2019年2回福島1日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒2からマイナス0秒8への変動、日曜は設定不能だった。
 土曜はマイナス1秒台でスタートして、昨年の開催初日ほどではないにしても、まぁ速い時計の出る馬場だった。ただ、終盤に雨が降って馬場差は水準方向に動いた。さらに日曜は、終盤まで雨が降り続いて、時計の比較はあまり意味をなさないほどのレベルになって、設定不能ということになった。上位馬を見ると、土曜の勝ち馬は前目に位置した馬が優勢。一方、日曜の連対馬は中団・後方からの差し馬が目に付いた。雨が降り続いたことも、土日で変化のあった要因だろう。今週もう1週Aコース、後半2週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒3からマイナス0秒6への変動、日曜がマイナス1秒2からマイナス1秒7への変動だった。
 土曜前半の馬場差はマイナス0秒3。水準に近いレベルでスタートして、終盤が雨が降って数値はマイナス方向に動いたが、いずれにしても大きな動きではなかった。日曜は雨が降り続いて、マイナス1秒2でスタートし、後半はさらに時計が出やすくなって行った。ただ、雨がかなり降った割には、超のつくような高速馬場ではなかった。既に水が浮くようなコンディションになっていたからかもしれない。上位馬については、前めにつけた馬が優勢だった。


  タイム分析
 2019/06/29 (土)  芝=-1.2 → -0.8  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1800 ウインカーネリアン    牡2 未勝利 1:49.5 ±0 -0.3 +0.8 -1.1 D D 4.89
3R T1200 フジマサディープ    牡3 未勝利 1:08.8 -1.0 --- -0.3 -0.7 B D 8.64
4R T1800 マイキューティー    牝3 未勝利 1:48.7 ±0 --- +1.1 -1.1 E C 6.73
5R T1200 エレナアヴァンティ    牝2 新馬 1:09.5 -0.9 --- -0.2 -0.7 C D 6.54
8R T2600 ファントムグレイ    牡6 1勝クラス 2:40.5 -0.2 --- +1.2 -1.4 E D 6.50
9R T1800 ヴァンケドミンゴ    牡3 南相馬特(1勝) 1:48.3 +0.4 --- +1.3 -0.9 E D 6.00
11R T1200 シャドウノエル    牝4 テレビユ(3勝) 1:08.4 ±0 --- +0.5 -0.5 D D 8.31
 2019/06/29 (土)  ダ=-0.3 → -0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1700 ブーケオブジュエル    牝3 未勝利・牝 1:46.9 -0.2 --- +0.1 -0.3 C D 7.00
6R D1150 ヴァンドゥメール    牡2 新馬 1:09.8 -0.2 --- ±0 -0.2 C D 7.45
7R D1700 エクリリストワール    牡3 未勝利 1:46.7 -0.4 --- -0.1 -0.3 C D 6.86
10R D1150 レッドアネラ    牝4 郡山特別(2勝) 1:07.4 -0.5 --- -0.2 -0.3 C D 7.58
12R D1700 シゲノブ    牡4 1勝クラス 1:45.8 -0.2 --- +0.4 -0.6 D C 7.00

福島3R 3歳未勝利 タイムB
 このレースの勝ちタイムは当開催3歳未勝利クラスの基準タイムより1秒0速く、1200m対象の馬場差がマイナス0秒7だったことを踏まえても、 -1.0-(-0.7)=-0.3 で基準より0秒3速い勝ちタイムだった。フジマサディープが最内枠から先手を取って、外からパリテソーロが続いて4コーナー。直線に入ってフジマサディープが後続を突き放し、リードを広げて逃げ切り勝ち。その後3馬身差の2着争いは、外から伸びて来たクツワヒメがパリテソーロを交わして2着。
1着 フジマサディープ 
 フジマサディープが距離短縮、初めての芝1200mで初勝利。1枠1番からダッシュを効かせて先手を取ったフジマサディープだが、早めに外からパリテソーロに並びかけられたため、600m通過は33秒3の厳しいペースの逃げとなった。しかし、直線ではずっと外を回されたパリテソーロの方が苦しくなって、フジマサディープがそのまま逃げ切った。3馬身差圧勝と言って良いだろう。フジマサディープはデビューから3走目まで2000mで5着以内がなかったが、1400mに距離短縮してからは4着・3着・4着で、今回更に距離を縮めて逃げの手に出ると、そのスピードを見せつけた。1枠1番を引いて、腹を決めて逃げの手に出たのも良かったのではないだろうか。今後も短距離で力を発揮していく事になるだろう。
1着 フジマサディープ 通信簿
 2番人気1着だった。水曜日に想定メンバーを見て、マズいと思った。ただ、相手に恵まれたとは言え、これは見立て違いだった。ごめんなさい。
3着 パリテソーロ 
 2着以下は少し離された。しかし、強気の競馬で外から勝ち馬を突き、最後に苦しくなった3着パリテソーロには次走注目。あの競馬で3着を死守した辺り、展開がハマればあっさり勝てそう。血統的にダートも面白いんじゃないだろうか。
福島4R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
福島5R 2歳新馬 注目
 タイムランクはCだが、完全タイム差はマイナス0秒2で、あと0秒1速ければBランクだった。先ほども少し触れたが、土曜の芝は7鞍中5鞍で逃げ馬が3着以内に入っている。逆に8Rまでの5鞍で、4コーナー5番手以下で3着以内に入ったのは2頭だけ。残る13頭は4コーナーで4番手以内にいた馬たちだった。まぁそしてこの新馬戦も4コーナー4番手までの4頭が、1着から4着を占める、まぁ前残りの競馬だった。
1着 エレナアヴァンティ 
 ただ、馬場コンディションを味方にしたというだけではなく、勝ったエレナアヴァンティは逃げたテリオスヒメを終止マークし、早めに抜け出しての完勝だった。すぐに上で通用とまでは言えないが、小回り・平坦の短距離ならかなりやれそうですし、将来的には1600mぐらいまでこなしてもおかしくない。
2着 アルムブラスト 
 2着アルムブラストは大外枠。好スタートを切ったが、位置取りが難しかった。なんとか4番手のインにハマったが、直線は前の馬に寄られて気にするようなシーンもあり、鋭い脚は見せながらも、届かなかった。次走は勝ち上がれるんではないだろうか。
福島7R 3歳未勝利 
1着 エクリリストワール 通信簿
 1番人気1着だった。休んでいる間に相手が楽になったのが大きいが、余裕の逃げから6馬身差と強かった。1勝クラスなら芝・ダートを問わず、通用して良いのではないだろうか。
福島8R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
福島9R 南相馬特別 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
福島10R 郡山特別 注目
 完全タイム差はマイナス0秒2で、あと0秒1速ければBランクだった。
1着 レッドアネラ 勝ち馬注目
 勝ったレッドアネラは1番人気で、危なげない逃げ切り勝ち。前走は6着だったが、向正面でトモを滑らせて2番手に下がるアクシデントがあった。今回のように、普通に逃げられれば強い。上のクラスでも通用する力があると言えるだろう。
2着 スナークライデン 
 2着から5着は人気薄の馬たち。ただ、2着スナークライデンは地方交流を圧勝した後、前走はこのクラスで4着とスランプから脱出しつある。
3着 タマモサザンクロス 
 3着タマモサザンクロスは昨年11月にこのクラスで2着した実績があり、前走は4ヶ月半ぶり。このくらいはやれる力があったと言えるだろう。十分狙えたのではないだろうか。
6着 スマートアルタイル 
 逆に2番人気スマートアルタイルは6着。3番人気フォーティプリンスは10着。いずれも追い込み一辺倒で、積極的には狙いづらかったと言えるかもしれない。
10着 フォーティプリンス 
 逆に2番人気スマートアルタイルは6着。3番人気フォーティプリンスは10着。いずれも追い込み一辺倒で、積極的には狙いづらかったと言えるかもしれない。
福島11R テレビユー福島賞 注目
 先ほど土曜の傾向について触れたが、雨の影響で終盤は水平方向に動いたことも影響したのか、9Rと11Rでは差しが決まっていた。その差しが効いた土曜後半の馬場にも触れておきたいので、このレースを取り上げる。
好スタートを切ったシャドウノエルが内からトワイライトライフが来ると、これを先にやって2番手。直線はアッサリ抜け出して、着差以上の完勝だった。
1着 シャドウノエル 
 勝ったシャドウノエルは、まぁ1頭だけ能力が違った印象。休み明けの前走は、後手を踏んだこともあって届かず4着だったが、1度使った今回は手応えが違った。
2着 メイショウカリン 
 このレースは2着争いが接戦だった。問題はその2番手争い。この日、芝1200mで行われた3R・5Rは完全な前残りだった。しかし、馬場が渋って来たこのレースでは2着争いが横一線となった。もちろん新馬戦や未勝利戦と違って、高額条件では実力が拮抗しており、その分、差し馬が台頭する可能性は高い。ただし、前半よりは差し馬にも可能性がある馬場だったというのは、言えるだろう。2・3着馬は、鋭い脚を見せたが、いずれも展開がハマった印象もある。
3着 ナンヨーアミーコ 
 このレースは2着争いが接戦だった。問題はその2番手争い。この日、芝1200mで行われた3R・5Rは完全な前残りだった。しかし、馬場が渋って来たこのレースでは2着争いが横一線となった。もちろん新馬戦や未勝利戦と違って、高額条件では実力が拮抗しており、その分、差し馬が台頭する可能性は高い。ただし、前半よりは差し馬にも可能性がある馬場だったというのは、言えるだろう。2・3着馬は、鋭い脚を見せたが、いずれも展開がハマった印象もある。
4着 モアナ 
 むしろ次走狙うとすれば、前半の馬場だったら粘っていた可能性が高い4着のモアナ。これを挙げたいと思う。
11着 イオラニ 
 そして人気薄では、直線で全く前が開かなかった11着イオラニ。これを挙げたいと思う。

  馬券Summary
3歳馬vs古馬
 やっぱり下級条件ほど、降級馬がいなくなったので、3歳馬が強いという印象はあるが、果たして本当はどうなのか。3歳以上1勝クラス・2勝クラスにおける6/1から6/23まで4週間分の年齢別成績を出してみた。
3歳馬vs古馬
1勝クラス・2勝クラスともに3歳馬優勢とは出た。ただし、まず1勝クラスの方は3歳馬の数も結構多いですから、3歳馬の中からどれを選ぶかが、やはり重要となってくる。また、3歳馬による上位独占というのは意外に少なくて、4歳馬・5歳馬も1頭は絡んでくるというケースが多い。ただし、6歳以上はほぼ無視で良いんじゃないかという結果になっている。
それから2勝クラスだが、もうこれは勝率・連対率・3着内率断然なので、狙いたいが、意外に3歳馬の絶対数が少ない。ですから、出てきたらともかく狙ってみたいが、相手は3歳同士というのは、そんなに居ないので、相手はやはり4歳馬・5歳馬。穴でこの2勝クラスの場合は、6歳以上の馬も穴をあける事がまぁまぁあるというデータが出ている。
なお、3勝クラスだが、期間中3歳馬は1頭も出走していない。3勝するような馬というのは、オープンか重賞を勝っていますから、3勝クラスには止まっていない。
解説者:市丸博司(パソコン競馬ライター)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-