2019年2回函館5日目

開催一覧
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス0秒7だった。遡って芝の馬場差を確認しておくと、2回函館は週単位で、開催が進むほどに時計が出やすくなった。
 2週目からBコースに替わって、さらに先週は2週目と同じ良馬場発表でも雨の影響がなく、時計は出やすくなった。連対馬の脚質については、大きな偏りはない。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス1秒2、日曜がマイナス0秒9だった。遡ってダートの馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値でこの開催に入ってからは、基本的にマイナス1秒に近いレベルで推移していた。
 先週は土日ともに良馬場発表だったが、それでもマイナス1秒前後で、まぁ今年の函館ダートらしい傾向。ただまぁ日曜は土曜よりも乾いて、数値は水準方向に動いた。連対馬の脚質には大きな偏りはなかった。


  タイム分析
 2019/07/20 (土)  芝=-0.8  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1800 ブラックホール    牡2 未勝利 1:51.3 +1.0 -0.6 +1.1 -0.7 SL D 8.00
4R T1200 メイショウウチデ    牡3 未勝利 1:09.6 -0.3 --- +0.2 -0.5 C D 7.75
5R T2000 サンライズアキレス    牡3 未勝利 2:01.2 -1.0 --- -0.2 -0.8 C C 6.88
6R T1200 ホッコーメヴィウス    セ3 未勝利 1:09.3 -0.6 --- -0.1 -0.5 C D 8.75
9R T1200 ショウナンアリアナ    牝3 1勝クラス 1:08.7 -0.7 --- -0.2 -0.5 C C 7.13
10R T2600 ディバインフォース    牡3 横津岳特(1勝) 2:42.4 +1.1 -0.3 +1.8 -1.0 SL D 5.00
11R T1200 ハウメア    牝5 函館日刊(3勝) 1:08.6 ±0 --- +0.5 -0.5 D D (11.50)
 2019/07/20 (土)  ダ=-1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1000 クリノビッグサージ    牝3 未勝利・牝 0:59.7 -0.2 --- +0.5 -0.7 D D 7.83
3R D1700 ブライトアクトレス    牝3 未勝利 1:46.0 -1.6 --- -0.4 -1.2 B C 6.33
7R D2400 ジャカンドジョー    牡5 1勝クラス 2:37.6 +2.2 -0.8 +3.1 -1.7 SL D 6.50
8R D1700 グッバイガール    牝3 1勝クラス・牝 1:44.4 -2.0 --- -0.8 -1.2 B D 8.86
12R D1700 ナムラカメタロー    牡3 駒場特別(2勝) 1:44.3 -1.3 --- -0.1 -1.2 C C 7.17

函館1R 2歳未勝利 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
函館3R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。ブライトアクトレスが函館3走目で勝ち上がった。
3着 ブライトアクトレス 
 3番人気のブライトアクトレスが向正面で上がって行き、3コーナーで2番手に上がると、直線でボナセーラを交わし、3馬身差をつける完勝だった。3キロ減の減量騎手も合っているのだろうが、ここでは力が違った。すぐに勝てるとまでは言えないが、上のクラスでも負担重量に恵まれている内は通用するだろう。
2着 ボナセーラ 
 逃げる可能性のあったアルファムーンがスタート直後に落馬。2着ボナセーラはこれによって単騎でスンナリ行けたのが大きかった。芝・ダートを問わないタイプだけにレース選択が難しいが、今後もダートでやるならまぁ逃げた方が良いだろう。なお、勝ち馬に3馬身差では次走狙いとまでは言えない。
3着 マーベラスアゲン 
 その後1番人気マーベラスアゲンは、2着ボナセーラから5馬身離れた3着だった。マーベラスアゲンはルメール騎手が騎乗することで人気になっていたが、2着した前走は不良馬場で、額面通りは受け取れなかった。これだけ前に離されると、次走の狙いは立たない。
函館4R 3歳未勝利 
6着 ディノーラ 通信簿
 3番人気6着だった。前走は大きな不利があった馬だが、今回は好スタートを切って前へ行ったが、どうもこの馬前へ行くと味が無い模様。中団で我慢するようなレースの方が良いのではないだろうか。申し訳ございませんでした。
函館7R 3歳以上1勝クラス タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
函館8R 3歳以上1勝クラス・牝 タイムB
 基準より0秒8速い勝ちタイムだった。グッバイガールが距離延長、初めての1700mで逃げ切った。速いペースで3番人気グッバイガールが逃げた。3コーナー手前で引き離しにかかると、馬群が縦長になって直線はそのまま独走して快勝した。2着以降はポツンポツンと入線。1番人気チャチャチャは3着だった。
1着 グッバイガール 勝ち馬注目
 勝ったグッバイガールは、前走4ヶ月ぶりで3着と好走。1度使ってさらに良くなっており、滞在競馬も良かったのではないだろうか。このタイムなら、上のクラスでもいきなりからやれそう。
3着 チャチャチャ 
 2着以下は離されており狙いは立たないが、3着チャチャチャはこれが5戦目実戦で、初めての函館。次走、札幌に使うなら変わって来そう。
10着 ヘイセイラスト 
 2番人気ヘイセイラストは、ここ2走とは行きっぷりが違い、何もできずに10着に惨敗した。ちょっと疲れが出ていたのか、敗因がハッキリしない。
函館9R 3歳以上1勝クラス 注目
1着 ショウナンアリアナ 
 勝ったショウナンアリアナはインコースの5番手という絶好の位置だった。直線で外めに出すと、あとは差すだけという楽な競馬だった。
2着 クルークヴァール 
 2着は2番手から抜け出したクルークヴァールだった。ただ、このレースで取り上げたいのは、4着メイショウベルボン。前に行けないので、追い込み届かずという競馬が多い。8戦連続4着以下だったが、ルメール騎乗ということもあって人気になったが、やはり前には行けず。4コーナー15番手。こうなると短い函館の直線では何もできない。むしろよく4着まで脚を伸ばしたと言うべきだろうか。3走前は直線で前が壁になって何もできませんでしたし、まぁ大きな不利もたまには受ける。しかし、直線での追い込む脚はまだ錆び付いていない。次走以降人気にならず、前が速そうなレースで是非狙ってみたい。
函館10R 横津岳特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。芝2600mはスローにならないレースの方が少ない。このレースかなりのスローだが、残り1000mから速くなっていて、スタミナは必要だった。
函館12R 駒場特別 注目
1着 ナムラカメタロー 
 勝ったナムラカメタローは前走タイムランクAで圧勝。次走上位候補にした馬。3歳で負担重量も有利となれば、ここは負けられなかった。ダートの中距離がよほど合っていると言えるだろう。着差以上の内容での完勝だった。タイムランクCだが、上のクラスでも通用する可能性があるだろう。楽しみ。
3着 ウォータースペース 
 2番人気ウォータースペースは3着。勝ち馬に先に仕掛けられて、少し踏み遅れたような形になってしまった。まだこれが5戦目で、次走の狙いは立つだろう。
7着 ゲンパチカイナル 
 あと、番組注目馬ゲンパチカイナルは7着。3コーナーで外から上がって行った時は、これならと思われたが、4コーナーではもう手応えなかった。長距離輸送を挟んでの中2週で函館。目に見えない疲れがあったのだろうか、直線は見せ場もなく、見込み違いだったということだろう。申し訳ありせんでした。

  馬券Summary
肝心なときに4着になる馬
 これ馬券検討に役立つ知識かどうか…だが、穴馬を狙う時の話。私の場合、能力はあるが、展開・ペースなどがハマらないと来ない馬とか、近走で不利があって実力より不当に人気が無い馬、あとは気性難で常に走るわけでは無い馬などを、ちょっと穴馬は選ぶことが多いが、こういう馬はココというピンポイントで狙わないと、バレてしまうとちょっと人気になってしまう。そのピンポイントで狙う時に、1番困るのが4着である状態。せっかくなのに、狙ったのに4着では馬券になりませんし、次走は人気になってしまう。4着になるぐらいなら、バレないように、大敗してくれないかといつも思うが…。例えば、日曜福島9R白河特別で4着だったイノバティブ。これ、過去何度も狙っているが、たまに穴をあけてくれる。今回、12番人気だが、去勢明け2戦目で外差しの効く福島の今の馬場は得意なはずだと。今ならまだ人気が無い。ワイドも3連複も含めて狙い撃った。そしたら4着だった。実はこの馬、グリーンチャンネルの特番を収録している時に、房総特別、2年ぐらい前ですかね、大きく狙ったら4着だったという事を思い出した。そして次走勝った。まだ市丸めげません。イノバティブさん、狙わしていただきます。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26