2019年1回新潟3日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともにマイナス0秒3。直線1000mは土日ともにマイナス0秒2だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、開幕週はプラスゾーンだったが、先週はマイナスの数値だった。
 開幕週、特に開催初日は雨の影響で時計の掛かるコンディションだったが、先週は高速馬場ではないものの、時計は出やすくなった。あと連対馬については、中団・後方からの差し馬が多くて、逃げ・先行は少なかった。この点は開幕週と同じ。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒3。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒2だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、開幕週、特に開催初日は1800mはマイナス2秒台。1200mはマイナス1秒台で高速馬場だったが、先週はどちらの距離も水準方向に動いた。
 先週のダート1800mについてはプラスの数値になっていて、1週目特に開催初日と比べれば、一変した。1200mは全てマイナスの数値で、1800mほどではないが、先週の方が時計は掛かっていた。あと連対馬の脚質については、大きな偏りはないが、穴を開けるタイプとして印象に残ったのは、1800mで前へ行って粘った馬。特にこれまで先行していなかった馬が、今回積極策で粘り込むパターンがあった。例えば日曜1R2着のジュリアヴィーナス、日曜3R1着のトレイントレイン、2着ハーベストゴールドあたりがそう。


  タイム分析
 2019/05/04 (土)  芝=-0.3 / 直線=-0.2  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1200 レストンベ    牝3 未勝利 1:10.2 +0.5 --- +0.7 -0.2 D C 6.07
6R T1800 ベルキューティ    牝3 未勝利・若 1:47.5 ±0 --- +0.3 -0.3 C D 8.45
9R T2000 プロキシマ    牝5 500万下・牝 1:59.4 -0.6 --- -0.3 -0.3 C C 5.40
11R T1000 ライオンボス    牡4 邁進特H1000 0:54.1 -0.8 --- -0.6 -0.2 B D 9.47
12R T1400 ベストアクター    セ5 五泉特別500 1:21.7 ±0 --- +0.2 -0.2 C C 8.50
 2019/05/04 (土)  ダ=+0.2 / 1200m=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1800 エコロドリーム    牡3 未勝利 1:54.5 +0.5 --- +0.3 +0.2 C D 8.55
3R D1200 ケイツーテソーロ    牡3 未勝利 1:13.1 +0.4 --- +0.7 -0.3 D D 8.10
7R D1200 プリティマックス    牝5 500万下 1:11.9 ±0 --- +0.3 -0.3 D D 9.23
8R D1800 ジョースターライト    牡6 500万下 1:53.9 +1.1 -0.3 +0.6 +0.2 D D 5.75
10R D1800 ゲンパチルシファー    牡3 わらび賞500 1:53.6 +0.5 --- +0.3 +0.2 C C 6.43

新潟9R 4歳上500万下・牝 注目
 タイムランクはCだが、0秒1速ければBランクだった。前の2頭が競り合うように進んだ結果、新潟外回りとしては中盤で、あまりペースが落ちなかった。これが時計の速くなった要因。
1着 プロキシマ 
 ただ1着プロキシマは、1年前2桁着順が続いた後、新潟外回り1800mで3着に入って、変わり身を見せている。この条件が向いていることも勝因の1つだろう。
2着 ルナステラ 
 2着ルナステラは先行馬を見ながら、好位で運んで、勝ち馬の決め手屈した格好だが、これで昇級後4走のうち2着が3回ありますから、堅実タイプで引き継ぎ上位候補。
3着 アオイプリンセス 
 アオイプリンセスは1番人気で3着だった。やや期待を裏切った感もあるが、先着を許した2頭とは0秒1差。今回を含めての5走で、馬券圏内に入る事ができなかったのは重馬場の4走前だけ。こちらも堅実。
新潟11R 邁進特別 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。ライオンボスが内めの枠からダッシュを効かせて、外ラチに寄せて行きながら、ハナに立って行く。後半でも勢いは衰えず、5馬身差で圧勝。その後1番人気サラドリームが2番手に上がって来る。3着争いは接戦だが、ポップシンガーが先着。
1着 ライオンボス 
 2桁着順が続いていたライオンボス、一変。これは驚いた。ライオンボスは昨年後半休養して、今年に入って復帰したが、2走とも16着だった。それが今回正に一変で、前半から主導権を握っての勝利ですから、直線1000mが向いていたとしか考えられない内容だった。この後も直線1000mなら、昇級しても注意が必要。
2着 サラドリーム 
 あと1番人気サラドリームは5馬身差の2着だったが、今回は勝ち馬が強かったと見るべきだろう。こちらも直線1000m自体は向いている。1000万下なら引き続き上位候補になる。

  馬券Summary
日本の競馬に合う?合わない?
 これはねオーストラリアから来たダミアン・レーン騎手の話。短期免許を取った最初の週となった先々週が5勝の固め勝ちで、新潟大賞典を制した。そして先週は勝ち星こそ1つだったが、2着3回3着3回と馬券に絡むケースが目立った。ここからはあくまで、個人的な見解でしかも極論ではあると思うが、ちょっとね日本に来る外国人騎手、よほどのビッグネームではない限り、活躍できるかいくつかのポイントがあると思うんですよね。
まず1つ目、これは若いこと。極論でしょう結構。ベテランで、同じ国で長く乗っていると、やっぱりそこでの乗り方が染みついてしまって、スッと日本の競馬に合わせられないケースが多い。結果、苦戦することも多々あって、誰とは言わないが、そういうケースもあった。ですから、やはり柔軟性は大事で、その点は若い騎手の方が柔軟に対応できる可能性は高いということになる。
そして2つ目、これが意外と重要で軽い負担重量のレースにも乗ることができること。例えば、56キロからじゃないとダメとか言うと、日本では騎乗依頼が極端に減る。できれば54キロから乗れる方にしたほうが良いと思う。それはトレセンで取材とか、色々厩舎関係者の話を聞いてると、肌で感じること。
 そして3つ目、これも大事なんですよね。ダートの競馬に即座に対応できるかどうかという事。現在、日本で活躍しているM.デムーロ騎手とかC.ルメール騎手は、早い段階からダートでも好成績を残していた。ちなみにこの2人は若い時に来日して、軽めの負担重量でもOKだった。その点を踏まえると、D.レーン騎手、年齢が若くて、軽い負担重量でも大丈夫で、そしてダートの競馬でも早々に勝っている。これは大きな可能性を感じる騎手ですし、まぁモレイラ騎手みたいになってしまうと、もう乗れば馬券的には人気してしまうので妙味はなくなるが、まだギリギリD.レーン騎手はまだ来て2週ですから、馬券的にもちょっと美味しい時期かなと思う。先物買いで、ちょっと馬券的に狙ってみるのも面白いかなと考えています。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26