2018年4回中京1日目

開催一覧
2018/12/28 (金)
中山 阪神
2018/12/23 (日)
中山 阪神
2018/12/22 (土)
中山 阪神
2018/12/16 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/15 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/09 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/08 (土)
中山 阪神 中京
2018/12/02 (日)
中山 阪神 中京
2018/12/01 (土)
中山 阪神 中京
2018/11/25 (日)
東京 京都
2018/11/24 (土)
東京 京都
2018/11/18 (日)
東京 京都 福島
2018/11/17 (土)
東京 京都 福島
2018/11/11 (日)
東京 京都 福島
2018/11/10 (土)
東京 京都 福島
2018/11/04 (日)
東京 京都 福島
2018/11/03 (土)
東京 京都 福島
2018/10/28 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/27 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/21 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/20 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日ともにマイナス1秒4だった。
 雨が降らず乾いた馬場で、昨年の同開催と比べても速い時計が出るコンディションだった。ちなみに昨年はマイナス0秒9でスタートし、ずっと良馬場で6日目はマイナス0秒6。今年も雨の影響を直接受けなければ、馬場差は大きく変わらないと思われるが、以前より排水性が良くなってるとは言え、中京芝は雨の影響を受けると一気に時計が掛かるようになるので、注意したいところ。先週は先行馬の好走が多かったが、スローペースが多かった影響もある。日曜日はスローでも差し・追い込み勝ちがあって、特に先行有利という馬場ではなかったことは確か。3週開催で行われる4回中京は全てAコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は、土日ともにマイナス0秒7だった。
 ほとんど雨が降らず完全に乾いた良馬場だったが、馬場差はマイナス0秒7。とは言え、7月の中京は完全な良馬場でもマイナス1秒台の馬場差だったので、それよりは時計が掛かっている。で、この中間クッション砂を洗った事がその要因と思われるが、以前と比べて良馬場でも時計が速いことに変わりはないと言うか、それは確か。昨年のこの開催と同じ推移をたどるとすれば、気温の低下とともに時計が掛かるようになるはずだが、それでも馬場差はマイナスのままかもしれない。土曜は7鞍中4鞍が逃げ切りで、日曜は勝ち馬6頭中5頭は4コーナー3番手以内。まぁ直線が長いとは言え、全体としては先行馬の好走が多いのは、まぁダートというコース。ただ、2着には結構差し馬が来ていた。


  タイム分析
 2018/12/01 (土)  芝=-1.4  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T1200 メジャーハリケーン    牡2 未勝利 1:09.3 -0.7 --- +0.1 -0.8 C C 9.13
6R T1400 ディアボレット    牝3 500万下 1:20.4 -1.1 --- -0.1 -1.0 C D 8.06
9R T2000 アロハリリー    牝3 500万下・牝 2:00.9 -0.1 -0.5 +0.8 -1.4 D D 9.00
10R T1600 ダノンチェイサー    牡2 こうやま500 1:34.7 -0.6 -0.6 -0.1 -1.1 C C 4.25
11R T1200 イエローマリンバ    牝3 浜松SH1600 1:08.1 -0.2 --- +0.6 -0.8 D D 8.69
 2018/12/01 (土)  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 ロードリバーサル    牡2 未勝利 1:55.7 +0.3 --- +1.0 -0.7 E D 7.38
2R D1200 エトワールブリエ    牝3 500万下・牝 1:12.1 -0.4 --- +0.1 -0.5 C C 8.50
3R D1900 サノノカガヤキ    牡5 500万下 1:59.5 -1.0 --- -0.3 -0.7 C D 7.86
5R D1800 マイアフェクション    牡4 500万下 1:53.7 +0.1 -0.4 +0.4 -0.7 D D 6.31
7R D1200 イナズママンボ    牝4 500万下 1:12.7 +0.2 --- +0.7 -0.5 D D 6.92
8R D1800 ダノンスパーク    牡5 500万下・若 1:53.5 -0.1 --- +0.6 -0.7 D D 7.36
12R D1400 クリノフラッシュ    牝3 高山特別500 1:24.9 -0.2 --- +0.3 -0.5 D D 5.43

中京1R 2歳未勝利 タイムE
 基準よりも1秒0遅い勝ちタイムだった。
中京4R 2歳未勝利 
2着 カステヘルミ 通信簿
 2番人気2着だった。中山芝1200mに出走したかったんだけど、できなくて中京へ遠征。それで身体も減っていましたし、ちょっと相手も悪かった。次走も有力だと思う。
中京5R 3歳上500万下 注目
 3着だったプエルタデルソルについて。
3着 プエルタデルソル 
 この中京で1周する距離のレースというのは、前半がズーッと上り坂なので、ラップはスローになるのが普通だが、それでも1000m通過1分4秒2というのは遅くて、その後もペースはあまり速くならなかった。そのためラストの400mが11秒7-12秒3と速くなって、前に行った2頭が後続を千切ったが、完全な前残りの展開で、離れた3着とは言え、直線で追い込んで来た。これまで休み明けで好走した事がない馬でもあって、今回中9週と間隔が開いていた事も考慮すれば、次は良いと思う。今年の1月に500万下を勝っていて、続く1000万でも2着したように、このクラスでは力が上。
中京10R こうやまき賞 
1着 ダノンチェイサー 通信簿
 1番人気1着だった。いや、追い出してからもたもたして、ヒヤヒヤしたが、何とか勝ってくれた。で、今回の内容程度だととても重賞で通用しそうにはないが、1600mは合っていたと思う。
中京11R 浜松S 注目
 10着だったオーヴィレールについて。
10着 オーヴィレール 
 これ18頭立ての1200mで、ペースが遅かったので、直線に入ってもバテる馬がいないので、馬群が固まったままだった。そのためウチで詰まっている馬が何頭かいたが、最もひどかったのがこの馬。で、一瞬最内が空いたので、そこを狙って追い出したらサッと閉まってしまって、ブレーキ。そこからはもうほとんど馬なりで、最後の方で後ろをちらっと確認しながら追っていたが、完全に脚を余していた。1月の中京芝1200mで2年連続で1600万2着があるように、寒い時期は調子が良いですし、中京も得意。かなり人気も下がってきましたし、次走は狙えると思う。
10着 オーヴィレール 解説推奨
 この馬、夏の小倉で2番人気で9着なった時に、私は暑さに弱いとコメントしていた。ようやくこの馬の得意な季節がやって来た。そのタイミングでこういう、壮絶なイン詰まりですから、なんともついていない。この10着で果てしなく人気が下がることを期待できる。で、私はスケベなのでこういうのには飛びついてしまうが、これまで12月と1月というのは、今回を除けばすべて1600万下で3着・2着・2着ですから、狙える根拠はちゃんとあると思う。

  馬券Summary
東京ダート1600mと中山ダート1800m
 秋に東京が2開催連続で行われて、冬は中山が先週から連続2開催行われるが、12月の中山には当然のことながら、前走が秋の東京だった馬が多く出走して来る。まぁコース替わりでどうなのかという判断が必要になる場面が多くなるが、近い条件なのに全く性質が違うコースの代表例として、東京ダート1600mと中山ダート1800mを取り上げる。具体的には東京ダート1600mで好走した馬が中山ダート1800mでどうなるんだろうかという事。
東京ダート1600mと中山ダート1800m
 この表、わかりにくいかもしれないが、前走が東京ダート1600mのタイムランクがAランク・Bランクだった馬が、中山ダート1800mに出走してきた時の成績。集計期間は2013年の頭から今年の4回中山まで。パッと目に付くのが前走2着馬の成績があまり良くないことで、東京ダート1600mを好タイムレースで2着に来た馬が、次走が中山ダート1800mだと連対率50%を切ってしまう。その前走2着馬の詳細を見てみると、東京ダート1600mで差して好走していた馬が、中山ダート1800mに出て来ると危なっかしいということが分かると思います。東京ダート1600mはJRAのダートのコースでは、最も差しが決まるコースなので、あそこで差して好走していても、先行寄りの中山ダート1800mでは信頼度が低いというのは、まぁデータを持ってくるまでもなくわかるが、データにもハッキリ出ているということ。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26