2019年2回新潟6日目

開催一覧
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜がマイナス1秒3。直線1000mは土日ともにマイナス0秒4だった。まずは遡って6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス1秒台だが、週単位で見ると少しずつ水準寄りになって来ている。
 先週、全く雨が降らず完全な良馬場だったが、少しずつ芝が傷んで時計が少しずつ掛かるようになって来た。とは言え、まだ馬場差はマイナス1秒台。この開催は全てAコース使用だが、開催日に雨の影響を直接受けなければ開催の後半になってもマイナス1秒ぐらいの馬場差が保たれると思う。
 先週の馬場差1800m対象の数値は、土日ともにプラス0秒4。1200m対象の数値は、土日ともにマイナス0秒1だった。遡って6日間の馬場差を確認しておくと、1800m・1200mともに2週目・3週目と開催が進むにつれ、時計が掛かってきている。
 水を撒いて、何とか最低限の湿り気を保っているという状況で、もうパサパサに乾いていて、2週目より更に時計が掛かるようになった。先週土曜は追い込みに近い差しが2回決まっていて、日曜の勝ち馬はすべて3コーナー4番手以内だったが、土曜と日曜の馬場に違いはなく、これは展開や出走馬の力関係による違い。


  タイム分析
 2019/08/11 (日)  芝=-1.3 / 直線=-0.4  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 コスモカッティーボ    牡2 未勝利 1:10.8 +0.8 --- +1.6 -0.8 E D --
4R T2000 スズロザーナ    牝3 未勝利・牝 1:59.9 -1.6 --- -0.3 -1.3 C D --
5R T1800 カトゥルスフェリス    牝2 新馬 1:50.1 +1.7 -1.4 +1.5 -1.2 SL C --
6R T1600 サンクテュエール    牝2 新馬 1:36.5 +0.9 -1.0 +0.9 -1.0 SL C --
9R T1400 ウィンドライジズ    牡5 豊栄特別(2勝) 1:21.1 -0.1 --- +0.8 -0.9 E C --
11R T1600 ミッキーグローリー    牡6 関屋記念G3 1:32.1 ±0 --- +1.0 -1.0 E C --
12R T1000 フジマサアクトレス    牝6 1勝クラス・牝 0:55.0 -0.3 --- +0.1 -0.4 C D 12.00
 2019/08/11 (日)  ダ=+0.4 / 1200m=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1800 トランスポーター    牡3 未勝利 1:54.2 +0.4 --- ±0 +0.4 C D --
3R D1200 カシノブレンド    セ3 未勝利 1:11.7 -0.9 --- -0.8 -0.1 A C --
7R D1800 レトロフィット    牝3 1勝クラス・牝 1:53.0 +0.2 --- -0.2 +0.4 C D --
8R D1200 アイアムハヤスギル    牡3 1勝クラス 1:11.8 -0.1 --- ±0 -0.1 C D --
10R D1800 ドラゴンカップ    牡6 柳都S(3勝) 1:50.9 -0.3 --- -0.7 +0.4 B C --

新潟1R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。5着だったタイキスウォードについて。
5着 タイキスウォード 
 まずスタートで出遅れて、なおかつちょっとダッシュがつかないので、ここで仕掛けて追い上げて行くが、馬群に追いつく頃には、逆に抑えるのに苦労するようになって、さらに馬群に内から突っ込んで行ったので、ずっと前が詰まり気味だった。これだけ前半にエネルギーの無駄遣いをするとまぁ厳しいが、さらに直線で追い出したら内ラチに突っ込みそうな勢いになって、またブレーキ。そこから立て直して伸びて来ているので、まぁ能力はあると思う。このレース、Eランクでしかもそこで5着だが、次走は軽視すべきではないと思う。
新潟3R 3歳未勝利 タイムA
 このレースの勝ちタイムは当開催、3歳未勝利クラスの基準タイムより0秒9速いものだった。1200m対象の馬場差がマイナス0秒1だったことを踏まえると、 -0.9-(-0.1)=-0.8 で、基準より0秒8速い勝ちタイムとなる。セイドアモールが内枠から先手を取り、その外にエンシャントロア・ボルンタードが続いて直線に入る。さらにその外からカシノブレンドが接近して来た。この中でボルンタードが遅れて、3頭の上位争いとなり、カシノブレンドが抜け出して1着。2着争いはセイドアモールがエンシャントロアに、クビ差先着した。
1着 カシノブレンド 
 カシノブレンドが初めての新潟で変わり見を示した。カシノブレンドはこのここのところ、脚抜きの良い馬場で伸びきれなかったが、力のいる馬場でしっかり伸びた。恐らくこの馬は高速馬場が苦手だが、今回のような乾いたダートなら1勝クラスでも通用する。
2着 セイドアモール 
 そして番組注目馬だったセイドアモールは2着。で、自身の完全タイム差はマイナス0秒5でこれは前走と同じ。つまり、今回もきっちり走っていて、次走も今回と同じだけ走れば確実に好勝負になるが、もう1月から休みなく走って今年11戦。次も未勝利戦なら中3週以内になるはずで、そろそろ疲れが出てしまっても不思議ではない。逆に言えば、不安点は疲れが出るかどうかというその点だけ。
3着 エンシャントロア 
 そして3着のエンシャントロアは早めにセイドアモールに並んで行ったが、競り負けた。どうにも終いが甘いというレースが続いているが、今回に関しては相手が強かったという3着。次走も有力視はできる。
新潟5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
新潟6R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
新潟8R 3歳以上1勝クラス 
1着 アイアムハヤスギル 通信簿
 1番人気1着だった。ここは人気通り負けられないという組み合わせで、もうハナに立ってからは危なげなかった。強い先行馬が勝った時の定番と言う感じで、2・3着に人気薄の追い込み馬が来るというレースになった。
新潟9R 豊栄特別 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
新潟10R 柳都S タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。1番人気ドラゴンカップ・2番人気ワイルドカードで決着した。
1着 ドラゴンカップ 勝ち馬注目
 ドラゴンカップは前は交わしているけども、後ろから差されたというレースが多くて、どうも先頭に立ちかけると気を抜いてしまうようだが、ワイルドカードが先に抜け出して良い目標ができた今回は、最後までしっかり伸びた。典型的な相手なりというタイプなので、オープンでも上位可能だと思う。
2着 ワイルドカード 番組注目馬
 2着のワイルドカードは逆に良い目標にされてしまったということだが、完全タイム差はマイナス0秒6。この馬の場合この後続けて順調に使えるかどうかが鍵になるが、順調に使えれば次も好勝負必至。
3着 アームズレングス 
 3着のアームズレングスは出遅れたものの、上手く脚を溜めて直線で伸びて来たが、残り150mぐらいで勢いが鈍った。1800mは微妙に長いのかもしれない。
4着 クイックファイア 
 4着のクイックファイアは休み明け初戦からキッチリ力を出すタイプで、ワイルドカードにあっさり抜けられてからもしっかり走っていた。こういうタイプは、使っての上積みというのはあまり大きくないと思うが、普通の組み合わせなら次走も上位候補となる。
新潟11R 関屋記念 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。タイムランクがE・メンバーランクはCだった。逃げたマイネルアウラートに直線で後続が迫って来る。マイネルアウラートが離して逃げていたが、内回りとの合流地点付近でソーグリッタリングが持ったまま交わして、先頭に立ちかける。外からミエノサクシードが並んで来たところでソーグリッタリングも追い出して、この2頭の競り合いになったが、この時まだミッキーグローリーはちょっと後ろで追い出していなかった。それで残り200mから外へ出してスパート。するとグングン伸びてまとめて差し切った。
1着 ミッキーグローリー 
 ミッキーグローリーが重賞2勝目を挙げた。ミッキーグローリーは前が先に抜けて行っても待っていて、満を持して追い出すと素晴らしい伸び。勝った馬だが、脚を余しているぐらいだった。今回のメンバーでは抜けて強かったという印象。で、このレースタイムランクはEだが、離して逃げたマイネルアウラートのラップを元にすると、ペース補正が入らないというだけで、上位入線馬は実質スローペース。なので、タイムが遅いこと自体は気にしなくて良いと思う。
2着 ミエノサクシード 
 2着争いは接戦だった。外のミエノサクシードが内のソーグリッタリングにアタマ差先着。2着ミエノサクシードは前走の中京記念4着だったが、直線でまともに詰まってしまっていたが、今回は位置取りが少し前になったこともあってスムーズだった。スムーズに走れて、力を出せればこのぐらいは走るという事。
3着 ソーグリッタリング 
 3着のソーグリッタリングは抜群の手応えから伸び負けしたが、上位2頭にはトップスピードでを劣ったという感じ。ただし、そういう瞬発力に頼らないので、成績は安定しているということ。
9着 ロシュフォール 
 3番人気のロシュフォールが9着だった。恥ずかしながら、私はこの馬1600mはむしろ合うと思って本命にしたが、見込み違いだった。現状では1600mの重賞は忙しい模様。ただし、直線が長いコースだと伸びては来る。
14着 ケイデンスコール 
 そして2番人気のケイデンスコールは14着だった。この馬の左回りの成績が良い理由は、直線で右手前になると真っ直ぐ走れるからで、そういう根拠で口自慢。NHKマイルCで本命だったが、その時も最後はちょっと失速していた。昨年の新潟2歳Sも勝ってはいるが、最後の最後で左手前に戻って内にもたれてしまっていて、まだ長い直線を得意の右手前で走りきるだけの体力がないと思う。

  馬券Summary
前走2着のオルフェーヴル産駒
 前走2着のオルフェーヴル産駒かどうなのかという話だが、タイムランクAやBのレースの上位にオルフェーヴル産駒がいると、私は「オルフェーヴル産駒なので、次走も同じように走れるかどうか疑問」とよく言ってると思うが、実際のところどうなのかというのが、今回のテーマ。
前走2着のオルフェーヴル産駒
 まず何の条件もつけない前走2着だったオルフェーヴル産駒の全成績だが、これ比較対象がないので難しいと思うが、大体年間のトータルと比べても悪くはない。しかし問題なのが、前走Aランク・Bランクのレースで2着で好走したその次のレースで、こういうレースで勝率17%というのは、相当良くない。17頭・18頭が1番人気で、5頭が2番人気になりながら、この成績ですから期待値は相当低い。このタイムランクA・Bの2着馬というのは、番組注目馬の定番だが、定番であってもオルフェーヴル産駒は恐ろしくて番組注目馬にはできないという私の感覚は正しかったと思う。で、しっかり能力を発揮したり良いレースをした時こそ、次はちょっと嫌気が差してしまう模様。
そしてこの表の3段目の新馬戦2着馬の成績、次走の成績、もちろん新馬の次走なので未勝利戦という事だが、この新馬2着馬が2戦目に1頭しか勝っていないというのは、まぁ恐ろしい話で、この19頭中11頭が1番人気ですから、新馬戦2着のオルフェーヴル産駒は自動的に次走危険馬にしておいても、それほど間違いではないというレベルになっている。で、オルフェーヴル産駒はレース経験を積むと悪さをするようになるようなことを私、ちらっと言った事があると思うが、そういう性質がモロに出ているのが新馬戦2着馬の次走成績だと思う。
 先週番組注目馬が7頭出ていたが、その内2頭が前走から中3週で、2頭とも勝って2勝。中2週だった馬が2頭いて、こちらは1勝・そして着外が1頭。中1週だった馬が3頭いて、1勝・2着が1頭・着外が1頭だった。結構重要で、特に番組注目馬になるぐらい力走した馬、好結果を出した馬ほど、真夏に中1週で出てくるとちょっと危なっかしい所があるので、番組注目馬の次走に関しては、中1週の場合はちょっとどうなのかなと。思った方が良いと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26