2018年1回札幌6日目

開催一覧
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒3からプラス0秒5への変動、日曜がプラス0秒1からマイナス0秒3への変動だった。ここまで6日間の芝の馬場差を確認しておくと、4日目まではマイナス1秒台の数値で、速い時計の出るコンディションだった。しかし先週は、雨の影響を受け、前半2週よりも時計が掛かった。
 金曜から土曜の朝にかけてまとまった雨が降り、土曜は稍重。さらに土曜のレース中にも小雨が降ったため、馬場差は変動だが、変動幅自体はそれほど大きくはない。土曜から日曜にかけても少し雨が降ったが、土曜と同じ稍重でも、日曜朝の含水率は土曜朝の含水率より低く、最初の1Rの時点で馬場差はプラス0秒1。良馬場に回復した8R以降はマイナス0秒3だった。土曜は稍重でも1週目・2週目と比べて2秒近く時計の出方が異なっていたのは、洋芝オンリーの芝コースらしさで、日曜の後半は良馬場発表でも1週目・2週目と比べて1秒以上掛かっている。タイム比較の際は十分に注意したい。湿った馬場でレースが行われた事もあって、かなり芝の傷みが進行したはずだが、今週からの2回開催はCコースが使用さ、内側の傷んだ部分がカバーされる。1週目や2週目のような高速馬場までは戻らなくても、良馬場ならマイナス1秒を超える馬場差になる事が予想される。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス2秒4、日曜がマイナス2秒0だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、4日目までは水準かやや速いレベルだったが、先週は雨の影響で土日ともにマイナス2秒台になった。
 金曜から土曜朝にかけてまとまった雨が降り、土曜は不良馬場だった。そこから乾いて行きそうだったが、土曜のレース中にも小雨が降った事で、馬場差は一定で収まった。で、マイナス2秒4というかなりの高速馬場になった。土曜から日曜にかけても少し雨は降ったが、土曜より含水率が下がって重馬場。馬場差はマイナス2秒0と高速馬場のままだった。小回りコースのダートなので、前有利だが、先週はハイペースになる事が多く、そういうレースでは差しが決まっていた。ダート、特に小回りのダートは良でも稍でも重でも不良でも前が有利だが、先週のような高速馬場になると、前有利という意識が強すぎて展開が前がかりになって、その結果として差しが決まるという事はよくある。


  タイム分析
 2018/08/12 (日)  芝=+0.1 → -0.3  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 タイドオブハピネス    牡2 未勝利 1:11.5 +0.7 --- +0.6 +0.1 D C 7.00
3R T1200 ディアボレット    牝3 未勝利・牝 1:10.2 -0.1 --- -0.1 ±0 C C 5.17
4R T1500 コスモグラトナス    牡3 未勝利 1:30.6 +0.5 --- +0.5 ±0 D C 6.78
5R T1800 ミリオンドリームズ    牝2 新馬 1:51.2 +0.1 -0.6 -0.4 -0.1 B C 4.86
8R T1500 フライングレディ    牝5 500万下・牝 1:28.7 -0.7 --- -0.5 -0.2 B D 8.00
9R T1800 シンギュラリティ    牡4 500万下 1:50.2 +1.0 -0.7 +0.6 -0.3 D C 8.90
10R T2000 レッドローゼス    牡4 HTB賞1000 2:02.7 +1.3 -1.0 +0.6 -0.3 D C 7.50
 2018/08/12 (日)  ダ=-2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1700 サミットプッシュ    牡3 未勝利 1:45.4 -1.4 --- +0.6 -2.0 D D 6.80
6R D1000 キセキノムスメ    牝5 500万下 0:57.8 -1.2 -0.1 -0.1 -1.2 C C 6.86
7R D1700 ホッコーライデン    牡4 500万下 1:43.0 -2.7 --- -0.7 -2.0 B C 4.80
11R D1700 ハイランドピーク    牡4 エルムSG3 1:42.0 -1.3 --- +0.7 -2.0 D C (5.00)
12R D1700 ディアコンチェルト    牡6 報知杯H1000 1:43.0 -1.9 --- +0.1 -2.0 C C 6.50

札幌5R 2歳新馬 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。ミリオンドリームズが単勝1.7倍の支持に応えた。
1着 ミリオンドリームズ 
 ミリオンドリームズがしっかり伸びて差し切ったが、切れるという感じではなくて父Frankel・母父A.P. Indyという血統からイメージする通りの、パワー型の走りだった。先週も力のいる状態だった洋芝が合っていたのは確かであり、軽い芝でどうなのかが今後の課題となる。
2着 ポベーダテソーロ 
 2着ポベーダテソーロはレースが上手という印象。もちろん次走も上位候補だが、ブラックタイド産駒の傾向は知っておきたい。ブラックタイド産駒というのは、あまり人気がなくても新馬戦で好走する事が多くて、先週の土曜の新潟5Rで10番人気2着のマイネルエキサイトもブラックタイド産駒。ただし、新馬戦2着の次走の連対率が何と30%を切っているので、その傾向は頭に入れておきたい。
3着 マコトジュズマル 
 そして3着のマコトジュズマル、こちらはスローペースの逃げで止まってはおらず、伸び負けという感じだった。次走も上位候補となる。
5着 ギフトオブアート 
 それからチェックしておきたいのが5着のギフトオブアート。大きく出遅れて最後方からになったが、3コーナーから4コーナーまでかなり脚を使って、前との差を詰め、それでいて直線でもバテてはいなかった。
札幌7R 3歳上500万下 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。ホッコーライデンが降級2走目で一変した。
1着 ホッコーライデン 勝ち馬注目
 ホッコーライデンは2番手追走でそれほど手応えは楽ではありませんでしたし、直線でも楽には交わせなかったが、正攻法での勝利。過去の2勝はどちらも東京1600mでBランクだったが、東京1600mでも先行策から好タイムで勝てるぐらいですから、小回りコースで先行すれば当然の勝利だと言える。東京1600mの1000万では先行して9着だったが、小回りコースの1700mなら1000万でも好勝負になりそう。
2着 セイリスペクト 
 2着のセイリスペクトは出ムチを入れて何が何でもという逃げだったが、先週の馬場で900m54秒2というのは、それほど速くはない。作戦が上手く行ったと言えるが、直線でもしぶとかった。ハナさえ切れれば、力を発揮できる模様。
6着 カフェアトラス 
 前残りだった事を考えると、先行して6着のカフェアトラスは物足りない決着だが、こちらは先週のような高速馬場が合っていない可能性は感じる。
札幌8R 3歳上500万下・牝 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。前走まで7走続けて馬券圏内に入っていたフライングレディが、今回は3馬身半差をつけて勝った。
1着 フライングレディ 勝ち馬注目
 勝ったフライングレディは主に1800mと2000mに使ってきたが、初の1500mのしかも速めの流れでもついて行けなかった訳ではなく、あえて下げて脚を溜めていた。前が止まった事もあって、楽に差し切ったが展開に恵まれたという差し切り勝ちではなく、このぐらいの距離で脚を溜めると切れ味が増したという事だろう。かつて1度だけ1000万下で好走したのも1600mなので、このぐらいの距離が合う。この1500m前後なら1000万下でも差はないと思う。
2着 キャスパリーグ 
 2着のキャスパリーグは1200mでも1800mでも好走しているが、1400mから1600mで差せる展開になるのが、最も好走確率は高い。いずれにしても展開待ちというタイプですから、次走も展開次第とか言いようがない。
3着 デリスモア 
 3着のデリスモアは休み明けの影響なのか、4コーナー手前で仕掛けた時の反応がイマイチだった。早めにステッキが入って追い通しになっていたが、最後まで伸びてはいた。次は良くなりそうだが、ワークフォース産駒で先週のような時計の速くない洋芝は合っていたので、休み明けでの3着を過大評価するのも危険かなと思う。
札幌11R エルムS 重賞
 タイムランクはD・メンバーランクはCだった。ドリームキラリが先手を取ったが、勝負所でハイランドピークが外から並んで行った。好スタートから一気にハナを切ったドリームキラリのペースは900m53秒8、高速馬場の重賞としては、それほど速くなく、直線に入るとむしろ3番手以降は離れた。4コーナーでは先頭に並びかけていたハイランドピークがドリームキラリとの競り合いを制して重賞初勝利。交わされた後もドリームキラリは素晴らしい粘りで2着に残り、追い込んで来た3着ミツバには2馬身差をつけていた。
1着 ハイランドピーク 
 ハイランドピークが追い比べから抜け出して快勝。ハイランドピークは先行馬ペースに乗ったとは言え、正攻法での勝利で危なげは無かった。1番人気になったマーチSではスタートで躓き、平安Sに出走する予定で栗東に入ったら除外。美浦に戻したら東京の麦秋S除外とリズムを崩しかねない時期もあったが、予定通りにレースを使えてスタートが正常ならこのぐらい走るというのは、大体今年前半の圧勝圧勝の頃にわかっていた事。今後もダート重賞で活躍すると思う。
2着 ドリームキラリ 
 そして2着がドリームキラリ、3着がミツバで上位人気3頭が上位を占めた。2着のドリームキラリは何が何でも逃げで、なおかつマイペースに持ち込んだとは言え、直線で交わされてからも粘り強かった。逃げが好走条件なので、成績が安定するタイプでは無いが、常に注意が必要なタイプでもある。
3着 ミツバ 
 そして2着がドリームキラリ、3着がミツバで上位人気3頭が上位を占めた。3着のミツバはスタートダッシュが一息で1コーナーでは最後方。札幌の先行馬ペースでは間に合うはずがない位置取りだったが、上がり35秒8は断然の1位。直線での伸びは流石と言えるものだった。
札幌12R 報知杯大雪H 注目
 5着だった番組注目馬のメイショウエイコウについて。
5着 メイショウエイコウ 番組注目馬
 たまたまちょっと潜ろうとした時にゲートが開いて、横にヨレながら飛び上がって、ジョッキーが落馬寸前になっていた。もちろん前半は最後方になりましたし、3コーナーから追い上げようとしてもステッキが入りつつ、なかなか上がって行かなかった。ちょっと戦意喪失に近かったのではないかと推測するが、それでも直線では伸びていた。やはり能力は高いですし、今回は事故に近い参考外のレース。次走は改めて注目。

  馬券Summary
大物種牡馬の2年目産駒
 ディープインパクトの初年度産駒、2008年生まれにはリアルインパクトやダノンシャークなど、ダービーの後高齢まで活躍した馬はいるが、ダービーまでの期間に重賞を勝ったのはダノンバラード・トーセンラー・マルセリーナの3頭だけ。それぞれダービーまでは重賞1勝ずつだった。しかし、2年目つまり2009年生まれの産駒からはダービーまでに重賞を勝った馬が9頭出ていて、その中には三冠牝馬ジェンティルドンナがいた。キングカメハメハの場合も同様で、2006年生まれの初年度産駒でダービーまでに重賞を勝ったのは、函館2歳Sのフィフスペトル1頭だけだったが、2年目の2007年生まれからはダービーまでに重賞を勝つ馬が4頭出て、その中には三冠牝馬アパパネがいた。他にも朝日杯FSを勝ったローズキングダムが出ている。
ダービーまでに活躍できるかどうかと言うのは、もちろん馬の素質も重要だが、その素質は早いうちに開花させられるかどうかという育成技術も重要で、産駒の数が多い種牡馬の場合、その産駒の育成ノウハウが2年目に確立されるのだと思われる。特にノーザンファームの生産・育成馬に関しては、その傾向が顕著。
これら2頭の種牡馬と同じ、社台スタリオンステーションにけい養されているオルフェーヴルの初年度産駒、全体の勝ち上がりが遅かったという事は前回紹介したが、それでもダービーまでに重賞を勝った馬が3頭出ている。育成ノウハウが確立されたであろう、2年目の産駒。つまり今の2歳馬は傾向が変わってくる可能性がある。現時点でオルフェーヴル産駒は晩成と決めつけない方が良いだろうと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26