2018年3回中山6日目

開催一覧
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒8だった。まずはさかのぼって、8日間の馬場差を確認しておくと、この開催1週目までは水準レベルで推移していたが、2週目からは時計が出やすくなった。ただ、先週は先々週と比べて、水準方向に動いた。
 金曜夕方から雨が降ったが、2ミリ程度に収まった。ただ、土曜の表面は多少しっとりしていて、日曜も朝露が降りた関係から、土曜・日曜ともにパンパンの良馬場までは行かない。そのために、Bコース替わりで高速化した先々週よりも時計が掛かり、内が若干荒れてきたせいもある。また、ダートほどではないが、芝も風の影響を受けていた。距離やペースによっては、内の逃げ・先行馬も残ってはいたが、中から外を回った差し馬が全体的には優勢だった。皐月賞の行われる最終週もBコース。時計はマイナス1秒台の方向に戻るかもしれないが、外差しの傾向は進行するように思う。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒7、日曜がプラス0秒5。1200m対象の数値は土曜がプラス0秒3からプラス0秒5への変動、日曜がプラス0秒1だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認すると、週によって時計の出方は異なり、マイナスの数値はこの開催1週目だけだった。
 雨の影響から速くなる事も考えられたが、中は乾いていて、馬場コンディション自体は先々週と同じ。ただ、土曜は朝から向正面で強い向かい風が吹いていて、昼前から強さを増して行った。特に前半が強い向かい風となる1200mは1Rと3R以降で時計の出方が異なり、変動。中・長距離も影響があり、時計が掛かっていた。日曜日は風も収まって、表面も乾燥して先々週の良馬場時とほぼ同じ数値に戻っている。


  タイム分析
 2018/04/08 (日)  芝=-0.8  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T2000 クイーングラス    牝3 未勝利・牝 2:02.5 -0.4 -0.3 +0.1 -0.8 C C 7.56
5R T1600 シセイヒテン    牡3 未勝利 1:35.7 -0.2 -0.2 +0.2 -0.6 C C 8.13
9R T1800 クリッパー    牝3 デイジー500 1:49.6 +0.7 -0.7 +0.7 -0.7 D D 9.25
10R T1600 ベストリゾート    牡4 隅田川H1000 1:35.0 +0.7 -0.3 +1.0 -0.6 E D 7.75
11R T1200 ペイシャフェリシタ    牝5 春雷SH 1:07.4 -0.7 --- -0.2 -0.5 C C 9.29
 2018/04/08 (日)  ダ=+0.5 / 1200m=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 セグレートシチー    牡3 未勝利 1:13.0 +0.1 --- ±0 +0.1 C D 8.00
2R D1800 オワゾードール    牡3 未勝利 1:58.1 +2.4 --- +1.9 +0.5 E E 8.71
3R D1200 ホウオウジャッジ    牡3 未勝利 1:13.2 +0.3 --- +0.2 +0.1 C D 8.15
6R D1800 マイネルサリューエ    牡3 500万下 1:55.0 +0.3 --- -0.2 +0.5 C C 7.36
7R D1200 レアドロップ    牝5 500万下・牝 1:12.0 +0.1 --- ±0 +0.1 C D 6.55
8R D1800 マイネルストラトス    牡4 500万下 1:55.5 +1.5 --- +1.0 +0.5 E D 5.78
12R D1200 ビービーサレンダー    牡5 1000万下 1:11.3 ±0 --- -0.1 +0.1 C C 8.64

中山2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒9遅い勝ちタイムだった。
中山3R 3歳未勝利 注目
 初出走馬同士のワンツーだった。素質が上だったという事だが、未勝利に残っている馬のレベルが低下しつつある証明でもあると思う。この傾向は今後も続くと思われる。
1着 ホウオウジャッジ 
 1着ホウオウジャッジ、2番人気だった。ダート5勝のシンキングマシーン、同じくダート5勝のビスカリアの半弟で、父がマンハッタンカフェ。走る血統でもあったが、馬群の中で揉まれながらも内を突いて直線抜け出して来た。時計はCランクなので、昇級してすぐにとは言えないが、前で押し切った勝ち方ではないので、数戦の内には通用してきそうな馬。
2着 クレバージェット 番組注目馬
 2着のクレバージェット、父がハードスパン。ダートでは初戦駆けの定評のある血統。好馬体が印象的だったが、パドックでは馬っけを出して、スタートでも出遅れた。これを克服して外をマクって、勝ち馬にアタマ差まで迫ってきた。経験を積めば、時計はいくらでも詰まりそう。次走は首位候補。
中山4R 3歳未勝利・牝 注目
1着 クイーングラス 勝ち馬注目
 1着のクイーングラス、今回がデビュー戦だった。そこで単勝2.9倍の1番人気になった。1週間前の坂路調教で49秒7。破格の時計を叩き出していた。大外枠から徐々に順位を押し上げて行って、4コーナー手前で上がって来る時の手応えが抜群だった。また、直線で抜け出す脚も速かった。ルーラーシップの牝馬、いかにも長めの距離が合いそうな好馬体で、器がかなり大きいと思う。500万下に入っても上位評価。仮にスイートピーS辺りに使ってきても楽しみがあると思う。
2着 レッドラフェスタ 
 2着のレッドラフェスタ、馬体重が20キロ減少して心配されたが、父はオルフェーヴル。ステイゴールドの系統とディープインパクトの産駒の体重減はよほど細く見えない限りは、個人的には大丈夫と見ている。この馬も許容範囲ではあった。後方待機から3コーナー手前でスパート。直線は大外で、他馬をごぼう抜きにして勝ち馬に半馬身差まで迫った。上がり600m推定34秒5はレースの上がりを1秒3も上回っていた。次はたぶん東京、この長い脚が最大限に使えると思う。 
2着 レッドラフェスタ 解説推奨
 中山芝のリッチーリッチーにしようか、中山ダートのデピュティプライムにしようか、阪神ダートのワイルドカード・ダブルコーク、候補は多かったが、目の前で見た末脚の強烈さからこの馬にした。オルフェーヴルの牝馬。同じラッキーライラックに本命を打たないのは、オルフェーヴルの子供としては完璧すぎるから。この馬は馬体を2キロ減らして、危なっかしく感じさせながらも鬼脚を使った点がいかにも彼=オルフェーヴルの子供らしいと思う。その点に惚れた。すごい脚だったと思う。まだまだ荒削りという感じもする。
中山5R 3歳未勝利 
3着 ニシノゲンセキ 通信簿
 3番人気3着同着だった。スローペースで位置取りの差がそのまま出た形だが、短い間隔でプラス10キロと馬もちょっと立派でしたし、直線内にもたれて結構苦労していた。順調に行けば近いうちに順番は回ってくると思う。
中山8R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
中山10R 隅田川特別 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
中山11R 春雷S 
8着 アクティブミノル 通信簿
 3番人気8着だった。アクティブミノルは普通のペースになれば、こんなモノ。恵まれないと好走できない。
11着 アドマイヤゴッド 通信簿
 9番人気11着だった。人気もなかったし、1200mではこんなものだと思うが、3/31のダービー郷CTに1週前の時点で特別登録されていた。路線を変えてくれば注意が必要。
中山12R 4歳上1000万下 注目
 4着だったデピュティプライムについて触れておく。
4着 デピュティプライム 
 中山ダート1200mは実績がありましたし、前走の500万勝ちも楽勝に近い余裕残しだった。個人的には自信の本命で、馬券も勝負してしまった。結果は4着。走っていない訳ではなくて、前走勝ちと走破時計は同じで、これが昇級の壁と受け止める事も可能だと思う。しかし、ダートの部分に入ってから、一旦良かった反応がいつもと違うズブさに変わって行った。2着まで届かなかったのはこのため。3ヶ月近く間隔が開いていて、厩舎サイドのコメントが少し弱きなのも気にはなっていた。恐らく間隔が開いた事が敗因だったと、そう思う。だとしたら次は確実に良くなって来る。また、このクラスの流れを経験したのも強みになるはず。東京1400mにも実績があるので、もう一回追い掛けてみたい、そんな気がする。

  馬券Summary
ディープインパクトよりハービンジャー
 先々週日曜のGI大阪杯は1番人気スワーヴリチャードが完勝。一方人気を分けた2番人気アルアインは3着、3番人気サトノダイヤモンドは7着だった。こらら2頭はディープインパクト産駒のクラシックホース。アルアインは皐月賞とほぼ同じポジションを競馬をしながら、皐月賞ほど弾けず。また、サトノダイヤモンドは内枠が仇になった面はあっても、直線の伸びも一息だった。
ディープインパクトよりハービンジャー
ディープインパクト産駒で牡馬のクラシックホースは他にディープブリランテ、キズナ、ディーマジェスティ、マカヒキがいるが、これらも故障や早期引退を考慮するとしても4歳以降にGIを勝っていない。ディープインパクト産駒の牡馬は、3歳春に成長する傾向がある。だからこそクラシックに強いが、同時にこの時期に激走してしまうと、古馬になってからの成長力に欠ける、そんな気がしている。大阪杯でアルアインを交わして2着に上がったのはペルシアンナイト。これはハービンジャーの産駒だった。さらに先々週土曜日のダービー郷CTは、
ディープインパクトよりハービンジャー
1番人気のディープインパクト産駒グレーターロンドンが5着に敗れて、ハービンジャー産駒のヒーズインラブが差し切り勝ち。もう1頭のハービンジャー産駒テオドールも4着に入っていた。グレーターロンドンについて触れれば、昨年秋の天皇賞9着以前と以降とでは落差が大きくて、成長力不足を感じてしまう。古馬になって陰りの出たディープインパクト産駒なら、ハービンジャー産駒を積極的に狙っていくべきではないだろうか。5歳にして1600万・GIIIを連勝のヒーズインラブ、同じく5歳にして1000万・1600万下の美浦Sを連勝して、オープン入りを決めたサーブルオールなど、本質的に奥手のタイプが多いが、今年の3歳にはブラストワンピースという大物が出現した。ダービーの段階でもディープインパクト産駒にストップをかける可能性がある。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26