2019年2回函館3日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒3からプラスマイナスゼロへの変動、日曜がプラス0秒2からマイナス0秒1への変動だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、3日目つまり先週土曜の前半まではマイナス1秒台だったが、その後は水春方向に動いた。
 まず土曜は昼前からの雨で、時計が掛かって行き、終盤はプラスマイナスゼロ。日曜は朝、プラスゾーンでスタートして終盤はマイナスの数値に戻ったが、大きな動きではなく、水準レベルだった。上位馬の脚質に大きな偏りはなく、差し馬も届いていた。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒9からマイナス1秒7への変動、日曜がマイナス1秒3からマイナス1秒1位の変動だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で、ほとんどはマイナス1秒台。
 土曜朝、雨の影響を受ける前の2R1700m換算でマイナス0秒9。その後、雨が降ってマイナス1秒台になって、さらに時計が出やすくなって行った。日曜は土曜終盤と比べれば乾いたが、それでもマイナス1秒台。雨のために時計の出やすい馬場になっているが、そもそも終日良馬場発表だった初日にしても、マイナス1秒1だったという事を改めて確認しておきたい。なお、上位馬の脚質だが、大きな偏りはなかった。


  タイム分析
 2019/06/22 (土)  芝=-1.3 → ±0  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 シャイニーブランコ    牡3 未勝利 1:09.8 -0.1 --- +0.7 -0.8 D D 9.25
3R T1800 アラスカ    牝3 未勝利・牝 1:48.1 -1.3 --- -0.2 -1.1 C D 8.93
5R T1200 パフェムリ    牝2 新馬・牝 1:10.2 -0.5 --- ±0 -0.5 C C 6.31
7R T2600 ラヴィンジャー    牝3 未勝利 2:43.6 +1.1 -0.7 +0.9 -0.5 D D 5.00
9R T1200 フォレブルート    牝3 1勝クラス・牝 1:09.7 +0.3 --- +0.4 -0.1 D D 7.23
10R T2000 イノセントミューズ    牝3 湯川特別(1勝) 2:01.9 +0.7 --- +0.7 ±0 D D 4.00
12R T1200 ダノンジャスティス    牡3 長万部特(1勝) 1:10.0 +0.6 --- +0.6 ±0 D D 7.18
 2019/06/22 (土)  ダ=-0.9 → -1.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1000 タイガーキット    牡3 未勝利 1:00.1 +0.2 --- +0.7 -0.5 D D 6.43
4R D1700 オーシャンズルーラ    牝3 未勝利 1:47.1 -0.5 --- +0.7 -1.2 D D 7.29
6R D1000 ヤマメ    牝2 新馬 1:00.3 -0.3 -0.2 +0.3 -0.8 D D 7.27
8R D1700 メイショウテンダン    牡3 1勝クラス 1:45.4 -1.0 --- +0.6 -1.6 D D 6.00
11R D1700 リアンヴェリテ    牡5 大沼S(L) 1:42.0 -2.2 --- -0.5 -1.7 B D 6.67

函館3R 3歳未勝利・牝 注目
1着 アラスカ 
 勝ったアラスカの父はオルフェーヴルで、半姉はリスグラシュー。390キロの牝馬で、テンションが高くて、その点で滞在競馬は合っていたと思う。先々週の阪神で、340キロで楽勝したメロディーレーンもオルフェーヴル産駒だったが、この産駒の牝馬はキャシャでも木で走るタイプが多い模様。
2着 アキノコマチ 
 そしてアキノコマチは逃げて2着だった。ラスト400mが11秒8-12秒1と大幅な減速はありませんから、普通なら逃げ切っていただろう。今回の逃げ戦法までは読めなかったが、この馬も滞在競馬向きのタイプ。
5着 レッドヴィータ 
 そして1番人気のレッドヴィータは5着だった。3番手から伸びなかった。これがひと息入っていた分か、体が10キロ減っていたのが堪えたか、あるいはハナへ行った方が良いのか、このいずれかが敗因と考える。
函館10R 湯川特別 注目
1着 イノセントミューズ 勝ち馬注目
 勝ったイノセントミューズは出遅れて4コーナー大外の6番手だった。しかし手応えが違っていましたし、抜け出す脚が非常に早かった。平均ペースでラスト400mが12秒5-11秒9の加速ラップを差し切っている。この瞬発力は昇級しても通用しそう。
2着 レッドフィオナ 
 2着のレッドフィオナは、レースの形は良かったが、追ってから速い脚を繰り出せず、ややジリっぽい印象を受けた。
3着 マイネルツィール 
 3着のマイネルツィールは昨年1月以来久しぶりの芝だったが、芝なら2000mに安定感がある。雨で時計の掛かる馬場になったのもプラスに働いたのではないだろうか。
函館11R 大沼S タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 リアンヴェリテ 
 リアンヴェリテが逃げ切り、これで函館ダート1700mでは3戦3勝となった。リアンヴェリテは行く気でハナへ行った。4コーナーでは追いかけた組の方が苦しくなってしまったぐらい。ラスト400mが12秒2-12秒2と減速せずに、突き放した。これで函館は3戦3勝。次走が2回函館のマリーンSならハンデ次第で連勝は可能だろう。
2着 ロードゴラッソ 
 2着のロードゴラッソはやっとの2着だったが、昨年冬からの地力強化は目覚ましい。どんな形でも、力を出し切れますし、特に今回高速決着に対応できたことは大きい。
3着 プレスティージオ 
 3着のプレスティージオは2着馬と同タイム。1800mでは長く、東京・阪神・京都・中京なら1400m。他場なら1700mが合うタイプ。行った馬同士の先行決着に、見るべきモノはなかったというところはどうかと思う。
4着 モズアトラクション 
 モズアトラクションは出遅れたが、4着。追い込んで気を吐いたのはこの馬だった。上がり600m推定タイムは最速だが、小回り1700mでは追い込み一手の脚質はネックになる。
6着 ハイランドピーク 
 あと3番人気のハイランドピークは6着だった。昨年のエルムS優勝馬だが、当時の面影がですね全くなくて、体調云々ではなくメンタル面の問題ではないだろうか。次走も過信は禁物だと思う。

  馬券Summary
エピファネイアと4×3
 昔から血統の世界では、奇跡の血量という言葉がある。父系統と母系の3代前と4代前、またはその逆の、4代前と3代前に同じ馬がいると、その馬の血量を18.75%持つことになって、この近親交配は血が濃すぎず薄すぎず、理想的な血量と言われて来た。一般的に4×3・3×4のクロスと言って、名馬が出現する事が多くて、その根拠はともかく、私自身オーソドックスな配合のセオリーと考えている。例えば、古い話だが天馬と言われたトウショウボーイ、これはハイペリオンの3×4だった。では表をご覧下さい。
エピファネイアと4×3
これは2000年以降のダービー馬で4×3または3×4のクロスを持つ馬。この中で、ヘイローのクロスは直後のサンデーサイレンスへ、これから世代的前進を見て行く事になる。さて、今年の2歳世代からデビューしたエピファネイア産駒には、このサンデーサイレンスの4×3のクロスが多く見受けられる。エピファネイアはシンボリクリスエス産駒だが、母シーザリオの父がスペシャルウィークで、その父サンデーサイレンスに遡り、血統表では父系の4代前、ここにサンデーサイレンスが姿を表す。そのサンデーサイレンスは1時代を席巻した種牡馬ですから、サンデーサイレンス系の母は非常に多い訳で、母系の3代前に今度サンデーサイレンスが出てくるパターンもまた多くて、エピファネイア産駒の場合、必然的にサンデーサイレンス4×3のクロスができやすくなる。4×3というのは、配合のセオリーで名馬が出やすいのであれば、語弊はあるが、下手な鉄砲数撃てば当たるで、エピファネイア産駒から大物が出る可能性も高くなると考えられる。今年の新種牡馬の中で、エピファネイアは最も注目する必要があると思う。
解説者:吉岡哲哉(競馬ブック)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-