2019年4回阪神3日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜・日曜がマイナス2秒2、月曜がマイナス1秒8だった。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、4日目まではマイナス2秒台。5日目はマイナス2秒台ではなかったものの、マイナス1秒8とかなり速い時計の出るコンディション。
 中間は合計19.5ミリの雨。特に開催前日の金曜午前に14.5ミリを記録した。ただそれも金曜夕方には良馬場に回復するくらい乾きが進行していた。土曜・日曜の馬場差は1週目から少し掛かっていて、マイナス2秒2。月曜は風の影響とAコース5日目の頻度の関係から、マイナス2秒台を割った。高速馬場で前残りではないのは、開幕週と同じだった。差しと追い込みがバンバン決まっている。今週から後半からBコースが使用される。雨の影響がなければ、今週までは高速馬場が維持されそうだが、その中でも時計は少しずつ掛かって行くと、そう考える。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒4からマイナス1秒2への変動、日曜がマイナス0秒8、月曜がマイナス0秒4だった。ここまで5日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、マイナス1秒台だったのは開催に3日目、つまり先週土曜だけ。
 芝は乾いたが、土曜朝の段階でダートは水分が残っていた。土曜の馬場差は変動。高速寄りの中、最も乾燥して来た土曜11Rでもマイナス1秒2だった。日曜は朝に良馬場発表まで回復。先々週と同じくらいの数値に戻っている。月曜はさらに時計を要して行ったが、これには風の影響もある。中団・後方の馬が届いていたのは、開幕週と同じだった。


  タイム分析
 2019/09/14 (土)  芝=-2.2  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1600 ベルティアラ 牝2 未勝利 1:33.6 -2.2 --- -0.4 -1.8 B D 7.67
5R T1400 ピュアカラー 牝2 新馬 1:22.0 -1.3 --- +0.2 -1.5 C C 6.00
9R T1800 マイラプソディ 牡2 野路菊S 1:47.4 +0.2 -0.9 +1.3 -2.0 SL D 3.67
10R T1200 ブリッツアウェイ 牝3 芦屋川特(2勝) 1:08.1 -0.8 --- +0.5 -1.3 D C 9.69
12R T2000 フィオレドーロ 牝3 1勝クラス・牝 2:00.1 -0.8 -0.6 +0.8 -2.2 D D 8.33
 2019/09/14 (土)  ダ=-1.4 → -1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 メイショウユリシス 牝2 未勝利・牝 1:26.9 +0.5 --- +1.6 -1.1 E D 8.00
2R D1200 テイエムサウスダン 牡2 未勝利 1:11.8 -1.7 --- -0.8 -0.9 A D 5.38
4R D1800 ブルーメンクローネ 牝4 1勝クラス・牝 1:51.6 -1.5 --- -0.1 -1.4 C C 4.09
6R D2000 シンアンドケン 牡4 1勝クラス 2:06.2 -0.3 -0.5 +0.6 -1.4 D D 6.00
7R D1400 グトルフォス 牡3 1勝クラス 1:24.7 -0.2 --- +0.8 -1.0 E D 8.57
11R D1800 スワーヴアラミス 牡4 オークラ(3勝) 1:50.2 -1.3 --- -0.1 -1.2 C D 7.71

阪神1R 2歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
阪神2R 2歳未勝利 タイムA
 基準より0秒8速い勝ちタイムだった。グッドステージが先手を取ってアビエルトが続いて直線に入って行った。その外からテイエムサウスダンが並んで来る。そしてテイエムサウスダンが抜け出し、リードを広げて行った。結果8馬身差の圧勝。その後サウンドサンビームが先行2頭を交わして2着入線。
1着 テイエムサウスダン 
 テイエムサウスダンが前走の7着から一変。1着テイエムサウスダンは2走前の新馬戦4着が阪神で、前走7着は中京でと。右・左の回りに関わらず、4コーナーで外に逃げる癖がある。今回はチークピーシーズを着用して、前に並ぶ4コーナーは外へ逃げさせないように、左ムチを連打していた。初めて集中したら強かった、そんな結果だと思う。少頭数も味方したという気がする。気性的に凡走の心配はあるのかもしれないが、Aランク勝ちは記憶に留めておくべきだろう。サウスヴィグラス産駒、素質は高い。
2着 サウンドサンビーム 
 2着以下は8馬身以上離された。2着のサウンドサンビームはダートに転じて連続2着に入った。さらに勝ち馬のタイムランクは前回がB、今回はAだが、その勝ち馬から離されていて、自身のタイムランクはどちらもD。まだ相手次第の範囲は超えていない。
阪神3R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。まずスタート、そのスタートはちょっとバラけた。5.ベルティアラ・6.イオウゼンらが遅れた。一方、先手を取ったのは2.エアリーフローラで、直線半ばまで粘っていたが、1番人気の9.ファイヤーテーラーが迫って交わす。しかし、さらにその外からベルティアラが追い込んで来る。そしてゴールではベルティアラがファイヤーテーラーをクビ差差し切り1着となった。
1着 ベルティアラ 
 TOPIXでも取り上げた様に、最低人気のベルティアラが2走目で一変した。1着のベルティアラ、前走小倉1200mでの新馬戦8着は距離が短かったという事で、距離が短かったという事で、今回は1600mに延長した。出負けして最後方を進んで、直線で大外に持ち出されると速い流れに乗じてまとめ差し切って見せた。小柄な牝馬が今回は体重12キロ減。細くは映ったが、これが逆に切れ味アップに繋がった印象もある。上でも決め手上位と思うが、展開に左右されそうなことと、馬体維持が条件になる。
2着 ファイヤーテーラー 番組注目馬
 そして1番人気ファイヤーテーラーが2着だった。2着ファイヤーテーラー、クビ差惜敗で、勝ち馬と同タイムのBランク相当。前走新潟の新馬戦は逃げて2着していたが、今回は前5頭を見る形から、馬群の切れ目で折り合っていた。3着馬には0秒2差。自在性があって、追ってからもしっかりしている。これはすぐに勝てそう。
3着 エアリーフローラ 
 3着エアリーフローラ、勝ち馬から0秒2差でCランク。追走に手間取ったからと、新馬戦の1200mから前走が1400m、今回が1600mと200mずつ距離を伸ばして来たが、今回はスタートが良くて逃げる形になった。それも1000m通過が58秒3。思ったより速くなってしまった。それでもムキにはなっていなかったので、次走以降も上位候補。
4着 ラヴォアドゥース 
 4着ラヴォアドゥース、1歳上の姉が3月のフラワーCで2着だったエールヴォア。今回同じ阪神1600mで行われた、3回阪神の新馬戦3着以来。大幅に時計を詰めていて、直線は少し窮屈なシーンもあった。今回は秋最初のレースだったので、一応の上積みに期待できる。
阪神7R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
阪神9R 野路菊S タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。勝ったマイラプソディについて。
1着 マイラプソディ 
 中京芝2000mの新馬戦、今回と連勝。今回は5頭立ての少頭数に加えて、勝って下さいとばかりのメンバーだったが、終わってみればやはり強かった。デビュー戦と同じでスタート直後は遅いが、すぐに折り合って手応えが良くなって行く。外から上がって行く時の脚が他馬とは段違いだった。2着グランスピードに並ぶまでは単走のようだった。残り200m、馬体が合うとステッキを1発。ここから瞬時に5馬身差をつけたんですから、恐れ入った。タイムランクはSLでも余力を残して上がり600m推定33秒4をマークした事に価値がある。厳しい競馬をして始めて素質が問われるのだろうが、父がハーツクライ、母がアメリカG1馬の配合からも、まだまだ良くなっていくと思う。クラシックに乗ってくる器。
阪神10R 芦屋川特別 
2着 キャスパリーグ 解説推奨
 前走は新馬戦以来3年2ヶ月ぶりの勝利だった。この間2着が11回あった。追い込み一手、多頭数で外を回っては届かない競馬を繰り返していたが、その前走はチークピーシーズ着用で、切れ味に鋭さを増していた。今回もそのチーク効果が期待できたが、4コーナーを回って前が壁。コウエイダリアの外に出す隙間があったが、その内を狙ったために仕掛けが遅れてしまった。12回目の2着はスムーズだったら勝てた競馬だった。まだ3回目ではチークピーシーズに慣れてしまうことはないと見て、今度こその狙い。
阪神11R オークランドRCT 注目
 1着のスワーヴアラミスについて。
1着 スワーヴアラミス 勝ち馬注目
 タガノグルナの逃げで1000m通過1分ちょうどとペースは流れていたが、直線で先頭に立ってからは独壇場の強さだった。前走のワールドオールスタージョッキーズでフランスの女性騎手、M.ミシェルが勝って話題となった馬。当時3番人気だったのが信じられないぐらい今回強かった。6馬身差の完全タイム差は、マイナス0秒1。ランク的にはCになるが、抜け出してからは気合いをつけた程度なので、目一杯追っていれば高レベルに接近したのは確実だと考える。ダートは全て馬券の対象内。とりわけここに来ての調教の動きにも、本格化が見て取れる。仮に日曜中山のラジオ日本賞を使えば、条件馬の身でも楽勝していた可能性がある。オープン特別は通過点だと思う。

  馬券Summary
エピファネイア産駒も好調
 前回に続いて新種牡馬を取り上げたい思う。と言うのも、エピファネイアの産駒が秋競馬に入って、3勝上積みして現在11勝。キズナの15勝を追っているから。これら2頭は現役時代もライバル関係にあったが、どうやら今年の新種牡馬ランキングも2強となる可能性が高くて、一緒に取り上げておくべきと判断した。
エピファネイア産駒も好調
 エピファネイア産駒のここまでの11勝は全て芝。1200mがおよそ半数の5勝、残り6勝は1600mと2000mで3勝ずつ。エピファネイア自身、菊花賞とジャパンCの勝ち馬ですから、短距離に適性のある産駒が多いのはある意味驚きだった。決め手勝負のキズナと比べると、自身は平均したラップで決着するレースに強かった。この少しワンペースな点が遺伝している模様。また、期待を裏切ったケースでは、しばしば折り合いの難しさを露呈していた。これも短距離馬を排出させる理由ではないだろうか。2000mの3勝の内、2勝が逃げきりと3コーナー先頭だった。これは自身の競走パターンに似ている。今後は中距離前後を先行する産駒が増えて来そう。早熟でも晩成でもない。Mr.Prospectorの血が入っていない。繁殖相手としては、そのMr.Prospectorの血を受け継いでいる牝馬をつけやすいという利点がある。ここまで11頭の勝ち馬の内、6頭が該当する。また、サンデーサイレンス直仔の種牡馬が母の父の場合、サンデーサイレンスの4×3になる。母の父がディープインパクトという馬も2頭いて、この配合からはスピードと瞬発力の強化が期待できる。生産者にとっては、使い勝手の良さが魅力でもある。ダートの勝ち鞍はないが、エピファネイアの父シンボリクリスエスはダートG1馬のルヴァンスレーヴ・サクセスブロッケンを出していて、このダートからも大物の出現も可能に思えてくる。
解説者:長谷川仁志(馬サブロー専属評論家)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-