2018年3回中京3日目

開催一覧
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラス0秒5だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、開幕週がマイナス2秒0、マイナス1秒9だったのに対し先週はプラスゾーンになった。
 先週は雨の影響を強く受けて土曜時点で開幕週と比べて2秒以上時計が掛かっていた。さらに夜の雨で日曜はさらに時計が掛かった。連対馬の脚質については、好位勢が多めだったが、前に行った馬控えた馬ともに不振だった訳ではない。今週からの後半2週はBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス2秒9、日曜がマイナス3秒2だった。ここまで4日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で、開幕週が土日ともにマイナス1秒3、先週はマイナス3秒前後の数値となった。
 良馬場の開幕週でもマイナス1秒3だったが、先週は雨の影響でかなり脚抜きが良くなり、超のつく高速馬場となった。土曜マイナス2秒9、土曜夜の雨で日曜は一層速い時計の出る馬場になった。連対馬の位置取りについては、目立った偏りはなかった。


  タイム分析
 2018/07/07 (土)  芝=+0.2  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 セプタリアン    牡2 未勝利 1:09.3 -0.8 --- -0.9 +0.1 A C 8.75
4R T1600 チカアレグレ    牝3 未勝利・牝 1:35.7 +0.1 --- -0.1 +0.2 C D 8.67
5R T1400 アヴァンティスト    牡2 新馬 1:23.6 +0.5 --- +0.4 +0.1 D C 5.43
7R T2000 ショウナンバーチ    牝3 未勝利 2:02.6 +0.6 --- +0.4 +0.2 D C 8.23
8R T1600 ディメンシオン    牝4 500万下・牝 1:34.4 -0.4 --- -0.6 +0.2 B C 6.50
9R T2000 メルヴィンカズマ    牡4 茶臼山高500 2:01.7 +0.7 --- +0.5 +0.2 D C 6.50
11R T1400 エイシンティンクル    牝5 豊明S1600 1:20.8 +0.3 --- +0.2 +0.1 C C 7.58
 2018/07/07 (土)  ダ=-2.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1800 ブンゴ    牡3 未勝利 1:52.3 -2.5 --- +0.4 -2.9 D C 7.18
3R D1200 ニホンピロマドン    牡3 未勝利 1:11.8 -1.5 --- +0.4 -1.9 D C 6.85
6R D1400 タガノカルラ    牡2 新馬 1:24.7 -2.2 --- +0.1 -2.3 C C 7.71
10R D1800 プロスパラスデイズ    牡3 濃尾特別1000 1:49.7 -3.1 --- -0.2 -2.9 C C 5.22
12R D1200 ペルペトゥオ    牝3 500万下 1:10.3 -2.2 --- -0.3 -2.5 B C 7.11

中京1R 2歳未勝利 タイムA
 基準より0秒9速い勝ちタイムだった。番組注目馬のセプタリアンが2走目で順当に勝ち上がった。
1着 セプタリアン 
 セプタリアン、平均ペースに持ち込んで逃げ切った。直線残り100mからはもう持ったまま。このメンバーではちょっと力が違いすぎた。セプタリアンは新馬戦でジャカランダシティの2着。中団から直線鋭い脚を見せたが、1馬身1/4届かなかった。良馬場発表だが、雨が降っていて切れ味に影響した感があった。今回のように逃げたら安心だが、将来的には切れ味勝負にも十分対応できるだろう。半姉は現3歳でクイーンCを勝ったテトラドラクマ。活力のある牝系で、今後にも期待できそう。
2着 アドマイヤデルタ 
 2着アドマイヤデルタは必至に追ったが、離される一方だった。今回は相手が強かった。しかし、厳しい展開でも3着以下の馬たちには抜かせませんでしたし、相手次第では勝ち上がる可能性もあるだろう。
中京3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
中京8R 3歳上500万下・牝 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。ディメンシオンが降級戦を制した。馬場を考えると前半から速めのペースだった。引っ張ったスターリーステージと2番手ルナステラがよく粘ったが、外からディメンシオンがもう1頭だけ上がり600m35秒台の脚を見せて差し切った。
1着 ディメンシオン 
 ディメンシオンは今回が降級戦で、これが3勝目と。前走は1000万下の牝馬限定戦で2着していますし、500万下の牝馬限定戦では格上と言って良かった。重馬場でも新潟のマイル戦で、このクラスを勝っており重馬場を苦にしないのも良かっただろう。続けて使えないのが少し気になるが、順調なら上のクラスでもすぐに通用するのではないだろうか。
2着 ルナステラ 
 2着ルナステラは大阪杯を勝ったスワーヴリチャードの半妹。先ほど触れた阿武隈S2着のエマノンの半妹でもある。未勝利勝ちから2ヶ月ちょっと間隔を開けてすぐに2着するあたり、このクラスにいる馬ではない。次走は十分期待できるだろう。
3着 スターリーステージ 
 3着スターリーステージの逃げ脚も目立った。フローラルウォーク賞3着馬で、このクラスはいつでも卒業できると思う。4着以下突き放したように、このレースの上位3頭は覚えておいて損はない。
8着 ファミーユボヌール 通信簿
 2番人気8着だった。道悪を苦にしたとは言え、スッと切れる脚が使えず、決め手に欠けるのは確か。読み通りの結果だった。
中京12R 3歳上500万下 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。1番人気のペルペトゥオが休み明け2戦目で勝ち上がった。
1着 ペルペトゥオ 勝ち馬注目
 ペルペトゥオが鮮やかに逃げ切った。スタートはそれほど速くなかったが、二の脚が抜群であんまり無理せず先手を取れたのが良かった。ハナを切ったら終始マイペース。2番手以降に競馬はさせなかった。ペルペトゥオはこれで5戦2勝、3着を外したのは4ヶ月半ぶりの前走で5着だっただけで、堅実な先行力が身上。外国産馬だが、父Pioneerof the NileはサンタアニタダービーなどGI2勝。ケンタッキーダービー2着。種牡馬としては米国三冠馬アメリカンファラオを出した事で知られている。日本では函館2歳Sのレヴァンテライオンを出している。順調に行けば上のクラスもすぐに勝ち上がるでしょうし、いずれはダートのオープンまで行くだけの潜在能力はあると思う。
2着 カズマペッピーノ 番組注目馬
 その後の2着が2番人気のカズマペッピーノだった。2着のカズマペッピーノ、降級戦。前走の1000万下では12着と力を発揮できなかったが、このクラスでは上の能力を示した。次走は十分期待できそう。
3着 クリノサンレオ 
 3着クリノサンレオはこのクラスの安定勢力で、ここも自分の力だけは走った。次走以降も勝つまでは難しくても、入着の期待はできるだろう。

  馬券Summary
2歳未勝利戦・芝短距離の研究
 これからクラスが多くなるのが2歳未勝利戦だが、中でも夏馬に多い芝1200m以下のレースに絞って、夏場の2歳未勝利戦で狙える条件を考えてみた。昨年のデータから導いた条件がこちら。
2歳未勝利戦・芝短距離の研究
データは昨年6月から8月の2歳未勝利戦だが、まず前走4コーナー先頭。これが9勝2着3回3着2回。単勝回収率110%。
それから2番目、3強種牡馬だが、ヨハネスブルグが実は最多の4勝だが、回収率が低い。出走回数が多くて。2勝していて回収率も高いのがキンシャサノキセキ・ダイワメジャー・ワークフォース。
それから3番目が前走5着。実は前走2着が最も成績が良いのは当然だが、回収率が低い。前走2着の次に連対率が良いのが前走5着馬で、連対率37.9%。単勝回収率164%。これは狙いたいですね。
それから4番目が中2週か3週。中2週は単勝回収率106%、中3週は複勝回収率が136%と最も高くなっている。是非狙ってみてください。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26