2018年5回京都8日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒0だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で、マイナス1秒1からマイナス0秒6の間での推移だった。
 東京の芝のような高速馬場ではなかった。ただ、時計を要する程ではなくて、終盤となったここ2週はむしろ速い時計の出るレベルで安定していた。土曜は逃げ・先行タイプが活躍して、日曜は差しタイプが幅を利かせていた。ただ、日曜12Rの京阪杯を見てもわかる通り、外が有利かと言えばそうではなくて、内を突く差し馬も頑張っていた。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒1だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で稍重の2週目は時計が出やすくなった。ただ、マイナス1秒台になるほど脚抜きの良い馬場ではなかった。
 先週は乾いた馬場で開催2週目だけでなく3週目と比較しても、時計がかかって水準レベルだった。脚質的には好位からの差し馬が活躍した。5回京都は3週目のみ前残り傾向で、それ以外は結構差しが届いていた。


  タイム分析
 2018/11/25 (日)  芝=-1.0  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R T1400 テルモードーサ    牝2 未勝利・牝 1:21.9 -0.9 --- -0.2 -0.7 C C 8.06
3R T2000 ヒルノダカール    牡2 未勝利 2:01.7 -0.6 -0.3 +0.1 -1.0 C C 4.40
5R T1800 ウーリリ    牡2 新馬 1:49.6 +0.4 -1.0 +0.3 -0.9 C C 8.50
9R T1600 ラヴズオンリーユー    牝2 白菊賞500 1:33.6 -1.3 --- -0.5 -0.8 B C 7.13
10R T1400 カイザーバル    牝5 渡月橋S1600 1:21.0 +0.2 -0.3 +0.6 -0.7 D C 7.50
12R T1200 ダノンスマッシュ    牡3 京阪杯G3 1:08.0 +0.1 --- +0.7 -0.6 D C 5.24
 2018/11/25 (日)  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 レサイヤ    牡2 未勝利 1:13.2 +0.1 --- +0.2 -0.1 C D 8.58
6R D1800 バニーテール    牝4 500万下 1:52.8 +0.2 --- +0.3 -0.1 C D 5.50
7R D1200 ロードエース    牡3 1000万下 1:11.3 ±0 --- +0.1 -0.1 C C 7.62
8R D1900 メイショウテムズ    牡4 1000万下 1:58.5 -0.1 --- ±0 -0.1 C C 7.18
11R D1200 コパノキッキング    セ3 オータム 1:10.8 +0.6 --- +0.7 -0.1 D D 9.60

京都9R 白菊賞 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。ラヴズオンリーユーが勝って2戦2勝となった。
1着 ラヴズオンリーユー 勝ち馬注目
 ラヴズオンリーユーはマイナス14キロの馬体重だったが、細くは映らなかった。レースでは出遅れた分、後方の位置取りになったが、3コーナーからポジションを上げて行くと、外から楽な手応えで抜け出して来た。初戦はスローペースの瞬発力勝負を制して、今回は速めの流れに対応しての差し切りですから、違うパターンの競馬に即座に対応するセンスの良さと、瞬発力は非凡。阪神ジュベナイルフィリーズの特別登録はなかったが、もし出走して来てもちょっと楽しめるんじゃないかと思わせるぐらい、良い勝ちっぷりだった。仮に次走重賞挑戦したとしても有力。
2着 ランブリングアレー 
 2着ランブリングアレーは、4コーナーで外に膨れる場面があったが、普通なら勝ちパターンの競馬。今回は相手が強かったと見るべきで、次走も引き続き有力。
3着 メトロポール 
 そして3着メトロポールは上位2頭と比べると、ちょっと反応が鈍い。その分食い下がることができなかった。まだ器用さに欠ける印象でだが、競馬覚えてくればやれると思う。
京都12R 京阪杯 重賞
 タイムランクはD・メンバーランクはCだった。ワンスインナムーンが先手を取った。前半が34秒1で後半が33秒9ですから、ラップ的にはほぼ平均。むしろ、ちょっと若干遅めかなという形の競馬になった。結構直線に向くと、内・外に分かれて追い比べになって、外の馬もジリジリと脚は使っているが、内の方も今、馬場はそんなに荒れていない。内を突いて脚を溜めていたダノンスマッシュが直線半ばで抜け出して来て、その内、後ろ突いてナインテイルズが伸びて、ダイアナヘイローが前に行って粘るという決着になった。
1着 ダノンスマッシュ 
 3歳馬ダノンスマッシュが重賞初制覇を果たした。今年の3歳馬は総じてレベルが高いとされるが、この馬もホント前の位置につけて、上手く脚を溜めて直線の瞬発力に結びつけた。こちらはホントレースが正攻法で、利口なレース運びができるタイプですから、今後仮に相手が強くなったとしても、大崩れはないと思う。
2着 ナインテイルズ 
 そして2着には12番人気ナインテイルズ、3着には11番人気ダイアナヘイローと下位人気の馬が入った。これで馬券取った人もいるらしいですからね…(←まりなる)。2着ナインテイルズ、これホントダノンスマッシュの通ったコースをそのまま突いて来たというような形で、岩田騎手もこの日場に乗れていたが、こちらも好騎乗だった。捌きの良さと出来の良さを活かしての2着だったと思う。
3着 ダイアナヘイロー 
 そして2着には12番人気ナインテイルズ、3着には11番人気ダイアナヘイローと下位人気の馬が入った。これで馬券取った人もいるらしいですからね…(←まりなる)。そして3着ダイアナヘイロー、こちらは前に行ってホントよく粘った。最後の坂のあるコースでも勝ったりはしてるが、基本やっぱり最後の直線が平坦のコースが合っていると思う。菱田騎手の好騎乗も光ったと思う。
4着 アンヴァル 
 4着アンヴァルは17番枠だった。ですから、滅茶苦茶外を回った訳でもないが、上位3頭が内々を上手く立ち回った馬なので、やっぱりその差がゴール前で出たかなという印象。
10着 アレスバローズ 
 そして10着アレスバローズは、もうちょっと行きっぷりが良すぎて、道中脚が溜まらなかった。ああなると流石にしんどいと思う。ラスト失速したのもやむなしだろう。
15着 ワンスインナムーン 
 15着ワンスインナムーンは前に行って逃げる形にはなったが、終止他馬にプレッシャーをかけられて息が入らない展開になったので、ラップ以上に厳しい競馬になった。その分、失速したという決着になった。

  馬券Summary
10月21日 京都5R 2歳新馬戦
 これ前開催の3週目を終えた時点で吉岡さん、このコーナーで評判馬の揃っていた10月21日 京都5R2歳新馬戦を熱く熱く取り上げていた。それを受け継ぐのも我々の仕事から、今回はその後の結果について触れたいと思う。このレース、タイムランク・メンバーランクともにBで、確かに質の高い1戦だった。この新馬戦出走馬が、その後どんな戦績だったかを検証しておきたいと思う。
10月21日 京都5R 2歳新馬戦
 ご覧の通り、ワールドプレミアが先週の京都2歳ステークスで3着だった。2着だったメイショウテンゲンが次走未勝利戦で2着ということで、強調できるのは4着タガノディアマンテ。東京に使って1着だった。7着シックザールも実は次走3着に来ていて、ダノングリスターは次8着に負けたが、続くダート戦で2着という結果。そしてに10着のジューンアイリス、10着なのに次走3着だった。まぁまぁ「伝説の新馬戦」とまでは呼ばないまでも、まぁまぁ活躍しているなと。アンライバルド・リーチザクラウン・ブエナビスタ・スリーロールスが出走していた伝説の新馬戦というのは、京都の菊花賞の日のレースだったが、そこに及ばないまでも非常に活躍してたということなんですよね。あとまだ空欄のある、3着エスポワール。これアドミラブルの妹で、元々注目度の高かった馬。この周りの馬の成績を見てると、恐らく次出てくれば勝てるんじゃないかなという読み。5着ディープサドラーズ、これは藤原英昭厩舎の馬でディープインパクト産駒、セレクトセールで1億5千万以上した馬。6着のダノンテイオー、大久保龍志厩舎の管理馬、ディープインパクト産駒で、これはセレクトセールで1億9千万以上している。8着クルージーン、これもエリンコートの子供という良血馬。ですから、3歳の段階で伝説の新馬戦にならない可能性は結構あるとは思うが、いざ古馬になって、来年の今頃とか見た時にみんな活躍してるやんて言うケースは十分考えられるレースなので、今後もここの出走馬には注目していきたいと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26