2019年2回中山7日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともに、マイナス0秒9だった。まずは遡って8日間の馬場差を確認しておくと、3日目まではマイナス1秒台だったが、その後は雨の影響を受けて、特に4日目はプラスの数値となった。先週は土日ともに良馬場で、マイナス1秒近くまで数値は戻った。
 先週は火曜日以降雨が降らず、馬場は乾燥していた。土曜の夜に少し雨は降ったが、馬場差に影響するほどではなく、馬場差は土日同じだった。Aコース4週目になって、3コーナーから4コーナーにかけて内側に傷みがあるが、避けて通るほどではなく、まだ速い時計が出るコンディション。今週までAコースが使用されるが、雨の影響を直接受けない限り、それほど時計の掛かる馬場にはならないだろう。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒3。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒1だった。遡って8日間の馬場差を確認しておく。まず1800mは時計の掛かるコンディションだった開幕週と比べ、その後雨の影響を受けた2週目・3週目は時計が出やすくなった。先週は土日ともに良馬場だったが、1週目と比較すれば時計の出やすいレベルだった。1200mは全てマイナスの数値で、4日目・5日目は速い時計の出るコンディションとなり、先週は水準に近いレベルだった。
 先週は火曜日以降は雨が降らず、馬場は乾燥していた。日曜は土曜より乾燥が進んで、土曜より時計が掛かるようになったが、雨の影響が残っていた6日目とほぼ同じで、極端に時計が掛かるようになった訳ではない。


  タイム分析
 2019/03/16 (土)  芝=-0.9  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1600 グレルグリーン    牡3 未勝利 1:35.2 -0.7 --- ±0 -0.7 C C 8.19
6R T2000 マイネルステレール    牡3 未勝利 2:02.8 -0.1 -0.4 +0.4 -0.9 D C 5.77
8R T2000 ハナレイムーン    牝5 1000万下・牝 2:02.2 +1.3 -0.6 +1.6 -0.9 E D 10.00
9R T1600 インスピレーション    牡4 鎌ケ谷特1000 1:35.0 +0.7 -0.9 +0.5 -0.7 D C 7.88
11R T1800 コントラチェック    牝3 フラワーG3 1:47.4 -0.7 -0.3 -0.2 -0.8 C C 3.91
 2019/03/16 (土)  ダ=+0.2 / 1200m=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ステイホット    牝3 未勝利・牝 1:12.7 -0.2 --- ±0 -0.2 C C 8.92
2R D1800 ゴールデンウェル    牡3 未勝利 1:56.6 +0.9 --- +0.7 +0.2 D D 7.33
3R D1200 ケイアイビリジアン    牡3 未勝利 1:12.4 -0.5 --- -0.3 -0.2 B D 8.36
4R D1800 ブラックヘイロー    牡3 新馬 1:56.4 +0.3 --- +0.1 +0.2 C D 10.07
7R D1200 ハルサカエ    牝3 500万下 1:11.5 -0.7 --- -0.5 -0.2 B D 9.54
10R D1800 ゴライアス    牡4 韓国馬事1600 1:53.0 +0.6 --- +0.4 +0.2 D C 6.71
12R D1800 トミケンボハテル    牡5 500万下 1:54.0 ±0 --- -0.2 +0.2 C D 6.08

中山3R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。
1着 ケイアイビリジアン 
 ケイアイビリジアンが単勝1.6倍の支持に応え、8戦目で勝ち上がった。ケイアイビリジアンは直線で前と外に馬がいて、そのまま詰まりっぱなしになってもおかしくなかったが、ラチ添いの狭いところを抜けるしかなくなった。それでも十分に脚が残っていたこともあって、抜けて来れた。結果的にコースロスのないレースができて、ギリギリのBランクですから昇級してすぐに通用するとちょっと言えない。
2着 ナムラアイアイサー 
 2着のナムラアイアイサーはデビュー戦で不利を受けてから他馬を怖がるようになったという事だが、今回は外枠が幸いして、ずっと周囲に気を遣わずに走れた。今回と同じだけ走れば次走も好勝負になるが、内枠だったりすると不安が大きい。
3着 シゲルアパライト 
 3着のシゲルアパライトは楽な感じで逃げているように見えたが、追ってからもスピードが変わらない。かなり恵まれないと勝つのは難しそう。
中山5R 3歳未勝利 
3着 オフウィドゥス 解説推奨
 南半球産の9月生まれなのに、経験馬相手のデビュー戦で3着だった。それも前半はソロッと回って来て、何かこう試運転みたいな感じだったが、直線だけで一気に伸びて来て、素質は高い。デビューが遅くなった馬が、デビュー戦で好走して、その後間隔を詰めて2戦目に望むと危ないですよというのは、馬券summaryでやるが、ノーザンファームの木村厩舎の馬が、デビュー直後の3歳馬を中1週や中2週で使って来る事は滅多にないので、そのパターンはなくて大丈夫だろうと読む。ちなみに、木村厩舎だが、昨年1年間で2歳馬・3歳馬を中2週以内で使った事が11回しかなく、その内の8回は3歳の5月以降だった。
中山7R 3歳500万下 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 ハルサカエ 
 ハルサカエが6ヶ月ぶりの実戦を勝って2戦2勝。ハルサカエはスタートこそ早くなかったが、気合いをつけてスピードに乗ると一気に好位へ。それで直線で包まれそうになったが、メールデゾレが前に出たところで進路ができると、グイグイと伸びた。ダート1200mで3キロ減のアドバンテージは大きかったが、休養前より脚が力強くなっている。
2着 メールデゾレ 
 外から差し馬が何頭も迫って来たように、前に行った馬には楽ではない流れだったが、2着のメールデゾレは2番手追走から一旦先頭。そのまま粘っていて、内容は良い。7番人気での2着だが、次走圏内。
3着 ニシノコトダマ 
 3着のニシノコトダマは差す競馬が板について来たが、それで展開次第という感じになっている。次走も上位候補だが、軸にはしにくい
4着 ペイシャリルキス 
 そして4着のペイシャリルキス、よく伸びているが、差し馬向きの流れだった事は確か。
中山8R 4歳上1000万下・牝 タイムE
 基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
中山11R フラワーカップ 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。コントラチェックが今回も先手を取って行った。コントラチェックはハナにはこだわらないとコメントが出ていたが、内枠から好スタート。もう1頭の逃げ候補、ジョディーがスタート直後に躓きかけたこともあって、コントラチェックが無理することなく、先手を取った。200mから1400mまでずっと11秒8から12秒1という見事な平均ペース。残り200mを過ぎてから、ようやく追い出すという余裕の逃げ切りになった。スタートが遅くて、中団からになったエールヴォアは、4コーナーで差を詰めて行って、直線でよく伸びたが、ランブリングアレーを捕らえて2着に上がるのが精一杯だった。コントラチェックとの差はほとんど詰まらなかった。
1着 コントラチェック 
 コントラチェックが逃げ切って重賞初制覇となった。このコントラチェックの勝ち方は「強い」の一言だが、逃げた時は3回全て圧勝で、逃げなかった2回は負けている。それなら徹底先行に固めていけば良いだけの話だが、何かの拍子に揉まれる展開になったりすると、惨敗する可能性もある。
2着 エールヴォア 
 その後の2着争いは2頭の接戦だったが、外のエールヴォアが内のランブリングアレーをハナ差交わした。2着のエールヴォアは、先行できなくても気性面では別に問題ないが、切れる差し脚を繰り出すタイプではなく、前に行った方が良いはず。切れなくてもバテないというタイプではあるので、オークス路線では上位を争えそう。
3着 ランブリングアレー 
 3着のランブリングアレーは止まってはいないが、ジリジリとした伸び。2着・3着が多い兄・姉と似ていると思う。
4着 シャドウディーヴァ 
 4着のシャドウディーヴァ。スタート直後に気合いをつけていたが、前に行けず、直線で上手く内に入って来たが、エンジンが掛かりきれないままゴールという感じだった。レース前に多くの人が想像したと思うが、中山は合わないと思う。

  馬券Summary
デビューが遅くなった馬の2戦目
 3月になると、3歳未勝利戦で初出走馬が上位に来るケースが増えて来る。そういう馬は2戦目で人気になりやすいが、どの程度の信頼性があるのかというテーマ。それを検証するために、2014年以降の3月に未勝利戦でデビューして、初出走ながら5着以内に入った馬、これが次走の未勝利戦でどのような成績を残しているのかを調べた。なぜ2014年以降の3月を集計するかというと、2014年以降は3月に未勝利戦でデビューする馬が一気に増えるざるを得ない、そういう番組なっているため。具体的には芝の新馬戦が2回中山と1回阪神の1週目に行われる2000mが最後で、ダート短距離の新馬戦もこの開催の2週目が最後という現行の番組は2014年以降は続いているということ。
その後は新馬戦がダート1800mだけになるので、未勝利戦でデビューする馬が一気に増えますし、そこでいきなり上位に来る馬も増えるということ。また、5着以内で区切る理由は、5着以内に入れば中3週以内なら優先出走権があって、出走間隔を選べるから。
デビューが遅くなった馬の2戦目
さて、ようやく本題に入るが、2戦目の信頼度はデビュー戦からの間隔が鍵となっている。まず、中1週で臨んだ馬は勝っていない。中2週・中3週、そしてその後の中4週から8週と間隔が開く程、勝率も連対率も高くなっていく。中9週以上になると、休み明けのようなモノなので少し下がるが、それでも中1週で臨むよりはマシという成績になっている。デビュー戦が3歳の3月になるということは、成長が遅いとか体質が弱いとか、デビュー前に故障したなど、何らかのネガティブ要素があることが大半。そういう馬がデビュー戦で好走すると、反動が出やすい。それが中1週での成績の悪さにつながっていると思われる。
デビューが遅くなった馬の2戦目
 3月になると番組の都合によって未勝利戦でデビューする馬が増えるので、3月を集計したが、1月や2月でも事情はあまり変わらない。今年1月・2月の新馬戦の除外ラッシュが例年以上に激しかったので、もうその時点で未勝利戦でデビューしてしまう馬が結構多かったが、そこで5着以内に入って中1週で2戦目に臨んだ馬が今年3頭いて、全て4着以下だった。3頭中2頭は2戦目に1番人気になっていて、これは人気馬を消す手段としてはかなり有効だと思う。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-