2018年2回小倉2日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒4、日曜がマイナス1秒4からプラス0秒8への変動だった。
 朝の含水率は土曜はゴール前6.3%、4コーナー8.6%。日曜はゴール前が7.1%で、4コーナーが7.5%。全体としてはほぼ同じで、馬場差も土曜と日曜の雨が降る前の馬場差は同じだった。日曜は台風の影響で雨が降ったので、馬場差が変動になった。特に雨が強くなった後半は一気に時計が掛かるようになって、1Rと12Rでは2000mに換算して2秒2も時計の出方が違った。なお、この開催は4週目までAコースが使用され、後半の2週はBコース使用となる。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒1、日曜がマイナス0秒1からマイナス0秒7への変動だった。
 朝の含水率だが、土曜がゴール前は2.6%、4コーナーは5.4%。そして日曜はゴール前が1.8%で4コーナーが2.6%だった。土曜日の4コーナーだけ含水率が少し高かったが、全体としては朝一の含水率は土日ほぼ同じで、土曜の馬場差と日曜の雨が降る前の馬場差は同じ。そして日曜は雨が降ったので、馬場差が変動となったが、2Rがマイナス0秒1で9Rがマイナス0秒7。芝と比べて変動の幅が小さいのは、雨が強くなる前にダートのレースが終了したため。3コーナーからマクって勝った馬はいるが、直線で差して来て勝った馬はいない。小回りコースのダートらしい結果になった。


  タイム分析
 2018/07/29 (日)  芝=-1.4 → +0.8  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 オーパキャマラード    牝2 未勝利 1:09.1 -0.5 --- +0.3 -0.8 D C 4.00
3R T2000 スマートレイブン    牡3 未勝利 1:59.1 -1.7 --- -0.3 -1.4 C D 7.08
5R T1200 コチョウジュニア    牡2 新馬・九 1:10.9 +1.1 -0.2 +1.6 -0.7 E E 6.87
6R T1200 アーデントリー    牡2 新馬 1:10.4 +0.6 --- +1.3 -0.7 E D 3.13
8R T1200 ファミーユボヌール    牝4 500万下・牝 1:07.8 -0.7 --- -0.3 -0.4 B C 7.71
10R T1800 タイセイアプローズ    牡6 不知火H1000 1:47.3 +0.9 -0.4 +0.5 ±0 D C 4.85
11R T1200 オールポッシブル    牝4 佐世保S1600 1:08.6 +0.9 --- +0.7 +0.2 D D 10.25
12R T1800 シャルルマーニュ    牡3 500万下 1:48.4 +1.3 --- +0.6 +0.7 D C 5.67
 2018/07/29 (日)  ダ=-0.1 → -0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1000 ノボリレーヴ    牝3 未勝利 0:59.6 +0.6 --- +0.7 -0.1 D D 4.44
4R D1700 ローズベリル    牝3 未勝利・牝 1:47.6 +1.3 --- +1.5 -0.2 E D 8.31
7R D1700 イシュトヴァーン    牡3 500万下 1:44.8 -0.4 --- +0.1 -0.5 C C 5.15
9R D1700 テルペリオン    牡4 響灘特別1000 1:44.6 +0.2 --- +0.9 -0.7 E C 6.58

小倉4R 3歳未勝利・牝 タイムSL
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
小倉5R 2歳新馬・九 タイムE
 基準より1秒6遅い勝ちタイムだった。
小倉6R 2歳新馬 タイムSL
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
小倉7R 3歳上500万下 注目
 特に1着のイシュトヴァーンと2着のスズカガルチについて。
1着 イシュトヴァーン 
 まず、このレースのラップだが900m通過54秒2の後、12秒7-13秒1とペースダウンしてそこからゴールにに向かって12秒6-12秒2と加速している。このペースで逃げ切ったイシュトヴァーンは、楽に息が入ったとも言えるが、このラップを刻める以上恐らく差しに回っても問題ない。ダートでは2戦2勝でもあり、1000万下でも差は小さいと見る。
2着 スズカガルチ 番組注目馬
 そして2着のスズカガルチだが、ペースが落ちている所で進出しているとは言え、その時に逃げていたイシュトヴァーンはもっと楽をしていた。さらに外を回った事を考慮すれば、ハナ差の2着は価値が高いですし、マクって脚を使った後に12秒2で走っているのも価値がある。左回りの前走は全く伸びなかったが、右回りの500万下なら上位の存在で、次走は有力だと思う。
小倉8R 3歳上500万下・牝 タイムB
 基準より0秒3速い勝ちタイムだった。ファミーユボヌールは距離短縮、今年初めての1200mで変わり身を示した。
1着 ファミーユボヌール 
 ファミーユボヌールは1600mからの距離短縮だったが、好スタートを切ってスンナリ好位に収まった。直線入り口ではキレイに前が開いての差し切り。かなりスムーズに運べて、ギリギリのBランクなので、昇級してすぐに通用するという感じはしない。
2着 フナウタ 
 2着のフナウタもスムーズなレース運びだったが、勝ち馬には完敗。それでも小倉ではレース内容も着順も安定しているので、次走も上位候補となる。
3着 トウカイレーヌ 
 3着トウカイレーヌは外枠から外を回った事が、内々だった上位の2頭との差になった。直線に坂があるコースだと伸びを欠くが、平坦コースで先行すれば凡走しないので、次走も小倉なら上位候補となる。
小倉9R 響灘特別 タイムSL
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
小倉10R 不知火特別 
11着 エアシーラン 通信簿
 11番人気11着だった。ちょっと狙いすぎだった。反省しています。ただし、続けて好走しない馬ですし、しばらくはハンデ戦限定で気長に追い続けたいと思う。
小倉11R 佐世保S 注目
 2番人気で9着だったオーヴィレールについて。
9着 オーヴィレール 
 4コーナーでは1頭だけ手応えが悪くて、そのままズルズルと後退してしまった。スタートから仕掛けて位置を取りに行ったためとか、雨で緩んだ馬場が堪えたなどの敗因が考えられるが、私は夏が苦手な馬なんだと思う。昨年は春の京都で1着・2着と来て、夏の小倉では1番人気で9着と15着。その次は少し間隔を開けて10月の京都で3着だった。その昨年10月の京都、3着だった時だが、この時はレース前に「前走は夏場の輸送も堪えた」というコメントが出ていて、暑さに弱いんだと思う。今回の敗因が、馬場などとされて、夏にもう一回使って人気が下がらないようだと、危ないと思うが逆にこのまま秋まで間隔を開けてくれば、一変も期待できると思う。
小倉12R 3歳上500万下 
3着 ショウナンサスケ 通信簿
 長谷川さんの危険馬だった。しかし、前走から半年以上間隔が開いているので、評価の対象外とする。

  馬券Summary
札幌のモレイラ
 J.モレイラ騎手が先週から短期免許で騎乗して、土日で7勝2着2回3着2回4着以下6回。特に土曜日はほとんど何でも来ちゃうという状態だったが、得意とか不得意はある模様。これまでも日本では札幌での騎乗が多くて、今年も主に札幌で乗るはずなので、先週までの札幌のコース別の成績を出すと、このようになっている。
札幌のモレイラ
連対率50%を超えるのがダート1700m・ダート2400m、そして芝1500m・芝1800m・芝2600m。距離が長い方が成績が良いとも取れるが、私はコーナーが多いコースが得意なのだと推測する。勝つときのレース運びを見ると、4コーナーの手前からスーッと上がって来て、直線入り口で先頭というパターンが多い。直線入り口で先頭というのが勝ちパターンなのは当たり前と言えば当たり前だが、これはいつも最初から先行している訳ではなくて、コーナーで上がって来る事が多い。コーナーでロス無く馬に負担をかけずに加速するのが上手いので、コーナーが多いコースで成績が良いのだと思う。ただし、コーナーが4つあるコース形態でも、芝の2000mはあまり良くない。っと言っても普通の基準ならすごい連対率だが、芝2000mはスタートから最初のコーナーまでが長くて、全体に占めるコーナーの割合が多くない。得意箇所が少ないという事、それが原因じゃないかと思う。今週以降もまぁモレイラさんが乗っているというだけの理由で、全て人気になりそうだが、信頼度が極めて高いコースと、信頼度が普通になるコースがあるという事は知っておきたい。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26