2018年2回中山2日目

開催一覧
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒4だった。
 Cコースを使用していた1回中山から仮柵を外して今開催Aコースだが、その内側が開いたからと言って、1回開催と比べ、それほど高速化はしなかった。さらに先週木曜日から金曜日にかけて雨が降ったが、その影響は小さく、普通の良馬場だとこのぐらいのタイムが出る馬場なんだと思う。2回中山開催のうちは雨の影響が無ければ先週ぐらいの馬場で推移すると思う。ただし、3回中山に入ると芝が生長して、速い時計が出やすくなる、高速化して行くのが例年の傾向なので、その点には注意したいところ。仮柵を外したとは言っても、内が極端に良いコンディションという馬場ではなく、馬場の中程を通る差し馬の好走も多かった。春の中山の連続開催は次の3回中山1週目までの5週はAコースが使用される。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒7。1200m対象の数値は土日ともにプラス0秒3だった。
 木曜から金曜にかけて雨が降ったが、1回中山とは違い凍結防止剤が入っていないので、乾くのが早く、土曜日には既に良馬場になっていた。土日とも乾いた良馬場で、時計は掛かっていた。パワー勝負の馬場で、大型馬の好走が多くまだ冬のダートというイメージ。雨の影響がなければしばらくは、こんな感じの馬場でしょうから、引き続き大型馬は要チェックとなる。


  タイム分析
 2018/02/25 (日)  芝=-0.4  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
5R T2200 ロードジパング    牡3 未勝利 2:16.8 +0.8 -0.7 +0.5 -0.4 D D 8.71
6R T1800 メサルティム    牝3 500万下・牝 1:49.8 +0.9 -0.3 +1.0 -0.4 SL C 7.15
8R T1600 アルトリウス    牡4 500万下 1:35.2 +0.3 --- +0.6 -0.3 D C 7.20
9R T1200 カイザーメランジェ    牡3 黄梅賞500 1:09.1 -0.3 --- -0.1 -0.2 C D 8.00
11R T1800 ウインブライト    牡4 中山記念G2 1:47.6 +1.1 --- +1.5 -0.4 E B 6.38
 2018/02/25 (日)  ダ=+0.7 / 1200m=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 カグラヤルージュ    牝3 未勝利・牝 1:58.5 +2.8 --- +2.1 +0.7 E D 7.23
2R D1200 ウメタロウ    牡3 未勝利 1:13.4 +0.5 --- +0.2 +0.3 C D 10.79
3R D1800 ライクアロケット    牡3 未勝利 1:58.1 +2.4 --- +1.7 +0.7 E C 7.07
4R D1200 タイセイシュラーク    牡3 新馬 1:13.4 +0.3 --- ±0 +0.3 C D 9.27
7R D1800 グッドラックサマー    牡4 500万下 1:55.2 +1.2 --- +0.5 +0.7 D D 9.67
10R D1200 ハットラブ    牝4 ブラッド1600 1:11.3 +0.6 --- +0.3 +0.3 D D 8.00
12R D1200 メイショウオルソ    牡5 1000万下 1:11.7 +0.4 --- +0.1 +0.3 C D 7.77

中山1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より2秒1遅い勝ちタイムだった。
中山3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒7遅い勝ちタイムだった。
中山6R 3歳500万下・牝 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
中山8R 4歳上500万下 注目
 13着だったサルダーナについて。
13着 サルダーナ 
 まず出遅れてしまって最後方からになるが、この後ズーッとカーブが続く中山1600mで外を回って追い上げるとロスが大きいので、ちょっと我慢していた。結局3コーナー・4コーナーの中間地点でかなり外を回って追い上げる羽目になってしまった。4コーナーでは内から8頭分ぐらい外を回っていて、脚を使っていても差を詰め切れないという最悪の展開。直線で伸びてはいるが、直線に入るまでのロスが大きすぎた。最後方から上がり35秒2では平凡に映るが、走っていたコースを考慮すると600mより大分長く走っているので、仕方ない。普通のスタートから流れに乗れれば巻き返せると思う。
中山9R 黄梅賞 
2着 ラストプリマドンナ 通信簿
 日曜中山9R黄梅賞で1番人気2着だった。決め手の差と言えば、それまでだが少し行きたがった面も見られ、気性的に一本調子の気もしている。現級はすぐ勝てるだろうが、その上となるとどうでしょう。
中山11R 中山記念 タイムE
 タイムランクがE・メンバーランクはBだった。スタートでペルシアンナイト・マイネルハニーが遅れた。そして予想通りマルターズアポジーが逃げて行く。1000m通過59秒2はハイペースでもないが、逃げたマルターズアポジーと2番手アエロリットは離れていて、さらにそこから後ろも離れていた。3番手以下はスローペースだったが、4番手のウインブライトが3コーナー過ぎからスパート。直線入り口で前を射程圏に入れるとしっかり伸びて差し切った。2番手追走からしぶとく粘ったアエロリットが2着。そして逃げたマルターズアポジーが3着と先行した馬が上位に入った。
 基準より1秒5遅い勝ちタイムだった。
1着 ウインブライト 
 ウインブライトは前半はスロー。残り1000m付近からペースアップする流れが得意で、自身のラップは今回もそういうパターンだった。コーナー4回の1800m・2000mだとこのパターンに持ち込みやすいので、安定している。好走しやすい条件がハッキリしているので、狙いを立てやすい馬で、春のGIで言うと大阪杯や宝塚記念は合っている。ただ、現時点ではそういうコースでもGIではまだ切れ負けするとは思う。そしてこのレース、タイムランクEだが、レースラップを見たらスローペースではない。ただし、前の2頭を除くと超スローペース。実際勝ったウインブライトは、前半4番手で進んで自身のラップで言うともうSLに区分されるようなレース。なので、タイムが遅いこと自体はウインブライトに関しては、そんなに気にしなくて良いと思う。
2着 アエロリット 
 2着争いは前に行った馬の接戦となり、アエロリットがアタマ差でマルターズアポジーを抑えた。2着アエロリットは直線入り口でウインブライトに交わされ、そのまま下がってしまうようにも見えたが、そこからしぶとかった。秋華賞のようなまともなハイペースにならない限り、先行した時には崩れていない。牡馬相手に好走しても牝馬同士の切れ味勝負になると厳しいというタイプで、相手が強くて人気が無い時の方が馬券の期待値は高い。この後ヴィクトリアマイルに直行するという事だが、東京1600mで上がりの上がりの速い競馬になってしまうと、たぶん切れ負けするので自力で先行してある程度の流れを作りたいところ。
3着 マルターズアポジー 
 3着マルターズアポジーは逃げてしまえば少々ペースが速くても粘れるところを今回も見せた。今回に関しては他の逃げ候補、具体的にはマイネルハニーだが、これがスタートでアオって行けなかったという事も幸いしたが、少々ハイペースでも逃げればしぶといというタイプは乗り方に迷いがありませんし、自分の好走パターンに持ち込みやすい。
4着 サクラアンプルール 
 4着サクラアンプルールは伸びそうで伸びなかった。結果的には直線に入るまでの追い上げで脚を使ってしまった模様。
5着 ペルシアンナイト 
 1番人気のペルシアンナイトが5着、3番人気ヴィブロスは8着だった。ペルシアンナイト、出遅れましたし縦長になっていてもハイペースではないという展開に負けたという内容だが、こういう脚質なので人気を背負っている時に信頼度が高いタイプでは無いと思う。
8着 ヴィブロス 
 1番人気のペルシアンナイトが5着、3番人気ヴィブロスは8着だった。そしてヴィブロスは8着とは言え0秒5差。紫苑S2着があるとは言え、中山内周り向きではなく、昨年も中山記念は0秒3差の5着だった。ステップレースだと割り切れば、悲観する必要は無いと思う。
中山12R 4歳上1000万下 
5着 ブレイヴバローズ 解説危険
 前半600m34秒7という中山ダート1200mでは未勝利戦並のペースで逃げながら5着だった。バテていると言うよりは、交わされた瞬間に止めているという負け方なので、気性面が成長すれば変わりそうではあるが、もうキャリア14戦の4歳馬ですから、急には変わらないと思う。今回のような内容のない5着で次走人気になるのかどうかが問題だが、全14戦中12戦が1番人気となぜか毎回人気になる馬。今回も大凡走ではないので、次走も人気になると見て取り上げる。

  馬券Summary
阪神ダートは外枠有利
 このタイトルで結論を言ってしまっているが、阪神ダートはだいたい外枠が有利。その主な原因は全てのコーナーがキツいという事。おむすび型をしているので、1コーナーから2コーナーにかけては小さいコーナーが連続で続いて、さらに4コーナーで90度以上回るので、内が窮屈になりやすい。芝・ダート両方、コースが改修された2006年より前は、3コーナーが今より鋭角だったので、距離を問わずかなり外枠有利だったが、3コーナーが緩くなった2006年以降は1200mと1800mは極端に外枠有利では無くなった。
阪神ダートは外枠有利
しかし芝からのスタートでなおかつ最初のコーナーまでが長い1400mと2000mは依然として外枠有利。2000mに関してはサンプルがそう多くない上に先週の仁川Sが枠連1-1なので、枠順が最終決断の決め手になるという程ではないが、1400mはズーッと前からかなり外枠有利なので、枠順を気にすべきコース。かつてプロキオンSとかシリウスSが阪神ダート1400mで行われていたが、これがほとんど外枠同士の組み合わせになっていて、重賞23回やって1枠が1勝、2枠が2勝、3枠が1勝だった。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26