2018年5回阪神1日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともにマイナス1秒8だった。
 9月の開催は完全な良馬場がほとんどなかったが、雨がほとんど降らなかった先週は完全な良馬場で、9月よりも速い時計が出た。そして先週は、逃げ・先行馬の好走が目立つが、これは馬場の影響ではなくて、メンバーやレース展開によるものだと思う。この開催は前半6日がAコース、そして後半3日間はBコースが使用されるが、ずっと良馬場だった昨年は、最も速かった日がマイナス1秒4、最も掛かった日がマイナス0秒9で、あまり変化しなかった。今年も雨の影響を直接受けなければ、馬場差は大きくは変化しないはずで、するとずっとマイナス1秒以上になる可能性がかなりある。
 先週の馬場差1800m対象の数値は、土日ともにマイナス0秒9だった。
 雨はほとんど降らず乾いた状態だったが、馬場差はマイナス0秒9で速いタイムが出た。ただ、昨年も1週目は良馬場で馬場差マイナス0秒9だったが、その後は気温が下がるにつれて、良馬場でも時計が掛かるようになって行った。今年もそうなる確率は高いと思う。で、先週の勝ち馬の多くは先行馬だったが、東京以外のダートというのはこれが普通で、特に先行有利だった訳でもない。


  タイム分析
 2018/12/01 (土)  芝=-1.8  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1400 ミッキースピリット    牡2 未勝利 1:20.8 -2.3 --- -1.0 -1.3 A C 7.21
5R T1600 キュールエミヤビ    牝2 新馬 1:36.6 +0.5 -0.7 +1.2 -1.4 SL C 9.38
7R T1800 ハギノアップロード    牡2 未勝利 1:48.4 -0.1 -0.8 +0.7 -1.6 D C 4.56
9R T2000 ミスディレクション    セ4 再度山特1000 1:58.7 -1.5 -0.6 -0.3 -1.8 C C 5.90
11R T2000 エアウィンザー    牡4 チャレンG3 1:58.3 -0.5 --- +1.3 -1.8 E C 7.00
 2018/12/01 (土)  ダ=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 オーヴェルニュ    牡2 未勝利 1:13.0 -0.4 --- +0.2 -0.6 C D 6.11
2R D1400 ダイメイコスモス    牡2 未勝利 1:26.7 +0.4 --- +1.1 -0.7 E D 8.18
3R D1800 シールドヴォルト    牡2 未勝利 1:55.5 +0.5 --- +1.4 -0.9 E D 7.80
6R D1400 フォレブルート    牝2 新馬・牝 1:25.2 -1.3 --- -0.6 -0.7 B D 7.27
8R D2000 エイシンレーザー    牡3 500万下 2:06.3 -0.2 --- +0.8 -1.0 D C 9.20
10R D1400 ホウショウナウ    牡3 御影S1600 1:23.5 ±0 --- +0.7 -0.7 D C 6.22
12R D1400 アディラート    牡4 1000万下 1:22.8 -1.4 --- -0.7 -0.7 B D 8.45

阪神2R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
阪神3R 2歳未勝利 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。
阪神4R 2歳未勝利 タイムA
 基準より1秒0速い勝ちタイムだった。ミッキースピリットが4走目でレコードをマークして初勝利を挙げた。
1着 ミッキースピリット 
 勝ったミッキースピリットは、デビュー戦の直線で内ラチに突っ込みそうになったり、ハミを取らず促されっぱなしだったりで、まともに走ったことがなかったが、今回はスムーズなレースができて、レコード勝ちした。とは言え、直線では外へ行ったり内に切れ込んで来たりとふらふらしていて、そのためにジョッキーが何度かムチを持ち替えているが、それだけフラフラしながらこのタイムで勝つんですから、能力は高い。ただ、危なさも依然として残っているので、能力は上のクラスでも通用するが、次走実際に好結果が出るのかどうかわからないということになる。
2着 エクレアスピード 番組注目馬
 そして勝ち馬と同タイム、クビ差で1番人気のエクレアスピードが2着。3着には2番人気グッドレイズという事になった。2着のエクレアスピードは実は今回が初めての良馬場だったが、高速馬場にも対応できた。これは例えば外回り1600mなので上がりが速いと厳しそうなタイプだが、次走も1400mでしょうし、それならば好走確率は高いと思う。
3着 グッドレイズ 
 そして勝ち馬と同タイム、クビ差で1番人気のエクレアスピードが2着。3着には2番人気グッドレイズという事になった。3着のグッドレイズは芝1400mに使うようになって、安定した。無理せず先行できて、レース内容にも安定感があり、次走も上位候補となる。
阪神5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
阪神6R 2歳新馬・牝 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。フォレブルートが7馬身差をつけて逃げ切った。
1着 フォレブルート 
 フォレブルートが圧勝する。で、差が開いてからも結構しっかり追っていたので、タイム短縮は余裕で可能とは言えないが、優秀なタイム。ダート1400mの500万なら上位可能だろう。で、芝はどうかとか、距離がどうかとかというのがポイントになりそうだが、お姉さん、全姉のリーズン、これが芝1400mの新馬戦9着の後に、ダート1400mで2着だった。それを踏まえてのダートでのデビューだったはずで、芝向きだとは思わない。距離は1600mなら大丈夫そうだが、それ以上はどうかなと思う。
2着 ペイシャクレア 
 そして2着のペイシャクレアはスタートが速くありませんでしたし、スタートダッシュも鈍かった。直線で伸びてはいるが、勝ち馬を追いかけた先行馬が失速したために、2着に上がったと。そういう面もある。自身の完全タイム差はプラスなので、次走有力とまでは言えない。
阪神11R チャレンジカップ タイムE
 タイムランクはE・メンバーランクはCだった。マルターズアポジーが最内枠から今回も先手を取った。1000m通過59秒7というのは、マルターズアポジーの逃げとしては遅めで、それでいて後ろはポツン・ポツンという体列ですから、3番手以降はかなり遅かった。エアウィンザーは4番手から早めに動き出したが、それでもゴールまで勢いが衰えず快勝した。内で少し追い出しを待たされたマウントゴールドは、進路ができてからはしっかり伸びて2着。中団以降の差し馬には展開が向かなかったが、最後に鋭く伸びたステイフーリッシュが3着に入った。
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
1着 エアウィンザー 
 エアウィンザーが勝ってこれで4連勝となった。エアウィンザーは悪い頃は良い脚が長続きしなかったが、トモがしっかりして最後まで失速しなくなった。4歳秋らしい充実を見せている。今回のタイムランクEランクだが、レースラップからはペース補正が入らないというだけで、自身のラップは前半がかなりスローなので、タイムランク以上の評価ができる。これからも中距離では期待できそう。
2着 マウントゴールド 
 2着にはマウントゴールド、3着争いでは外のステイフーリッシュが内のダンビュライトに先着している。2着のマウントゴールドは、直線で少し追い出しを待たされたが、その後はしっかり伸びた。前走は東京で逃げ切っているが、小回りコースで先行するとより安定感がある。
3着 ステイフーリッシュ 
 2着にはマウントゴールド、3着争いでは外のステイフーリッシュが内のダンビュライトに先着している。3着のステイフーリッシュは前有利の展開でもしっかり伸びて来たが、この馬は京都新聞杯のような消耗戦だとより良さが出ると思う。
4着 ダンビュライト 
 そして4着のダンビュライトは内から鋭く伸びて来たが、ちょっとびっくりした。本来は先行してこその馬だと思う。
6着 レイエンダ 
 そして1番人気のレイエンダは6着だった。まぁ展開が向かなかったこともあるが、間隔が空いた影響なのかどうかは定かではないが、前半から行きっぷりが良くなかった。
阪神12R 3歳上1000万下 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。アディラートが降級4走目で勝ち上がった。
1着 アディラート 勝ち馬注目
 アディラートは砂をかぶって嫌がったり、他馬を気にしたりで不安定な成績だったが、ブリンカー着用しているときに先行できると好走確率が高い。スタート直後の芝の部分でダッシュががつかないことも多いが、今回は芝を長く走らない内枠だったにしても、ダッシュ良く先行できて、手応え抜群。大きな差はつけられなかったが、楽勝に近かった。1600万下でEランクだったとは言え、2着がすでにあって、昇級しても上位候補となる。
2着 フィールシュパース 
 2着はフィールシュパースだが、前走の14着からの一変だった。この2着フィールシュパースはずっーと1600m以上を走っていたが、1800mから1400mに短縮して一変した。400m短縮して位置取りが前になって好走したというのは収穫で、この条件が合っているということ。次走もダート1400mなら上位候補。
3着 メイショウサチシオ 
 3着のメイショウサチシオは直線で手前を変えなかった。なぜそうなったのかは不明だが、手前を変えないまま3着なので、やはり力はある。

  馬券Summary
東京ダート1600mと中山ダート1800m
 秋に東京が2開催連続で行われて、冬は中山が先週から連続2開催行われるが、12月の中山には当然のことながら、前走が秋の東京だった馬が多く出走して来る。まぁコース替わりでどうなのかという判断が必要になる場面が多くなるが、近い条件なのに全く性質が違うコースの代表例として、東京ダート1600mと中山ダート1800mを取り上げる。具体的には東京ダート1600mで好走した馬が中山ダート1800mでどうなるんだろうかという事。
東京ダート1600mと中山ダート1800m
 この表、わかりにくいかもしれないが、前走が東京ダート1600mのタイムランクがAランク・Bランクだった馬が、中山ダート1800mに出走してきた時の成績。集計期間は2013年の頭から今年の4回中山まで。パッと目に付くのが前走2着馬の成績があまり良くないことで、東京ダート1600mを好タイムレースで2着に来た馬が、次走が中山ダート1800mだと連対率50%を切ってしまう。その前走2着馬の詳細を見てみると、東京ダート1600mで差して好走していた馬が、中山ダート1800mに出て来ると危なっかしいということが分かると思います。東京ダート1600mはJRAのダートのコースでは、最も差しが決まるコースなので、あそこで差して好走していても、先行寄りの中山ダート1800mでは信頼度が低いというのは、まぁデータを持ってくるまでもなくわかるが、データにもハッキリ出ているということ。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26