2019年1回東京1日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともマイナス0秒9だった。
 高速馬場ではないが、開幕週という事もあって速めの時計が出るレベルだった。1年前の1回開催開幕週は、雨の影響が残って時計の出方は水準レベルだったが、それよりも時計は出やすいコンディションだった。連対馬の脚質については目立った偏りはないが、勝ち馬については逃げ・先行組で1頭だけと。まぁ、東京らしく差しが届いていた。この開催は全てDコースが使用される。
 先週の芝の馬場差1600m対象の数値は土日ともマイナス0秒9だった。
 土日ともにプラス0秒6だった。乾いたコンディションで、実際含水率も低く、時計の掛かる馬場だった。連対馬の脚質には目立った偏りはないが、東京らしく差し・追い込みが効く馬場と。まぁ中団・後方の馬が連対しなかったのは、土日それぞれ1鞍だけだった。


  タイム分析
 2019/01/26 (土)  芝=-0.9  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2400 ピンシェル    牡3 未勝利 2:27.6 -1.0 --- +0.1 -1.1 C C 5.86
6R T1800 セリユーズ    牝3 未勝利 1:47.0 -1.9 -0.3 -1.4 -0.8 A C 5.80
10R T1400 ディキシーナイト    牡3 クロッカ 1:22.2 +0.2 -0.3 +0.5 -0.6 D D 7.60
11R T2000 ブラックスピネル    牡6 白富士S 1:59.3 +0.4 -0.7 +0.6 -0.9 D D 7.00
12R T1600 ソロフレーズ    牡4 500万下 1:34.3 -0.5 --- +0.2 -0.7 C C 7.56
 2019/01/26 (土)  ダ=+0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1300 ロードシュタルク    牡3 未勝利 1:21.7 +2.2 --- +1.7 +0.5 E D 8.07
2R D1400 ダンホーキラー    牡3 新馬 1:28.6 +2.2 -0.1 +1.6 +0.5 E D 7.93
3R D1600 リーヴル    牡3 未勝利 1:39.9 +0.4 --- -0.2 +0.6 C D 8.00
4R D1600 リープリングスター    牡3 500万下 1:39.4 +0.8 --- +0.2 +0.6 C C 6.64
7R D1400 モリトユウブ    牡4 500万下 1:26.5 +1.6 --- +1.1 +0.5 E D 8.14
8R D2100 アドマイヤビクター    牡4 1000万下 2:12.0 +0.7 --- -0.1 +0.8 C D 8.56
9R D1600 ヴァローア    牝7 白嶺S1600 1:37.8 +1.4 -0.1 +0.7 +0.6 D C 8.86

東京1R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
東京2R 3歳新馬 タイムE
 基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
東京3R 3歳未勝利 注目
 残り300mで3頭が抜け出すと、そのまま後続との間を開いて行って、3着と4着の間が10馬身差。まぁちょっと珍しいレースとなった。タイムランクはCだったが、完全タイム差マイナス0秒2とBに近いタイムになった。
 当然の事だが、今回4着以下の馬については、しばらくが狙いが立ちそうにない。
1着 リーヴル 
 勝ったリーヴルと3着オンザウェイが初めてのダート。2着トゥーフラッシーがダート2度目。要するにダートを使ってきた馬たちに実績馬が不在で、潜在能力のある馬達が上位を独占したと言えるレース。2番人気2着のトゥーフラッシーは、前走逃げて3着。軸ならこっちだっただろうか。ここで勝ったリーヴルも次走以降そこそこ期待できると思うが、狙うならやはりトゥーフラッシーだろうか。また、あと3着オンザウェイも狙えると思う。
2着 トゥーフラッシー 
 勝ったリーヴルと3着オンザウェイが初めてのダート。2着トゥーフラッシーがダート2度目。要するにダートを使ってきた馬たちに実績馬が不在で、潜在能力のある馬達が上位を独占したと言えるレース。2番人気2着のトゥーフラッシーは、前走逃げて3着。軸ならこっちだっただろうか。ここで勝ったリーヴルも次走以降そこそこ期待できると思うが、狙うならやはりトゥーフラッシーだろうか。また、あと3着オンザウェイも狙えると思う。
3着 オンザウェイ 
 勝ったリーヴルと3着オンザウェイが初めてのダート。2着トゥーフラッシーがダート2度目。要するにダートを使ってきた馬たちに実績馬が不在で、潜在能力のある馬達が上位を独占したと言えるレース。2番人気2着のトゥーフラッシーは、前走逃げて3着。軸ならこっちだっただろうか。ここで勝ったリーヴルも次走以降そこそこ期待できると思うが、狙うならやはりトゥーフラッシーだろうか。また、あと3着オンザウェイも狙えると思う。
5着 ボヘミアラプソディ 
 1番人気ボヘミアラプソディは5着。ここ3走全て1秒4以上離されていて、信頼が置けるとは言い難かったかもしれない。
東京6R 3歳未勝利 タイムA
 このレースの勝ちタイムは当開催3歳未勝利クラスの基準タイムより、1秒9速く1800m対象の馬場差がマイナス0秒8になることを踏まえても、 -1.9-(-0.8)=-1.1 でさらにペース補正が0秒3入って -1.1-0.3=-1.4 で基準より1秒4速い勝ちタイムだった。グレイテストが先手を取って直線に入って行く。その後好位追走から2番手に上がって来たセリユーズがグレイテストに並んで行き、交わして抜け出して行く。そしてセリユーズが4馬身差をつけて1着。外からトーセングランが追い上げて来たが、グレイテストが半馬身差で2着に粘っての入線。
1着 セリユーズ 勝ち馬注目
 ここまで3走全て単勝オッズ1倍台のセリユーズが初勝利。前半からグレイテストが平均に近いペースで逃げて直線もよく粘ったが、1番人気セリユーズは余裕十分で、残り300mでグレイテストを交わして4馬身差つけて快勝した。ペース補正が入ったとは言え、完全タイム差は-1秒4で文句なしのタイムランクA。ここまで3戦勝てなかったが、徐々にレースに慣れて今回は目標にも恵まれた。勝つべくして勝ったレースと言えるだろう。セリユーズは現5歳で3勝馬キラーコンテンツの全妹。キラーコンテンツは短距離で実績を残しているが、まぁこの馬はクラシックディスタンスでも十分やれるだろう。今から牝馬クラシックが楽しみになった。
2着 グレイテスト 
 2着以下は勝ち馬から4馬身以上離された。2着グレイテストは4戦連続の2着。このくらいの距離でもすぐに勝てるだろうが、距離を短縮しても面白いかもしれない。
3着 トーセングラン 
 3着トーセングランは東京巧者で、東京コースなら安定して走る。今開催中にもう1回走るようなら是非狙いたい。
東京7R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
東京8R 4歳上1000万下 注目
 直線に入ったところで岩田騎手が抑えているのに、後続馬の騎手達が手を激しく動かしてしまう。それぐらいここでは勝ち馬の力が違いすぎた。
 3着以下はやや狙いづらい。
1着 アドマイヤビクター 
 勝ったアドマイヤビクターだが、およそ1年の休養後、昨年の夏にダートを連勝。レパードステークスはさすがに歯が立たなかったが、そこから5ヶ月の休養でここへ出てきた。このクラスは通過点で問題は準OPでどうかだろう。結果的には残り300mで追い出してから2着を引き離す脚は見られなかった。タイムランクもC、今回は休み明けの分もあったでしょうし、まだ断定はできないが、次走上のクラスを勝つためには、使っての上積みが必要だろう。
2着 リゾネーター 
 あと2着リゾネーターも2ヶ月半の休み明けだったが、近況からすれば今回はよく走ったと言えるだろう。元々ジャパンダートダービー4着の実績がある。調子が上がってくれば、次走このクラスは勝てるだろう。

  馬券Summary
ダート短距離・前回1枠→今回8枠
 ダート短距離は内枠で結果を出せずに外枠で変身する馬が実は多い。
ダート短距離・前回1枠→今回8枠
 先々週の終了時点から過去1年で、ダート1200m以下で前走1枠だった馬が今回8枠を引いた時の成績を調べてみた。意外に凄いんですよね。81回出走して8勝2着9回3着8回4着以下56回。連対率21%・3着内率30.9%も凄いが、単勝回収率が118%。複勝回収率は何と158%。やっぱり内で不利を受けたり、能力発揮できない馬、結構いるんですよね。ダート短距離の場合。外を引いて、ちょっと変身するという馬を狙おうということ。この数字は何も条件を加えずに出した結果ですから、1枠で敗退した馬が人気薄で8枠で穴を開ける例がかなりある事がわかった。さらに細かく見て行って、外枠だと走る馬とかをあえて狙って行くとさらに楽しいんじゃないかなという風に思っている。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-