1.5 --- +0.1 -1.6 C C 8.00

新潟1R 2歳未勝利 
6着 シャンボールロッソ 通信簿
 3番人気6着だった。スタートダッシュが鈍いのは想定内だったが、直線で内にもたれて伸びなかった。緩い馬場が堪えたのかもしれないが、見立て違いで申し訳ありません。
新潟5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
新潟6R 3歳以上1勝クラス タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイム。ワンダーコノシュアが3馬身差をつけて勝った。メンバーランクはDだったが、大差のシンガリ負けを期したモズストーンが前半1000m59秒9のハイペースで逃げたために、真の地力勝負となって、1頭1頭の着差が大きく開いた。特に先行していた1・2着馬はかなり強い。
1着 ワンダーコノシュア 
 勝ったワンダーコノシュアは秋競馬に入って2走して、体調がかなり上がっていたようだが、元々のポテンシャルの高さから見て、この完勝劇は驚くに当たらない。昇級しても即通用すると思う。
2着 サクラルーフェン 
 2着のサクラルーフェンは勝ち馬を相手と見て、ほぼ互角のレースをしたが、この1戦に限れば相手が強かったということで、自身の完全タイム差はマイナスですから、落ち着いてレースに臨めれば次走はチャンス。
3着 トゥルボー 
 3着のトゥルボーは2着から5馬身差で、展開面から見てもやや漁夫の利があった感が強い。ただ、展開に恵まれればこのクラスで通用するということは示した。
新潟7R 3歳以上1勝クラス タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。未勝利馬で9番人気のハンターバレーが前走10着から一変した。10頭中4頭が3歳未勝利馬で、メンバーランクはD。ということでタイムランクBは意外な気もするが、ペース補正が入らなかったように、新潟の外回りとしてはレースが流れてBランクになった。
1着 ハンターバレー 
 ハンターバレーは3歳未勝利馬だったが、夏の新潟開催で勝てる寸前のレベルに到達していた。減量騎手起用で3歳未勝利戦2着時よりも、負担重量が4キロも軽かった訳で、その恩恵と相手関係が勝因だろう。
2着 サンレイポケット 
 そして勝ち馬と同タイムで2着がサンレイポケット、3着がラレゾンだった。2着のサンレイポケットは長期休養を1度使って変わって来た。こちらも減量騎手起用で、前走から負担重量が3キロ軽かった。脚部不安で長期休養を余儀なくされていただけで、1勝クラス通用の能力は秘めていた。
3着 ラレゾン 
 そして勝ち馬と同タイムで2着がサンレイポケット、3着がラレゾンだった。3着のラレゾンは5歳1勝馬で、折り合い面で乗りづらいだけでなく、一瞬しか良い脚を使えない。その点では常に危険な人気馬になりうるので、この接戦を落としたのは痛い。
4着 スパークオブライフ 
 4着のスパークオブライフは3着から3馬身差。意外なほど伸びなかった。人気先行の帰来もあったが、今回は走っていない。
5着 シークレットアイズ 
 5着のシークレットアイズは4着馬とクビ差。5着までは完全タイム差はマイナスになる。

  馬券Summary
藤田菜七子騎手効果
 今年の藤田菜七子騎手の目覚ましい活躍は枚挙にいとまがなく、特にこの後の快進撃は驚異的ですらある訳だが、実は先日その事について、彼女に聞いてみたが、フィジカル面においては、2年前から専属のトレーナーをつけて、その積み重ねがここへ来て実ったのかもしれないと言っていた。また、メンタル面においては4年目で、少しずつ回りが見えて来て、落ち着いて乗れるようになったと言っていた。実は彼女の活躍が及ぼす効果は大きい。
藤田菜七子騎手効果
 まず同じ根本厩舎所属の兄弟子の2人、丸山元気騎手と野中悠太郎騎手の自学と奮起を促してるっという事。丸山騎手は今年既に4つの重賞を勝っていて、昨年以上の成績を収めることは確実と思われる。野中騎手は昨年2勝だったが、今年はすでに22勝を挙げている。野中騎手は若手の有望株で、これは私のイチオシ。それだけではなく、藤田菜七子騎手効果というのは、同期つまり競馬学校騎手課程32期生にも波及している。坂井瑠星騎手は今年フィリーズレビューで重賞初制覇をなして、3週前の京都大賞典も勝っている。また菊沢一樹騎手は七夕賞で重賞初制覇、藤田騎手の地方交流重賞、東京盃を入れると同期3人が今年重賞初制覇を果たしたことになる。全盛期の武豊騎手に、同期の蛯名正義騎手がライバル意識を燃やして、関東の競馬界を牽引していた、そういう時代を思い起こす感じがあるが、同期のライバル意識というのは、モチベーションを高めますから、それを馬券を買う側にとっては、極めて重要なファクターになると考える。藤田菜々子騎手の同期には、荻野極騎手、それから木幡巧也騎手、それから森裕太朗騎手もいますから、目が離せない。彼女の活躍が競馬界を盛り上げるだけでなく、兄弟子と同期の騎手達の成長を促す素晴らしい効果があって、それを予想と馬券に活かさない手は無いんじゃないかなと、そういう風に思う。
解説者:吉岡哲哉(競馬ブック)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-