2018年4回阪神8日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 最終週の阪神は台風の影響により、土曜・火曜の開催だった。芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロからプラス1秒0への変動、火曜がマイナス0秒6だった。さかのぼってこの開催の馬場差を確認しておくと、雨の影響を受ける事が多く、9日の内7日は1日の中で馬場差が変わる変動だった。そして先週土曜の3R以降は馬場差が初めてプラスゾーンになった。
 土曜の午前2時ごろから降り出した雨は、台風ではなくて秋雨前線の影響によるモノ。土曜は重発表で、9R時まで雨が降り続いた。馬場差は変動。2Rのプラスマイナスゼロから始まって、徐々に時計を要して行って、後半の雨が上がって間もない10Rと12Rは2000m換算の数値でプラス1秒0だった。脚質的な偏り、内・外の有利・不利は基本的にはない。そして日曜・月曜と阪神では開催がなくて、台風が通過した代替開催の火曜は気温も高くなった事で乾燥が進んで、朝から良馬場発表だった。ただ、土曜までの雨、その後の台風の影響でマイナス1秒台までには戻らなかった。なお、火曜の馬場差は終日対象。脚質面ではコースの中ほどから外の差し・追い込みが決まりやすくはなっていた。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒4からマイナス1秒9への変動、火曜はマイナス0秒4からマイナス0秒1への変動だった。さかのぼって9日間の馬場差を確認しておくと、ダートも雨の影響を受け、5日目以外は馬場差が変動だった。当然、脚抜きの良いコンディションになる事が多く、マイナス1秒台・2秒台が多くなった。
 土曜朝の含水率はゴール前が17.3%、4コーナーが17.6%。朝から水が浮いたコンディションのところに持ってきて、雨が降り続いた。馬場差はマイナス1秒4からさらに高速化していく変動で、後半の9R・11Rが最も速くて1800m換算の数値でマイナス1秒9だった。時計が速いからと言って、前の組一辺倒ではなくて、中団からの差し切りも2鞍あった。開催最終日となった火曜の代替競馬、浮いた水が引いて表面も白く乾いていた。ゴール前、4コーナーの含水率はともに11%台と、水分そのものは持ってはいるが、時計の出方は水準に近くなって行った。馬場差はマイナス0秒4からマイナス0秒1への変動。終日稍重発表でも、この開催の中では時計が掛かっている点には注意が必要。なお、上がりを要してきた事で、中団以降の組が5鞍中4勝、2着3回と前の組を圧倒していた。


  タイム分析
 2018/09/29 (土)  芝=±0 → +1.0  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1400 ドナウデルタ    牝2 未勝利・牝 1:23.2 ±0 --- ±0 ±0 C D 7.55
3R T1200 エイティーンガール    牝2 未勝利 1:10.9 +0.6 --- +0.5 +0.1 D D 10.50
5R T1800 ゴータイミング    牡2 新馬 1:50.9 +2.0 -0.7 +0.8 +0.5 D C 5.79
8R T2600 ドンアルゴス    牡3 500万下 2:42.6 +3.0 -0.7 +1.1 +1.2 SL C 5.83
10R T1200 メイショウカズヒメ    牝4 芦屋川特1000 1:09.8 +0.9 --- +0.3 +0.6 D C 7.93
12R T1400 ムーンチャイム    牝3 500万下 1:22.6 +0.6 --- -0.1 +0.7 C C 7.11
 2018/09/29 (土)  ダ=-1.4 → -1.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 レクスミノル    牡2 未勝利 1:54.0 -1.3 --- +0.1 -1.4 C D 5.17
4R D1400 メラナイト    牡3 未勝利 1:24.5 -1.2 --- ±0 -1.2 C C (3.00)
6R D1800 キンゲン    牡2 新馬 1:54.0 -1.6 --- +0.1 -1.7 C C 4.17
7R D1200 エッシャー    セ4 500万下 1:10.8 -1.5 --- -0.3 -1.2 B C 7.47
9R D1400 アールロッソ    牝2 ヤマボウ500 1:24.0 -1.6 --- -0.1 -1.5 C C 6.46
11R D2000 オメガパフューム    牡3 シリウスHG3 2:01.5 -2.3 --- -0.2 -2.1 C C 6.69

阪神1R 2歳未勝利 
1着 レクスミノル 通信簿
 1番人気1着だった。鞍上ルメールの進言もあって、1800mへ距離延長した。折り合いもついて楽勝だった。ランクは少し落とした格好だが、6馬身差ですから気にしなくて良いと思う。
阪神2R 2歳未勝利・牝 注目
1着 ドナウデルタ 
 1着のドナウデルタ、ロードカナロア産駒。そして母のドナウブルーは重賞2勝、ヴィクトリアマイル2着・マイルCS3着の実績があって、ジェンティルドンナの1歳上の全姉でもある。デビュー戦は2着には入っていたが、完全タイム差はプラス0秒9と平凡。目覚めていない印象もあった。今回は後方待機からルメール騎手が馬群を縫って上がって行って、4コーナーで外へ出して鮮やかに差し切った。2戦目でスイッチが入った印象があった。俊敏なフットワークも光るモノがあった。牝馬限定のオープン相手でも勝負になるのではないだろうか。
阪神5R 2歳新馬 注目
 ディープインパクト産駒が4頭、血統レベルが高い割に調教・厩舎コメントなど、途上を思わすモノが多く、メンバーランクはCだった。結果はスロー補正込みでEに近いDランクと低調だったが、上位2頭のディープインパクト産駒は素質の高さを感じさせる。
1着 ゴータイミング 
 1着ゴータイミング、武豊騎手が騎乗。中間のコース追いでは、中山7日目の芝2000m戦で新馬勝ちのウレキサイトに併せ馬で遅れていて、ここ2週の坂路調教で良化してきた。そんな経緯があった。全体にまだ子供っぽい感じもあったが、外を回って緩いペースを差し切ったのは素質だと思う。昇級即通用とまでは言えないが、いずれオープンでも…という感じ。長い目で見たい1頭。
2着 サトノルークス 
 あと2着のサトノルークス、タッチングスピーチの全弟で、セレクトセールの取引額がおよそ2億9000万円。調教ではまずまずの動きをしていた。中団から仕掛けての反応が少し鈍くて、直線は前が狭くなる場面もあった。ただ、外に出してから、特にゴール前は豪快に伸びていた。クビ差惜敗で、2戦目は大きく変わって来そうな感触がある。ランクが低いので、注目馬とするのは避けるが、勝つのに時間は掛からないと思う。
阪神7R 3歳上500万下 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。500万に降級後2走続けて3着だったエッシャーが、今回は逃げ切った。
1着 エッシャー 
 1着エッシャー、前走3着は内のスターカットダイヤが先手を取った段階で控えて2番手。我慢が効いてBランク相当で粘っていた。それでも勝つためには、これまでの2戦同様にハナに行ききる事だと思う。理想の形に持ち込んで、今回も最後までしぶとかった。1000万下に上がっても、行き切れれば面白いはず。
2着 ヌーディーカラー 
 2着のヌーディーカラー、内の4番手で脚を溜めて伸びて来た。休養明けの前走は逃げて4着だったが、1400mが長かった面もあり、距離短縮して追ってからの味が出た格好。次走も上位候補には挙げられる。
3着 エイスノート 
 3着エイスノート、2番手を先行。ラストで伸びを欠いたが、断然人気のメイショウラケーテは完封した。京都ダート1200mの未勝利勝ちがBランク。最後に坂のない京都で前進必至だと思う。
4着 メイショウラケーテ 
 その後にメイショウラケーテ、4着だった。4着のメイショウラケーテ、5戦連続の2着から今回は馬券の対象を外してしまった。初速が速い方ではありませんし、初めての1200mで前半に置かれ、巻き返して外外を回った事が敗因だと思う。その割には止まりすぎという気もするが、1400mに戻れば普通に巻き返して来ると思う。
阪神8R 3歳上500万下 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神11R シリウスS 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。コパノチャーリーが先手を取って4コーナー。前半1000m1分0秒4、後半が1分1秒1。ハイペース寄りの平均で、中団より後方に位置した組のワンツーだった。今、サンライズソアが先頭。2番手がヒラボクラターシュ、その外からオメガパフューム、その後内に切れ込んで来てのウェスタールンド、サンライズソアが1頭先行馬の中では粘っているが、ウェスタールンドが一旦内に入ってから、外に出してという事で、オメガパフュームに迫った。
1着 オメガパフューム 
 3歳馬オメガパフュームが勝って重賞初制覇。1着オメガパフューム、3歳馬が古馬相手のダート重賞を初制覇。この後白山大賞典でグリムが続く。後方寄りの位置取りはいつもの事だが、3コーナー過ぎから中を捌いて上がって行って、先に動いたグレイトパールの外から鋭く伸びきった。ラストで詰められたが、完勝で流れ的には強い競馬。前走のジャパンダートダービー2着もそうだが、距離が2000mに伸びてレース運びに余裕が出た。同世代でレパードS2着、ラジオ日本賞勝ちのヒラボクラターシュを1秒1差の4着に押さえてもいる。3歳馬ではルヴァンスレーヴに次ぐ存在と思って良いと思う。
2着 ウェスタールンド 
 オメガパフュームにクビ差に迫ったウェスタールンドが2着だった。2着のウェスタールンド、ダートに転じて2連勝。1700mから2000mに距離が伸びたが、問題なかった。シンガリ追走から最内と大胆な騎乗に、展開もハマった気がするが、このメンバー相手にいきなりの連対は能力の高さだと思う。今後も目が離せない。
3着 サンライズソア 
 3着サンライズソア、コパノチャーリーの2番手から。前が厳しい流れだけに強い競馬をしている。しかも57.5キロだった。GI出走へが課題だが、賞金加算、これに尽きると思う。
11着 グレイトパール 
 一方1番人気のグレイトパールは11着だった。11着グレイトパール、今年4月11ヶ月ぶりで勝ったアンタレスSはDランクだった。これが現状の状態とすると、前走の平安S5着も追い切りの動きが物足りなかった今回の結果も納得できる。かつてクリソライトをぶっちぎった、昨年の平安Sまでまだ体調が戻り切れていない、そんな気がする。
14着 ラインルーフ 
 あと14着のラインルーフ、昨年秋に不良のダートを2戦連続で使って、16着と15着。この直後に最下位人気になって、乾いたダートでいきなり勝った事がある。1にも2にも水の浮いたような馬場状態だと思う。良馬場で変わってくる。

  馬券Summary
2歳ダート中距離の有望株
 4回中山2歳戦のダート中距離で高レベルの鞍が複数あったので、簡単におさらいしておくことにする。
まず2日目4R1800mの新馬戦で2着に5馬身差をつけたガルヴィハーラ。父ゴールドアリュールの牡馬で、萩原厩舎所属。完全タイム差はマイナス0秒4、Bランクだった。
2歳ダート中距離の有望株
次に5日目1R、1800mの未勝利戦を7馬身差で圧勝したダイシンインディー。この馬も父ゴールドアリュールの牡馬で戸田厩舎所属。完全タイム差はマイナス1秒8、文句なしのAランク。
2歳ダート中距離の有望株
Aランク勝ちはもう1頭いた。6日目1Rの未勝利戦を7馬身差で楽勝したデルマルーヴル。父パイロの牡馬で、こちらも戸田厩舎所属。完全タイム差はマイナス0秒9だった。
2歳ダート中距離の有望株
この内デルマルーヴルはデビューが8/25に行われた札幌ダート1700mの新馬戦で0秒8差の4着だった。この鞍は勝ち時計が完全タイム差がマイナス0秒8。あと0秒1速ければAランクの好内容だった。ちなみに当時1秒4差の7着に沈んだオリオンパッチはダイシンインディーの勝った未勝利戦で2着していて、勝ち馬には離されたがBランク相当では走っていた。また、番組注目馬にも挙がっている。
2歳ダート中距離の有望株
こうなると、その札幌の新馬戦を3馬身差のBランクで楽勝したロークアルルージュにも触れておく必要がある。父クロフネの牡馬で手塚厩舎所属。544キロの大型馬だった。
 関西馬については、4回阪神から新馬戦で注目馬が出ていた。9/17の6Rダート1800m戦を7馬身差で圧勝したクリソベリル。これはゴールドアリュールの牡馬で、ダートGI馬クリソライトの全弟。
2歳ダート中距離の有望株
完全タイム差がマイナス0秒1でタイムランクはCだったが、直線はほとんど馬なりのまま。追っていれば高レベル入りしていたのは、想像に硬くない。音無厩舎所属。
 2歳ダート中距離戦線から有望株が続出している。どの馬も楽しみな存在だが、これらに見合う番組が少ないのが少し残念に感じる。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26