2018年3回中山2日目

開催一覧
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がマイナス0秒1だった。連続開催ですのでさかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、前の開催5日目は雨の影響でプラス0秒5からスタートしたが、他の開催日はほとんど水準レベルで推移している。
 中間に45ミリほどの雨が降った。土曜は稍重発表からスタートして9Rに良馬場になったが、馬場差は1日を通した数値。いずれにしても時計の掛かるレベルではなくて、日曜はさらに回復が進んでマイナスの数値になった。ただ、Aコースも5週目とあって、内がかなり傷んで来ており標準の馬場差も手伝って、ペースに関わらず、外からの差し・追い込み馬が決まっていた。今週からBコースに移行。荒れた内がカバーされる事で、内の逃げ・先行馬も巻き返して来る事が予想できる。また、その後も芝の生育が進行して、週を追う毎に時計も速くなって行くと思われる。
 先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒1からマイナス0秒8への変動、日曜がマイナス0秒5からマイナス0秒1への変動。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒8からマイナス0秒6への変動、日曜がマイナス0秒4からマイナス0秒1への変動だった。さかのぼって8日間の馬場差を確認しておくと、雨の影響の有無によって時計の出方が異なり、馬場差も安定しない。先週は土曜が時計の出やすいコンディションだった。
 中間の雨の影響から土曜は高速寄りの馬場差からスタートした。朝の段階でかなりの水分を含んでいたが、気温の上昇とともに徐々に回復して行った。馬場差は変動で、土曜は1800mで1Rから12Rまでで0秒3、1200mが2Rから10Rまでに0秒2水準方向に向かった。日曜はさらに乾いて、1800mがマイナス0秒5、1200mはマイナス0秒4から始まって最終的には水準に近い数値まで回復していた。連対馬の脚質も時計の推移に比例している。時計が速かったうちは前に行った組が強くて、時計を要して行くにつれて後ろが届くように変化して行った。


  タイム分析
 2018/03/25 (日)  芝=-0.1  Aコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
4R T2200 ヘッドストリーム    牡3 未勝利 2:15.5 -0.5 --- -0.4 -0.1 B D 6.08
5R T1800 ロードライト    牝3 500万下 1:51.6 +2.7 -1.0 +1.8 -0.1 SL D 6.64
6R T1200 キングキングキング    牡3 500万下 1:09.7 +0.3 --- +0.4 -0.1 D D 8.07
9R T1800 ジョンブドール    牝6 両国特別1000 1:49.6 +1.7 -0.6 +1.2 -0.1 SL C 9.00
10R T2000 サーブルオール    牡5 美浦S1600 1:59.9 -0.3 --- -0.2 -0.1 C C 5.36
 2018/03/25 (日)  ダ=-0.5 → -0.1 / 1200m=-0.4 → -0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R D1800 フクキタル    牝3 未勝利・牝 1:56.5 +0.8 --- +1.3 -0.5 E D 9.42
2R D1200 ジョイズエターナル    牝3 未勝利 1:12.5 -0.4 --- ±0 -0.4 C D 7.64
3R D1800 ゲンパチカイナル    牡3 未勝利 1:54.7 -1.0 --- -0.6 -0.4 B D 6.77
7R D1800 ボーントゥレイン    牡5 500万下 1:54.8 +0.8 --- +1.0 -0.2 E D 7.23
8R D1200 ミッキーワイン    牡4 500万下 1:11.8 -0.1 --- +0.1 -0.2 C D 8.23
11R D1800 センチュリオン    牡6 マーチSHG3 1:52.1 +0.5 --- +0.6 -0.1 D C 8.75
12R D1200 ダノンアイリス    牝5 1000万下 1:11.6 +0.3 --- +0.4 -0.1 D D 8.82

中山1R 3歳未勝利・牝 タイムE
 基準より1秒3遅い勝ちタイムだった。
中山3R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒6速い勝ちタイムだった。ゲンパチカイナルが今回は圧勝した。
1着 ゲンパチカイナル 勝ち馬注目
 1着ゲンパチカイナル、前走は3着馬を9馬身離して勝ったトーセンヴィータと一騎討ちのクビ差2着。ランクはCだったが、今回は相手にも恵まれて余裕の逃げから後続を突き放して、ランクを一気に上げてきた。芝の重賞を3勝したマイネルラクリマの半弟。他の兄弟馬も芝のタイプが多かったが、この馬はパワータイプに出た。500万下でも上位候補。
2着 カフェアトラス 
 2着のカフェアトラス、新馬戦4着から1つずつ着順を上げて、タイムも短縮して来た。それでもまだプラス0秒6のDランク。メンバーに恵まれないと勝てる数値ではない。
中山4R 3歳未勝利 タイムB
 基準より0秒4速い勝ちタイムだった。ヘッドストリームが休み明け2走目で初勝利を挙げた。
1着 ヘッドストリーム 
 1着ヘッドストリーム、完全タイム差はマイナス0秒4。ギリギリのBランクだが、2200m戦で全てのラップが12秒台という珍しくもあり、緩みのない流れだった。これを終始先行。4コーナーで動いて来た1番人気のグランサムを0秒7差の4着に失速させて、押し切ったんですから強かったと思う。父がダイワメジャー、近い近親にカレンブラックヒル、芝の中・長距離なら昇級しても狙える。
2着 トーセンニケ 
 2着のトーセンニケと3着のシンデレラは流れに乗じて差し込んできた。ともに良化は認めるが、まだ半信半疑のところがある。
3着 シンデレラ 
 2着のトーセンニケと3着のシンデレラは流れに乗じて差し込んできた。ともに良化は認めるが、まだ半信半疑のところがある。
7着 トーセンヴィガー 
 むしろ内枠に泣いて、流れに乗り損ねた7着トーセンヴィガーの巻き返しに注意したいと思う。
中山5R 3歳500万下 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
中山7R 4歳上500万下 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
中山9R 両国特別 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
中山10R 美浦S 注目
 前半1000m1分0秒4、後半59秒5の平均ペースだが、まず勝ったサーブルオールのルメール騎手が向正面から動いて2番手に上がり、その後3コーナー過ぎから蛯名騎手のレッドローゼスが一気に動き、マクり切った。見ていて本当に面白いレースだった。これら2頭が完全タイム差をマイナスの数値まで引き上げた事になる。
1着 サーブルオール 
 直線もデットヒートが続いて、ラストで内のサーブルオールが差し返して連勝。この馬、すぐに徒は言わないが、いずれオープンでも通用してくるでしょうし、勝ち味の遅い2着レッドローゼスにしても、自己条件は1・2戦の内に勝ち上がれると思う。
2着 レッドローゼス 
 直線もデットヒートが続いて、ラストで内のサーブルオールが差し返して連勝。この馬、すぐに徒は言わないが、いずれオープンでも通用してくるでしょうし、勝ち味の遅い2着レッドローゼスにしても、自己条件は1・2戦の内に勝ち上がれると思う。
中山11R マーチS 重賞
 タイムランクはD・メンバーランクはCだった。センチュリオンが勝って重賞初制覇となった。
1着 センチュリオン 
 1着センチュリオン、昨秋のラジオ日本賞勝ち以降は得意の中山ダート1800mに専念。マーチSを勝つことに最大目標にして来た。まず厩舎のこのレースに賭ける熱意がもたらした勝利。そんな感じがする。加えて2走前までの追い込みではなくて、前走の総武S勝ちから好位で競馬ができて来たのも大きかったと思う。主戦の大野騎手がGIに向かった事で、おはちが回って来た幸騎手も完璧な騎乗。きっちりと仕事をこなした。番組の関係から、次走は他場を使う事になるのだろうが、器用さを備えた現在なら期待して良いのではないだろうか。
2着 クインズサターン 
 クインズサターンがセンチュリオンにハナ差迫って2着だった。その2着のクインズサターン、得意の東京だけではなくて、最近は中山でも末脚をムラなく発揮できるようになって来た。今回はいつもよりも、1列前で折り合えていましたし、ハンデ戦で重量の利もあった。賞金を加算できたのが収穫。重賞制覇も近いと思う。
3着 ロワジャルダン 
 その後は現在は大井所属のロワジャルダンが3着だった。3着ロワジャルダン、中央時代の成績からこのぐらいの地力はある。ただ、頭打ち気味での地方移籍であり、これを再生させたのは南関東の調教師の腕。ブルドックボスと同じパターンだった。直線は失速したエピカリスの直後で、手綱を引っ張る不利もあった。まだまだやれると思う。
9着 ハイランドピーク 
 1番人気のハイランドピークは9着だった。その9着ハイランドピーク、勝ち時計やラップ構成からも前2走の競馬ができていれば、負けなかったはず。スタートで横の馬に少し寄られて、ハナが無理と判断して後方の競馬になったと思われるが、サンマルデュークと並んで離れた後方からでは苦しいと思う。緩急自在の競馬ができて来ていたが、やはり前で戦ってこそのタイプだと思う。次は巻き返しに期待できるが、東京1600mは本質的に向いていないと私自身は思っている。

  馬券Summary
なし
なし
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26