2019年5回阪神4日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒8、日曜がマイナス1秒7だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、開幕週と比べると先週は水準方向に動いたが、それでもマイナス1秒台後半だった。
 月曜日に雨が降り、水曜日にもごく微量の降雨があったが、週末の馬場に大きな影響はなかった。ただし、1週経過して芝が傷んだ分、時計が掛かるようになったという事。なお、日曜日の後半に小雨が降ったが、時計の出方に影響はなかった。先週も1週目ほどではないが、前残り傾向だった。ただ、ペース補正が入らないレースでは差し馬も来ていて、前残りが多いのはスローペースが多い影響もある。今週もう1週Aコースが使用され、後半の3日間はBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒2だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、マイナスの数値ではあるが水準に近いレベルで推移している。
 月曜日に雨が降って、水曜日にもごく微量の降雨があった。1週目の含水率が極めて低かったので、この程度の雨でも影響はあり、1週目よりは速い時計が出るようになったが、それでも近年の阪神ダートとしては時計が掛かっている方だった。なお、日曜日の後半に小雨が降ったが、時計の出方に影響はなかった。


  タイム分析
 2019/12/08 (日)  芝=-1.7  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1400 ナイントゥファイブ 牝2 未勝利 1:21.3 -1.7 --- -0.5 -1.2 B C 7.93
4R T1200 グランマリアージュ 牝2 新馬 1:10.1 -0.2 -0.2 +0.6 -1.0 D D 7.44
5R T1800 アメリカンシード 牡2 新馬 1:48.5 -0.2 -1.2 +0.1 -1.5 C C 6.22
8R T1600 ソシアルクラブ 牝4 2勝クラス 1:34.7 +0.7 -1.0 +1.1 -1.4 SL C 6.70
9R T2400 バレリオ 牡4 オリオH(3勝) 2:26.6 +0.9 -1.0 +1.9 -2.0 SL C 7.46
11R T1600 レシステンシア 牝2 阪神ジュG1 1:32.7 -1.6 --- -0.2 -1.4 C C 5.80
 2019/12/08 (日)  ダ=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 ウインカムトゥルー 牡2 未勝利 1:27.0 +0.8 --- +1.0 -0.2 E D 7.42
2R D1800 ロッキーサンダー 牡2 未勝利 1:55.3 +0.4 --- +0.6 -0.2 D C 5.42
6R D1200 サダムスキャット 牝2 1勝クラス 1:12.7 +0.1 --- +0.2 -0.1 C D 7.43
7R D1800 ペプチドフシチョウ 牝3 1勝クラス・牝 1:55.6 +2.5 -0.3 +2.4 -0.2 E D 7.78
10R D1800 ビルジキール 牡3 堺S(3勝) 1:52.7 +1.2 --- +1.4 -0.2 E D 6.73
12R D1400 ジャスティン 牡3 妙見山特(2勝) 1:24.2 ±0 --- +0.2 -0.2 C D 8.87

阪神1R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
阪神3R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 ナイントゥファイブ 勝ち馬注目
 前の2頭の争いで、ナイントゥファイブが競り勝った。ナイントゥファイブは好スタートを切ったが、内の馬を行かせて無理なく2番手。4コーナーで前に並んで、直線に入ると先頭。その割には楽には勝てず、ハナ差だが、これは2着馬がしぶとかったという事。3着には3馬身差をつけていますし、前につけて地力に勝ちに行って勝ち切ったのは収穫。タイムも優秀なので、1勝クラスでも上位候補となる。
2着 ロードベイリーフ 番組注目馬
 2着のロードベイリーフは馬任せでも楽にハナを切り、勝ち馬が早めに並んで来てもしぶとかった。これまでズッと1600m以上に使って来たが、馬任せで楽に行けるスピードを活かすには1400mの方が合っている。次走は有力。
3着 ヒルノエドワード 
 1番人気ヒルノエドワードは前2頭から離された3着だった。ヒルノエドワードは離されてしまったが、レース経験を積む毎に行きっぷりが良くなっていて、この馬自身の完全タイム差の推移を見ても、今回が最高。これは1400mが合っていたと言うよりも、徐々に成長しているのだと思う。次走が1400mでも1600mでも上位候補となる。
阪神6R 2歳1勝クラス 注目
 4着だったダンツウィザードについて。
4着 ダンツウィザード 
 マジェスティックウォリアー産駒の初ダートだったので、注目していたが出遅れてダッシュもつかず、最初は離れた最後方。1頭交わしてからしばらく待ち、3コーナーから外をマクって追い上げて行ったが、先行馬が内で息を入れている時に1頭だけ外で脚を使い、しかもマクり切れないのでは厳しかった。それでも直線に入った辺りで、伸びそうな格好をしていて、馬券を買っていた私はオッとちょっと思ったが、結局は伸び負けしてしまった。休み明けでも体は太くありませんでしたが、休み明けで早仕掛け気味に脚を使えば、最後は息が保たなくても仕方が無い。マクって行く時の走りにはダート適性が十分に感じられたので、次走もダートなら狙えると思う。
阪神7R 3歳以上1勝クラス・牝 タイムE
 基準より2秒4遅い勝ちタイムだった。
阪神8R 3歳以上2勝クラス タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神9R オリオンS タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。4着のバイマイサイドと5着のトーセンカンビーナについて。このレースは超スローペースだったので、前につけているか、コースロスを少なくしてスムーズに差して来る事が好走条件だったが、この2頭はそれが叶わなかった。
4着 バイマイサイド 
 まずバイマイサイドだが、最内枠で道中から前が詰まっている感じで窮屈な走り。直線でもスペースがなく、最後にバラけて少しだけ追えたが、その後結局ゴール手前でまた前が狭くなってブレーキ。結局ほとんど追えずに終わって、全く力を出していない。これ2頭揃って人気を裏切った事になっているが、敗因はハッキリしているので巻き返しを期待できる。
5着 トーセンカンビーナ 
 続いてトーセンカンビーナだが、こちらはスタートで大きく出遅れて最後方になってしまい、直線では1番外へ出して伸びて来たが、このスローペースで大出遅れは痛かった。これ2頭揃って人気を裏切った事になっているが、敗因はハッキリしているので巻き返しを期待できる。
阪神10R 堺S タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
阪神11R 阪神JF GI
 タイムランクがC・メンバーランクもCだった。さあレースはレシステンシアが先手を取って4コーナー。レシステンシアは好スタートから逃げて、600m600m33秒7。阪神外回りとしてはかなり速くなったが、その後息が入って直線で後続を突き放して圧勝した。その逃げたレシステンシアの直後にいたウーマンズハート伸びを欠いてしまって、先行勢の中からマルターズディオサが2番手に上がる。そして外から伸びてきたクラヴァシュドールとの競り合いを制して、マルターズディオサが2着。そして1番人気のリアアメリアだが、ハイペースになって後ろで今回折り合っていたが、直線ではジワジワとしか伸びず、この後6着に終わってしまった。
1着 レシステンシア 
 レシステンシアが無傷の3連勝。この世代で初めてのG1を制した。レシステンシアは1400mのファンタジーSをハイペース先行で押し切った馬。こういうタイプは1400m適正が高すぎて、阪神外回り1600mでは苦しくなることが多いが、距離を意識しすぎず、自分の競馬を貫いたのが吉と出た。ただ、先週のような高速馬場の1600mで1400mベストの馬が好走するというのは、まぁよくある事で、この馬もベストは1400mだという可能性をまだ否定できないが、桜花賞でも自分の競馬を貫ければ、勝機はあるはず。変にスローに落としたりすると逆に危ないような気がする。
 なお、今年の勝ち馬レシステンシアは2着マルターズディオサに5馬身もの差をつけた。これは阪神JFが阪神外回り芝1600mで行われるようになった2006年以降で最大の着差。そして逃げた馬が勝ったのは、外回りになってからは初めて。
2着 マルターズディオサ 
 その後、5枠2頭による2着争いは内のマルターズディオサがハナ差クラヴァシュドールを抑えた。2着のマルターズディオサは夏の新潟の最終週に、傷んだ内側を通って追い込みを決めていた。そういうパワーがあるので、ハイペースの先行でもバテずにしぶとく伸びたのだと思う。自身の長所が引き出されたレースだと言える。ただし、超スローペースで逃げた新馬戦では差して来たウーマンズハートに3馬身半も差を付けられていて、直線が長いコースでの瞬発力比べにはまだ不安が残る。
3着 クラヴァシュドール 
 3着のクラヴァシュドールは差し馬の中では、この馬1頭だけと言って良いぐらい、直線でまともに伸びて来た。どういう展開になっても上位に来るという安心感のようなモノがある。
4着 ウーマンズハート 
 一方、2番人気ウーマンズハートが4着、1番人気のリアアメリア6着だった。4着ウーマンズハートは超スローペースを差して連勝していたが、速い流れを前で追走したら伸びを欠いた。とは言っても派手にバテている訳ではなく、慣れれば速い流れにも対応できるのではないかと推測する。
6着 リアアメリア 
 一方、2番人気ウーマンズハートが4着、1番人気のリアアメリア6着だった。そして6着のリアアメリアはこれまでの2戦、スローペースをなだめねがら進んで、最後に鋭く伸びて差していたが、ハイペースになって後ろで折り合った今回は、過去2戦ほど鋭くは伸びなかった。スローペースを差していたディープインパクト産駒がハイペースになったら案外というのは、まぁよくある事なので、もしかすると単なる慣れの問題ではないかもしれない。

  馬券Summary
3歳馬にとっての3勝クラス
 5年前、2014年の8月にアズマシャトルが札幌芝2000mの1600万下を勝った時に、8月までに芝1600m以上の1600万下を勝てる3歳馬は重賞級だし、もう大半ほとんどG1級、そういう馬が多いという話をしたが、覚えていらっしゃいますか?このアズマシャトルだが、翌年になったが小倉記念を勝った。その後、こういう8月まで1600万を勝った3歳馬は2015年のリアファルは神戸新聞杯を勝って菊花賞3着。そして2018年のグローリーヴェイズも、その後重賞を勝って、さらに先日香港ヴァーズでG1タイトルも手にした。今年の8月に3歳馬のロードマイウェイが芝1600mの3勝クラスを勝ったが、この事に触れなかった。そこ理由は降級制度が廃止されたため、3勝クラスが旧1600万下よりもレベルダウンし、以前より3歳馬が勝ちやすくなっていて、という事は早期に3勝クラスを勝てても重賞級とは言えないのではないかと、そう思ったから。
3歳馬にとっての3勝クラス
 まぁサンプルも増えて来ましたので、実際に今年の3勝クラスにおける3歳馬の成績がどうなっているのかを調べたところ、何と昨年より悪化していた。早いうちに2勝クラスを勝つ3歳馬が激増したので、出走数は多く、その母数・分母が増えたことで勝率や連対率が下がるのは仕方ないとしても、1着も2着も数が減っている。つまり、今のところ降級制度が廃止されても、3勝クラスは3歳馬にとって1つの壁のままだということの模様。そしてこの3勝クラスを勝った3歳馬の次走、すなわち昇級戦のオープンでの成績だが、こちらは昨年の3歳つまり現4歳世代よりもかなり良くなっている。こちらに関しては、まだサンプルが少ないので微妙なところはあるが、今のところ3歳馬は3勝クラスで壁に当たりやすいが、そこを突破してしまえば、すぐにオープンで通用するという傾向になっている。
解説者:大川浩史(日刊競馬)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-