2018年1回中京1日目

開催一覧
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒1だった。
 暮れの開催のAコースからBコースへ移り、年末年始に2週間シート養生をしていたので高速化する可能性もあったが、昨年末より時計の掛かる馬場になっていた。月曜から火曜にかけての雨がどの程度影響していたのか判断できなかったが、もし先週の馬場に雨の影響があったのなら、今週は馬場差がマイナス方向に動く可能性はある。なお、土曜夜の雨は日曜の時計の出方に影響するほどではなかった。Bコース1週目でも内有利という馬場ではなく、外からの差しもよく届いていた。この開催は全てBコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒6、日曜がマイナス0秒5だった。
 月曜から火曜にかけて雨が降り、金曜に凍結防止剤が散布されて乾かなくなり、土曜は稍重だったが良馬場に近い状態だった。また、雨が降ってすぐに木曜日に凍結防止剤が散布された京都とは違って、粘りけのある馬場にはならず馬場差はマイナスだった。土曜の夜に雨が降ったが、日曜の方が乾いていて、日曜日は良馬場。ただし、馬場差は稍重だった土曜とほとんど変わっていなかった。1着馬だけ見れば、逃げ・先行馬が多いが、ダートでは普通の事。直線の長いコースらしく差し・追い込み馬も上位に来ていた。


  タイム分析
 2018/01/13 (土)  芝=-0.1  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
7R T2200 ドレーク    牡3 未勝利 2:15.7 +0.3 -0.6 -0.2 -0.1 C C 8.17
9R T2000 モザイク    牡4 500万下 2:02.7 +1.7 -0.5 +1.3 -0.1 E D 9.76
10R T1400 コウエイダリア    牝4 庄内川特500 1:21.6 +0.1 --- +0.2 -0.1 C C 7.39
11R T2000 エテルナミノル    牝5 愛知杯HG3 2:00.1 +1.2 -0.4 +0.9 -0.1 E D 7.19
 2018/01/13 (土)  ダ=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 グランデミノル    牝3 未勝利・牝 1:54.8 -0.4 --- +0.2 -0.6 C D 5.85
2R D1900 クリノカポネ    牡3 未勝利 2:03.9 +1.6 --- +2.2 -0.6 E D 10.36
3R D1200 ペルペトゥオ    牝3 未勝利 1:12.3 -1.2 --- -0.8 -0.4 A D 6.85
6R D1200 ボーサンシー    牡5 500万下 1:11.5 -1.0 --- -0.6 -0.4 B D 7.73
8R D1800 スズカフューラー    牡4 500万下 1:52.6 -1.0 --- -0.4 -0.6 B C 6.53
12R D1400 ダンツゴウユウ    牡4 伊良湖特1000 1:24.1 -0.3 --- +0.2 -0.5 C D 8.67

中京2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より2秒2遅い勝ちタイム。
中京3R 3歳未勝利 タイムA
1着 ペルペトゥオ 勝ち馬注目
ペルペトゥオが2番手から抜け出した。好スタートから2番手につけたペルペトゥオが直線で早めに抜け出し、差を広げて快勝した。血統からもこの堅い感じのフットワークからもダート短距離専門だと思うが、500万でもすぐに好勝負になるタイム。馬場差がほとんど同じだった日曜日の3歳500万ごぎょう賞より0秒7も速い。
2着 ミルトシャトル 
4馬身差の2着ミルトシャトル、さらに3着ツブラナヒトミもタイムは水準の勝ちタイムぐらい。次走が普通の組み合わせなら有力ということ。
3着 ツブラナヒトミ 
4馬身差の2着ミルトシャトル、さらに3着ツブラナヒトミもタイムは水準の勝ちタイムぐらい。次走が普通の組み合わせなら有力ということ。特にツブラナヒトミは初ダートでスタートでダッシュが鈍かったものの、外枠でスムーズだったとは言え、3コーナーまでに脚を使って追い上げて行き、直線に入って一旦離されてから伸びて来ての3着だった。次走は前進が見込めると思う。
中京6R 4歳上500万下 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。3ヶ月ぶりの実戦だったボーサンシーが前走7着から一変。
1着 ボーサンシー 
ボーサンシーはスタートは早くなかったが、すぐに2番手まで追い上げ余裕の抜け出しで快勝した。これで3勝全てがBランクという事になったが、その割に人気で凡走する事も多い馬。休みが多い事もあって、連続での好走がなく、狙い所が難しいタイプだが、1000万でも上位可能なタイムで楽勝しているので、次走がどうかはわからないがいずれは1000万でも通用するはず。
2着 マラードザレコード 
2着のマラードザレコードは前半でかなり押して行って前につけており、1200mは忙しいのだと思う。今回外枠だったので、追い上げて行けたが内枠だと難しかったかもしれない。これまでは1400mで好走しているので、次走は1400mに出てくれた方が馬券は買いやすい。
3着 レンズフルパワー 
3着のレンズフルパワー、鋭さは感じないがジワジワと伸びて来た。ただ、この馬はいつもこんな感じで結果的に何着になるのかは他の馬次第というタイプ。次走も連下級という評価が妥当だと思う。
中京8R 4歳上500万下 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。前2走ともに中京ダート1800mで2着だったスズカフューラーが今回は1番人気に応えて勝った。
1着 スズカフューラー 
オーナーの地元で勝負体制という事もあるが、西の競馬場のダートでは中京が最も差しやすいという事で、スズカフューラーは中京ダートでは安定している。今回はギリギリのBランクで、なおかつ目一杯に追っていますから、1000万ですぐに通用するとは言えないが、この馬が中京を得意としているという事は覚えておきたい。
2着 テイルバック 番組注目馬
テイルバックは今回ブリンカーを着用して、なおかつ距離を伸ばして先行できた事が最大の好走要因だと思うが、直線でナポレオンズワードとの競り合いを制しているのもポイントが高い。これはどう見てもまぐれではないので、次走も要注意。
3着 ナポレオンズワード 
3着のナポレオンズワードは左回りで好走して右回りで凡走するというのを交互に繰り返しているが、実は中山の未勝利戦では好走しているので、左回りだと走るという風には断定できない。私は、好走が連続しないタイプなのではないかと推測する。従って次走はちょっと疑いたい。
4着 レッドウィズダム 
4着のレッドウィズダムは直線でスズカフューラーの後ろにいて砂を被っていたが、スズカフューラーとの距離が離れると伸びて来た。休み明けだった上に厳しい競馬になったので、次走は前進できそうだが、どうにも人気先行型なので、馬券の期待値は高くないような気がする。
中京9R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイム。
中京10R 庄内川特別 注目
5着 エイシンミノアカ 
5着だったエイシンミノアカ。直線に入ってしばらく進路がなく、仕掛けが少し遅れたが最後の最後、坂を登ってからは勢い良く伸びていて、スムーズならと思えるレース内容だった。ただ、この馬はこれまで中京で勝った時も昨年3月に中京で500万3着だった時もスムーズだったのですが、伸びたのは坂を登ってから。平坦コースの方が良いと思うのだが、小倉や福島の1200mでは忙しすぎて置かれて間に合わないと。狙いがピンポイントになりすぎるが、新潟の1400mか1600mに出てこないかなぁと以前から待っていますので、もし春の新潟に出てきたら狙いたいと思う。
中京11R 愛知杯 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイム。
 タイムランクE・メンバーランクはDだった。前半は2番手にいたクインズミラーグロが早めに先頭に立って直線。前半1000mが1分0秒3で後半1000mが59秒8だが、前半が登り坂のコースなので、やや遅いという程度。4コーナーでペースが上がりつつ、馬群が固まり横に広がっての追い比べになった。残り200mで好位からエテルナミノルが抜け出し、その後ろから馬の間を通ってリカビトスも伸び、さらに外からレイホーロマンスとマキシマムドパリが差して来たがエテルナミノルが押し切って、重賞勝ち。2着がレイホーロマンス、3着がマキシマムドパリだった。
1着 エテルナミノル 
エテルナミノルは晩成血統のエンパイアメーカー産駒らしく、ここへ来て力をつけており、出遅れて強引なレース運びになったターコイズSとは違って好位でスムーズなレースができた事も勝因の1つ。タイムランクはEだが、完全タイム差プラス0秒9というのは牝馬限定のGIIIとしてはまぁ普通。今後も牝馬限定戦なら上位候補。
2着 レイホーロマンス 
2着レイホーロマンスは、後方から上がり34秒0で間に合う馬場と展開が良かったのではないかと、後付けではこんな感じの解説になるが、驚きの好走だった。個人的な反省としては1000万勝ち直後のメイズオブオナーに本命をつけるようなメンバーですから、同じ1000万勝ち直後のレイホーロマンスが全くノーマークというのは筋違いだったなと。
3着 マキシマムドパリ 
3着のマキシマムドパリ、昨年の勝ち馬だが牝馬のハンデ56キロというのは、やっぱりキツいと思う。
4着 リカビトス 
4着のリカビトスと5着メイズオブオナーはまだ1600万に出走できるが、ハンデが51キロと50キロだった。重賞で上位に来たからと言って、例えば定量戦の牡馬相手の1600万なら好勝負になると、そういう風には考えない方が良いと思う。
5着 メイズオブオナー 
4着のリカビトスと5着メイズオブオナーはまだ1600万に出走できるが、ハンデが51キロと50キロだった。重賞で上位に来たからと言って、例えば定量戦の牡馬相手の1600万なら好勝負になると、そういう風には考えない方が良いと思う。
17着 タニノアーバンシー 通信簿
大川さんが危険馬として挙げられたタニノアーバンシー2番人気で17着だった。現状では1600万でも厳しいと思って次走危険馬にしているが、重賞で謎の2番人気。私も信用されていないが、母ウオッカのブランド力なのか、これがジョッキー人気なのかわからないが、人気は別として妥当な結果かなと思う。

  馬券Summary
中山ダート1200mはなぜ外枠有利なのか
 中山ダート1200mと言えば、外枠有利。
中山ダート1200mはなぜ外枠有利なのか1
これは数字にもハッキリ出ているが、よく言われる「外枠の方がスタート直後の芝の部分を長く走れるから有利」というのはちょっとはあるのだろうが、根拠としては正しくないと思う。ちなみに、同じ芝スタートのダート、例えば京都ダート1400mは外枠不利でもないが、外枠有利でもない。この一般論としてスタートから最初のコーナーまでの距離が長いほど外枠有利になりやすく、その後のコーナーの半径が小さいほど外枠有利になりやすいという事がある。スタートから最初のコーナーまでが長いと最初のコーナーに入るまでに馬群が縦長になりやすく、外枠でもその後極端に外を回る必要もなく、距離損が少ない。そしてコーナー半径が小さいと内ピッタリを回った場合に窮屈になりやすく、外で伸び伸びと走っている事のアドバンテージが大きいという事。
中山ダート1200mはなぜ外枠有利なのか1
中山のコース図。中山ダート1200mというのは、スタートから最初のコーナーつまり、3コーナーまでおよそ500mある。なおかつ、コーナーの半径というのが、小回りコースと言われている札幌よりも小さい。外枠有利になる要素が2つ揃っているだけであって、芝を長く走れるかどうかはあまり関係ない。また、中山ダート1200m、スタートからずーっと下り坂が続く。なので、前半のペースが速くなりやすく、従って3コーナーでは縦長になっている確率が高い。外を回る不利が非常に小さい上に、内の先行馬が急激にバテて下がってくる事も多く、内の好位にいると特に不利を受けやすいという事。
 ちょっと話が京都に飛ぶが、京都ダート1400m。こちらはスタートから3コーナーまでおよそ600mとかなり長いが、その前半部分が登り坂でペースが上がりにくくてなおかつその後3コーナー・4コーナーが大きい。そのため外枠有利と言うほどではなくなっている。話を中山ダート1200mに戻すと外枠有利なのは、このコースの形によるものであって、スタート地点の芝はそれほど関係ない。内の好位にいると、先行した馬がバテて来た、下がってきた時に不利を受けやすいが、内から先行してなおかつバテないだけの力がある馬なら、それは関係ないという事。近年は中山ダート1200mですら、超ハイペースが減っているので、内枠の先行馬を内枠だからという理由で嫌うのは得策ではないと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26