2019年3回中京5日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒7からマイナス0秒5への変動、日曜がプラス0秒9だった。遡って6日間の馬場差を確認しておくと、良馬場の日はなく、馬場差も変動の日が多くなっており、時計の出方は安定しない。
 土曜は雨の影響が残って稍重でスタート。後半雨が降って、大きく時計を要する程ではないものの、前半と比べ、やや時計が掛かった。土曜夜からの雨で日曜は時計を要する馬場。不良から重へ変更されたが、馬場差は1日を通した数値。脚質面では、日曜は前めにつけた馬が優勢である事は明白。土曜は後ほど、具体的にレースを取り上げて挙げる。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒9からマイナス2秒2への変動、日曜がマイナス3秒9だった。遡って6日間の馬場差を確認しておくと、ほとんどがマイナス2秒台。さらに先週日曜はマイナス3秒9と相当な高速馬場だった。
 土曜についてはマイナス1秒9でスタートし、後半は雨が降ってさらに時計が出やすくなった。そして日曜はマイナス3秒9。ちょうど1年前、昨年のこの開催の4日目にマイナス3秒2という馬場差があったが、それを上回る超高速馬場だった。そもそもこの開催は、良馬場の日が無く、脚抜きの良いコンディションになっていることが、高速馬場の要因ではある。実際、1回・2回はここまでの高速馬場ではなく、プラスの数値の日もあった。ただ乾いた良馬場でも、例えばマイナス1秒台の日が続くような状況になれば、基準タイムを見直すタイミングかもしれない。上位馬については、勝ち馬は前に位置した馬が優勢で、特に超高速馬場の日曜は4鞍中逃げ馬が3勝。流石にここまで速くなると、特殊なコンディションになり、差しが効かなかった。


  タイム分析
 2019/07/13 (土)  芝=-0.7 → -0.5  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1600 ギルデッドミラー    牝2 新馬 1:36.6 ±0 -0.7 -0.1 -0.6 C C --
7R T2200 ボンベール    牡3 未勝利 2:19.2 +4.3 -1.6 +3.4 -0.7 SL D --
8R T2000 タンタラス    牝3 1勝クラス・牝 2:00.8 -0.2 --- +0.4 -0.6 D C --
9R T1200 トップソリスト    牝3 マカオジ(1勝) 1:08.8 -0.3 -0.1 ±0 -0.4 C C --
11R T2000 カヴァル    牡4 マレーシ(3勝) 2:00.8 +1.2 -0.9 +0.8 -0.5 D D --
 2019/07/13 (土)  ダ=-1.9 → -2.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1900 スキッピングロック    牡3 未勝利 2:00.3 -1.5 --- +0.5 -2.0 D D --
3R D1200 オースミムテキ    牡3 未勝利 1:11.4 -1.8 --- -0.5 -1.3 B C --
6R D1400 カルカリーナ    牝3 未勝利・牝 1:24.6 -1.5 --- +0.1 -1.6 C D --
10R D1900 ブラックウォーリア    牡3 インデH(2勝) 1:57.6 -2.1 --- +0.1 -2.2 C D --
12R D1400 ダイシンクローバー    牡3 1勝クラス 1:23.5 -1.6 --- +0.1 -1.7 C C --

中京2R 3歳未勝利 
5着 キタサンチャンドラ 通信簿
 1番人気5着だった。前半速く、中盤緩んだが、外からビッシリ競られてしまった。しかし、それでもここで負けるような馬ではなく、申し訳ないというところ。
中京3R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。2走続けて2着だったオースミムテキが勝ち上がった。
1着 オースミムテキ 
 番組推奨馬オースミムテキは1番枠を引いて、インから逃げたマナカを追走。4コーナー手前では外に出して並び掛け、直線先頭に立った。ほとんど追った所なしの完勝で、2着に2馬身半差をつけて、まぁ完璧なレースだった。オースミムテキは短距離ダートの未勝利を5回使って2着3回・3着1回。敗れた相手も3勝を挙げているサトノギャロスとか2勝して2勝クラスで2着したパドカトルなど強い馬ばかりで、流石にこの相手では能力が違いすぎた。1番枠心配だったが、この程度のペースならあっさり2番手をキープできましたし、それも杞憂だったと言えるだろう。上のクラスでも十分勝負になるはず。
2着 ミキノモンテカルロ 
 離されながら流れ込んだ形の2着馬から4着馬は次走狙いづらい。
3着 フォリオール 
 離されながら流れ込んだ形の2着馬から4着馬は次走狙いづらい。
4着 ジョートラジャ 
 離されながら流れ込んだ形の2着馬から4着馬は次走狙いづらい。
5着 ショウナンマンカイ 
 狙えるとすれば、大外枠でダッシュが付かず後方から厳しい競馬を強いられた、5着ショウナンマンカイ。 そして単騎逃げながら、勝ち馬に4コーナーで並ばれて何も出来なかった12着マナカではないだろうか。
12着 マナカ 
 狙えるとすれば、大外枠でダッシュが付かず後方から厳しい競馬を強いられた、5着ショウナンマンカイ。 そして単騎逃げながら、勝ち馬に4コーナーで並ばれて何も出来なかった12着マナカではないだろうか。
中京7R 3歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。1000m通過1分5秒2。1200m通過1分18秒8と上がり600mだけ速いレースとなって、前に行った馬で決まった。
1着 アテンポラル 
 1番人気アテンポラルは大外枠から終始外を通らされたのが影響したのか、6着に終わっている。
中京9R マカオJCT 注目
 土曜の傾向を象徴していると思われるレースだった。先週はBコース替わりということもあっただろうが、土曜から内が有利なコンデションで、内枠、前へ行った馬が優勢だった。特にこのレースは逃げたトップソリストと2番手のヴィルデローゼで1着・2着。3着もいつもよりも前めの位置を進んだブルベアオーロが入った。馬番も1番・4番・3番・5番・2番と内枠の順に入線した。そして人気だが、後方から行った2頭、エイシンゾーンと5番人気タガノカルラは為す術もなく、大敗してしまった。もちろん、平均よりスローに流れたということもこの結果を生んだ一因ではある。スローのために4コーナーでは馬群が凝縮してしまい、後方にいた馬は外へ出るしかなかった。しかし、この日は外が全く伸びなかった。直線は外に芝丈が長いのか、やや緑が濃い部分があったが、ここを通る馬はほとんど伸びない印象だった。エイシンゾーンとタガノカルラは、この外を通らされたことも大敗の理由だと考えておきたい。
3着 ブルベアオーロ 解説危険
 まぁ今回はたまたまちょっと内枠で、好スタートを切って前につけたことで、ちょっと好走できたという感じですかね。まぁこれまでのレースから見ても、そうそう同じレースができるとは思えない。今回は中京のこの特殊な馬場にも、助けられたという様にも言えるんじゃないだろうか。前に行けるとは、戦前は思えなかった。
中京11R マレーシアカップ 
7着 サトノソルタス 通信簿
 1番人気7着だった。ちょっと信じられない大敗だった。少し不利もあったが、まぁ目を覆いたくなるようなレース。大変申し訳ありません。2走ボケのような負け方で、敗因が特定できないが、次走改めて注目したい。

  馬券Summary
7月14日は特殊な芝。中京は内、福島は外
 同じ芝の道悪でもこれだけ違うという典型的な1日だった。福島と中京が同じように開催3週目で、AコースからBコースに替わったのも同じ。しかし福島の先週の日曜は、まず福島はインが悪くなって、もう本当の外伸び。差し馬がジャンジャンやって来た。これはスパークオブライフの勝ったレースだが、3コーナーマクりを打って、内で1番人気のグロリアーナ、あれが普通は勝つような競馬だと思うが、これが4着に負けてしまった。対して、中京の方だが、こちらはもうインが良く、前残りから内からの差しとなった。基本的には内枠の先行馬が良かった。これはエスポワールが先行して、強い競馬を見せたが、もう外の馬、届きそうで全く届かない。結局、内にいた馬が2着・3着と。これも、逃げ(赤)・先行(オレンジ)みたいなのが、うわーっとありまして、基本的には中京は内、福島は外だったというのを、是非覚えていただきたいと思う。こういう特殊な日は標語か何かにして覚えておくと良いと思うが、例えば、この日に福島芝で逃げて失速した馬、中京芝で差して届かなかった馬は次走買う。それだけで穴馬券が取れるのではないかと思う。
解説者:市丸博司(パソコン競馬ライター)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-