2018年2回阪神4日目

開催一覧
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒3だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、開幕週と比較して先週は速い時計の出るコンディションになった。
 雨の影響で若干の水分を含んでいた先々週にしても、発表は土日ともに良馬場で、時計の出方は速かった。先週は晴れの日が続いたのと、中山同様にBコース替わり。一気に高速化した。ただし、時計が速くなったからと言って、内一辺倒でも前残りでもない。外周りを中心に、脚力の違いが出やすい馬場。残り2週もBコースが使用される。高速馬場が続くのではないだろうか。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒1だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、今開催1週目までは全てマイナスの数値だったが、先週は春の阪神で初めてプラスの数値になった。
 雨が降らなかった影響から、砂が乾燥してパサパサに近い状態だった。それでも阪神は、中山より速いが、馬場差は前開催から初めてプラスとなった。時計を要してきたからと言って、差し・追い込みが決まりやすいという事はなくて、先週は前に行った組の方が優勢だった。


  タイム分析
 2018/04/01 (日)  芝=-1.3  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1600 レッドガラン    牡3 未勝利 1:34.3 -1.3 --- -0.3 -1.0 C C 6.94
7R T1200 ブライティアレディ    牝5 500万下 1:08.7 -0.6 --- +0.2 -0.8 C D 7.13
9R T2000 サトノグラン    牡4 明石特別1000 2:03.6 +3.4 -1.5 +3.2 -1.3 SL D 6.43
10R T2400 ホウオウドリーム    牡4 御堂筋H1600 2:27.4 +1.7 -0.9 +2.4 -1.6 SL C 5.73
11R T2000 スワーヴリチャード    牡4 大阪杯G1 1:58.2 -0.3 -0.6 +0.4 -1.3 D B 6.38
 2018/04/01 (日)  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ミトノクイーン    牝3 未勝利・牝 1:55.6 +1.0 --- +0.9 +0.1 E D 8.54
2R D1400 サンライズフルメン    牡3 未勝利 1:25.8 -0.3 --- -0.4 +0.1 B D 8.62
3R D2000 ウォーターロレンス    牡3 未勝利 2:09.0 +0.7 --- +0.6 +0.1 D C 7.50
5R D1200 ジョーカナチャン    牝3 500万下 1:13.4 +0.8 --- +0.7 +0.1 D C 9.14
6R D1800 ダノンレーザー    牡5 500万下 1:53.7 +0.6 --- +0.5 +0.1 D C 6.11
8R D1200 オールドベイリー    牡4 1000万下 1:12.4 +0.7 --- +0.6 +0.1 D C 9.06
12R D1400 ファッショニスタ    牝4 鳴門S1600 1:24.3 +0.8 --- +0.7 +0.1 D C 7.69

阪神1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
阪神2R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。サンライズフルメンが内枠から先手を取って直線に入って行った。その勢いは衰えず、後続との差をグングン広げて、7馬身差の圧勝。一方2着争いは接戦となり、スマートアイビスの外からコンコルドコンドル、キタノナシラが並んで行く。結果コンコルドコンドルが2着だった。
1着 サンライズフルメン 
 距離短縮、初めての1400mだったサンライズフルメンが逃げ切った。1着サンライズフルメン、前3戦はダートの中距離で、2着・6着・4着。タイムランクはどれも低レベル相当だった。ハナを切っても甘かった馬が、Bランクで逃げ切ったのは1400mへ短縮した点が大きかったのだと思う。ただ、全兄に伏竜Sを勝ってみやこS2着のランウェイワルツ、半兄にダート4勝のサンライズバロンがいる。血統馬なので、もうワンステップ上も可能ではないだろうか。
2着 コンコルドコンドル 
 2着以下は離された。2着コンコルドコンドル・3着キタノナシラ・4着スマートアイビスは勝ち馬から1秒2差で同タイム。ギリギリでもEランクになってしまう。
3着 キタノナシラ 
 2着以下は離された。2着コンコルドコンドル・3着キタノナシラ・4着スマートアイビスは勝ち馬から1秒2差で同タイム。ギリギリでもEランクになってしまう。
4着 スマートアイビス 
 2着以下は離された。2着コンコルドコンドル・3着キタノナシラ・4着スマートアイビスは勝ち馬から1秒2差で同タイム。ギリギリでもEランクになってしまうが、4着のスマートアイビスは初出走ながら好発を決めて、2番手を追走。良いスピードを見せていた。勝ち馬が千切ったので、甘くなった部分もある。低レベルとは言っても軽視はできない。1200mにも対応できるセンスがあると思う。
阪神9R 明石特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く補正しきれずスローの扱いとする。
阪神10R 御堂筋S タイムSL
 前半・中盤が遅く補正しきれずスローの扱いとする。
阪神11R 大阪杯 GI
 スタート、1番人気のスワーヴリチャードがやや遅れた。しかし、早めに動いてスワーヴリチャードは先団へと上がって行く。1000m通過は1分1秒1、後半は57秒1ですから、前半が4秒遅い流れ。これを見越したミルコ・デムーロ騎手のスワーヴリチャードが後方2番手から順位を上げて行って、3コーナー過ぎには逃げるヤマカツライデンの外めの2番手に上がった。直線で先頭に立つと、後続の追撃を振り切って勝った訳だが、内から2番手に上がったアルアイン、これを外からペルシアンナイトが交わして2番手に上がった。それでも余裕の先頭がスワーヴリチャード。この辺ちょっと手前の変え方がまた、戻っちゃったかなというところあるが、それでも完勝だと思う。
 タイムランクはD・メンバーランクはBだった。そのメンバーランクB。ドバイ国際競走に行った組を除いては、ほぼベストメンバーが揃ったと思う。とりわけタイムランクAの昨年の皐月賞上位馬が、同じ内回り2000mでレベルを上げていた。完全タイム差は補正込みでプラス0秒4だが、キタサンブラックの勝った昨年と比べると同じDランクでも今年の方が0秒3上回っている。
1着 スワーヴリチャード 勝ち馬注目
 早め先頭から押し切ってスワーヴリチャード見事GI初制覇となった。内にもたれた事を別とすれば、有馬記念4着が強い競馬だった。前哨戦の金鯱賞を楽勝して、中間の上積みも大きかったと思う。ダービーでのルメール騎手のレイデオロを思い起こさせる、鞍上の好騎乗だが1000m標識手前から動いて押し切ったのですから、馬の能力の高さ、それからスタミナも見事と言う他ない。重箱の隅をつつけば、先ほど言ったようにまだ手前の変え方が完璧とは言えない部分だが、それより何よりこれだけのメンバーに完勝したという事実を尊重したいと思う。次走はたぶん宝塚記念だと思うが、もちろん首位候補に考えている。
ミルコ・デムーロ騎手もう最高ですね。桜満開の目の前でとってもうれしい。今日もイースタンの日です。このお客さんの目の前はすごくとても良いこと。とってもうれしい。本当にありがとうございます。スタートが枠順がちょっと遅すぎると思っていたので、この前の有馬記念の時も外外を回っていたので、最後苦しくて右にもたれた。手前を変えてなかったので、同じレースはしたくないとイメージしていた。ペースが遅くて3コーナーのちょっと前で外へ出せたのはとても良かった。作戦通りだった。レースの時はいつもいろいろ言われるが、みんな勝ちたいので、それでもとても良い馬なので、自信を持っていた。やっと1つのGIを獲ったので、この馬も初めてGIを獲った。馬主も調教師も初めてのGIなので、すごく良かった。本当に良かった。とっても嬉しい。次も頑張る。
2着 ペルシアンナイト 
 2着のペルシアンナイト、超スローの位置から大外を回って脚を余したのが中山記念5着だった。同じ内周りでも、2000mに延長して追走に余裕が出た。内めをロス無く立ち回った福永騎手も巧みだった。1600mのGIを制した馬特有のピリッとした脚を使えるのが強み。
3着 アルアイン 
 アルアインは3着。4コーナー手前で追っつけたのは皐月賞と同じ。内へ進路を取ったのも皐月賞同様だった。それでいて皐月賞のように、弾けきらなかった。もちろん走っているが、勝ち鞍から遠ざかっている辺り、ディープインパクト産駒の成長力不足を若干でも感じてしまう。
4着 ヤマカツエース 
 4着ヤマカツエースは一昨年の有馬記念で4着した時と似ている。上手く脚を溜めて、一瞬の切れ味を活かした。これ以上はないにしても、メンバーを考慮に入れれば、大健闘だと思う。
5着 ミッキースワロー 
 5着のミッキースワロー、内枠から外に出して一瞬でも鋭く反応した。中山の外周りの重賞で1着・2着の実績がある。内周りではここまでが精一杯だったと思う。
7着 サトノダイヤモンド 
 それから3番人気サトノダイヤモンドは7着だった。良化は伝えられていたが、今回のパドックでは体重は変わりなくても馬がスッキリしすぎて映った。スローの内枠で、運びも難しかったでしょうが、キタサンブラックと戦っていた頃の重量感が薄れている。そんな気がする。
13着 シュヴァルグラン 
 4番人気シュヴァルグラン13着。昨年は阪神大賞典2着を叩いて、天皇賞・春を2着した。今年は久々の中距離をステップにして来たが、この相手では距離不足が明白。馬は緩んでいた印象もなく、気配は良かったので、距離が伸びた天皇賞・春は一変してくると思う。
15着 サトノノブレス 通信簿
 13番人気15着だった。GIに出てしまったので、人気薄で意味がなくなってしまったが、GIでなくても相当に恵まれないと厳しい事に変わりはない。

  馬券Summary
JRA再転入馬の狙い方
 前開催の2回中山ではJRAで未勝利のまま、地方に移籍して特定の勝ち鞍、規定では2歳馬と3歳馬は2勝、4歳以上は3勝というのがあるが、これを挙げてJRAに復帰する所謂再転入馬が500万下で4勝挙げていた。今回はこれらを検証するとともに、こういった馬を狙えるコツを探ってみたいと考える。
 6日目8Rのダート1800m戦を快勝した、エンパイアステートは転入2戦目だった。調教の動きが良くて、初戦の東京戦は2番人気だったが、不良馬場の高速決着という事で、タイムランクBの一戦。これに戸惑って11着だった。これまでと勝手が違ったという事。しかし、中山での次走はパワーを要する条件に替わって一変した。地方に転出する前は、2着3回3着1回。500万下なら通用する存在だった。
 次に7日目7Rのダート2400mを差し切ったワンダーラジャ。転入初戦の小倉戦で2着。当時が自身Cランクだった。今回はEランクという事だったので、相手に恵まれての順当勝ちだが、それでも3番人気。馬券の旨みはあった。この馬も地方転出前はデビュー7戦目以降2着4回3着4回と8走続けて馬券の対象になっていた馬。十分500万で通用する能力を秘めていた。
 同じ7日目12Rのダート1200m戦は転入初戦と2戦目の馬が2頭ずついた。中でも転入初戦のケンユキノオーは、4番人気で単勝オッズが9.8倍。そこそこ売れていたが、結果は6着に終わった。一方転入2戦目で逃げ切ったのはマッジョネラ。地方転出前に中山ダート1200mのスーパー未勝利を自身Cランク相当で2着していた。この時ケンユキノオーは4着と、ケンユキノオーにはマッジョネラは先着していた。しかし今回は、マッジョネラは13番人気。単勝79.9倍とケンユキノオーと比較すれば妙味大だったと思う。転入初戦の東京1400m戦は14着だったが、実績のある条件、中山ダート1200mに替わって激変は可能だったと思う。
 4頭目は芝のレースから、8日目8Rの芝2000mを完勝したのは転入初戦のスパイラルダイブ。ルメール騎手とあって、2番人気だったが、以前JRAに在籍した期間を見ると、新馬戦のハナ差2着を含めて5戦中2着が3回。これも現状の500万下なら能力上位の存在だった。

 転入馬を狙うには、まず中央未勝利時代の成績を調べる事。通用する裏付けがあったら、転入初戦で負けても1・2回は追ってみるという事が良いと思う。調教で動いているなど、買われる要素が加わればさらに良いと思う。この時期まで来ると500万下は全体的に層が薄くなって、ローカル開催もあって、有力馬が分散しやすい。転入馬の活躍する余地は拡大していると思う。ちなみに3/25の中京6R、ダート1400mの4歳上500万下では転入初戦のシャープシューターが1着。この馬についても、当てはまる。以前のJRA在籍時は、4走全て馬券圏内に入っていた。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26