2019年2回小倉2日目

開催一覧
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒3からマイナス1秒1への変動、日曜がマイナス1秒2だった。
 梅雨の間の日照時間は少なかったものの、開催前の1週間で気温も上がり、張替えた芝はしっかり伸びて開幕を向かえた。金曜の夕方に小雨が降ったが、芝には影響が無く、マイナス1秒台の馬場差でスタートした。土曜日7Rと8Rの間に短時間だったが、強い雨が降って、そのため9R以降は前半より少し時計が掛かるようになった。日曜日は土曜の後半よりは乾いて、馬場差は少しだけマイナス方向に動いた。この小倉開催は、前半4週はAコースが使用され、後半の2週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒1だった。
 金曜夕方の小雨も少し影響して、土曜の前半もパサパサには乾いておらず、馬場差はマイナスだった。7Rと8Rの間に雨が降ったが、その次のダートのレースは11Rで、時間が経って水分が抜けたため馬場差は変動ではない。日曜は土曜の前半よりも含水率が下がり、少しだけ時計が掛かるようになった。


  タイム分析
 2019/07/28 (日)  芝=-1.2  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 ヒメサマ    牝2 未勝利 1:09.2 -0.3 --- +0.4 -0.7 D C 7.50
3R T1200 ロナ    牝3 未勝利・牝 1:08.0 -1.1 --- -0.4 -0.7 B D 11.33
4R T2000 グレートベースン    牡3 未勝利 2:00.5 -0.3 --- +0.9 -1.2 E D 5.63
5R T1200 カリニート    牡2 新馬 1:09.9 +0.2 --- +0.9 -0.7 E C 8.00
7R T1800 ウルクラフト    牝3 1勝クラス 1:46.5 -0.6 --- +0.5 -1.1 D D (9.00)
8R T1200 エムティアン    牝3 1勝クラス 1:08.2 -0.3 --- +0.4 -0.7 D D 7.71
10R T1800 ラテュロス    牝4 不知火H(2勝) 1:45.7 -0.7 --- +0.4 -1.1 D C 5.17
11R T1200 エイシンデネブ    牝4 佐世保S(3勝) 1:07.5 -0.2 --- +0.5 -0.7 D C --
 2019/07/28 (日)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1000 ミキノモンテカルロ    牝3 未勝利 0:58.4 -0.6 --- -0.5 -0.1 B C 5.40
6R D1700 アスタードラゴン    牡3 未勝利 1:47.5 +1.2 --- +1.3 -0.1 E D 9.80
9R D1700 クルークハイト    牝5 響灘特別(2勝) 1:46.3 +1.9 --- +2.0 -0.1 E D 9.80
12R D1700 タガノファジョーロ    牡3 1勝クラス 1:46.2 +1.0 --- +1.1 -0.1 E D 5.40

小倉2R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。
1着 ミキノモンテカルロ 
 ミキノモンテカルロが2着馬に4馬身差をつけての圧勝だった。ミキノモンテカルロは2着だった前走でも砂を被ると嫌がっていて、できればハナへという構えだったが、2番手になっても外枠だった事が幸いして、砂を被る位置には入らずに済んだ。砂を被らず、気分良く運べたことで直線ではしっかり伸びた。このタイムは1勝クラスでも上位可能というレベルだが、今回51キロで砂を被らない絶好枠だった訳ですから、次走も理想は外枠だと思う。
2着 クーファピーカブー 
 2着のクーファピーカブーは好位で勝ち馬をマークしていたが、突き放された。休み明けでこれだけ走れれば…とも言えるが、連続2着の中身はEランクと4馬身差。次走で信頼できるパターンではないが、3歳未勝利のダート1000mでレベルの高い組み合わせが出現する時期ではもうないので、次走も上位候補ではある。
小倉3R 3歳未勝利・牝 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 ロナ 
 ロナは芝に戻り、始めてブリンカーを装着して勝った。ロナは久しぶりの1200mで、最初は追走に苦労していたが、スピードに乗ってからは少し行きたがっているぐらいだった。ということで、前半はロスもあったが、それでも最後までしっかり走れたのは、初めてつけたブリンカーの効果だと思う。勝てる力はあるのに、結果が出ないという事でダートも試したりして来たが、結局ブリンカーの効果が絶大だったということ。初めてブリンカーを付けて好走したから、次もブリンカー着用なら大丈夫とは言えないところあるが、まぁ能力は1勝クラスでも通用する。
2着 ウェーブクリスタル 
 2着のウェーブクリスタルは器用さが無く、どうしても展開待ちになってしまう。今回は前半600m32秒5とペースが速く、勝ち馬以外の先行馬が止まった事で2着に届いたが、まぁ上位の力はあっても馬券上の信頼度はあまり高くないと思う。
小倉4R 3歳未勝利 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
小倉5R 2歳新馬 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
小倉6R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
小倉9R 響灘特別 タイムE
 基準より2秒0遅い勝ちタイムだった。
小倉11R 佐世保S 注目
 4着のシャンデリアムーンについて。
4着 シャンデリアムーン 
 このレースの前半600mは32秒4。っと言っても同じ日の3歳未勝利戦、先ほどのレース、こちらが前半600m32秒5だったように、このぐらいのペースになりやすいコース形態で、なおかつそういう馬場状態だったが、外の2頭が速くて、内から行ききるまでに脚を使って、前半の200mから400mが9秒9だった。先頭に立ってからもずっと外に並ばれていて、ラップ以上に厳しい展開だった。それでも直線入り口で、外から被せて来たダイシンバルカンを差し返してゴール寸前まで粘っていたので、これは力があると思う。8/31の北九州短距離Sはハンデ戦で、そこだと4歳以上の馬との負担重量の差は小さくなると思われる。それでも上位争い濃厚だと思う。
小倉12R 3歳以上1勝クラス タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。逃げて2着のタイサイについて。
2着 タイサイ 
 良馬場の小倉ダート1700mで前半の900mが54秒9。そして1000m通過が推定60秒9というのは、このクラスでは結構速い。また1コーナーで内枠を活かして先頭に立ったものの、そこまでは3頭並んでの先行争いになっていて、展開は厳しかった。まぁEランクのレースの2着とは言え、厳しい展開を考えれば評価を下げる必要ありませんし、ハミを変えるなど色々試した事が身になって来た模様で、レース内容が落ち着いたモノになっている。この次のレースで、先頭を主張すれば、もう絡んで行きにくいと思う。で、スンナリ先行ならもっと速いタイムの決着になっても、対応できると思う。

  馬券Summary
芝1200mのコース形態・その1
 来週その2をやる。JRAの10場の内、東京以外の9場に設定されてるのが1200mだが、競馬場によって結構コース形態が違う。それを把握しておくことは重要で、まずは今回表面のスペックだけ見ると、似たようなコースに見えるけども、実は結構違う函館と札幌について。
芝1200mのコース形態・その1
芝のAコースの1周の距離は札幌が1640.9mで函館が1626.6m。4コーナー出口からゴールまでの距離は札幌が266.1mで函館が262.1m。これだけ見るとほとんど同じコース形態かと思うが、実は札幌のゴールというのは、かなり1コーナーに近いところにある。4コーナー出口からゴールまでの距離は函館より札幌の方が長いが、4コーナー出口から1コーナー入り口までの距離は函館の方が長い。
そして4コーナー出口から1コーナー入り口が短い札幌の方が、1周距離は長い。どういうことかと言うと、札幌はコース全体に占めるコーナーの部分が多くて、従ってコーナーが緩いということ。これ、芝1200mに特化した話に行くが、函館と札幌ではスタートから3コーナーまでの距離がかなり違い。函館がおよそ489mあるのに対して、札幌はおよそ405m。この違いが何に影響するかと言うと、前半ラップの意味が違ってくるということ。
具体的には函館の方が前半600mが速くなりやすい。で、従って函館芝1200mで一見するとハイペースというラップであっても、先行した馬を過大評価してはいけませんし、札幌芝1200mでは見た目のラップ以上に先行馬には厳しいペースだったという場合もあるので、注意したいということ。それと今の時期に大事なのは、函館の芝1200mで逃げた馬と札幌の芝1200mで逃げた馬が、前半ラップが仮に同じだった場合、その2頭が対戦すれば、札幌で逃げた馬の方がハナを切れる確率が高い。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26