2018年2回函館6日目

開催一覧
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0、日曜がマイナス0秒9だった。さかのぼって6日間の芝の馬場差を確認しておくと、1週目は雨の影響で時計が掛かっていたが、2週目・3週目はマイナス方向に数値が動いた。
 連続開催の最終週だったが、この開催の1・2週目と比較すれば雨の影響はほとんどなく、馬場は乾いて時計は出やすくなっていた。1回開催前半ほどの高速馬場ではないが、速い時計の出るレベル。連対馬の脚質を見ると、後方からの追い込みはなく、全体として前めにつけた馬が優勢だった。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がマイナス0秒3だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、マイナス1秒台になった日はなかった。
 開催4日目までは良馬場の日はなかったが、高速馬場と言う程ではなかった。そして稍重だった4日目を含め、後半3日は水準に近いレベルだった。連対馬の脚質については、逃げ・先行馬が優勢で、土日10鞍中逃げ・先行馬が絡んでいないのは3鞍。


  タイム分析
 2018/07/22 (日)  芝=-0.9  Bコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 パブロフテソーロ    牡2 未勝利 1:09.9 -0.6 --- -0.1 -0.5 C C 3.33
4R T2000 デルマウオッカ    牡3 未勝利 2:01.9 -0.3 -0.6 ±0 -0.9 C D 8.67
5R T1800 ウィクトーリア    牝2 新馬 1:48.3 -2.3 -0.6 -2.1 -0.8 A C 6.50
8R T1800 ミッキーチャーム    牝3 500万下 1:48.3 -0.2 -0.8 -0.2 -0.8 C C 4.71
10R T2000 レイエンダ    牡3 松前特別1000 1:59.3 -1.2 -0.7 -1.0 -0.9 A C 5.71
11R T1200 アスターペガサス    牡2 函館2歳G3 1:09.4 -0.2 --- +0.3 -0.5 D C 7.40
12R T1200 クードラパン    牝5 潮騒特H1000 1:08.9 -0.1 --- +0.4 -0.5 D D 9.20
 2018/07/22 (日)  ダ=-0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
2R D1000 ミンデンユウカ    牝3 未勝利・牝 1:00.0 +0.1 --- +0.3 -0.2 D D 7.00
3R D1700 ラインマッシモ    牡3 未勝利 1:48.3 +0.7 --- +1.0 -0.3 E C 7.20
6R D1000 キタノユーリン    牝4 500万下・牝 0:59.5 +0.3 --- +0.5 -0.2 D D 7.80
7R D1700 バトルスピリッツ    牡4 500万下 1:46.5 +0.1 --- +0.4 -0.3 D C 5.38
9R D1700 キープシークレット    牝3 500万下 1:47.0 +0.6 --- +0.9 -0.3 E C 7.44

函館3R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒0遅い勝ちタイムだった。
函館5R 2歳新馬 タイムA
 基準より2秒1も速い勝ちタイムだった。1番人気ウィクトーリアが期待に応えてレコード勝ち。1000m通過1分1秒3だったが、そこから一気にスピードアップ。上がり600mは34秒9で、ペース補正で0秒6入ってはいるが、最後は追わずにゴールインしていますから、価値は高い。スローになりやすい2歳の芝1800mで、タイムも1分48秒台。レコード自体には特に価値はないが、このレース内容と上がりの優秀さ、それから2着以下につけた着差は価値が高いと思う。
1着 ウィクトーリア 勝ち馬注目
 勝ったウィクトーリアは母が秋華賞馬ブラックエンブレム。半兄には新潟記念とエプソムCで2着のアストラエンブレム。それから弥生賞2着ブライトエンブレムがいる良血。スケールの大きさからは、ついにこの血統から初の重賞勝ち馬が出そうな雰囲気さえ感じる。今から次走が楽しみ。
2着 クラサーヴィツァ 
 2着以下だが、離れての入線だった。2着クラサーヴィツァは3馬身差をつけられたが、3着には4馬身つけた。3冠牝馬メジロラモーヌの孫。きさらぎ賞2着の現3歳グローリーヴェイズの近親にあたる。当然次走は勝ち負けではないだろうか。
函館9R 3歳上500万下 タイムE
 基準より0秒9遅い勝ちタイムだった。
函館10R 松前特別 タイムA
 基準より1秒0速い勝ちタイムだった。3歳馬レイエンダはこれで3戦3勝となった。レースの上がり600mが34秒5で後半の勝負となった。半年ぶりのエルリストンが逃げて、直線もよく粘ったが、3番手を追走したレイエンダが直線で桁違いの脚を使って完勝した。
1着 レイエンダ 勝ち馬注目
 勝ったレイエンダ、メンバー中上がり600m最速の34秒1を使った。それもまぁ鞍上が追ったのは最後の200mだけですから、ムチも使わずに馬なりで上がって行って、瞬発力だけで差し切り。これで3連勝だが、まだまだ奥がある。骨折で春のクラシックを棒に振ったが、次走上のクラスでも問題ないでしょうし、神戸新聞杯出走とか言う可能性もあるかもしれない。順調なら秋は全兄のダービー馬、レイデオロと同じようにジャパンカップ出走があるのか、あるいは秋の天皇賞とかちょっと夢を見たくなるような勝ち方だったと思う。
2着 エルリストン 
 エルリストンが勝ち馬から2馬身差の2着だった。2着エルリストン、人気薄だが逃げの手に出たのが好走要因だろうか。去勢して5戦目だが、馬体が回復したのも良かった。次走勝ち負けする力はあると思う。
3着 カリビアンゴールド 
 3着カリビアンゴールドはやや踏み遅れた感。レイエンダの後ろから仕掛けたのでは、ちょっと少し遅かった。次走勝ち負けする力はあると思う。
函館11R 函館2歳S 重賞
 タイムランクがD・メンバーランクはCだった。ロードワンダー、そして3枠の人気2頭のスタートがあまり良くなかった。平均に速いペースで4コーナー手前で、逃げたラブミーリッキーが一杯になって、エムティアンが先頭に出るが、外のラブミーファインがすごい手応えで、好位から来たカルリーノには差させず、逃げ込むかと思われた。そこへアスターペガサスが直線、外めを一気と。本当に最後は鮮やかにちょっとだけ差したというレースになった。
1着 アスターペガサス 
 外から追い込みを決めたアスターペガサスが勝利を収めた。スタートで出遅れて後方からになったが、外に出さず馬群の真ん中を抜けて、瞬発力で差して来た。運もあるが、1頭分のスペースを抜けて来たのは鮮やかだった。小崎騎手重賞初制覇にふさわしいレースだったと言えるんじゃないだろうか。
2着 ラブミーファイン 
 惜しいハナ差の2着がラブミーファインだった。手応えも位置取りも完璧で、ほぼ勝った競馬だったが、残念だった。距離短縮、よく克服した。
3着 カルリーノ 
 その後カルリーノが3着、4着に道営馬エムティアンと続いた。カルリーノはスタート安めながら出して行って好位へ行った。上手く立ち回ったが少し足りなかった。
4着 エムティアン 
 その後カルリーノが3着、4着に道営馬エムティアンと続いた。それから4着エムティアン、9番人気ながら前へ行って見せ場を作った。早めに来られながらよく粘っている。
9着 ナンヨーイザヨイ 
 それから1番人気9着のナンヨーイザヨイだが、4コーナーで進路がなくなり不利があって、さらに直線で内の馬とぶつかって厳しいレースになってしまった。直線良い脚使ったが残念だった。

  馬券Summary
前走、函館か札幌で1着だった馬を狙う
 北海道シリーズのダートの話だが、昇級戦の馬とか前走オープンで勝った馬が活躍している。やっぱり同じコースで走る事が多い、それから滞在競馬で好調な馬が調子を持続しやすいという事が影響しているんじゃないかと思われる。そこで、札幌ダートの狙い方、今週から始まりますので前走函館か札幌で1着だった馬を狙ってみたいと。この方式で昨年の札幌競馬を全部調べてみた。
前走、函館か札幌で1着だった馬を狙う
結果30頭が出走して、4勝2着4回3着4回4着以下18回。勝率も連対率も良くて、複勝率なんか40%ある。単勝回収率も203%、複勝回収率89%となかなかの結果を残していますので、これ、ほとんど全部昇級戦な訳ですから、こんなに好成績なのはちょっとビックリだと思うので、是非試していただきたいと思う。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26