2019年2回福島7日目

開催一覧
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス1秒3、日曜がプラス1秒5からプラス1秒8への変動だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、開催を通じて雨の影響を受けて、ほとんどがプラスの数値だった。
 土曜は雨の影響が残った上、昼過ぎに雨が降って1日を通じて馬場差はプラス1秒3と時計が掛かっていた。日曜は開催最終日だった上、再び雨の影響を受けて後半はさらに時計が掛かっていた。連対馬については、前回のサマリーで強調したように、差しの効く馬場だった。ただし、馬群全体が外を回って、特に日曜の差し馬はコースロスが大きくなって、4コーナーで外へ出された逃げ・先行馬が粘るレースが増えた。これは馬場が荒れてきた開催では、よく見受けられること。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒6からマイナス0秒8への変動、日曜がマイナス0秒7だった。遡って8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で2日目と6日目は終日マイナス1秒台だった。
 また、雨の影響により変動となった開催日の方が多くなっている。
 土曜は終日稍重発表だったが、昼頃の雨で午前よりも午後の方が時計は出やすくなった。ただ、日曜も含めマイナス1秒台にはなっておらず、雨の影響を受けたとは言え、高速馬場という程ではなかった。連対馬については、ダートは前めに位置した馬が優勢だった。


  タイム分析
 2019/07/20 (土)  芝=+1.3  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T1800 トランシルヴァニア    牡2 新馬 1:53.1 +3.3 -0.6 +1.5 +1.2 E D 11.60
6R T1200 グライユル    牝2 新馬 1:12.4 +2.0 --- +1.2 +0.8 E D 6.88
8R T1800 レッドイリーゼ    牝4 1勝クラス・牝 1:49.3 +1.4 --- +0.2 +1.2 C D 4.33
9R T2000 ハギノカエラ    牝6 栗子特別(1勝) 2:01.7 +1.1 --- -0.2 +1.3 C D 7.50
10R T1800 ヴァンケドミンゴ    牡3 いわき特(2勝) 1:49.1 +1.9 --- +0.7 +1.2 D C 7.33
12R T1200 シャインサンデー    牝5 1勝クラス 1:09.9 +0.7 -0.1 -0.2 +0.8 C D 9.67
 2019/07/20 (土)  ダ=-0.6 → -0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1700 タイトロープウィン    牝3 未勝利・牝 1:47.5 +0.4 --- +1.0 -0.6 E D 4.25
3R D1700 デッドアヘッド    牡3 未勝利 1:46.2 -0.9 --- -0.3 -0.6 C D 7.43
7R D1150 リトルエイト    牝3 未勝利 1:08.7 -0.5 --- ±0 -0.5 C D 5.00
11R D1700 ショーム    牡4 安達太良(3勝) 1:44.1 -0.3 --- +0.5 -0.8 D D 7.80

福島2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
福島3R 3歳未勝利 注目
 完全タイム差はマイナス0秒3で、先週の福島ダートでは最も優秀。Bランクに近かった。外枠からやや強引にモッシュピットが逃げたため、前半はやや速かったが、中盤緩んで残り800mからもう1度速くなった。3コーナーで外から交わして行ったデッドアヘッドが快勝。2着に粘ったモッシュピットも、3着以下を7馬身離していた。
1着 デッドアヘッド 
 勝ったデッドアヘッドは今回が初めてのダート。全兄の現役馬スワーヴアラミスも芝で5戦勝てず、ダートに矛先を転じて2勝を挙げている。芝では2戦して2桁着順だったが、ダートなら狙い目だったと言えるかもしれない。父のハーツクライは、芝の種牡馬という印象があって、確かに芝の方が成績は良いが、ダートでもまずまずの成績を残していて、地方交流重賞を2勝したストロングサウザーも出している。
2着 モッシュピット 番組注目馬
 2着モッシュピットも初めてのダート。こちら半兄が6頭いるが、3頭の半兄がJRAのダートで計7勝を挙げており、芝では1勝もしていない。こちらも狙いは初ダートの今回だっただろうか。当然次走は勝ち負けだろう。
3着 ラインコマンダー 
 そして1番人気ラインコマンダーは3着。インコースの好位を進みながら、勝ち馬が先頭に立つとほとんど抵抗できずに、前2頭から引き離されてしまった。これでは次走の狙いは立たない。
3着 ラインコマンダー 解説危険
 これはインコースの好位を進みながら、勝ち馬が先頭に立つとちょっと抵抗できなかった。まぁちょっと1着馬・2着馬が強すぎたという感じはあるが、それでもやっぱり1番人気ですから、もう少し何とかして欲しかったなと。という事で、1番人気で3着ですから次走も人気になるのではないかという事で、次走危険とする。
福島5R 2歳新馬 タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
福島6R 2歳新馬 タイムE
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
福島12R 3歳以上1勝クラス 注目
 上位ランクはなかったが、Cランクの中からBランクに近かったレースを2つ取り上げる。完全タイム差マイナス0秒2で、後0秒1速ければBランクだった。番組推奨馬シャインサンデーが完勝した。
1着 シャインサンデー 
 スタートからスンナリとインコースの4番手。手応えは終始楽で、4コーナーで外めに出されると後続は千切られる一方というレースだった。一昨年7月から全て芝1200mに出走して、2勝を挙げているが、その反面2着4回・3着5回とやや勝ち味に遅い印象があった。ところが、今回は流石に相手関係も楽になって、内枠を引いてレースもしやすかった。ペースも落ち着きましたし、負ける訳にはいかないというレースぶりだった。最後は抑えており、追っていればタイムランクBもあったのではないだろうか。とにかく堅実で、上のクラスでもいきなり通用してもおかしくない。
2着 マイネルアルケミー 
 2着以下は4馬身以上離された。2番人気マイネルアルケミーが2着。4コーナーまではほぼ勝ち馬と同じ位置にいたが、外枠だったので、外外を回す展開になった。4コーナーではコーナーワークの差で引き離され、何とか2着を確保するのが精一杯というレースぶりだった。次走はさらなる上積みが欲しいところで、ちょっと番組推奨馬にはできない。
3着 サウンドオブビット 
 その後の7番人気サウンドオブビットが3着に追い込んで来た。連闘で4戦連続の福島1200m。前走までより前の位置に付けられて、2着馬の外からよく伸びた。JRAでデビューして5戦未勝利の後、園田に転厩しておよそ2年を過ごし、再転入してきた変わり種。まぁ徐々に良くなって来たが、連闘後だけに次走すぐの狙いまではどうだろうか。

  馬券Summary
肝心なときに4着になる馬
 これ馬券検討に役立つ知識かどうか…だが、穴馬を狙う時の話。私の場合、能力はあるが、展開・ペースなどがハマらないと来ない馬とか、近走で不利があって実力より不当に人気が無い馬、あとは気性難で常に走るわけでは無い馬などを、ちょっと穴馬は選ぶことが多いが、こういう馬はココというピンポイントで狙わないと、バレてしまうとちょっと人気になってしまう。そのピンポイントで狙う時に、1番困るのが4着である状態。せっかくなのに、狙ったのに4着では馬券になりませんし、次走は人気になってしまう。4着になるぐらいなら、バレないように、大敗してくれないかといつも思うが…。例えば、日曜福島9R白河特別で4着だったイノバティブ。これ、過去何度も狙っているが、たまに穴をあけてくれる。今回、12番人気だが、去勢明け2戦目で外差しの効く福島の今の馬場は得意なはずだと。今ならまだ人気が無い。ワイドも3連複も含めて狙い撃った。そしたら4着だった。実はこの馬、グリーンチャンネルの特番を収録している時に、房総特別、2年ぐらい前ですかね、大きく狙ったら4着だったという事を思い出した。そして次走勝った。まだ市丸めげません。イノバティブさん、狙わしていただきます。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26