2019年1回東京5日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 東京は降雪の影響により日曜・月曜の開催だった。芝の馬場差2000m対象の数値は日曜がマイナス0秒8、月曜がマイナス0秒9だった。まずは遡って6日間の馬場差を確認しておくと、マイナス0秒9かマイナス0秒8で推移しており、ほとんど動きはない。
 雪の影響で日曜・月曜の開催となった訳だが、芝については時計の出方は、ほとんど変わらず速い時計の出るレベルだった。連対馬の脚質については、極端な偏りはないものの差しの効きやすい馬場。また流れも影響しているのだろうが、中団・後方の馬による差し馬同士の決着が5鞍あった。
 先週の馬場差1600m対象の数値は日曜がプラス0秒5、月曜がプラス0秒6だった。遡って6日間の馬場差を確認しておくと、開幕週と先週はプラス0秒5かプラス0秒6。一方2週目はマイナス0秒6で対照的な数値となっている。
 雪の影響が残って日曜は重馬場でスタートし、途中で稍重に変更されたが、馬場差は1日を通した数値。ただ、脚抜きの良い馬場では無く、やや時計が掛かっていた。月曜は日曜よりも乾いて、さらに時計が掛かった。連対馬の脚質については、逃げ・先行馬が少なく差しの効く馬場。この点は同レベルの馬場差なった開幕週と同じ。


  タイム分析
 2019/02/11 (月)  芝=-0.9  Dコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2400 ローズテソーロ    牝3 未勝利 2:29.5 +0.9 -1.2 +0.8 -1.1 D D 7.77
6R T1600 テイクザヘルム    牝3 新馬 1:35.9 -0.3 --- +0.4 -0.7 D C 7.67
7R T1800 サトノルーラー    牡5 500万下 1:48.7 +1.0 -1.2 +0.6 -0.8 D D 8.00
9R T1800 アモーレミオ    牝4 テレビ山1000 1:47.2 +0.2 -0.8 +0.2 -0.8 C C 5.83
10R T1400 キャナルストリート    牝5 雲雀SH1600 1:20.7 -0.5 -0.5 -0.4 -0.6 B C 6.09
11R T1600 クロノジェネシス    牝3 クイーンG3 1:34.2 -0.4 -0.7 -0.4 -0.7 B C 3.63
 2019/02/11 (月)  ダ=+0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 ホウオウクリスティ    牝3 未勝利 1:28.3 +2.1 --- +1.6 +0.5 E D 6.77
2R D2100 エレガントエルフ    牡3 未勝利 2:17.5 +3.4 --- +2.6 +0.8 E D 7.27
3R D1600 バスタキヤ    セ3 未勝利 1:39.1 -0.4 --- -1.0 +0.6 A C 5.00
4R D1600 ニューモニュメント    牡3 500万下 1:38.5 -0.1 --- -0.7 +0.6 B C 6.38
8R D1400 ニシノジャガーズ    牡4 500万下 1:26.0 +1.1 --- +0.6 +0.5 D D 7.73
12R D1600 トワイライトタイム    牡4 1000万下 1:37.9 +0.7 --- +0.1 +0.6 C C 8.58

東京1R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
東京2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より2秒6遅い勝ちタイムだった。
9着 カガストロング 通信簿
 3番人気9着だった。メンバーを見た時にはワンツー決着も覚悟したが、このメンバーでこの着順だからどちらも現時点では力不足だったという事。
10着 タッチングムービー 
 1番人気10着だった。メンバーを見た時にはワンツー決着も覚悟したが、このメンバーでこの着順だからどちらも現時点では力不足だったという事。
東京3R 3歳未勝利 タイムA
 基準より1秒0速い勝ちタイムだった。15.イサチルダイチが外から先手を取って直線に入ったが、外から13.ドンヒューズが上がって先頭に立った。しかし、その内から2.バスタキヤが並んで行き、追い比べを制して1着。クビ差でドンヒューズが2着。そして3着争いでは1番人気の12.リトルモンスターが10.マイネルイヴィンスに先着した。
1着 バスタキヤ 勝ち馬注目
 12番人気バスタキヤがダートに変わって一変した。バスタキヤがハイペースのレースを制した。上がりが掛かって前にいた馬はほとんどが下がって行く中、3・4番手のインで我慢して抜け出し、差し馬たちを退けた。時計は優秀で、上位馬では1頭だけ前で戦って勝っただけに、ダートではかなりの奥がありそう。バスタキヤの母はダートで3勝したポップアイコン。兄の現役4歳馬バールドバイは持ち込みのDubawi産駒で、6戦1勝ながらスプリングステークス4着がある。エンパイアメーカー産駒はダートで実績がありますし、このダート替わりは買いだったと言えるかもしれない。少なくともちょっと12番人気は人気が無さすぎた。
2着 ドンヒューズ 番組注目馬
 ドンヒューズは勝ち馬と競り合っての同タイムクビ差2着。直線で先頭に立つ時の脚は見所があった。当然次走は大いに期待できる。
3着 リトルモンスター 
 3着リトルモンスター・4着マイネルイヴィンスもタイムランクB相当。メンバー次第で勝ち上がれるはずだが、次走特に狙いたいのは5着のイッツリット。
4着 マイネルイヴィンス 
 3着リトルモンスター・4着マイネルイヴィンスもタイムランクB相当。メンバー次第で勝ち上がれるはずだが、次走特に狙いたいのは5着のイッツリット。
5着 イッツリット 
 3着リトルモンスター・4着マイネルイヴィンスもタイムランクB相当。メンバー次第で勝ち上がれるはずだが、次走特に狙いたいのは5着のイッツリット。直線で馬群を捌くのに苦労したが、前が開いたらグイグイ伸びている。次走は面白そう。
東京4R 3歳500万下 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。ニューモニュメントが昇級3走目で勝ち上がった。このレースもハイペースだが、前半600mは先ほど取り上げた3Rの未勝利戦より0秒2遅い。このクラスでは超ハイペースとは言えないだろうが、それでも逃げたグッバイガールを始め、前めにつけた馬たちは全て下がって行き、直線では後方から次々に追い込み馬がやって来る展開となった。
1着 ニューモニュメント 
 勝ったニューモニュメントはタイムランクAだったはこべら賞の6着馬。勝ち馬から1秒4離されたが、それでも次走で勝つんですから、はこべら賞のレベルの高さを思い知らされる。ニューモニュメント、出遅れ癖があるが、今回は普通に出た。まぁしかしそれでも後方に位置して、直線一気の競馬で豪快な追い込み勝ち。ダートでここまでの追い込みはなかなか見られない。オープンでも普通に出て前が速い展開なら、一発あるだろう。
2着 ラティーンセイル 
 2着が2番人気ラティーンセイル・3着が1番人気キングテセウスと上位人気馬が続いた。2着・3着馬はこのクラスの安定勢力となりそう。展開次第で勝ち上がるのではないだろうか。ただし、狙ってみたいのは4着バンブトンハート。
3着 キングテセウス 
 2着が2番人気ラティーンセイル・3着が1番人気キングテセウスと上位人気馬が続いた。2着・3着馬はこのクラスの安定勢力となりそう。展開次第で勝ち上がるのではないだろうか。ただし、狙ってみたいのは4着バンブトンハート。
4着 バンブトンハート 
 2着が2番人気ラティーンセイル・3着が1番人気キングテセウスと上位人気馬が続いた。2着・3着馬はこのクラスの安定勢力となりそう。展開次第で勝ち上がるのではないだろうか。ただし、狙ってみたいのは4着バンブトンハート。大きく4馬身ぐらい出遅れてしまったが、徐々に差を詰めて3コーナーから大外を通ってマクりをうち、直線半ばで先頭に立つすごい競馬を見せてくれた。最後ソラを使ったのか、ちょっと苦しくなったが、長続きする良い脚を持っている事を披露してくれましたし、大きな出遅れさえなければ次走面白い存在ではないかと思う。
東京10R 雲雀S タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。タイキサターンがハナに立って、直線に入って行ったが、ボンセルヴィーソが2番手から並んで行き、交わして先頭に立って行く。しかし、外からキャナルストリートがグングンと差を詰めて、ゴールではハナ差でボンセルヴィーソを交わしていた。その後1馬身半差で3着争いも接戦だったが、間を割って伸びて来たエスターテ、最後3着に上がる。
前半600m35秒6、800m47秒2はまぁ1600万下の1400mとしては緩やか。ペース補正が0秒5入ったことで、Bランクとなった。レースの上がり600mは33秒5で、上がり32秒台を出した馬が2頭いる末脚勝負となった。さすがに前残りとなって、3着まで4コーナー4番手以内の馬で決着かと思われたが、最後の最後にインから1.エスターテが強襲。3着だけは差し馬となった。
1着 キャナルストリート 
 キャナルストリートが勝って1000万下・1600万下を連勝。勝ったキャナルストリートだが、1000万下からの連勝でオープン入り。今回は2ヶ月半ぶりだが、16キロ増とデビュー以来最高の馬体重だった。休み休みしか使えない馬だが、ここ5戦で4勝と完全に本格化している。ローズステークスなど4勝したブロードストリートの半妹。オープンでも牝馬限定戦なら重賞にも手が届きそう。
2着 ボンセルヴィーソ 
 そして勝ち馬と同タイム、ハナ差の2着がボンセルヴィーソだった。ボンセルヴィーソ、元々重賞2着が2回あって、朝日杯フューチュリティS・NHKマイルカップは3着の実力馬。3歳秋から4歳夏までちょっと不信に陥っていたが、昨秋から復活。再度のオーブン入りも間近ではないだろうか。
5着 フレッチア 
 あと1番人気フレッチアだが、5着だった。向正面で外から寄られて、バランスを崩したのが響いて、東方からの追走となった。この速い上がりではどうしようもなかった。次走、再度を願いたいと思う。
東京11R クイーンカップ タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムで、メンバーランクはCだった。さあまずはスタート。このスタートでビーチサンバ・レッドベルディエスらが遅れる。一方、ジョディーが緩やかなペースで逃げて、直線に入って行く。先頭で粘ってはいたが、外からクロノジェネシス、さらにその外からビーチサンバが上がって来て、この2頭が内のジョディーを交わして行く。そしてクロノジェネシスがクビ差で1着。2着ビーチサンバが半馬身差でジョディー3着入線となった。
1着 クロノジェネシス 
 阪神ジュベナイルフィリーズの2着馬、クロノジェネシスが勝って重賞初制覇。前走出遅れたが、今回は好スタート。全く無理せずに中団につけて、追い出しを待つ余裕があった。先にビーチサンバが追い出した事もあって、相手の脚色を見ながら追えましたし、着差以上の完勝。桜花賞へ向けて、大きな1勝になったと思う。
2着 ビーチサンバ 
 2着は追い込んだビーチサンバ、逃げたジョディーが3着だった。ビーチサンバは痛恨の出遅れ。今回は勝ち馬に1キロもらっていましたし、逆転の可能性もあると考えていたが、直線に向いた時に先に仕掛けないといけないようでは苦しかった。今後勝ち馬を逆転するにはかなりの面で、全て上手く行かないと苦しいかもしれない。
3着 ジョディー 
 2着は追い込んだビーチサンバ、逃げたジョディーが3着だった。それから3着ジョディーは逃げるとしぶといですし、府中は本当に走る。
4着 カレンブーケドール 
 4着カレンブーケドールだが、未勝利勝ちからここで4着は立派。まだ馬がパンとしていないのかもしれない。距離が伸びて期待したいところ。
8着 ミリオンドリームズ 
 それから8着ミリオンドリームズ、新馬勝ちは素晴らしいレースだったが、今回は半年ぶりの影響が出ただろうか。巻き返しに期待したいところ。
東京12R 4差上1000万下 注目
 このレースも前半が速く、前にいた馬たちは残り200mで一杯。外を回した1番人気から3番人気の3頭が抜け出し、2番人気・3番人気・1番人気の順にゴールインした。結果からみても上位3頭の力が抜けていたレース。3頭とも前にも行けるが、ペースが速いのを見越して控える形をとって、安全策を取って外から差してきた印象。タイム的に優秀とは言えないが、競る展開にならなかったため、伸びなかった面もあるかもしれない。
1着 トワイライトタイム 
 1着トワイライトタイムは1600万下ですぐに通用するとまでは言いにくいが、いずれ通用する能力はあると思う。
2着 フィスキオ 
 2着フィスキオは安定しており、ここは一息入れた実践。次走は期待大だろう。
3着 ラムセスバローズ 
 まぁ難しいのが3着だったラムセスバローズ。今回、前へ行かなかったが、出遅れた訳ではなく大外枠で無理をしなかったのと、ペースが速いので控えたものではないかと思われる。大外を通らされたのは確かに不利だったが、それにしても直線あまり伸びなかった。次走はあっさり勝つ可能性もあるが、全幅の信頼は置かない方が良いのかもしれない。

  馬券Summary
最終週の東京ダート1600mは距離短縮組に注目!
 G1フェブラリーステークスが行われますので、改めて1回東京最終週のダート1600mの傾向について調べてみた。
最終週の東京ダート1600mは距離短縮組に注目!
 これが表だが、1回東京最終週ダート1600m過去5年の成績。これで見ると同距離もまぁなかなか良いが、やっぱり距離短縮組が素晴らしい。圧倒的に前走から距離を短縮した馬が有利。フェブラリーステークスも最近は根岸ステークス組も良いが、過去10年で見ると1800m以上のレースをステップにした馬の方が、成績が良い。まぁ回収率で行くと、距離短縮組が圧倒していまして、特に単勝なんか298%ですから、ぜひ狙ってみてはいかがでしょうか。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-