2019年3回中山6日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒2だった。まずは、遡って8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、先週は前の開催3日目以来のマイナス1秒台となった。
 Bコース2週目、芝の生育が進んで月・火の4.5ミリを除いて雨は降っていない。馬場差は高速のレベルに入った。内に若干の傷みがあっても、影響するほどではない。差しや追い込みも届いてはいるが、全般的に前に行った組が強い傾向にあった。最終週もBコースが使用される。雨の影響されなければ、高速馬場の皐月賞ウィークになりそう。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がプラス0秒4。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス0秒3だった。遡って8日間の馬場差を確認しておく。まず1800mはこの4日目を除けば、水準に近いレベルで推移している。ただ、先週は土日ともにプラスだった。そして1200mは全てマイナスで、この開催に入ってから基本的にはやや速めの時計が出るレベルで推移している。
 月曜・火曜の4.5ミリを除いては、雨は降っておらず、ダートは乾燥が進んだ。中・長距離の馬場差は先々週土曜の良馬場時よりも時計を要していて、プラスゾーンに入り、日曜は更に乾いて0秒1掛かっていた。1200mは土日ともに標準より速かった。脚質は中・長距離がマクリや差し・追い込みが効きやすく、1200mは先行有利だが、日曜7Rの1200m戦は、さほどペースが速くない割に外2頭の追い込み同士の決着だった。メンバー次第ではある。


  タイム分析
 2019/04/07 (日)  芝=-1.2  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T2000 エレベル    牝3 未勝利・牝 2:01.1 -1.8 --- -0.6 -1.2 B C 7.71
5R T1600 グランツリヒター    牡3 未勝利 1:34.8 -1.1 --- -0.1 -1.0 C D 10.07
9R T1800 アイリスフィール    牝3 デイジー500 1:48.3 -0.6 -0.7 -0.2 -1.1 C D 6.78
10R T1600 ソロフレーズ    牡4 隅田川H1000 1:33.5 -0.8 --- +0.2 -1.0 C D 8.50
11R T1200 ビップライブリー    牡6 春雷SH(L) 1:07.7 -0.4 --- +0.3 -0.7 D D 8.13
 2019/04/07 (日)  ダ=+0.4 / 1200m=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ナムラアイアイサー    牡3 未勝利 1:12.4 -0.5 --- -0.2 -0.3 C D 8.17
2R D1800 アルデエンブレム    牡3 未勝利 1:57.3 +1.6 --- +1.2 +0.4 E D 7.22
3R D1200 ダディフィンガー    牡3 未勝利 1:12.8 -0.1 --- +0.2 -0.3 C D 8.18
6R D1800 イッツリット    牡3 500万下 1:54.9 +0.2 --- -0.2 +0.4 C D 8.92
7R D1200 フレッシビレ    牝4 500万下・牝 1:12.3 +0.4 --- +0.7 -0.3 D D 9.27
8R D1800 グロンフォール    牡4 500万下 1:54.6 +0.6 -0.2 ±0 +0.4 C D 6.20
12R D1200 リモンディ    牡5 1000万下 1:11.3 ±0 --- +0.3 -0.3 D C 7.46

中山1R 3歳未勝利 注目
 土日で4鞍組まれたダート1200mの未勝利戦では走破時計が一番速く、唯一マイナスのCランクだった。
1着 ナムラアイアイサー 
 1着のナムラアイアイサー、前走2着と同タイムで走って順当勝ち。ただ怖がりな気性で、ここ2戦とも揉まれず、砂を被らない外枠が功を奏した。今回の直線は、2着馬が来るまで気を抜いて走っていて、それでも勝つので、上でもそこそこに思えてくるが、次走内枠の際は、軽く扱った方が良いと思う。
2着 ラディアント 
 2着のラディアント、中京のデビュー戦は出遅れて、その後力んで走って12着。今回は先団後ろで、普通の競馬ができて一変して来た。馬体の良さからも、今の未勝利では素質上位。キャリア的にも近いうちに勝てると思う。
3着 フロントライン 
 あと3着のフロントライン、ダッシュを決めて前半600m34秒3。一旦は2番手以下を離したように、スピードは出色と言える。マイルから距離を短縮しても、減量騎手器用でも甘くはなるが、福島の1150m戦あたりを使えば楽勝まだありそうに思う。
中山2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
中山4R 3歳未勝利・牝 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。
1着 エレベル 
 4ヶ月ぶりの実戦だったエレベルが一変した。暮れの新馬戦が2番人気で7着。小柄な牝馬で体質が良かった。休養を経て良化。馬体はさらに減少していたが、芯の強さが加わってマイルから距離が伸びて追走に余裕が出た。直線で外へ出してからの瞬発力は、ディープインパクト産駒特有のものがあった。間隔を空けて、状態とテンションを維持できれば、牝馬限定の500万下なら首位候補に狙っていける。
2着 グロリアーナ 
 2着以下には上位人気3頭が続いている。2着のグロリアーナ、昨年夏の福島で新馬戦2着。膝骨折で、そのデビュー戦以来9ヶ月ぶりという長期休養明けだった。馬体は10キロ絞れたが、それでいてまだ少し余裕を感じたぐらい。好位直後から運んで、2戦目としてはセンスの良さが光った。デニムアンドルビーの半妹で、父がハーツクライ。2・3戦の内には勝てると思う。
3着 ブライティアセルバ 
 3着のブライティアセルバ。0秒3差でCランク相当。パドックでかなり入れ込んでいたが、競馬に行って折り合いがついた。前半が遅かったので、早め先頭の騎乗は正解だと思う。時計が速くなった分、ラストの粘りを欠いていた。当日の落ち着き次第だが、普通のレベルの未勝利戦なら首位候補に入る。
中山5R 3歳未勝利 
4着 ロードストライク 解説推奨
 今回がデビュー戦。調教の動きは標準より上だったが、スタートが若干遅くて、競馬を理解していないようで、後方から3番手で、道中追っつけ追っつけ。苦しい追走になっていた。それが直線大外から追い込んで、0秒6差の4着。上がり600m推定34秒3はメンバー中最速で、行った行ったの決着だけに内容は上々のモノがあった。前姉に芝3勝のブリュネット、次は競馬に慣れて行きっぷりもエンジンの掛かりも違ってくるはず。今回6番人気だっただけに、まだ馬券的な妙味もあると思う。

  馬券Summary
福島・新潟では 好調の若手騎手に注目
 1回福島が開幕した。3週間6日間開催なので残り2週だが、その後は1回新潟開催されてオークスの週まで4週間行われる。こうした開催は若手にとっては、腕を磨く格好の場となるはず。また馬券の肝にもなりやすいということで、東西の若手騎手の中で、最近の開催から好騎乗として目に付いたレースを取り上げてみたいと思う。
3/31日曜日の阪神では、当時▲3キロ減、栗東所属の西村淳也騎手が6R・7Rを連勝した。共に5番人気で馬券的にも妙味があった。この週は2場開催。加えて、G1大阪杯の行われる阪神は当然有力騎手が集まる。その中で2勝したことの意味は大きいと思う。
 まず6Rのランドジュピター、はダートの長距離を使って来たズブい馬。自分からやめることも多いタイプを3コーナーから追いまくって追いまくって楽勝させた。
続く7Rのライオネルカズマ、この馬は障害帰りの芝短距離戦。距離が半分以上短くなった状況の馬を先行させて、3コーナーでは手綱を引っ張る不利がありながら、外へ出してリズムを取り戻させて、勝たせていた。そして西村淳也騎手は先週から△2キロ減で、平場における減量の恩恵は1キロ減った訳だが、1回福島に参戦して、土曜日に1勝。日曜日2勝。特に日曜はどちらも特別レースでの勝利で、10R芝2600mの燧ヶ岳特別は5番人気ニッポンテイオーで7馬身差の圧勝。12R芝1200mの喜多方特別は7番人気のラニカイサンデーに騎乗して、直線見事な差し切り勝ちを納めている。これらを含めて、今年で20勝。デビューした昨年の13勝を上回って、リーディングでは14位につけている。常に一生懸命に乗っている、そんな印象がある。

 3/31中山6Rでは、△印の菊沢一樹騎手が所属先の父菊沢隆徳厩舎の3番人気のインテンスライトで1着になった。前走でカントルやアドマイヤスコール・トーセンカンビーナなどと差のない勝負をしていたが、瞬発力のあるブーザーとか、ジュニアカップ2着のカルリーノなど、決め手上位の馬が揃ってもいた。追い出しを我慢すると、切れの差で負けると思っていたかどうか不明だが、4コーナー手前での早めのスパートがドンピシャリハマった。菊沢騎手は今年3勝と出遅れ気味。ただ、恵まれた環境であるのは確かなので、もっと勝って良いはず。その前日、土曜中山1Rでは☆印の木幡巧也騎手が1番人気のカッチョエペペで1着。所属先の牧厩舎の馬で、4戦全てに騎乗しているが、前走は内の馬を行かせて控えて、持ち時計を下回っての4着だった。当時もっと積極的に乗るべきだったとコメントしている。今回は雁行の先行争いを行ききって、持ち時計を短縮させての勝利だった。木幡巧也騎手は3兄弟の真ん中にあたる。先の菊沢騎手・藤田菜七子騎手と同期にあたり、先々週までに通算91勝を挙げている。今後とも注目したい。
解説者:長谷川仁志(馬サブロー専属評論家)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-