2019年3回新潟5日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒5からプラス0秒3への変動、日曜がプラス0秒3からプラス0秒7への変動。直線1000mは土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒8だった。遡って8日間の芝の馬場差を確認しておくと、雨の影響で全て変動となっている。特に3日目以降はプラスの数値だが、プラス1秒を超える程に時計は掛かっていない。
 土曜の芝は重馬場でスタートして、芝で最初のレースである5Rは2000m換算の数値でプラス0秒5。終盤は乾いてプラス0秒3。日曜は土曜と同じプラス0秒3でスタートしたが、その後雨や風の影響で時計が掛かった。直線1000mについて、土曜よりも日曜の方が掛かっているのは、雨や風の影響によるモノ。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒7からマイナス1秒5への変動、日曜がマイナス1秒3からマイナス0秒9への変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜がマイナス1秒4からマイナス1秒1への変動だった。遡っての6日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響を受けて良馬場の日はなく、5日目の1200m以外は全て変動だった。開催を通じて速い時計の出るコンディションだった。
 土曜朝不良でスタート。脚抜きが良くて、速い時計の出るコンディションだったが、1800m・1200mともに高速馬場だった。1200mの2つのレースについて変動になっていないのは、1800mの3鞍と比べて行われた時間の隔たりが短かったため。日曜は後半の方が水準方向に動いたが、それでも速い時計の出るレベルだった。ダートについては、1R時の雨の後に全てのレースが行われましたから、2R時が最も速い時計の出るレベルだった。


  タイム分析
 2019/10/26 (土)  芝=+0.5 → +0.3 / 直線=+0.4  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1400 プリンスチャーム 牡2 未勝利 1:22.8 ±0 --- -0.4 +0.4 B D 9.43
8R T1000 ペイシャドリーム 牝3 1勝クラス・牝 0:56.5 +1.2 --- +0.8 +0.4 E D 8.69
10R T2400 ピッツィカート セ6 萬代橋特(1勝) 2:29.0 +2.5 --- +2.1 +0.4 E C 7.80
11R T1600 メイショウグロッケ 牝5 柏崎特別(2勝) 1:34.2 +0.9 --- +0.7 +0.2 D C 2.83
12R T2000 トーセングラン 牡3 松浜特別(1勝) 2:00.2 +0.2 --- -0.1 +0.3 C C 8.83
 2019/10/26 (土)  ダ=-1.7 → -1.5 / 1200m=-1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1800 アスターマリンバ 牡2 未勝利 1:54.2 -0.5 --- +1.2 -1.7 E C 8.57
3R D1200 エアコンヴィーナ 牝4 1勝クラス 1:10.5 -1.4 --- ±0 -1.4 C D 5.62
6R D1800 チャチャチャ 牝3 1勝クラス・牝 1:51.2 -1.6 --- ±0 -1.6 C D 7.75
7R D1200 キョウエイオビエド 牡4 1勝クラス・若 1:10.7 -1.2 --- +0.2 -1.4 C D 8.25
9R D1800 レシプロケイト 牡3 1勝クラス 1:51.5 -1.3 --- +0.2 -1.5 C D 6.00

新潟2R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
新潟3R 3歳以上1勝クラス 
7着 コトブキハウンド 解説推奨
 今回10番人気でそもそも人気がなかったので、従って7着という事なら、次走も人気はついて来ないと思いますし、大穴で狙う手はあるだろう。今回放牧明けで16キロ増と体も太かったですし、そのせいか序盤からかなり力んでいた。追って伸びを欠いたのは仕方ない。3走前にはこのクラスでハナ差・クビ差で同タイム3着がありますから、能力がない訳ではない。次走が坂のあるコース、あるいは3走前3着の福島ダート1150mで、展開がハマればというのが前提になるが、大駆けの可能性がないとは言えない。
新潟5R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。
1着 プリンスチャーム 
 3番人気のプリンスチャームが逃げ切った。プリンスチャームはハイペースで逃げ切り勝ち。1200m通過は1分9秒9で、走破タイムも優秀。父はIffraajで、その父Zafonicの2×4という強烈なクロスを持っている馬。モロさも感じさせるが、自分の形に持ち込んだ時は強く、今回重馬場への適性の高さも示した。
2着 クリノアマリリス 
 その後に1番人気のクリノアマリリス2着だった。クリノアマリリスはよく追い詰めたが、勝った逃げ馬のレースだった。今の体を維持できればチャンスは近いと思う。
3着 ブルーパー 
 3着のブルーパーは2着から5馬身差で、4着キョウエイリヴァルとはクビ差。以下5着ヒナノコバン・6着アチェロイスまでが4着と同タイムで、平凡なタイムだが7着ユニティコは明らかに馬場が範囲と思えますから、これは参考外として良いと思う。
4着 キョウエイリヴァル 
 3着のブルーパーは2着から5馬身差で、4着キョウエイリヴァルとはクビ差。以下5着ヒナノコバン・6着アチェロイスまでが4着と同タイムで、平凡なタイムだが7着ユニティコは明らかに馬場が範囲と思えますから、これは参考外として良いと思う。
5着 ヒナノコバン 
 3着のブルーパーは2着から5馬身差で、4着キョウエイリヴァルとはクビ差。以下5着ヒナノコバン・6着アチェロイスまでが4着と同タイムで、平凡なタイムだが7着ユニティコは明らかに馬場が範囲と思えますから、これは参考外として良いと思う。
6着 アチェロイス 
 3着のブルーパーは2着から5馬身差で、4着キョウエイリヴァルとはクビ差。以下5着ヒナノコバン・6着アチェロイスまでが4着と同タイムで、平凡なタイムだが7着ユニティコは明らかに馬場が範囲と思えますから、これは参考外として良いと思う。
7着 ユニティコ 
 3着のブルーパーは2着から5馬身差で、4着キョウエイリヴァルとはクビ差。以下5着ヒナノコバン・6着アチェロイスまでが4着と同タイムで、平凡なタイムだが7着ユニティコは明らかに馬場が範囲と思えますから、これは参考外として良いと思う。
新潟8R 3歳以上1勝クラス・牝 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
新潟10R 萬代橋特別 タイムE
 基準より2秒1遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
キズナ vs. エピファネイア
 2013年の日本ダービーはキズナが優勝して、2着はエピファネイアだった。その後キズナはG1昇格前の大阪杯を勝って、エピファネイアは菊花賞とジャパンカップを勝った。そして2頭共に、今年から種牡馬としての次の対決のステージに入った。6月から始まった2歳新馬戦、およそ5ヶ月が経過し、新種牡馬の産駒の傾向も少しずつが浮き彫りにされて来たが、まずはこの2頭の産駒成績を振り返って見て、傾向と対策を講じてみたいと思う。では表をご覧ください。
キズナ vs. エピファネイア
これは10/21までの産駒の芝の距離別成績とダートの成績だが、まずキズナ。芝の距離別で最も勝率が高いのは芝1600m。勝利数では1600mが1位、1800mが2位で、2000mになると勝率が下がる。キズナはディープインパクト産駒で、母の父はストームキャット。これは当時、ディープインパクト産駒のトレンドの配合だった訳だが、産駒は仕上がりの早いマイラータイプが多くなるのではないかと、予測する。また、ダートでの成績が良いのでダートでつぶしが効く点は見逃せない。
キズナ vs. エピファネイア
 一方、エピファネイアだが、1200m・1600m・2000mでそれぞれ6勝しているが、やはり距離が伸びて真価を発揮していて、馬券圏内に最も多く入ってるのは芝2000m。と同時に、意外にも短距離も苦にしない辺りに万能型のイメージも持てる。また、サンプルは少ないが、今のところダートは芳しくない模様。それから6月の馬券summaryでエピファネイア産駒の特徴として、大半の馬、ほぼ半数以上にサンデーサイレンス4×3のクロスがあるということを言って、その中から大物が出る可能性が高いと言ったが、これまで勝利を挙げた18頭中13頭は4×3のクロスがあった。この中から大物に育つ馬がいるのかどうか、それは今後の検証を待ちたいと思う。
解説者:吉岡哲哉(競馬ブック)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-