2019年1回小倉6日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒3だった。遡って6日間の芝の馬場差を確認しておくと、開幕週は雨の影響で土日ともにプラスの数値だったが、2週目は水準、3週目の先週はマイナスゾーンに入っている。
 先週からBコースに移ったことで、2週目より速い時計が出るようになったが、実はそれでも土曜日は、火曜の雨の影響が残っていた。それが乾いた日曜は土曜よりは速い時計が出るようになった。最終週となる今週もBコースだが、まぁ普通に考えれば先週よりは少し時計が掛かるようになるはず。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにプラス0秒3だった。遡って6日間の馬場差を確認しておくと、全てプラスの数値だが、4日目までがプラス0秒7かプラス0秒8だったのに対し、先週はプラス0秒3で水準方向に動いた。
 先週は火曜日に降った雨の影響が残っていて、土日とも稍重のままだった。この開催は時計が掛かっているので、稍重でも馬場差はプラスだったが、この開催の中では最も速い時計が出る状態。また、同じ稍重でも1週目より速いので、比較する際には注意したい。


  タイム分析
 2019/02/24 (日)  芝=-0.3  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1200 ウォーターエデン    牝3 未勝利 1:09.0 -0.3 --- -0.1 -0.2 C D 10.25
4R T1800 ブラックバッジ    牡3 未勝利 1:48.4 +0.1 --- +0.4 -0.3 D C 5.73
5R T1200 レッドパラス    牝3 未勝利・牝 1:08.6 -0.7 --- -0.5 -0.2 B D 10.14
7R T1200 タガノカレン    牝4 500万下 1:08.3 -0.2 --- ±0 -0.2 C C 9.18
8R T2000 ルックスマート    牡4 500万下 1:59.6 -0.3 --- ±0 -0.3 C D 6.91
10R T1800 バレーノロッソ    牡4 脊振山特500 1:47.4 +0.3 --- +0.6 -0.3 D D 6.75
11R T1200 メイソンジュニア    牡5 下関S1600 1:08.0 +0.3 --- +0.5 -0.2 D D 9.50
12R T2600 タイセイトレイル    牡4 皿倉山H1000 2:38.4 -0.7 --- -0.3 -0.4 C C 4.55
 2019/02/24 (日)  ダ=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1700 アノ    牡3 未勝利 1:47.5 +0.7 --- +0.4 +0.3 D D 7.00
2R D1000 ナンクルナイサー    牝4 500万下・牝 0:59.0 +0.6 --- +0.4 +0.2 D D 9.17
6R D1700 ダノンロイヤル    牡4 500万下 1:45.9 +0.7 --- +0.4 +0.3 D D 5.67
9R D1700 メイショウササユリ    牝5 500万下・牝 1:46.0 +0.8 --- +0.5 +0.3 D D 6.83

小倉5R 3歳未勝利・牝 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。バラけたスタートだったが、5枠9番スカーヴァティが、外の馬を制してハナに立ち、レッドパラスが2番手につけて行く。スカーヴァティは直線でも粘っていたが、2番手からレッドパラスが差を詰めて行き、交わして1着。単独3番手に上がったニシノテンカラットがスカーヴァティに迫ったが、交わすことはできない。
1着 レッドパラス 
 レッドパラスが今年2走目で勝ち上がった。このレースの前半33秒4というのは、5着だったレッドパラスの前走と同じで、自身の前半33秒6というのも、前走と同じだが1200mの馬場差は前走がプラス0秒7で、今回はマイナス0秒2。これを考慮すると、かなりペースは緩んでいて、今回は2番手からしっかり伸びて差し切った。展開そのものは厳しくはなかったので、昇級してすぐに通用するかどうか微妙だが、厳しい展開だった前走も大きくは負けなかったように、平坦コースの1200mはベスト条件。この条件の500万なら、いずれは通用するだろう。
2着 スカーヴァティ 
 そして1番人気スカーヴァティが2着だった。スカーヴァティは良いペースに逃げていたが、少し掛かり気味でもあった。その分差されたという感じだが、3キロ減の効果で楽に行けた模様。3キロ減の効果が大きそうな馬なので、次走も減量騎手なら上位候補となるが、なしで54キロだと半信半疑だと思う。
3着 ニシノテンカラット 
 そして3着のニシノテンカラット、外へ張り気味に走る馬なので、コーナーでは外に馬が入るようにして、なおかつ動かないようにしていた。そこでしっかり脚を溜めた割には、追ってから鋭くは伸びなかったが、差を詰めてはいた。ただ、これ体重がまた減っていたのは懸念材料。間隔を詰めて使ってくると危ないかもしれない。
10着 グレーフィンソニア 
 2番人気で10着のグレーフィンソニア、これはスタートした瞬間から左右にフラフラしていて、さらに躓いてしまって、ズルズルと下がり、直線で追われてからも左右にフラフラしていた。これ恐らく休み明けの影響だと思う。

  馬券Summary
中山記念今昔物語
 今年中山記念、ウインブライトが勝って連覇になったが、中山記念は昔有名なリピーターレースで、2005年から2009年にかけては5年連続で、過去に中山記念で3着以内があった馬が勝った。なぜ中山記念がかつてリピーターレースだったかと言うと、直接つながるG1が無かったためだろう。春の天皇賞へのステップレースは阪神大賞典・日経賞、それと大阪杯が普通で、天皇賞を目指して中山記念に出走するという馬は極めて少なかった。ということで、当時の中山記念は、そこにある高額賞金の重賞であって、従ってG1ではちょっと足りないような馬が何度も好走していた。その傾向が変わったきっかけが、2011年にヴィクトワールピサが中山記念を勝って続くドバイワールドカップを勝った時から。2014年以降は毎年次走が海外のG1という馬が出走している。つまり、G1を目指して中山記念をステップレースに選ぶケースが増えた。
この中山記念そのものの時期とか条件は変わっていないが、ドバイや香港に向けてのステップレースに適したレースであるという発見をされてしまったので、以前とは位置づけや性格が変わった。今どき中山記念はリピーターレースと言っている人はほとんど見ないが、あるレースの時期や条件が変わっていなくても、その周辺のレースが変わったりすると、傾向が変わることがあるので重賞の過去の傾向を重視するような人は注意した方が良いと思う。
 海外G1を目指す馬が出走するようになったからと言って、彼ら・彼女らがいつも好走する訳ではない。今年の中山記念にはドバイを目指すディアドラとスワーヴリチャードが出走したが、1番人気と4番人気で6着と4着。ただ、これは珍しいことではない。ヴィブロスだが、一昨年は中山記念5着でドバイターフ1着。昨年は中山記念8着でドバイターフ2着だった。海外遠征を控えた馬は、走行ムードもあって人気になりがちだが、そこは冷静に見極めたいところ。ちなみにディアドラは、昨年京都記念6着からドバイターフに向かって3着だった。今年も中山記念はあくまでステップレースだったと思われるので、ドバイなら狙えると思う。スワーヴリチャードはもう中山が苦手なことは有名なので、まぁ仕方ない結果で、左回りで直線が長いドバイでは期待できるのではないかと思う。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-