2019年2回福島2日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒2からマイナス0秒8への変動、日曜は設定不能だった。
 土曜はマイナス1秒台でスタートして、昨年の開催初日ほどではないにしても、まぁ速い時計の出る馬場だった。ただ、終盤に雨が降って馬場差は水準方向に動いた。さらに日曜は、終盤まで雨が降り続いて、時計の比較はあまり意味をなさないほどのレベルになって、設定不能ということになった。上位馬を見ると、土曜の勝ち馬は前目に位置した馬が優勢。一方、日曜の連対馬は中団・後方からの差し馬が目に付いた。雨が降り続いたことも、土日で変化のあった要因だろう。今週もう1週Aコース、後半2週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒3からマイナス0秒6への変動、日曜がマイナス1秒2からマイナス1秒7への変動だった。
 土曜前半の馬場差はマイナス0秒3。水準に近いレベルでスタートして、終盤が雨が降って数値はマイナス方向に動いたが、いずれにしても大きな動きではなかった。日曜は雨が降り続いて、マイナス1秒2でスタートし、後半はさらに時計が出やすくなって行った。ただ、雨がかなり降った割には、超のつくような高速馬場ではなかった。既に水が浮くようなコンディションになっていたからかもしれない。上位馬については、前めにつけた馬が優勢だった。


  タイム分析
 2019/06/30 (日)  芝=設定不可  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1200 モダンテイスト    牝3 未勝利・牝 1:11.9 +2.1 --- --- --- - E 10.83
5R T1800 コンドゥクシオン    牡2 新馬 1:53.8 +4.0 -0.3 --- --- - C 6.80
6R T1200 ゴッドスター    牡2 新馬 1:12.8 +2.4 --- --- --- - D 8.29
7R T2000 ダイワダグラス    牡3 未勝利 2:04.8 +3.2 --- --- --- - D 7.17
9R T1200 ラルムドランジュ    牝4 さくらん(2勝) 1:10.3 +1.5 --- --- --- - D 5.50
11R T1800 ブレイキングドーン    牡3 ラジオNIHG3 1:49.8 +2.9 --- --- --- - C 4.17
12R T1200 バーミーブリーズ    牝5 1勝クラス 1:11.5 +2.3 --- --- --- - D 9.71
 2019/06/30 (日)  ダ=-1.2 → -1.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1700 ゴールドアックス    牡3 未勝利 1:46.4 -0.7 --- +0.5 -1.2 D D 5.86
4R D1150 マリノオークション    牝3 未勝利 1:07.9 -1.3 --- -0.4 -0.9 B E 8.73
8R D1150 ライバーバード    牡5 1勝クラス 1:08.0 -0.5 --- +0.6 -1.1 D C 7.00
10R D1700 ビルジキール    牡3 猪苗代特(2勝) 1:43.1 -2.1 --- -0.4 -1.7 B D 6.43

福島4R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。1800mからの距離短縮だったマリノオークションが逃げ切った。2Rの時点で既に水が浮く不良馬場だったが、この4Rはほとんど池のような馬場で、直線前の馬を抜く事自体が、ほとんど不可能と。結果的にもスタート直後に前に行った3頭が、そのまま馬順を変えずにゴールインする、ちょっと言ってみれば、面白みの無い競馬。取った人は面白かったでしょうけど。タイムはBランクであり、確かに優秀。ただし、メンバーランクがEでしたし、次走も今回と同じような馬場コンディションになる可能性は低い。
1着 マリノオークション 
 勝ち馬マリノオークションや2着ホシフルドヒョウは、次走人気になるようなら疑ってかかりたいと思う。
2着 ホシフルドヒョウ 
 勝ち馬マリノオークションや2着ホシフルドヒョウは、次走人気になるようなら疑ってかかりたいと思う。
3着 ボルンタード 
 むしろ次走狙ってみたいのは、3着馬のボルンタード。スタート良かったが、外からマリノオークションが来たために控えたところ、さらにホシフルドヒョウが来て、3番手のインと。終止抜け出しにくい位置での競馬を強いられ、直線はこの馬場のために何もできなかった。ダッシュ力はあるので同じ福島1150mダートなら、未勝利は勝てるのではないだろうか。
福島10R 猪苗代特別 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 ビルジキール 
 ビルジキールは前走名古屋での交流競走、そして今回と連勝した。5番人気の関西馬ビルジキールが2番手からアッサリ抜け出した。前走、7馬身差で圧勝していたとは言え、名古屋の交流競走だったために人気の盲点になっていたと言える。しかし、当時破ったキングサムソンは中央馬で、1勝クラスでは安定して走る馬だった。前走が3ヶ月半ぶりで、初の古馬相手だった事を考えると、ここは狙いが立ったと言えるかもしれない。ただ、レコードとは言え、速い時計の出る馬場だったことを考えれば、3勝クラスですぐ通用まではどうだろうか。
2着 レオアルティメット 
 2着レオアルティメットは1番枠から注文通り、逃げの手に出たが、今回はちょっと相手が強すぎた。良馬場でも走る馬で再度逃げられるメンバーなら十分狙えそう。
3着 ゲンパチカイナル 番組注目馬
 3着ゲンパチカイナルは後方からよく追い込んだが、この馬場ではちょっとどうしようもなかった。4コーナーで大外を回されたのも、少し堪えたか。次走1番の狙いはこちらだろう。
福島11R ラジオNIKKEI賞 重賞
 タイムランクはなく、メンバーランクはCだった。内枠からダディーズマインドが先手を取って行ったが、4コーナーに入って後続がスパートする。馬場状態を考えると、ダディーズマインドの逃げは、1000m61秒0でも平均ペース。このペースでは、ディキシーナイトやブレイブメジャーにはやや速めで、失速してしまった。最後は瞬発力よりスタミナがあって、長く脚を使える馬たちの勝負になった。外からの差しがキレイに決まったというレース。
1着 ブレイキングドーン 
 ただ1頭の1勝馬、ブレイキングドーンが勝って重賞初制覇。ブレイキングドーンは後方外めに居て、3コーナーからじわじわと進出。能力も高いが、重馬場を気にしないのとスタミナがあったのが勝因だろう。小回りも走る。
2着 マイネルサーパス 
 2着はマイネルサーパス、3着には外から追い込んだゴータイミングが入った。マイネルサーパスは平均ペースを最も歓迎した馬だと言える。1番良いところでダディーズマインドを交わして逃げ込もうとしたが、まぁちょっと残念だった。この馬の現状ベストは出したと思う。
3着 ゴータイミング 
 2着はマイネルサーパス、3着には外から追い込んだゴータイミングが入った。それから3着ゴータイミングだが、折り合い重視で最後方に位置して、直線を大外から強襲。まぁ前は捕らえられなかったが、上がり最速の脚で力は見せた。
4着 ダディーズマインド 
 4着ダディーズマインドだが、平均ペースで後続の脚を封じる好騎乗。4着になってしまったが、持ち味は十分に出した。
9着 ヒシイグアス 
 それから1番人気9着のヒシイグアスだが、明らかにやはり馬場が不向きだった。いつもの行き脚がなかった。今回はノーカウントで良いだろう。
11着 ディキシーナイト 
 それから2番人気の11着ディキシーナイトだが、この馬も馬場とペースに持ち味を殺された感じ。2番手追走も瞬発力を出すことができなかった。

  馬券Summary
3歳馬vs古馬
 やっぱり下級条件ほど、降級馬がいなくなったので、3歳馬が強いという印象はあるが、果たして本当はどうなのか。3歳以上1勝クラス・2勝クラスにおける6/1から6/23まで4週間分の年齢別成績を出してみた。
3歳馬vs古馬
1勝クラス・2勝クラスともに3歳馬優勢とは出た。ただし、まず1勝クラスの方は3歳馬の数も結構多いですから、3歳馬の中からどれを選ぶかが、やはり重要となってくる。また、3歳馬による上位独占というのは意外に少なくて、4歳馬・5歳馬も1頭は絡んでくるというケースが多い。ただし、6歳以上はほぼ無視で良いんじゃないかという結果になっている。
それから2勝クラスだが、もうこれは勝率・連対率・3着内率断然なので、狙いたいが、意外に3歳馬の絶対数が少ない。ですから、出てきたらともかく狙ってみたいが、相手は3歳同士というのは、そんなに居ないので、相手はやはり4歳馬・5歳馬。穴でこの2勝クラスの場合は、6歳以上の馬も穴をあける事がまぁまぁあるというデータが出ている。
なお、3勝クラスだが、期間中3歳馬は1頭も出走していない。3勝するような馬というのは、オープンか重賞を勝っていますから、3勝クラスには止まっていない。
解説者:市丸博司(パソコン競馬ライター)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-