2018年2回阪神3日目

開催一覧
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒3だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、開幕週と比較して先週は速い時計の出るコンディションになった。
 雨の影響で若干の水分を含んでいた先々週にしても、発表は土日ともに良馬場で、時計の出方は速かった。先週は晴れの日が続いたのと、中山同様にBコース替わり。一気に高速化した。ただし、時計が速くなったからと言って、内一辺倒でも前残りでもない。外周りを中心に、脚力の違いが出やすい馬場。残り2週もBコースが使用される。高速馬場が続くのではないだろうか。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒1だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、今開催1週目までは全てマイナスの数値だったが、先週は春の阪神で初めてプラスの数値になった。
 雨が降らなかった影響から、砂が乾燥してパサパサに近い状態だった。それでも阪神は、中山より速いが、馬場差は前開催から初めてプラスとなった。時計を要してきたからと言って、差し・追い込みが決まりやすいという事はなくて、先週は前に行った組の方が優勢だった。


  タイム分析
 2018/03/31 (土)  芝=-1.3  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1800 シーリア    牝3 未勝利・牝 1:47.4 -1.0 -0.6 -0.4 -1.2 B C 6.65
4R T2000 アールスター    牡3 未勝利 2:01.3 -0.9 -0.7 -0.3 -1.3 C C 8.07
6R T2000 ティーブラッサム    牡4 500万下 1:59.5 -1.4 --- -0.1 -1.3 C D 6.50
9R T2400 スーパーフェザー    牡3 アザレア500 2:29.9 +2.2 -1.4 +2.4 -1.6 SL C 4.33
10R T1400 ダノンハイパワー    牡4 仲春特別1000 1:20.5 -1.0 --- -0.1 -0.9 C D 6.82
 2018/03/31 (土)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ダノンロイヤル    牡3 未勝利 1:54.1 -0.5 --- -0.6 +0.1 B D 7.17
2R D1200 ライリー    牡3 未勝利 1:13.7 +0.4 --- +0.3 +0.1 D D 9.53
5R D1800 ハーベストムーン    牡3 500万下 1:53.7 ±0 --- -0.1 +0.1 C D 6.80
7R D1200 ワンダーバイファル    牡7 500万下 1:12.6 +0.3 --- +0.2 +0.1 C D 8.93
11R D1400 モーニン    牡6 コーラルH 1:23.4 +0.4 --- +0.3 +0.1 D C 8.50
12R D1800 キクノルア    牡4 1000万下 1:52.4 +0.1 --- ±0 +0.1 C C 7.29

阪神1R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。ビップヴァリアントが先手を取ったが、2番手にいたダノンロイヤルが並んで行って、直線では先頭に立って行った。その直後にいたクルスデルスールが2番手に上がって来たが、ダノンロイヤルが3馬身の差をつけて1着。その後クルスデルスールに迫った、ヒダルマ、こちらが3着入線となった。
1着 ダノンロイヤル 
 ダノンロイヤルがデビュー2走目で変わり身を示した。1着ダノンロイヤル、昨秋の新馬戦7着以来の2戦目。調教本数の割に仕上がっていた。母が全日本2歳優駿など、交流重賞3勝のグレイスティアラ。これまでの兄弟馬もダートで活躍していて、今のダートの未勝利では素質上位だった。昇級しても相手次第では通用する。
2着 クルスデルスール 
 2着のクルスデルスール。3馬身離されてCランク相当。前走の新馬戦2着もギリギリCランクだった。10キロ増の528キロが少し重く映る。これが直線でもたついて見えた要因ではないだろうか。
3着 ヒダルマ 
 3着のヒダルマ。減量騎手器用で、前走から負担重量が3キロ軽くなった事も大きかったと思う。この時計で走れたのは収穫だが、まだアテにはできないと思う。
阪神3R 3歳未勝利・牝 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。最内枠からゴルトキルシェが先手を取ったが、シーリアが早めに交わして先頭に立つ。その後エリンズロマーネが2番手に上がるが、外からルナステラが交わす。しかし、シーリアがクビ差で追撃を凌いで1着。3着争いではスマートアエロがエリンズロマーネを交わして先着している。
 3着以下は2着馬に3馬身半差以上離された。3月17日の限定戦で2着のクリノアリエル・3着のエリンズロマーネ・4着エルカラファテはそれぞれ8着・4着・5着に敗れたが、当時のタイムランクがDだったので、今回は時計が速すぎた、それが影響していると思う。
1着 シーリア 
 3ヶ月近く間隔の開いたシーリアが押し切った。1着シーリア、父キングカメハメハ・母シーザリオで、エピファネイアの半妹、リオンディーズの全妹に当たる。素質に中身が追いつかない印象を4戦目にして払拭してきた。直線の走る仕草など、まだ子供な面も感じる。その分伸びしろは大きいはず。現状でも限定戦の500万下では上位候補。
2着 ルナステラ 番組注目馬
 2着ルナステラは3着以下に3馬身半以上の差をつけた。2着ルナステラの上がり600m推定は最速だった。同タイムで完全タイム差はマイナス0秒4。スローペースの好位直後から大外を回って、クビ差まで肉薄して来た。新馬戦2着後、2戦目は重馬場で惨敗したが、馬場が良ければ切れる脚を使える。父がディープインパクトで、スワーヴリチャードの半妹に当たる。極端に馬場が悪くならなければ、次走は首位候補。8キロ減の馬体も維持できれば、大丈夫だと思う。
阪神4R 3歳未勝利 注目
 タイムランクはあと0秒1速ければBランクだった。
1着 アールスター 
 1着アールスター、好位のインで脚を溜めて一旦先頭のロードザナドゥの内から鮮やかに抜け出して来た。高レベル対象は2馬身半完勝の勝ち馬のみ。父がロードカナロアだが、前走2200mの2着に続いて中距離が向いている模様。これは母の父がサッカーボーイ、祖母の父にステイヤーのニゾンが入っているからと。そんな気がする。この弾け方ですから、500万下でも相手関係一つで通用して良いだろう。
2着 アイスストーム 
 勝ち馬から2馬身半離れた2着がアイスストームだった。その2着アイスストーム、前走はオールフォーラヴが勝った新馬戦で7着だった。当時の2着アロハリリー、3着グレートウォリアー、4着トーセンアイトーンがその後勝ち上がっていて、このレースのレベルが高かったという事だと思う。普通の未勝利クラスのレベルなら好勝負必至だろう。
3着 スワーヴアラミス 
 3着スワーヴアラミス、4着メイショウキョウジ、これら2頭では体質が弱くて、今回がデビュー戦だったメイショウキョウジに注目したい。
4着 メイショウキョウジ 
 3着スワーヴアラミス、4着メイショウキョウジ、これら2頭では体質が弱くて、今回がデビュー戦だったメイショウキョウジに注目したい。上がり推定は最速だった。ダイヤモンドS3着など、長距離で活躍したメイショウカドマツの全弟に当たる。
5着 ロードザナドゥ 
 番組注目馬、ロードザナドゥは5着だった。その5着ロードザナドゥ、4コーナー大外を回ったにせよ、一旦抜け出してゴール前で失速したのは距離の壁なんだと思う。勝ち馬と同じロードカナロア産駒だが、母のシンメイフジは関東オークスを勝ってはいるが、これはレベルの問題が大。芝は1200mで新馬勝ちして1600mの新潟2歳Sを制覇。本質的にはマイラーで、これにロードカナロアの配合では、2000mは厳しかったと思う。18000m以下に短縮して巻き返して来るだろう。
阪神9R アザレア賞 タイムSL
 前半・中盤が遅く補正しきれずスローの扱いとする。
阪神10R 仲春特別 注目
 8着だったジョーマイク。
8着 ジョーマイク 
 今回一息後だったが、調教で動いていて仕上がっていた。1400mで前半600m33秒6のハイペース。中団・後方で位置も悪くはありませんでしたし、直線内を突いて伸びて来ていた。ただ、ラストでファミーユボヌールの内を狙って詰まる。最後まで追う事ができないまま、外の馬に飲み込まれてしまった。次走の巻き返しに注目。実績は阪神だが、東京や京都でも差のない4着があるので、評価は下がらない。
阪神11R コーラルS 
7着 コウエイエンブレム 解説危険
 オープン入りして2勝、2着5回3着1回。11戦中10戦が1番人気という馬。今回は2番人気だった。確かにここ2戦は、ハイペースでという事で展開が厳しかったが、それでも以前のこの馬なら我慢できる範囲内だった。前の馬を抜こうとしないズルさが出てきての2着が続いていたが、それがここに来て後ろの馬にもアッサリと交わされている。まぁ、掲示板を外したのでこれで休養という可能性もあるが、出てくれば現状人気ほど信頼はできないと思う。
阪神12R 4歳上1000万下 注目
 勝ったキクノルアは番組注目馬だった。
1着 キクノルア 
 休養を挟んで、これで6戦連続の連対中。前走Bランク相当の2着で、スタートから出して行った事で今回反応が良くなって、今回もハナを切って後続に3馬身半差の楽勝だった。タイムランクはCですから、相手に恵まれたのは確かですし、離していながらも浜中騎手は結構追っていて、直線ステッキも入れているが、それを踏まえてもタイプ的に相手なりに走るのは容易に想像できる。後手に回っても差す脚がありますし、このタイプですから堅実ですから、1600万下でも通用するのではないだろうか。

  馬券Summary
JRA再転入馬の狙い方
 前開催の2回中山ではJRAで未勝利のまま、地方に移籍して特定の勝ち鞍、規定では2歳馬と3歳馬は2勝、4歳以上は3勝というのがあるが、これを挙げてJRAに復帰する所謂再転入馬が500万下で4勝挙げていた。今回はこれらを検証するとともに、こういった馬を狙えるコツを探ってみたいと考える。
 6日目8Rのダート1800m戦を快勝した、エンパイアステートは転入2戦目だった。調教の動きが良くて、初戦の東京戦は2番人気だったが、不良馬場の高速決着という事で、タイムランクBの一戦。これに戸惑って11着だった。これまでと勝手が違ったという事。しかし、中山での次走はパワーを要する条件に替わって一変した。地方に転出する前は、2着3回3着1回。500万下なら通用する存在だった。
 次に7日目7Rのダート2400mを差し切ったワンダーラジャ。転入初戦の小倉戦で2着。当時が自身Cランクだった。今回はEランクという事だったので、相手に恵まれての順当勝ちだが、それでも3番人気。馬券の旨みはあった。この馬も地方転出前はデビュー7戦目以降2着4回3着4回と8走続けて馬券の対象になっていた馬。十分500万で通用する能力を秘めていた。
 同じ7日目12Rのダート1200m戦は転入初戦と2戦目の馬が2頭ずついた。中でも転入初戦のケンユキノオーは、4番人気で単勝オッズが9.8倍。そこそこ売れていたが、結果は6着に終わった。一方転入2戦目で逃げ切ったのはマッジョネラ。地方転出前に中山ダート1200mのスーパー未勝利を自身Cランク相当で2着していた。この時ケンユキノオーは4着と、ケンユキノオーにはマッジョネラは先着していた。しかし今回は、マッジョネラは13番人気。単勝79.9倍とケンユキノオーと比較すれば妙味大だったと思う。転入初戦の東京1400m戦は14着だったが、実績のある条件、中山ダート1200mに替わって激変は可能だったと思う。
 4頭目は芝のレースから、8日目8Rの芝2000mを完勝したのは転入初戦のスパイラルダイブ。ルメール騎手とあって、2番人気だったが、以前JRAに在籍した期間を見ると、新馬戦のハナ差2着を含めて5戦中2着が3回。これも現状の500万下なら能力上位の存在だった。

 転入馬を狙うには、まず中央未勝利時代の成績を調べる事。通用する裏付けがあったら、転入初戦で負けても1・2回は追ってみるという事が良いと思う。調教で動いているなど、買われる要素が加わればさらに良いと思う。この時期まで来ると500万下は全体的に層が薄くなって、ローカル開催もあって、有力馬が分散しやすい。転入馬の活躍する余地は拡大していると思う。ちなみに3/25の中京6R、ダート1400mの4歳上500万下では転入初戦のシャープシューターが1着。この馬についても、当てはまる。以前のJRA在籍時は、4走全て馬券圏内に入っていた。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26