2019年2回中山3日目

開催一覧
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
東京 京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜がプラス0秒5からプラス1秒9への変動だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、3日目まではマイナス1秒台だったが、4日目つまり先週日曜はプラスの数値となった。
 水曜日から金曜日にかけて雨が降り、土曜日の朝は稍重だったが、昼前に良馬場へ回復して土曜の芝のレースは全て良馬場で行われた。ただ、かなり乾燥していた1週目よりは水分を含んでいて、時計が掛かるようになったが、それでもマイナス1秒台と速い時計が出るコンディションだった。日曜日は9時半頃から雨が降り、稍重でスタートしたが、9R以降は重馬場。どんどん時計が掛かるようになって行った。後半はもう内側に水が溜まって、外を通る馬が好走していた。先週の日曜日にかなりダメージを受けたので、今週は良馬場でもマイナス1秒台までは行かない馬場差になるだろう。このあと3回開催の1週目までAコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がプラス0秒1からマイナス0秒7への変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス0秒7からマイナス1秒2への変動だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、開幕週と比べて先週は1800m・1200mともにマイナス方向に動いた。
 水曜から金曜にかけて雨が降り、土曜の早朝は重だった。レースは稍重で行われ、乾燥していた1週目と比べると、かなり速い時計が出るようになった。なお、土曜日は乾くのが遅くて、馬場差は変動ではなかった。日曜の朝の時点では、土曜より乾いて時計が掛かるようになっていたが、レースの間は雨が降り続き、どんどん高速化して行った。日曜より土曜の方が前残り傾向だった。高速馬場となった日曜の後半は、先行馬が苦戦していて、ダートの高速馬場は前残りという事にはならなかった。と言っても、ダートの高速馬場は差しやすいということではなくて、ジョッキーの意識がどうしても前の方に行くので、先行馬が苦しい展開になりやすいということ。


  タイム分析
 2019/03/02 (土)  芝=-1.1  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
6R T1800 シャワークライム    牝3 未勝利・牝 1:48.9 -0.8 --- +0.2 -1.0 C C 8.43
7R T1600 フォッサマグナ    牡3 500万下 1:34.5 -0.7 --- +0.2 -0.9 C C 6.57
8R T2500 ノチェブランカ    牝4 潮来特別1000 2:34.8 +0.3 -0.6 +1.1 -1.4 E D 4.17
11R T1200 モズスーパーフレア    牝4 オーシャG3 1:07.1 -0.9 --- -0.2 -0.7 C C 10.71
 2019/03/02 (土)  ダ=-0.1 / 1200m=-0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 カフェプリンス    牡3 未勝利 1:56.2 +0.5 --- +0.6 -0.1 D D 6.29
2R D1200 カーンテソーロ    牡3 未勝利 1:12.1 -0.8 --- ±0 -0.8 C D 7.31
3R D1800 オンザウェイ    牡3 未勝利 1:55.4 -0.3 --- -0.2 -0.1 C C 6.29
5R D1800 ハートトゥハート    牝3 新馬 1:59.5 +3.4 --- +3.5 -0.1 E D 11.73
9R D1800 レオアルティメット    牡4 500万下 1:54.1 +0.1 --- +0.2 -0.1 C D 4.07
10R D1800 エイシンセラード    牝4 上総SH1600 1:52.1 -0.3 --- -0.2 -0.1 C C 9.71
12R D1200 テーオージーニアス    牡4 1000万下 1:10.6 -0.7 --- +0.1 -0.8 C C 8.14

中山5R 3歳新馬 タイムE
 基準より3秒5遅い勝ちタイムだった。
中山6R 3歳未勝利・牝 注目
 勝ったシャワークライムについて。
1着 シャワークライム 勝ち馬注目
 スタートが速くないが、それは想定内という感じで、前半は後ろから悠然と進めていたが、残り800m付近から仕掛けていて、4コーナーで一気に外をマクった。平坦コースならともかく、最後に坂がある中山でこれだけ速く一気に脚を使うと、だいたい最後は止まるものだが、坂でもう一度脚を使って差し切った。仕掛けてからエンジンが実際に掛かるまで、時間が掛かるという事なので、早めに鞍上の手が動いていたと。そういうことではあるが、まだかなり長く脚を使っていて、スタミナは豊富。と言っても長距離向きという感じでもないが、上がりのかかる消耗戦になれば上のクラスでも通用しそう。
中山8R 潮来特別 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。ペース補正がマイナス0秒6で、SLでも良いようだが、残り1000mから残り200mにかけてずっとペースが速かった。ベースアップが早かったため、ペース補正によって全体のタイムは完全に補正されているので、全体のタイムの価値は低くてEランクとなる。
2着 マイネルヴンシュ 
 2着のマイネルヴンシュは1年以上の休み明けで先行して、残り1000mからペースアップする流れを凌いでいる。スローペースの先行で、なおかつEランクのレースで2着だったと解釈すると、評価を下げることになるが、むしろ高く評価できる内容だった。
中山9R 4歳上500万下 注目
 5着だったラボーナについて。
5着 ラボーナ 
 この馬を一言で表すと、全ての動作が鈍い。スタートが遅いですし、仕掛けてもなかなか反応しない。ブリンカーを着用した後もそれは変わっていないので、こういう動作が鈍いというのは、気持ちの問題ということではなくて、運動神経とか反射神経とかいったことの問題だと思う。こういうタイプに中山の1800mというのは忙しい。距離が長ければ良いということではなくて、ペースが速くなっている4コーナーで動けないと厳しいコースでは、脚を余してしまう。500万下の条件馬なので、関西に出走するのは難しいかもしれないが、今の開催場なら阪神2000mが合うはずですし、関東圏ならやはり東京コースが合っている。次走も中山1800mだと、まぁ本命にはできないと思う。
中山10R 上総S 注目
 4着だったメイショウエイコウについて。
4着 メイショウエイコウ 
 ゲートが開いた時に頭を上げて出遅れた。っと言ってもスタートが遅いのはいつもの事だが、4コーナーで前の馬が固まっていたので、かなり外を回る事になって、ここで脚を使っているのに、なかなか差が詰まらなかったというが痛かった。それでも最後までジリジリと伸びている訳で、スタミナは豊富。互角のスタートを切れるようになれば話は別だが、現状のままだと1800mでは他力本願になってしまう。という事で、豊富なスタミナを活かせる長距離に使って来た時には狙い目だと思う。父がサマーバードだが、サマーバード産駒にはサノサマー・サマーサプライズ・ワンダーラジャと言った、ダートの2000m以上を得意としている馬が何頭かいる。
中山11R オーシャンS 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。少しバラついたスタートだったが、先手を取ったのはやはりモズスーパーフレアだった。この逃げたモズスーパーフレアの600m通過がが32秒3という超ハイペースだが、こういう超ハイペースで後続にも脚を使わせた方が持ち味が活きる馬。直線の入り口あたりで2番手のナックビーナスが差を詰めて来たが、結局その差がゴールまで変わらず、逃げ切りとなった。そのナックビーナスの後ろは、もうかなり離れて、そしてごちゃごちゃとしていたが、内から馬群をこじ開けるようにして伸びてきたダイメイフジが3着に上がる。
1着 モズスーパーフレア 
 モズスーパーフレアが逃げ切って重賞初制覇となった。中山芝1200mでは3勝目、オーシャンステークスが重賞になった2006年以降で逃げ切りは初めて。このモズスーパーフレアの600m通過32秒3というのは、2002年のオーシャンステークス、これが32秒0。1991年のスプリンターズステークス32秒2、これらに次ぐハイペースだった。ハイペースで行って後続にも脚を使わせた方が持ち主が活きるとは言え、このペースで行って逃げ切るのだからね能力は高い。ちなみにこの2002年のオーシャンステークス、超ハイペースで逃げ切ったショウナンカンプが続く高松宮記念も勝っているが、当時の高松宮記念は平坦の旧中京コース。今のコースになってから、高松宮記念を逃げ切った馬はいませんし、ハイペースで行ってこそというタイプに向くコースではない。その点をどう考えるかが、我々にとっての課題となるが、今結論は出せと言われても無理なので、じっくり考る。
2着 ナックビーナス 
 2着は2番手にいたナックビーナス、3着がダイメイフジだった。2着のナックビーナスは4コーナーでモズスーパーフレアとの差を詰めたが、結局ゴールまでその差が変わらなかった。この1・1/4馬身差というのは、前走のカーバンクルステークスと同じ。前走時は5キロ差があった負担重量も、今回同じでしたから色々な面で完敗と言わざるを得ない。とは言え、直線で3着以下は離していますし、安定している。高松宮記念でも上位可能だろう。
3着 ダイメイフジ 
 2着は2番手にいたナックビーナス、3着がダイメイフジだった。そして3着のダイメイフジ、前走で真剣に走っていなかったということで連闘して来た。昨年の12月ラピスラズリステークスを勝った時も京阪杯13着からの連闘で、どうもこれがこの馬の好走パターンの模様。
10着 ダイメイプリンセス 
 着外に沈んでしまった人気馬に触れておく。3番人気で10着だったダイメイプリンセスは平坦コース向きだと思う。
16着 ラブカンプー 
 そして4番人気で16着だったラブカンプーは、恐らく負担重量の影響が大きいタイプ。

  馬券Summary
ディープインパクト産駒は実績不問
 昨年の12月に2歳の12月に重賞を勝ったディープインパクト産駒は3歳春に不信に陥りやすいというデータを紹介したが、ダノンファンタジーに関してはどうやら杞憂に終わりそう。その時に2歳の12月に芝1800m以上の500万下を勝ったディープインパクト産駒は、3歳時に重賞で好走しているというデータも紹介して、早いうちから重賞に出走していた全兄ムーヴザワールドの使い方より、2歳12月に500万下を勝った弟、サトノルークスの使い方の方が正解となる可能性があると言った。が、サトノルークスは重賞を勝っていないが、すみれステークスで、ホープフルステークスの2着馬を下して勝った。他でも、きさらぎ賞では2歳12月に500万下を勝ったダノンチェイサーが重賞初出走で勝ち、共同通信杯も2歳12月に500万下を勝ったダノンキングリーが、朝日杯フューチュリティステークスの勝ち馬を相手に勝った。逆に2歳重賞で好走していたディープインパクト産駒の牡馬は、3歳春に危なっかしいことが多くて、現3歳世代では東京スポーツ杯2歳ステークスで3着だったヴァンドギャルドが対象例となる。重賞初出走だった東スポ杯は3着と好走したが、その実績によって1番人気になったきさらぎ賞は4着だった。で、先週弥生賞をカントルかサトノラディウスが勝っていれば、話としては完璧だったが、勝ったのは重賞2戦目のディープインパクト産駒、メイショウテンゲンだった。ただ、メイショウテンゲンも2歳時重賞には出走しておらず、さらに1勝目まで4戦かかっていながら、重賞2戦目で勝ってしまったように、実績不問でクラスの壁を破った。3歳春の重賞というのは2歳重賞の好走馬が人気になるが、そういう実績馬に逆らいたい私のような人は、2歳時に重賞で走っていないディープインパクト産駒を狙うことをお勧めする。
解説者:
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-