2019年3回新潟3日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒5からプラス1秒5への変動、日曜がプラス0秒7からプラス0秒4への変動。直線1000mは土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒1だった。3回新潟は先々週は開催がなく、1週開いて、先週が開催2週目だった。ここまで4日間の芝の馬場差を確認しておくと、雨の影響で全て変動。ただ、1週目はマイナスゾーンだったが、先週はプラスで時計が掛かった。
 良馬場発表とは言え、開催1週目よりも時計の掛かる馬場だった上、土曜は後半雨が降り続いて時計が掛かって来た。日曜は逆に乾いて、後半水準方向に動いたが、土日を通じて馬場差はプラス。直線1000mは土曜は12Rで行われ、このレース時は向かい風で、土曜の方が日曜よりもやや時計が掛かっていた。3回新潟は3週の開催で最終週の今週もAコースを使用。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒2からマイナス1秒8への変動、日曜がマイナス1秒8からマイナス1秒6への変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒9からマイナス1秒9への変動、日曜がマイナス1秒8からマイナス1秒6への変動だった。ここまで4日間の馬場差を確認すると、ダートも雨の影響によりすべて変動で、脚抜きの良いコンディションが続いている。
 土曜は後半、雨が降り続いて後になる程さらに時計が出やすくなった。特に1200mは大きく数値が動いて高速馬場になった。日曜は後半の方がいくらか水準方向に近づいたが、大きな動きではなく脚抜きの良いコンディションだった。まぁいずれにしても1800mも1200mも土日ともに、かなり時計の出やすいコンディションである事に変わりはなかった。連対馬の脚質を見ると、逃げ・先行が明らかに優勢。逃げ・先行が連対しなかったのは日曜11Rだけだった。


  タイム分析
 2019/10/19 (土)  芝=+0.5 → +1.5 / 直線=+0.3  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1200 チェアリングソング 牡2 未勝利 1:11.0 +1.1 --- +0.8 +0.3 E C 7.73
6R T1800 シークレットローザ 牝2 未勝利 1:48.8 +0.9 --- +0.4 +0.5 D D 7.29
8R T1600 キャンディストーム 牝5 1勝クラス・牝 1:35.8 +1.9 --- +0.9 +1.0 E D 7.54
10R T2200 サンアップルトン 牡3 岩船特別(1勝) 2:15.7 +2.3 --- +0.6 +1.7 D D 6.67
12R T1000 アルミューテン 牝5 稲光特別(1勝) 0:56.5 +1.2 -0.2 +0.7 +0.3 D D 9.55
 2019/10/19 (土)  ダ=-1.2 → -1.8 / 1200m=-0.9 → -1.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1800 エウロパ 牝2 未勝利 1:54.5 -0.2 --- +1.0 -1.2 E D 7.57
3R D1200 ソフトポジション 牡4 1勝クラス 1:11.7 -0.2 --- +0.7 -0.9 D D 10.29
7R D1200 トモジャドット 牡3 1勝クラス・若 1:10.5 -1.4 --- ±0 -1.4 C C 8.00
9R D1800 カフェプリンス 牡3 1勝クラス 1:51.0 -1.8 --- ±0 -1.8 C D 6.29
11R D1200 マラードザレコード セ5 妙高特別(2勝) 1:09.1 -2.2 --- -0.3 -1.9 B D 8.33

新潟2R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
新潟5R 2歳未勝利 タイムE
 基準より0秒8遅い勝ちタイムだった。
新潟7R 3歳以上1勝クラス 注目
1着 トモジャドット 
 勝ったトモジャドット、前2走ともにダート1200mで逃げて0秒6差だったが、今回は減量騎手起用で負担重量が3キロ軽くなったことが多く、2番手でスムーズなレースができた。
2着 サトノユニゾン 
 2着のサトノユニゾンも減量騎手起用で、前2走より負担重量が2キロ軽く、何よりブリンカーを初めて着用して逃げた事で能力をしっかり発揮する事ができた。
2着 サトノユニゾン 解説危険
 勝ち馬に同タイムハナ差2着で、3着に3馬身半差ですから次走の本命候補だが、この後間隔を詰めて出走して来るようであれば、過信は禁物。と言うのは、この春3戦して2着・3着・5着の後中2週で出走して来て、1番人気で13着に大敗した事がある。使い込むとちょっと集中力が保てないタイプと見ている。今回はブリンカーを初めて着用した、その効果はてきめんだったが、中2週で2回使った後ですから、優先出走権を使って中4週以内で出走して来た場合、同じ走りができるかどうか疑問。思い切って嫌う手はあるかと思う。
3着 コマノバルーガ 番組注目馬
 3着のコマノバルーガは2着から3馬身半差。直線はいかにも休み明けで、息切れという感じだった。前走の未勝利戦はダート1400mで勝っていますから、次走の選択肢は多く、上位進出が狙えると思う。
新潟8R 3歳以上1勝クラス・牝 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
新潟10R 岩船特別 注目
1着 サンアップルトン 
 勝ったサンアップルトン、3馬身差でしたからこれは圧勝と言って良い。そもそもタイムランクAのゆりかもめ賞3着馬、水仙賞2着は1着がアドマイヤスコール・3着がリオンリオンですから超ハイレベルだった。もちろん時計の掛かる馬場も良かったので、まぁ4番人気はちょっと評価が低すぎた。昇級しても面白いと思う。
2着 ダークナイトムーン 
 2着のダークナイトムーンは後方追走だったが、行きっぷり自体は良くて、折り合いに専念していた事で結果的に外差しの馬場にハマった感もある。この馬G1馬サダムパテック・ジュールポレールの弟で、これで軌道に乗って来そう。
3着 ロードブレス 
 3着のロードブレスは自分で動いて行って、直線は盛り返すようにしぶとく伸びた。未勝利勝ちが同じ新潟芝2200mの重馬場だったので、まぁ好走の舞台設定が整っていたのかなという気がする。
6着 イルーシヴゴールド 
 一方で、1番人気のイルーシヴゴールドは6着だった。早々と手が動いてしまい、直線は内で伸びを欠いた。まぁ中だるみのラップですから、ペースが敗因とは思えませんし、馬場が敗因とも思わない。ムラな面が出てしまったのかなという気がする。
新潟11R 妙高特別 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。
1着 マラードザレコード 勝ち馬注目
 番組注目馬マラードザレコードの圧勝だった。マラードザレコードは2011年の同じ秋競馬で、コウエイフラッシュが記録した従来のレコードを0秒1更新。高速馬場ですから、出るべくして出たレコードとも言えるが、逃げて楽勝だった。揉まれないレースができれば昇級しても勝ち負けになると思う。
2着 クリノレオノール 
 2着以下は勝ち馬から3馬身半以上離された。2着クリノレオノールは強い逃げ馬が3馬身離したレースですから、追い掛けた好位組が苦しくなるケース。そうかと言って、この馬場では差し・追い込みも有利ではないので、手頃な位置に納まった事が大きい。
3着 シスル 
 3着のシスル・6着のシュピールカルテ・12着のロンドンテソーロは、いわゆる好位組が割を食った口だが、シスルは大健闘でしたし、シュピールカルテも大きくバテずに頑張っている。ロンドンテソーロはおよそ7ヶ月ぶりの出走で息切れですから、ここを使ってガラッと変わる可能性がある。
6着 シュピールカルテ 
 3着のシスル・6着のシュピールカルテ・12着のロンドンテソーロは、いわゆる好位組が割を食った口だが、シスルは大健闘でしたし、シュピールカルテも大きくバテずに頑張っている。ロンドンテソーロはおよそ7ヶ月ぶりの出走で息切れですから、ここを使ってガラッと変わる可能性がある。
12着 ロンドンテソーロ 
 3着のシスル・6着のシュピールカルテ・12着のロンドンテソーロは、いわゆる好位組が割を食った口だが、シスルは大健闘でしたし、シュピールカルテも大きくバテずに頑張っている。ロンドンテソーロはおよそ7ヶ月ぶりの出走で息切れですから、ここを使ってガラッと変わる可能性がある。

  馬券Summary
藤田菜七子騎手効果
 今年の藤田菜七子騎手の目覚ましい活躍は枚挙にいとまがなく、特にこの後の快進撃は驚異的ですらある訳だが、実は先日その事について、彼女に聞いてみたが、フィジカル面においては、2年前から専属のトレーナーをつけて、その積み重ねがここへ来て実ったのかもしれないと言っていた。また、メンタル面においては4年目で、少しずつ回りが見えて来て、落ち着いて乗れるようになったと言っていた。実は彼女の活躍が及ぼす効果は大きい。
藤田菜七子騎手効果
 まず同じ根本厩舎所属の兄弟子の2人、丸山元気騎手と野中悠太郎騎手の自学と奮起を促してるっという事。丸山騎手は今年既に4つの重賞を勝っていて、昨年以上の成績を収めることは確実と思われる。野中騎手は昨年2勝だったが、今年はすでに22勝を挙げている。野中騎手は若手の有望株で、これは私のイチオシ。それだけではなく、藤田菜七子騎手効果というのは、同期つまり競馬学校騎手課程32期生にも波及している。坂井瑠星騎手は今年フィリーズレビューで重賞初制覇をなして、3週前の京都大賞典も勝っている。また菊沢一樹騎手は七夕賞で重賞初制覇、藤田騎手の地方交流重賞、東京盃を入れると同期3人が今年重賞初制覇を果たしたことになる。全盛期の武豊騎手に、同期の蛯名正義騎手がライバル意識を燃やして、関東の競馬界を牽引していた、そういう時代を思い起こす感じがあるが、同期のライバル意識というのは、モチベーションを高めますから、それを馬券を買う側にとっては、極めて重要なファクターになると考える。藤田菜々子騎手の同期には、荻野極騎手、それから木幡巧也騎手、それから森裕太朗騎手もいますから、目が離せない。彼女の活躍が競馬界を盛り上げるだけでなく、兄弟子と同期の騎手達の成長を促す素晴らしい効果があって、それを予想と馬券に活かさない手は無いんじゃないかなと、そういう風に思う。
解説者:吉岡哲哉(競馬ブック)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-