2019年3回京都6日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝2000mの数値は土日ともにマイナス1秒6だった。遡って6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス1秒台で速い時計の出るコンディション。
 京都の芝についてはこの開催、ここまですべて良馬場でマイナス1秒8からマイナス1秒5の間で推移していて、大きな動きはなく安定している。あと、脚質的には土曜は逃げ・先行タイプも頑張っていたが、日曜は全ての連対馬が好位・中団からの差し馬だった。開幕週から差し馬の連対が目立っていたが、その傾向が強まりつつある。なお、今週からの後半3週はDコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒2だった。遡っての6日間の馬場差を確認しておくと、水準レベルかいくらか速めのレベルで、大きな動きはない。
 先週は水準レベルだった。この開催は同一週の中では、土曜よりも日曜の方がいくらか時計が掛かるという推移が続いている。また、2週目と3週目は土曜が稍重から良、日曜が良で馬場発表は似ているが、3週目の先週の方が掛かっていた点は要注意。あと脚質的には逃げ馬・先行馬ともに2連対ずつで、好位・中団からの差し馬が活躍した。少しでも馬場が渋ると、差しが届きやすくなる印象。


  タイム分析
 2019/05/05 (日)  芝=-1.6  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1600 アンジュミニョン    牝3 未勝利・牝 1:34.9 -0.3 -0.2 +0.8 -1.3 D D 8.50
5R T1800 メイケイハリアー    牡3 未勝利 1:46.9 -1.5 --- -0.1 -1.4 C C 5.82
8R T2400 プルンクザール    牡4 500万下 2:23.8 -3.0 --- -1.1 -1.9 A D 5.67
10R T1400 ディープダイバー    牡3 橘S(L) 1:20.7 -0.5 -0.2 +0.4 -1.1 D D 7.50
11R T1200 ミラアイトーン    牡5 鞍馬S 1:07.6 -0.4 --- +0.6 -1.0 D D 9.07
12R T1600 トライン    牡4 1000万下 1:32.6 -1.3 --- ±0 -1.3 C C 4.00
 2019/05/05 (日)  ダ=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 オリーブティアラ    牝3 未勝利・牝 1:54.5 +0.6 --- +0.4 +0.2 D D 8.09
2R D1400 ヴァリアント    牡3 未勝利 1:25.6 ±0 --- -0.2 +0.2 C D 4.89
3R D1900 ティーブルーム    牡3 未勝利 2:02.1 +1.3 --- +1.1 +0.2 E C 10.00
6R D1400 イメル    牡3 500万下 1:25.3 +0.5 --- +0.3 +0.2 D C 9.00
7R D1200 ロンス    牝4 500万下・牝 1:12.7 +0.8 --- +0.7 +0.1 D D 7.00
9R D1800 サトノプライム    牡5 上賀茂H1600 1:51.7 +0.7 --- +0.5 +0.2 D D 8.00

京都2R 3歳未勝利 
1着 ヴァリアント 通信簿
 1番人気1着だった。こちらはの相手にも恵まれたのは事実だが、見ていて危なげなかった。タイムも同じ日の6R3歳500万下に0秒3差だった。メンバー1つで上のクラスでも通用すると思う。
京都3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
京都8R 4歳上500万下 タイムA
 基準より1秒1速い勝ちタイムだった。10.グランノーブルが後続を離して逃げていた。しかし4コーナー辺りで後続が接近して来る。内めから3.ピッツィカートが伸びて来て、それに1.プルンクザールが並んで来る。外からは4.ダノンアポロンが上がって来る。そして、内の2頭が追い比べを演じ、プルンクザールが抜け出して1着。ピッツィカートが2着。その後、やや遅れてダノンアポロンが3着だった。番組注目馬だったプルンクザールが1番人気に応えて勝った。このレース1000m通過が58秒9、前半の速いラップがタイム全体を押し上げた印象がある。
1着 プルンクザール 
 勝ったプルンクザールは逃げるグランノーブルを目標にして、4コーナー手前から早めに仕掛けて押し切った。現級なら力上位と言える内容だった。加えて、前走からメンコを外したことで道中の行きっぷりがかなり良くなっている。昇級しても堅実に走ると思う。
2着 ピッツィカート 
 2番人気で2着だったピッツィカートは、しっかりと間隔を明けながら使う事で、1戦1戦きっちりと能力を発揮できるようになった。引き続き2200m以上の距離に出走してくれば、上位争いになる。
3着 ダノンアポロン 
 そして3着ダノンアポロンは勝ち馬の後ろを追いかける形で、よく伸びた。近走は末脚勝負に徹していたが、今回のように早めに動く形の方が良さそうで、次走も圏内。
4着 サダムラピュタ 
 そして4着サダムラピュタは自ら逃げ馬を捕らえに行こうとしたが、3・4コーナーで外に膨れていた。そこそこ人気にはなるが、まだ自分から勝ちに行って勝てるだけの力はなさそう。
京都9R 上賀茂S 注目
 タイムランク・メンバーランクともにDだが、次走巻き返して来る可能性のある馬もいたので、ここで取り上げておく。
1着 サトノプライム 
 勝ったサトノプライムは課題のスタート決めて、その後も内々を上手く立ち回った。出遅れるケースの多い馬だが、発馬さえ五分なら、これぐらいは走って良い。オープンに昇級してもゲートの出が鍵になる。
2着 スズカガルチ 
 2着スズカガルチは常に気合を入れながらの競馬になった。ラストまでしぶとく粘っているが、今回は展開面で恵まれた印象がある。次走信頼まではどうかと思う。
3着 バニーテール 
 それなら3着バニーテールの方が面白そう。今回は最後の直線で勢いがついた時に、一瞬前が詰まった。その分上位2頭との争いには加われなかったが、次走スムーズに捌ければ、巻き返しはある。
10着 グアン 
 1番人気のグアンは10着に敗れた。道中砂をかぶった影響か、終止反応が悪くて、オルフェーヴル産駒特有のちょっと難しい面がある馬なのかなと思う。今回はそれがモロに出てしまった印象で、次走逃げるか、揉まれない2番手なら巻き返して来そう。
京都10R 橘S 注目
 勝ち時計は平凡だが、ペースが遅めで補正が入っている程だった。それでも見所のある馬はいた。
1着 ディープダイバー 
 勝ったディープダイバーだが、中団でスムーズに運んで最後は先に抜け出したジュランビルを捕らえた。内に刺さる面 のある馬だけに、内に入れたジョッキーの好騎乗にあるが、前より刺さらなくなっている印象はある。安定感が増しているので、クラスが上がっても印は打つべきレベル。
2着 ジュランビル 
 そして2着ジュランビルは行きたい馬を先に行かせて、自身は3番手のインを追走した。結果手応えが良すぎた分、早めに抜け出す形になって、ディープダイバーに差されたが、勝ちに行っての2着ですから評価はできる。スッと前に行けて、ラストもしぶといタイプですし、次走も1400m以下の距離に出走なら、勝ち負けになる。
4着 ホープフルサイン 
 そして3着以下では4着だったホープフルサインが面白そう。出遅れてスローペースで展開不向きという状況で、それでもラストは追い込んで来た。次走もそんなに人気にはならないと思うので、狙ってみても良いかなとちょっと考えている。
京都11R 鞍馬S 注目
 タイムランク・メンバーランクともにDだったが、勝ち馬ミラアイトーンの強さは際立っていた。
1着 ミラアイトーン 勝ち馬注目
 ご覧のようにちょっとスタートは悪かったが、この後もいつのまにか中団まで挽回する。その後、勝負所でちょっと動くに動けない位置に入ってしまって、4コーナー回ってからも外に持ち出すのに若干手間取った。それでもスペースが出来ると、一気に伸びて抜かした。2着馬との着差は3/4馬身だが、それ以上の強さを感じさせる競馬だった。いずれにしろ、この馬前半600mが33秒9という流れでも引っかかってしまうぐらい、スピードが勝ってる馬。それだけに、今後相手が強くなってペースが速くなった方がむしろ競馬はしやすいと思う。次走重賞挑戦しても、当然勝ち負けになる。
2着 カラクレナイ 
 2着カラクレナイは追い込み一辺倒の脚質だが、今回はスタートを決めて、自ら勝ちに行く競馬をした。結果、強い勝ち馬に差されたが、近走の中では最も内容が良かった。和田騎手とも手が合っている感じですし、次走も楽しむ。
3着 イエローマリンバ 
 3着イエローマリンバは今回のように逃げるとしぶとい。次走も楽に行けるかどうかが鍵になる。

  馬券Summary
日本の競馬に合う?合わない?
 これはねオーストラリアから来たダミアン・レーン騎手の話。短期免許を取った最初の週となった先々週が5勝の固め勝ちで、新潟大賞典を制した。そして先週は勝ち星こそ1つだったが、2着3回3着3回と馬券に絡むケースが目立った。ここからはあくまで、個人的な見解でしかも極論ではあると思うが、ちょっとね日本に来る外国人騎手、よほどのビッグネームではない限り、活躍できるかいくつかのポイントがあると思うんですよね。
まず1つ目、これは若いこと。極論でしょう結構。ベテランで、同じ国で長く乗っていると、やっぱりそこでの乗り方が染みついてしまって、スッと日本の競馬に合わせられないケースが多い。結果、苦戦することも多々あって、誰とは言わないが、そういうケースもあった。ですから、やはり柔軟性は大事で、その点は若い騎手の方が柔軟に対応できる可能性は高いということになる。
そして2つ目、これが意外と重要で軽い負担重量のレースにも乗ることができること。例えば、56キロからじゃないとダメとか言うと、日本では騎乗依頼が極端に減る。できれば54キロから乗れる方にしたほうが良いと思う。それはトレセンで取材とか、色々厩舎関係者の話を聞いてると、肌で感じること。
 そして3つ目、これも大事なんですよね。ダートの競馬に即座に対応できるかどうかという事。現在、日本で活躍しているM.デムーロ騎手とかC.ルメール騎手は、早い段階からダートでも好成績を残していた。ちなみにこの2人は若い時に来日して、軽めの負担重量でもOKだった。その点を踏まえると、D.レーン騎手、年齢が若くて、軽い負担重量でも大丈夫で、そしてダートの競馬でも早々に勝っている。これは大きな可能性を感じる騎手ですし、まぁモレイラ騎手みたいになってしまうと、もう乗れば馬券的には人気してしまうので妙味はなくなるが、まだギリギリD.レーン騎手はまだ来て2週ですから、馬券的にもちょっと美味しい時期かなと思う。先物買いで、ちょっと馬券的に狙ってみるのも面白いかなと考えています。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26