2018年3回中京8日目

開催一覧
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜がマイナス1秒3だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、開催2週目は雨の影響でプラスの数値となったが、他の週はマイナス1秒を超えている。しかも2週目を除けば、少しずつ水準方向に近づいて行った。
 今の説明にもあったように2週目を除けば徐々に時計が掛かって行くという、まぁまぁわかりやすい推移。ただ、最終週の先週にしてもマイナス1秒台ですから、速い時計の出るコンディションに変わりなかった。連対馬を見ると、土曜は前めに位置した馬が多かったが、日曜は逃げ・先行の連対は1頭だけ。土日でガラッと変わった。時計自体は出やすくても、内が荒れてきたという事が原因だったと思う。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒2、日曜がマイナス1秒1だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナス1秒を超えている。良馬場でもマイナス1秒台、雨の影響を受けた2週目はマイナス3秒前後だった。
 乾いた馬場コンディションでも開催を通じて速い時計の出る馬場だった。連対馬の脚質を見ると、3週目のように逃げ・先行馬が目立った訳ではなく、大きな偏りはなかった。


  タイム分析
 2018/07/22 (日)  芝=-1.3  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1600 アドマイヤジャスタ    牡2 未勝利 1:36.4 +0.1 -0.3 +0.8 -1.0 D D 6.55
2R T1200 メモリーコロネット    牝3 未勝利 1:09.2 -0.5 -0.2 +0.1 -0.8 C D 7.00
5R T2000 ソルトホープ    牡2 新馬 2:05.8 +2.6 -1.2 +2.7 -1.3 SL C (2.00)
7R T1600 レッドヴェイロン    牡3 500万下 1:33.2 -1.6 --- -0.6 -1.0 B C 5.91
9R T2200 アフリカンゴールド    牡3 渥美特別500 2:11.9 -1.8 --- -0.4 -1.4 B B 5.00
11R T1600 グレーターロンドン    牡6 中京記念HG3 1:32.3 -0.7 --- +0.3 -1.0 C D 6.00
 2018/07/22 (日)  ダ=-1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R D1200 テーオージーニアス    牡3 未勝利 1:12.5 -0.8 --- -0.1 -0.7 C C 8.08
6R D1800 クイックファイア    牡3 未勝利 1:54.4 -0.4 --- +0.7 -1.1 D C 7.50
8R D1400 タガノアム    牝3 500万下 1:24.2 -0.9 --- ±0 -0.9 C C 8.54
10R D1200 スズカコーズライン    牡4 尾頭橋特1000 1:10.6 -1.3 --- -0.6 -0.7 B C 8.07
12R D1800 ダノンフォワード    牡3 500万下 1:52.7 -0.9 --- +0.2 -1.1 C C 6.92

中京5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
中京7R 3歳上500万下 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。断然の1番人気だったレッドヴェイロンが勝った。
1着 レッドヴェイロン 
 レッドヴェイロンが500万下に出走できるというのはちょっと驚きだったが、確かに1勝しかしていませんし、NHKマイルCを含め重賞では3着が2回あるが、それでは賞金は加算されない。2・3頭が雁行状態でハイペースだったが、レッドヴェイロンは全く慌てずに中団外を追走。直線では馬群に揉まれるのを嫌ってか、大外から抜け出した。着差はクビだが、余裕はあった。重賞勝ち馬クラレント・レッドアリオン・リディル・サトノルパンの半弟。オープン入り間違いないと思える程、兄弟が走っている。今回は2ヶ月半ぶりだったが、全く問題はなかった。1000万下もすぐに勝てるだろう。活躍が楽しみ。
2着 エイシンルカーノ 
 そして11番人気エイシンルカーノが勝ち馬にクビ差の2着だった。2着エイシンルカーノ、近走冴えなかったが初芝で大きく変身した。ただ、兄弟もダートでしか走っていませんから、この好走は驚きだが、宝塚記念の勝ち馬エイシンデピュティの産駒で、走られてみればなるほどと思える。次走以降どこまでやれるか注目したい。
3着 スラッシュメタル 
 3着スラッシュメタルはスタート安めで後方からの追走になってしまい、直線もレッドヴェイロンの後ろからでは厳しかった。この馬ここ2戦相手が強かった。次走には期待できると思う。
中京9R 渥美特別 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。アフリカンゴールドが昇級2走目で勝ち上がった。ブロウユアマインドが大逃げを打って、1000m58秒8とこの距離にしては速いペースだった。その後やや緩んだが、全て200m12秒5位内のラップで、厳しいレースとなった。
 ただ、4着以下はちょっと離されており、狙いにくい。
1着 アフリカンゴールド 
 勝ったアフリカンゴールドは4コーナー外を回して一気に襲いかかって、内から来た1番人気シャドウブリランテを抑えて勝ちきった。アフリカンゴールドは前走3歳限定のメルボルンTで2着。初の古馬との対決だったが、問題にしなかった。近親に目立った活躍馬はいないが、長距離ばかり使われて頭角を現してきた。上のクラスですぐに通用してもおかしくないレースぶりで、秋までに長距離の1000万下を勝つようなら菊花賞向きの上がり馬となるのではないだろうか。楽しみ。
2着 シャドウブリランテ 
 1番人気シャドウブリランテが2着。降級2戦目で日経賞2着ミライヘノツバサの近親。長距離向き。このクラスにいる馬ではありませんし、次走はほぼ勝てるのではないだろうか。
3着 インヴィクタ 
 3着インヴィクタは降級初戦、若葉S3着の実績があって、このクラスはすぐに勝てるだろう。次走はメンバー次第。
中京10R 尾頭橋特別 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。降級戦のスズカコーズラインが勝った。
1着 スズカコーズライン 
 スズカコーズラインが逃げ切った。これが降級初戦、2走前は同じクラスの1400mを勝っていたが、今回は近4走で2着以内がない1200mを使って勝った。1200mでもスンナリ行けるなら問題ありませんし、また1000万下では力が上という事だろう。前走の1600万下では5着だったが、0秒3差と健闘している。1200mでも逃げ・先行馬の少ない組み合わせや1400mでスンナリ前へつけられるようなら、上のクラスでもすぐに通用するのではないだろうか。
2着 ストロベリームーン 
 その後の2着が1番人気のストロベリームーンだった。ストロベリームーンも降級戦。前走同様、出遅れで後方からとなったが、慌てずに後方のインを追走。直線は外へ持ち出して、ものすごい脚を見せて2着を取り切った。スタートに課題のある馬で、大体2回に1回は出遅れるが、それでも1200mなら何とかしてしまう末脚を持っている。ペースが落ち着く1400mで出遅れると3走前のように大敗もあるが、1200mならある程度安心できると考えて良い模様。
3着 メイショウコゴミ 
 それからメイショウコゴミが昇級戦で3着した。短距離ダートなら信頼できる馬で、クラス慣れが見込める次走はさらに期待できるだろう。
中京11R 中京記念 重賞
 タイムランクはC・メンバーランクはDだった。バラけたスタートになった。内から前へ行った馬に外枠のウインガニオンが並んで行く。前半1000mは57秒0だった。3頭が絡んで、前半から超のつくハイペースだった。前の3頭一杯になって4番手からロジクライが先頭に立って、よく粘った。これで決まったかなとも思われたが、大外から伸びて来たグレーターロンドンが最後に差し切るという事になった。なお、レコードタイムだが、馬場差がマイナス1.3でタイムランクはC。標準的な時計だったと。レコードではあるが標準的な時計だったという事には注意したい。
1着 グレーターロンドン 
 グレーターロンドンが差し切ってレコードで重賞初制覇となった。2度の長期休養を経て5歳3月にオープン特別を勝った時は7戦6勝だった。すぐ重賞に手が届きそうだったが、意外に足踏みしてしまい、これが初重賞。行くと末が甘くなって、レース運びが少し難しい馬。今回は全て上手く行ったが、これをきっかけとしてGIへ行けるか注目したい。
2着 ロジクライ 
 2着にはロジクライ、3着がリライアブルエースだった。2着ロジクライは前3頭が引っ張ってくれて理想的な展開だった。上手く平均的に脚を使ったが、惜しい2着だった。
3着 リライアブルエース 
 2着にはロジクライ、3着がリライアブルエースだった。3着リライアブルエースは一走毎に力をつけて、ついに重賞3着まで来た。展開向いたとは言え、大外からよく差して来た。
4着 フロンティア 
 4着フロンティアは直線外めから早めに進出してよく頑張った。最後決め手のある馬にやられたが、収穫はあったんじゃないだろうか。
5着 ワントゥワン 
 5着ワントゥワンだが、4コーナーインの最後方にいた。馬群を縫うようによく伸びた。ハンデ戦なら重賞に手が届きそう。
6着 ウインガニオン 
 それから昨年の勝ち馬で2番人気8着ウインガニオンだが、これはちょっと展開が向かなかった。
中京12R 3歳上500万下 注目
 タイムランクCだが、勝ち馬ダノンフォワードの強さが目立った。
1着 ダノンフォワード 勝ち馬注目
 ダノンフォワードは前半から競り込まれながらも逃げの手に出た。しかし、直線に入ってすぐ外から先手を奪われる。ここでちょっと万事休すかと思われたが、残り300mでインから盛り返して先頭を奪い返して、逆に差を広げて逃げ切ってしまった。1回もう消えたような感じで、すごいレースだった。逃げ馬が先手を奪われるとズルズル下がってしまうという光景は日常的によく見るが、この馬のように一旦完全に2番手に落ちてから盛り返すレースというのあんまり見ない。常識では考えにくい驚異的なレースだったと言えるのではないだろうか。ダノンフォワードも半姉に現準OPのダノンアイリスがいる良血。芝で連敗した後、ダートに転じて未勝利を圧勝。最後の100m手綱を抑えて8馬身差の凄まじいレースだった。その後このクラスを4着した後、このレース。上のクラスでも十分勝負になる力を持っていますし、レース慣れしてくればかなり出世できるのではないだろうか。今後楽しみ。
2着 エイコーン 
 2着エイコーンはスタートでダッシュがつかず後方からになったが、これで4連続の2着。次走は流石に順番が来そう。
3着 ノーウェイ 
 3着ノーウェイだが、スタートで躓いて出遅れた。ダノンフォワードが強すぎてちょっとグランセノーテが苦しくなったおかげもあり、3着まで来た感じ。次走も人気がなければ狙いたい馬。

  馬券Summary
前走、函館か札幌で1着だった馬を狙う
 北海道シリーズのダートの話だが、昇級戦の馬とか前走オープンで勝った馬が活躍している。やっぱり同じコースで走る事が多い、それから滞在競馬で好調な馬が調子を持続しやすいという事が影響しているんじゃないかと思われる。そこで、札幌ダートの狙い方、今週から始まりますので前走函館か札幌で1着だった馬を狙ってみたいと。この方式で昨年の札幌競馬を全部調べてみた。
前走、函館か札幌で1着だった馬を狙う
結果30頭が出走して、4勝2着4回3着4回4着以下18回。勝率も連対率も良くて、複勝率なんか40%ある。単勝回収率も203%、複勝回収率89%となかなかの結果を残していますので、これ、ほとんど全部昇級戦な訳ですから、こんなに好成績なのはちょっとビックリだと思うので、是非試していただきたいと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26