2019年5回中山1日目

開催一覧
2019/12/28 (土)
中山 阪神
2019/12/22 (日)
中山 阪神
2019/12/21 (土)
中山 阪神
2019/12/15 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/14 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/08 (日)
中山 阪神 中京
2019/12/07 (土)
中山 阪神 中京
2019/12/01 (日)
中山 阪神 中京
2019/11/30 (土)
中山 阪神 中京
2019/11/24 (日)
東京 京都
2019/11/23 (土)
東京 京都
2019/11/17 (日)
東京 京都 福島
2019/11/16 (土)
東京 京都 福島
2019/11/10 (日)
東京 京都 福島
2019/11/09 (土)
東京 京都 福島
2019/11/03 (日)
東京 京都 福島
2019/11/02 (土)
東京 京都 福島
2019/10/27 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/26 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/21 (月)
東京
2019/10/20 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/19 (土)
東京 京都 新潟
2019/10/15 (火)
東京
2019/10/14 (月)
東京 京都
2019/10/13 (日)
京都
2019/10/12 (土)
京都
2019/10/06 (日)
東京 京都 新潟
2019/10/05 (土)
東京 京都 新潟
2019/09/29 (日)
中山 阪神
2019/09/28 (土)
中山 阪神
2019/09/22 (日)
中山 阪神
2019/09/21 (土)
中山 阪神
2019/09/16 (月)
中山 阪神
2019/09/15 (日)
中山 阪神
2019/09/14 (土)
中山 阪神
2019/09/08 (日)
中山 阪神
2019/09/07 (土)
中山 阪神
2019/09/01 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/31 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/25 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/24 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/18 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/17 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/11 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/10 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/08/04 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/08/03 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/28 (日)
新潟 小倉 札幌
2019/07/27 (土)
新潟 小倉 札幌
2019/07/21 (日)
福島 中京 函館
2019/07/20 (土)
福島 中京 函館
2019/07/14 (日)
福島 中京 函館
2019/07/13 (土)
福島 中京 函館
2019/07/07 (日)
福島 中京 函館
2019/07/06 (土)
福島 中京 函館
2019/06/30 (日)
福島 中京 函館
2019/06/29 (土)
福島 中京 函館
2019/06/23 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/22 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/16 (日)
東京 阪神 函館
2019/06/15 (土)
東京 阪神 函館
2019/06/09 (日)
東京 阪神
2019/06/08 (土)
東京 阪神
2019/06/02 (日)
東京 阪神
2019/06/01 (土)
東京 阪神
2019/05/26 (日)
東京 京都
2019/05/25 (土)
東京 京都
2019/05/19 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/18 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/12 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/11 (土)
東京 京都 新潟
2019/05/05 (日)
東京 京都 新潟
2019/05/04 (土)
東京 京都 新潟
2019/04/29 (月)
京都 新潟
2019/04/28 (日)
東京 京都
2019/04/27 (土)
東京 新潟
2019/04/21 (日)
東京 京都 福島
2019/04/20 (土)
東京 京都 福島
2019/04/14 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/13 (土)
中山 阪神 福島
2019/04/07 (日)
中山 阪神 福島
2019/04/06 (土)
中山 阪神 福島
2019/03/31 (日)
中山 阪神
2019/03/30 (土)
中山 阪神
2019/03/24 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/23 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/17 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/16 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/10 (日)
中山 阪神 中京
2019/03/09 (土)
中山 阪神 中京
2019/03/03 (日)
中山 阪神 小倉
2019/03/02 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/24 (日)
中山 阪神 小倉
2019/02/23 (土)
中山 阪神 小倉
2019/02/17 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/16 (土)
東京 京都 小倉
2019/02/11 (月)
東京
2019/02/10 (日)
東京 京都 小倉
2019/02/09 (土)
京都 小倉
2019/02/03 (日)
東京 京都 中京
2019/02/02 (土)
東京 京都 中京
2019/01/27 (日)
東京 京都 中京
2019/01/26 (土)
東京 京都 中京
2019/01/20 (日)
中山 京都 中京
2019/01/19 (土)
中山 京都 中京
2019/01/14 (月)
中山 京都
2019/01/13 (日)
中山 京都
2019/01/12 (土)
中山 京都
2019/01/06 (日)
中山 京都
2019/01/05 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒を4からマイナス1秒6への変動、日曜はマイナス1秒6だった。
 土日ともに良馬場だったが、土曜はダートが前半稍重だったように、前半の方が湿って時計の掛かる状態。よって馬場差は変動だが、気温が低かった事もあって、一気に乾いた訳ではないので、変動幅は0秒2と小さい。そして日曜の馬場差は土曜の後半と同じだった。土曜の前半を含めて高速馬場に分類できる状態で、前残りが多かった。差し・差し決着と言えるのは、日曜の9Rぐらいだが、このレースにしても枠連が1-1。外を回っての差しは届きにくかった。なお、今年の12/28に1日だけ開催があって、5回中山はトータル9日間全てAコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がプラスマイナスゼロ。1200m対象の数値は土曜がマイナス1秒0から-0秒8への変動、日曜がマイナス0秒8だった。
 火曜日から木曜日にかけて降った雨の影響が残って、土曜の前半は稍重。そして10Rだけが良馬場だった。1800mは2Rから6Rまでなので、変動ではなく、1200mは1Rから10Rまで組まれていたので変動だが、乾くスピードが遅かったので、変動幅は小さい。日曜は1800mは土曜より速い時計が出るようになったが、仮に土曜の後半にダート1800mが組まれていれば、ソコと同じ馬場差だったはず。日曜の1200mの馬場差は土曜の後半、土曜10Rと同じ。土日ともに、後半のレースほど差し馬が好走しているが、これはもう前半と後半で馬場が異なるという事ではなくて、ダートの下級条件では差しが決まりにくいという事だと思う。


  タイム分析
 2019/11/30 (土)  芝=-1.4 → -1.6  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T2000 キングオブドラゴン 牡2 未勝利 2:02.1 -0.9 --- +0.5 -1.4 D C 7.92
5R T1200 ヤマニンプレシオサ 牝2 新馬 1:10.1 -0.1 --- +0.7 -0.8 D D 10.45
9R T2000 グランデマーレ 牡2 葉牡丹賞(1勝) 1:58.9 -3.2 --- -1.7 -1.5 A C 7.63
11R T3600 モンドインテロ 牡7 ステイヤG2 3:46.1 +1.3 -0.3 +3.9 -2.9 E D 7.40
12R T1200 タイセイアベニール 牡4 2勝クラス 1:07.8 -1.0 --- ±0 -1.0 C D 7.46
 2019/11/30 (土)  ダ=-0.2 / 1200m=-1.0 → -0.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 マイネルワルツ 牡2 未勝利 1:11.9 -1.0 --- ±0 -1.0 C D 7.92
2R D1800 ヒートライトニング 牝2 未勝利・牝 1:56.9 +0.9 --- +1.1 -0.2 E D 8.29
4R D1800 エコロタイガー 牡2 未勝利 1:56.9 +0.9 --- +1.1 -0.2 E D 9.25
6R D1800 シアトルテソーロ 牡2 新馬 1:55.8 -0.5 --- -0.3 -0.2 C C 7.93
7R D1200 メールデゾレ 牝3 1勝クラス 1:11.2 -0.7 --- +0.2 -0.9 C C 7.92
10R D1200 クインズラミントン 牡5 鹿島特別(2勝) 1:10.5 -0.8 --- ±0 -0.8 C C 8.91

中山2R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
中山4R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
中山6R 2歳新馬 注目
 2009年以降、中山ダート1800mの2歳新馬戦というのは、今年の9月までに47鞍行われていて、タイムランクはAが2、Bが6、Cが6、Dが11、Eが19、SLが3。レベルの低いレースが多いと言うよりも、デビュー戦の2歳馬にとっては過酷なコースなので、好タイムになりにくい。この舞台で好タイムで勝てる馬の能力は確かなモノで、Aランク・Bランクで勝った馬の次走は、芝の重賞に出た1頭を除いて全て3着以内。次走芝の重賞で11着となったワンダーロードもその次はダートの500万下で1着だった。で、このレースはCランクだが、完全タイム差はマイナス0秒3。
1着 シアトルテソーロ 勝ち馬注目
 あと0秒1速ければBランクで、勝ったシアトルテソーロは昇級しても期待できる。
2着 ベルウッドネイチャ 
 差し返されたとは言え、クビ差2着のベルウッドネイチャも次走は有力だと言える。
中山9R 葉牡丹賞 タイムA
 このレースの勝ちタイムは当開催2歳1勝クラスの基準タイムより3秒2速く、2000m対象の馬場差がマイナス1秒5だったことを踏まえても、 -3.2-(-1.5)=-1.7 で基準より1秒7も速い勝ちタイムだった。
 さて、このレースは完全タイム差が何とマイナス1秒7なので、9着までは完全タイム差がマイナスになる。ならば、ここの上位馬は次走は有力で、着順の悪い馬でも狙い目になるかと言うと、まぁそう単純には、事は運ばないという感じ。で、このレースの前後半の1000mずつのラップは59秒7-59秒2で、これは中山芝2000mで最も好タイムが出やすいタップのバランス。同じ舞台・同じ展開なら上位馬はもちろん有力だが、東京や阪神・京都外回りなどで、ペースが遅くなったら結果は変わってくると思う。ちなみに昨年の葉牡丹賞もAランクだったが、これの前後半が60秒1-59秒5と、今年と似たようなバランスのラップだった。その昨年、この番組で「ここの上位馬は東京で当てにならない」と言ったところ、2着のランフォザローゼスは青葉賞で2着に来たが、他の上位が東京で人気になって勝てていない。ということで、葉牡丹賞からは番組注目馬は、次走のコースがわからないので、出さないが、例えばここで負けていても京成杯辺りでは有力視できる。
1着 グランデマーレ 
 グランデマーレが勝って2戦2勝。グランデマーレは2番手で抜群の手応え。その割に直線で突き放せないが、溜めて行って追って伸びるというタイプではばくて、速い流れを先行して押し切るのが最も長所を活かせるパターンなのだと思う。
2着 エヴァーガーデン 
 そして2着のエヴァーガーデンは、これ見た目だけなら、タイムを別とした見た目だけなら先行流れ込みというヤツで、味のないレース内容だが、そういうレースでこそ持ち味が活きるタイプだろう。こういう後ろの馬が瞬発力を発揮しにくい速い流れの方が、恐らくこの馬も合う。
3着 ダーリントンホール 
 その後の3着が1番人気ダーリントンホールだった。3着のダーリントンホールは追い出した時の反応が鈍くて伸び切れなかったが、高速馬場で鋭く反応できる馬ではないという事は血統から大体想像がついた。速い時計が出る馬場のスローペースなどではかなり危ういタイプに見える。
中山11R ステイヤーズS タイムE
 基準より3秒9遅い勝ちタイムだった。タイムランクがE・メンバーランクはDだった。1周を回って来た辺りで体列が変わって、エイシンクリックが先頭に立って行く。1周目はレイホーロマンスが逃げていたが、2周目に入ったところでネイチャーレットが上がって行って先頭、さらに2周目1コーナーではエイシンクリックが先頭と、目まぐるしい展開になったが、終始2番手から3番手をキープしていたオジュウチョウサンが3コーナーからスパートして、直線に入ると先頭に立つ。ただこれはモンドインテロが早めに交わして行って1着。オジュウチョウサンを差し返したエイシンクリックが2番手に上がったが、最後にアルバートが追い込んで来て2着に届いた。
 その他の馬に関しても、今年のステイヤーズSはレベルが低かったという評価を当てはめれば良いと思う。
1着 モンドインテロ 
 モンドインテロが抜け出して重賞初制覇。モンドインテロはこのレースで過去3着が2回あって、7歳にしてようやく悲願の重賞勝ちとなったが、完全タイム差プラス3秒9という低レベルが勝因だと思う。
2着 アルバート 
 そして2015年から3連覇を果たしていたアルバートが2着。アルバートは3連覇した後に、出走取り消しとなった昨年を挟んで、今年は2着。まぁ流石ステイヤーズSの主という感じ。自身は確実にもう下り坂のようで、今年に限って言うとレベルが低かったから2着に来れたという事だと思う。
3着 エイシンクリック 
 そして3着のエイシンクリックは2周目1コーナーで先頭に立って、後続を離して逃げていてもペース自体は速くなかった。鞍上の好判断による好走だと思う。実はまだ2勝クラスに出走できる馬だが、自己条件に戻れば有力と言うという事はないと思う。
中山12R 3歳以上2勝クラス 注目
 7着だったスイートセントについて。
7着 スイートセント 
 まず、バテる馬が少なく、さらに内を狙う馬が多いという馬場状態なので、好位の内にいてゴールまで包まれっぱなしになってしまった。ほとんど追えないまま終わってしまう。スペースさえあれば、突き抜けていたかもしれない手応えだったので、次走もまた1200mだったとしても狙えない事はないが、1400mの方が合っているんだと思う。かと言ってスローペースで切れるというタイプでもないので、理想は1勝クラスを勝った時と同じ、東京1400mの道悪という事になるが、中京1400mは合うのではないかと想像する。

  馬券Summary
2勝クラスのタイムランク
 今年8月までに2勝クラスを勝って、次に3歳限定の重賞に出走した3歳馬は14頭いたが、1頭も3着以内に入れなかった。昨年は8月までに1000万下を勝って、次に3歳限定重賞に出走した3歳馬は7頭しかいなかったが、レイエンダがセントライト記念2着、ミッキーチャームが秋華賞2着、ユーキャンスマイルが菊花賞3着と3頭が3着以内に入った。この去年と今年の結果を受けて、今年から降級制度が廃止されたので、夏の2勝クラスのレベルが昨年までよりも低くなったからとするのは、正しい面もあるが正しくない面もあるという話。
 今年の夏に2勝クラスを勝って次走で重賞に出走した3歳馬14頭について、その2勝クラスを勝った時のタイムランクを見るとBが1、Cが4、Dが6、Eが2、SLが1だった。昨年の7頭について、その2勝クラスのタイムランクがどうだったかと言うと、Aが2、Bが3、Cが1、Eが1だった。そして次走重賞で3着以内に入った3頭中2頭はAランクの1000万下を勝っていて、もう1頭もBランクで勝っていた。つまり、2勝クラスの平均レベルが昨年までより下がった事は確かでも、次に重賞に出走した3歳馬の取捨を決める時には、その平均レベルには意味が無いという事。個別の馬の2勝クラスを勝った時のタイムランクが重要だという事。
 何と来年秋にならないと使えない話だが、秋の重賞に2勝クラスを勝ったばかりの3歳馬が出走して来た時は、今の2勝クラスはレベルが低いという理由で一律に切り捨てるのは危険。AランクやBランクで勝ってきた馬は少なくとも、検討の対象にすべきだという事。
解説者:大川浩史(日刊競馬)
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26-