2018年2回京都2日目

開催一覧
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒9、日曜がプラス0秒8だった。京都は連続開催ですので、さかのぼって9日間の馬場差を確認しておくと、1回開催の初日・2日目はマイナス0秒6だが、その後は全てプラスの数値。
 先週から2回開催に入ったが、Bコースに替わったが、プラス1秒に近いレベル。そもそも昨年秋の開催で雨の影響を強く受けたコンディションで、年明けの開催がスタートした上、先週は良馬場発表とは言え、雪や雨の影響が残っていた。なお、連対馬について脚質には目立った偏りはなかったが、内を立ち回った馬が優勢だった。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒9、日曜がプラス1秒0だった。さかのぼって9日間の馬場差を確認しておくと、1回開催3日目後半を除くと全てプラスの数値。
 土日ともに稍重だったが時計の掛かる馬場だった。これはちょっと凍結防止剤の影響だろう。先週を含め、1回開催4日目以降は稍重か重馬場だったが、脚抜きの良い馬場ではない点を改めて強調しておきたい。このように特殊とも言えるコンディションではあるが、連対馬の脚質に偏りは見られなかった。


  タイム分析
 2018/01/28 (日)  芝=+0.8  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2200 ノストラダムス    牡3 未勝利 2:16.2 +0.7 -0.3 -0.5 +0.9 B D 5.73
6R T1600 アシュリン    牝3 新馬 1:36.7 +0.9 --- +0.3 +0.6 C C 6.53
9R T1200 オジョーノキセキ    牝3 若菜賞500 1:10.4 +1.0 -0.1 +0.4 +0.5 D C 5.82
10R T1800 トリコロールブルー    牡4 飛鳥S1600 1:48.2 +2.2 -0.5 +1.0 +0.7 SL D 4.44
11R T1200 ファインニードル    牡5 シルクロHG3 1:08.3 +0.4 --- -0.1 +0.5 C C 7.47
 2018/01/28 (日)  ダ=+1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1200 ペプチドプラム    牝3 未勝利・牝 1:14.4 +1.4 --- +0.7 +0.7 D D 8.33
2R D1800 ハーベストムーン    牡3 未勝利 1:56.2 +1.9 --- +0.9 +1.0 E D 6.08
3R D1400 ノーウェイ    牡3 未勝利 1:26.2 +0.3 --- -0.5 +0.8 B D 4.54
4R D1900 メガフレア    牡4 500万下 2:01.2 +1.8 --- +0.7 +1.1 D D 5.63
7R D1200 イサチルホープ    牡6 500万下 1:13.3 +1.4 --- +0.7 +0.7 D D 6.00
8R D1400 ヴィルデローゼ    牝4 500万下・牝 1:26.4 +1.9 --- +1.1 +0.8 E D 9.82
12R D1800 ベストセラーアスク    牝7 1000万下 1:54.1 +2.3 --- +1.3 +1.0 E D 8.08

京都2R 3歳未勝利 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
京都3R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。これまで3走全て馬券圏内に入っていたノーウェイが今回初勝利を挙げた。
1着 ノーウェイ 
 勝ったノーウェイだが、デビュー3戦全て1400mを使って3着・3着・2着。流石にそろそろ勝てる番だった。昨年夏にも取り上げた新種牡馬ヘニーヒューズの産駒。同産駒はダートを中心に活躍中。芝も走らない訳ではないが、現3歳世代でダートでは166戦して3着内率41%。複勝回収率114%というのだから恐れ入る。人気は無くてもダートなら買っておくべき種牡馬と言えるだろう。
2着 アカツキジョー 
 2着アカツキジョーは初めてのダートだったが、逃げて粘った。兄弟ダートに実績ありますし、いずれ勝ち上がる能力はあるだろう。
3着 スマートアルタイル 
 次走狙うなら1番人気で3着だったスマートアルタイルの方だろう。今回スタートがもう一つで、5番手になってしまって前残りを許してしまった。ダート短距離向きの先行力はありますし、崩れないのは魅力。そしてこの馬もヘニーヒューズ産駒。
京都5R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒5速い勝ちタイムだった。まずはスタート。6枠のナポリタンそれから7枠のノストラダムスが遅れた。ただ、ノストラダムスは向正面で動いて4コーナーでは逃げるマサハヤニースに並んで行く。後続はやや離され、前の2頭の争いとなる。そしてノストラダムスが追い比べから抜け出して1着となった。ゴールが近づいて後続も差を詰めて来たが、マサハヤニースが粘って2着。そしてクビ差でイペルラーニオが3着となった。
1着 ノストラダムス 
 これまで5走全て馬券圏内に入っていたノストラダムスが6走目で勝ち上がった。勝ったノストラダムスは2コーナー過ぎの向正面でスパート。3コーナーでは2番手に取り付いて、4コーナーでは外めから逃げるマサハヤニースに並びかけ、直線ビッシリと競り合って競り落とした。元々出遅れ癖のある馬で、掛かるシーンも見せて来た。舌をくくったり、馬具を工夫して対応していたが、5戦連続で2着・3着。勝ちきれないレースが続いていた。今回は前走同様、向正面スパートになったが、直線に向いても余裕十分で逃げ馬を競り落とした。徐々に気性面の成長も見られるだけに、上のクラスでも通用する可能性はあるんじゃないだろうか。
2着 マサハヤニース 
 2着マサハヤニースは初めて逃げる作戦。これがハマった。次も上手く行くかはどうだろうか。
4着 ピボットポイント 
 次走狙うなら1番人気で4着のピボットポイント。馬群に囲まれて出すところがなくて、3コーナーではかなり後方に置かれてしまった。4コーナー手前から外に出して追い上げたが、流石に一歩届かないというレースだった。内枠が災いした格好ではある。飛鳥Sを勝ったトリコロールブルーの半弟ですし、血統的にも注目したい。
京都7R 4歳上500万下 注目
 今後狙って面白い馬がいるので取り上げる。
2着 リッカクロフネ 
 8番人気で2着したリッカクロフネ。以前は後方からしか行けなかったが、昨年7月の中京で12番人気だったが、3番手を進んで粘って3着。それ以来比較的前で運べるようになった。ここ2走は4・5番手で、今回は2番手。イサチルホープに最後差されてしまったが、逃げたリガスを交わして2馬身半差をつけ、2着に粘り込んでいる。6歳だが、まだまだ老け込むには早い。堅実なタイプではないので、ダメでもしばらく追いかけてみたいと思う。
京都8R 4歳上500万下・牝 タイムE
 基準より1秒1遅い勝ちタイムだった。
京都10R 飛鳥S タイムSL
 前半・中盤が遅く補正しきれずスローの扱いとする。
  補足しておく。上がり800mの競馬になったが、4コーナーで大外に出したトリコロールブルーがインから逃げ込もうとしたプロフェットを頭差捕らえた。
1着 トリコロールブルー 
 勝ったトリコロールブルーだが、菊花賞以来約3ヶ月ぶりの実戦だったが、プラス6キロも太め感はなく仕上がっていた。菊花賞ではちょっと長かったですし、あの不良馬場で15着もノーカウントだろう。中距離で良さが出る馬と言えると思いますし、これでオープン入りで今後に期待が持てそう。
3着 テーオービクトリー 
 2着以下では3着テーオービクトリーに注目したい。前走は初めての東京で気を遣った感じだったが、このレースができるならいずれ1600万は卒業できるんじゃないだろうか。
京都11R シルクロードS 重賞
 タイムランク・メンバーランクともにCだった。セイウンコウセイがハナに立った。セイウンコウセイのハナには驚いたが、ダイアナヘイローが競りかけなかったので、道中マイペースだった。むしろ遅いぐらいのペースになった。淡々としたペースで直線に向いて、最内をピッタリ回って来たファインニードルがあっさり抜け出して快勝。セイウンコウセイが粘って、差し・追込馬は外から一気に押し寄せたが、3着までというレースになった。
1着 ファインニードル 
 ファインニードルが勝って重賞2勝目を挙げた。ファインニードルは元々内を捌くのが上手い馬ですから、枠がかなり味方した感がある。ペースが楽で、ちょっとこれは勝って下さいというレースになった。
2着 セイウンコウセイ 
 トップハンデのGIホース、セイウンコウセイが粘って2着だった。夏場が良くないのかしばらくスランプ状態だったが、前走からようやく行きっぷりの良さが見え始めていた。今回は楽に逃げられたのが大きかったと思うが、高松宮記念に向けて良い事になった。
3着 フミノムーン 
 3着フミノムーンだが、人気はなかったが時々一発のある馬。前の2頭とは、通った距離が違うが、これが精一杯だったがよく走っていると思う。
4着 カラクレナイ 
 4着カラクレナイは初の1200mで新しい味を出した。まだ4歳で今後の飛躍もあると思う。
5着 ナックビーナス 
 5着ナックビーナスはスンナリ3番手でまぁもう少しなんとかして欲しかったが、展開に恵まれた割にはもう一つだった。
京都12R 4歳上1000万下 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。

  馬券Summary
現3歳世代ダート種牡馬ベスト5
 ダート戦線たけなわですので、今年の3歳ダート戦線、新種牡馬が活躍して従来とは大分様相が違っている印象がある。ここで1度まとめておきたいと思う。先週までのJRAダート競走の種牡馬成績ベスト5の表をご覧下さい。
現3歳世代ダート種牡馬ベスト5
 なんと言ってもヘニーヒューズの活躍がダート戦線を変えたと言えるだろう。勝ち鞍は他を圧倒して2位以下の倍近くある。しかも連対率・複勝率ともに2位と。さらに複勝回収率4位に入っていて、これだけ活躍しているのに、回収率も高いという事なのですから、まだ完全にはバレてはいない。今だからこそヘニーヒューズ買いたいなという結論が出る。連対率・複勝率はキングカメハメハが1位だが、キングカメハメハ産駒はどうしてもダートでも人気になってしまう傾向にある。これなら、連対率・複勝率ともに高いハードスパン。それから勝ち鞍は少ないものの、単複の回収率で1位のスマートファルコンが狙い目じゃないだろうか。2月はダートが馬券成績分けるので、この辺りを踏まえつつダート戦線を効率的に狙ってみてはいかがでしょうか。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26