2018年1回阪神7日目

開催一覧
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒8だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、マイナス1秒0からマイナス0秒6の間で推移しており、大きな動きはない。
 土日とも良馬場だったが、金曜日に雨が降ったため土曜の方が湿っていた。乾いた日曜は馬場差も1週目・2週目とほぼ同じレベルまで戻っていた。依然として乾いていれば、開幕週と同じぐらいのコンディションでほとんど馬場が傷んでいない。ただ、内有利・先行有利とはなっていない。今週で5週連続のAコースとなるが、雨の影響がなければ時計が掛かるようにはならないはず。そして来週からBコースに移ると馬場差はマイナス後方に動きそう。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒7、日曜がマイナス0秒6だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値で3週目特に5日目はかなり速い時計の出るコンディションだった。
 金曜日に雨が降って、土曜は稍重。そして日曜が乾いて良馬場だが、土曜は良に近い稍重。日曜は稍重に近い良馬場で、馬場差の違いはほとんどなかった。


  タイム分析
 2018/03/17 (土)  芝=-0.7  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R T1800 ヴィルトゥース    牝3 未勝利・牝 1:48.2 -0.2 --- +0.4 -0.6 D D 8.50
5R T2000 ランドネ    牝3 未勝利 2:02.1 -0.1 -0.9 -0.3 -0.7 C C 9.10
6R T1200 エイシンデネブ    牝3 500万下 1:09.5 ±0 -0.1 +0.3 -0.4 D D 5.42
9R T1800 エンヴァール    牡5 須磨特別1000 1:47.2 +0.6 -0.6 +0.6 -0.6 D C 5.11
11R T2000 アイトーン    牡3 若葉S 2:00.0 -0.5 --- +0.2 -0.7 C C 7.33
 2018/03/17 (土)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 リッキー    牡3 未勝利 1:54.0 -0.6 --- +0.1 -0.7 C D 5.00
2R D1200 メイショウトラマツ    牡3 未勝利 1:13.2 -0.1 --- +0.4 -0.5 D D 11.07
4R D1800 フラテッリ    牡3 新馬 1:55.8 +0.9 --- +1.6 -0.7 E C 10.73
7R D1400 トップラン    牡4 500万下 1:24.7 -0.2 --- +0.3 -0.5 D D 8.00
8R D1200 カズマペッピーノ    牡4 500万下 1:11.4 -0.9 --- -0.4 -0.5 B D 8.54
10R D1200 サクセスエナジー    牡4 なにわS1600 1:11.1 ±0 --- +0.5 -0.5 D C 9.57
12R D1800 ニホンピロヘーゼル    牝5 1000万下・牝 1:51.9 -0.4 --- +0.3 -0.7 C D 8.82

阪神4R 3歳新馬 タイムE
 基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
阪神6R 3歳500万下 注目
 2着のトロワゼトワルについて。
2着 トロワゼトワル 
 スタート直後に躓いて最後方になったが、前半は抑えるのに苦労しているぐらいだった。抑えていても仕方ないと判断したのか、3コーナー過ぎから一番外をマクって行ったが、ここでのコースロスは結構大きかった。それでも直線でしっかり伸びて、ハナ差の2着だった。ゲートで立ち上がって出遅れた事もあって、スタートが不安定なのは課題だが、このレース内容なら1200mは合っている。デビューから4回連続で1600mに使っていたが、前につけていても伸びを欠くことがあったのは、距離が影響していたんだろう。この短距離路線なら500万はすぐに勝てると思う。
阪神8R 4歳上500万下 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。カズマペッピーノが最内枠から先手を取って直線に入って行った。その後メイショウカネサダが単独2番手に上がったが、カズマペッピーノが2馬身差をつけて逃げ切った。後続ではフィールブリーズが内から上がってきたが、メイショウカネサダが2着に粘った。
1着 カズマペッピーノ 
 カズマペッピーノが3走ぶりの積極策で逃げ切った。カズマペッピーノは前半サウンドスカイメサと先行争いしていたが、相手が引いて600m通過35秒4。スローペースだとは言わないが、それほど厳しくはないペースで、そのまま逃げ切った。1200mの1000万下で同じようにマイペースのレースに持ち込める確率は、あまり高くないと思う。
2着 メイショウカネサダ 番組注目馬
 2着のメイショウカネサダは手応えは良くなかったが、直線でしっかり伸びた。2年近い休養の後の2走目で早くも力を発揮したが、あの手応えの悪さからはまだ本調子ではないという事も、表しているように思える。次走はさらなる前進を期待できそう。
3着 フィールブリーズ 
 3着のフィールブリーズは上がりは最速だった。上手く内を裁けたが、直線の伸びは目立った。前が止まる展開なら期待できそう。
4着 アユツリオヤジ 
 4着のアユツリオヤジは4コーナーでは2番手にいて、メイショウカネサダより手応えは良かったのに伸びなかった。こういう高いレベルの決着になると厳しい模様。
阪神11R 若葉S 注目
 これは皐月賞トライアルですので、触れておく。
1着 アイトーン 
 まず勝ったアイトーンだが、レースの前半1000mは60秒4、後半1000mが59秒6での逃げ切り。スローペースでの逃げ切りと言えばそうだが、どこかで極端に遅くなっている訳ではなくて、展開などに恵まれただけの逃げ切りとは言えない。ただ、この後皐月賞に出ると思うが、強力な先行馬が複数(4・5頭?)、結構多く出走してきそうなので、皐月賞で今回のような自分の好走パターンに持ち込むのは、それほど楽な事ではないかなと思う。
2着 ダブルシャープ 
 2着ダブルシャープまでに皐月賞への優先出走権が与えられた。ダブルシャープは出遅れたが、内から上手くポジションを上げて行って、ロスがなかった。JRAに移籍した後はカリカリしたり、逆に元気がなかったりだったが、環境に慣れてきたのか今回は良い気配だった。それが好走した要因だと思うが、コース取りに関しては恵まれたと思う。
5着 タイムフライヤー 解説危険
 1番人気のタイムフライヤーは5着、2番人気で番組注目馬だったダノンフォーチュンは8着だった。5着のタイムフライヤー、直線での伸びに関しては群を抜いていて、位置取りやコース取りの失敗だとは思うが、そもそもホープフルSのレベルが、今となっては怪しいので、皐月賞で巻き返せるかとなると、その確率はあまり高くないと思う。

 タイム分析の中で、今回の負けには理由があるが、そもそもホープフルSのレベルが怪しいと言ったが、ホープフルSのレベルが怪しいと言うのはまぁ少々説明不足でして、ホープフルSの上位馬は当時のレース内容によっては信頼度が低いという事。ホープフルSの上位馬は、2着ジャンダルムと4着サンリヴァルが強力メンバーの弥生賞で3着・4着とまずまず好走していて、3着のステイフーリッシュは共同通信杯で2番人気になって10着。そして1着タイムフライヤーが今回の結果だった。ホープフルSは前半1000m59秒6、後半1000m61秒8というハイペースで差し有利。4コーナー先頭と4番手だったサンリヴァルとジャンダルムは弥生賞でそこそこ好走したが、4コーナーで8番手9番手だったステイフーリッシュとタイムフライヤーは次走で人気を裏切ったという事。若葉Sで展開が向かず、凡走するのは必然だったと私は思う。皐月賞でも依然として信用ならないと思う。
8着 ダノンフォーチュン 
 1番人気のタイムフライヤーは5着、2番人気で番組注目馬だったダノンフォーチュンは8着だった。8着のダノンフォーチュンだが、前回の放送の時点で内周りだとか休み明けだとか、オープンへの挑戦だとか不安点を沢山挙げたが、予想通り阪神内周りは合わなかった。外周りの自己条件で改めて期待したいと思う。

  馬券Summary
ダートAランクの信頼度
 今開催の「まりなるトリオトライフェクタ」のコーナーで何度かダート1800mはタイムランクの信頼度が高いという話が出ていると言うか、私がしているが、それが本当だという事を示すデータを出す。
ダートAランクの信頼度について
まず、Aランクのタイムでダートを勝った馬が次走で上のクラスのダートに出走した場合(上の表)。これは勝率・連対率・複勝率のどれを取っても1800mが1位。この表に出していないが、参考までに単勝回収率が惜しくも99%、そして複勝回収率が108%ある。続いてAランクのダート戦で2着・3着だった馬が、次走で同じクラスのダートに出走した場合。こちらも1800mが全ての項目で1位になっている。前走がAランクの2着・3着と言っても1秒とかそれ以上離されていた馬とか、次走が長期休養開けになってしまった馬も全て含まれている成績。これでこの成績ですから、信頼度は高いと言えるんじゃないかと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26