2018年4回京都8日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒4からプラス0秒2への変動、日曜がプラス0秒2だった。さかのぼって9日間の馬場差を確認しておくと、7日目つまり3週目まではマイナスの数値だったが、先週は土日ともにプラスの数値だった。
 京都も雨の影響が残る中でスタートして、土曜日芝で最初のレースである3R、2000m換算の数値でプラス0秒4。その後乾いて行ったが、後半プラス0秒2で大きな差はなかった。そして日曜は土曜後半と同じでプラス0秒2。京都については先週まで4週間全てAコースが使用されていて、最終週の上雨の影響を受けたために馬場が乾いて行っても、時計の出方はあまり変わらなかった。このようにやや時計の掛かるコンディションだった事もあってか、中団・後方に位置した馬の上位進出が目に付いた。なお、今週からの5回開催では、前半2週がBコース、後半2週はCコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒8からマイナス0秒5への変動、日曜がマイナス0秒4だった。さかのぼって9日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値ではあるが、1日目の終盤を除けばマイナス1秒台になる事はなかった。
 土曜は雨の影響が残っていたが、後半で乾いて行き、水準方向に動いた。日曜は土曜後半と大きな違いはないが、さらに乾いて水準に近いレベルになった。連対馬の脚質についてだが、土曜は逃げ・先行馬が全てのレースで絡んでいたものの、日曜はそのような偏りはなかった。


  タイム分析
 2018/10/27 (土)  芝=+0.4 → +0.2  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1400 コルデトゥリーニ    牝2 未勝利 1:23.0 +0.2 --- -0.1 +0.3 C D 7.47
5R T2000 アックアアルタ    牝2 新馬 2:05.1 +2.5 -0.7 +1.5 +0.3 SL C 7.00
7R T1600 インスピレーション    牡3 500万下 1:34.8 +0.3 --- +0.1 +0.2 C C 4.50
9R T1800 サートゥルナーリア    牡2 萩S 1:49.6 +2.0 -0.5 +1.3 +0.2 SL C 5.50
10R T2400 アドマイヤエイカン    牡5 古都S1600 2:29.0 +3.6 -0.8 +2.6 +0.2 SL C 4.88
11R T1400 ロードクエスト    牡5 スワンSG2 1:21.5 +1.2 --- +1.1 +0.1 E C 9.73
 2018/10/27 (土)  ダ=-0.8 → -0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1400 メイショウショウブ    牝2 未勝利 1:25.2 -0.8 --- -0.2 -0.6 C D 9.25
2R D1800 クレッセントムーン    牡2 未勝利 1:54.7 +0.1 --- +0.9 -0.8 E D 8.38
4R D1200 ポンペイワーム    牡2 新馬 1:13.8 +0.5 -0.5 +0.5 -0.5 D D 9.79
6R D1900 メイショウテムズ    牡4 500万下 1:58.6 -0.8 --- -0.2 -0.6 C C 4.73
8R D1400 ニホンピロタイド    牡3 1000万下 1:24.6 +0.8 --- +1.2 -0.4 E C 8.85
12R D1800 エイコーン    牡3 1000万下 1:51.4 -0.4 --- +0.1 -0.5 C C 5.23

京都2R 2歳未勝利 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
京都5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
京都8R 3歳上1000万下 タイムE
 基準より1秒2遅い勝ちタイムだった。
11着 ロードヴォルケーノ 通信簿
 10番人気11着だった。休み明けは走らないタイプで、前走から4ヶ月近く開いたのはマイナスだった。ただ、そろそろ間隔を開けそうというところまで読むべきだった。いずれにせよ、これを叩いて次走以降狙ってみたい。
京都9R 萩S タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
1着 サートゥルナーリア 勝ち馬注目
 勝ったサートゥルナーリア、父はロードカナロア・母シーザリオで、ここはもう勝ち方だけが焦点で、ほとんど馬なりで大楽勝。序盤の力みはこの血統特有のモノですし、まだまだこの馬にはペースが緩すぎるという事。負けるまではずっと本命を打てる馬で、おちろんクラシックの有力候補。
2着 ジャミールフエルテ 
 2着のジャミールフエルテは、勝ち馬を追うように内からしっかりと伸びて2着。まぁ内へもたれたのは休み明けで重かった分と思われる。言うまでもなく、相手が悪すぎたので、次走が重賞でなければ確勝レベル。
3着 セグレドスペリオル 
 3着のセグレドスペリオル、2着から2馬身半差。緩やかなペースでしたからこの着差は決定的で、レースぶりからも現時点での能力は歴然と出た感じ。
6着 ルモンド 
 6着のルモンドは3番人気だった。アクションがあったと川田騎手がコメントしている。ディープインパクト産駒でちょっと過剰人気の気もしたが、次走の注意は必要だろう。
京都10R 古都S タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
京都11R スワンS 重賞
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。タイムランクはE・メンバーランクはCだった。スタートでロードクエストら遅れた。先手を取ったのはレーヌミノルで、直線入り口でも先頭だが、後続が接近してくる。結局最後に脚を使った実力のある2頭がゴール寸前で差し切ったというレースになった。なぜこれがタイムランクEになったのかというのが、非常に難しい難問だが、実はこの2頭とレーヌミノルがいるという事で、このレースはメンバーランクCに押し上げられていた感じがある。従ってモズアスコットが、本来の完調でないというところ、それからレーヌミノルが昔の走りをできていないという事を考えると、実質的にはメンバーランクDという事かもしれない。とすると、勝ったのがグァンチャーレと考えると、何となく凡戦なのかなという気もするので、1・2着は能力だけで走ったと見るべきじゃないだろうか。
1着 ロードクエスト 
 ゴールでは外から伸びた人気馬2頭の首位争いで、大外のロードクエストがハナ差で差し切った。まぁロードクエストの出遅れは気にしなくて良い。私はこの芝の1400mが今ベストと見ているので、この勝利には満足していますし、この戦法で良いと思う。従って、次走がマイルCSなら軽視するが、阪神カップでは狙える馬と考えている。
2着 モズアスコット 
 2着のモズアスコット、道中の行きっぷり、追っての反応などはやはりこの馬本来のモノではなかった。本番前の一叩きの意味合いが濃いというレースだった。太め残り、そして58キロでハナ差の2着ですから、これは十分に地力は示した訳で、マイルCSの有力候補である事に何ら変わりは無い。
3着 グァンチャーレ 
 その後モズアスコットから半馬身差でグァンチャーレが3着だった。グァンチャーレはオープン入りしてから善戦はするが、詰めの甘さが目に付いていましたから、今回の距離短縮策は有効だったと思う。レース運びは完璧だったが、先着2頭が強かったという事で、今後は芝の1400mでも良いと思いますし、思い切って1200mに縮めても良いかなと思う。
4着 ベステンダンク 
 4着のベステンダンク、この馬のレースをして力を出し切った。5着は離していますし、オープン特別ならチャンスがあるだろう。
5着 コウエイタケル 
 5着のコウエイタケルは4着から3馬身半差。これはもう力負け。
6着 デアレガーロ 
 6着のデアレガーロ、良馬場発表だったが、11R時点の1400mの馬場差はプラス0秒1。しかしそれでもコレ馬場が合わなかったかなという気がする。
7着 レーヌミノル 
 7着のレーヌミノルは3番人気で逃げて失速。見た目以上に力んでいたかもしれないが、あまり良い負け方ではない。そろそろ脚質転換というのを考えても良いかもしれない。

  馬券Summary
秋の新潟競馬 タイムランク上位馬の価値
 先週で3回新潟開催が終了。新潟は今年の全日程を終えた。秋の新潟開催でちょっと振り返っておきたい事がある。まず表の部分をご覧ください。
秋の新潟競馬 タイムランク上位馬の価値
 これは昨年2017年の3回新潟競馬で6頭いるが、タイムランクBで勝った馬。なお、タイムランクAで勝った馬はいなくて、この6頭はたまたまと言うべきか、全て古馬500万下だったが、その後の活躍が目を引いた。言うまでもなく出世頭は目黒記念を勝ったウインテンダネスだが、マジカルスペルも戦績、これ特筆できると思う。という事で、一見地味な印象はあるが、3回新潟開催のタイムランク上位馬は今年も改めてチェックすべきだと考えた。
 という事で、今度は下の部分をご覧下さい。今年の新潟の高レベル勝ち馬。たまたま偶然と言うか、何と言うか2歳未勝利戦で記録されて、昨年とは実に対照的な結果が出ているが、注意が必要だと思う。ちょっと地味でもローカル開催というだけで、人気がついてこない事が多いので、馬券的には馬券になりますからちょっと注目してください。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26