2018年2回札幌1日目

開催一覧
2018/10/14 (日)
東京 京都 新潟
2018/10/13 (土)
東京 京都 新潟
2018/10/08 (月)
東京 京都
2018/10/07 (日)
東京 京都
2018/10/06 (土)
東京 京都
2018/10/02 (火)
阪神
2018/09/30 (日)
中山
2018/09/29 (土)
中山 阪神
2018/09/23 (日)
中山 阪神
2018/09/22 (土)
中山 阪神
2018/09/17 (月)
中山 阪神
2018/09/16 (日)
中山 阪神
2018/09/15 (土)
中山 阪神
2018/09/09 (日)
中山 阪神
2018/09/08 (土)
中山 阪神
2018/09/02 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/09/01 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/26 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/25 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/19 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/18 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/12 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/11 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/08/05 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/08/04 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/29 (日)
新潟 小倉 札幌
2018/07/28 (土)
新潟 小倉 札幌
2018/07/22 (日)
福島 中京 函館
2018/07/21 (土)
福島 中京 函館
2018/07/15 (日)
福島 中京 函館
2018/07/14 (土)
福島 中京 函館
2018/07/08 (日)
福島 中京 函館
2018/07/07 (土)
福島 中京 函館
2018/07/01 (日)
福島 中京 函館
2018/06/30 (土)
福島 中京 函館
2018/06/24 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/23 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/17 (日)
東京 阪神 函館
2018/06/16 (土)
東京 阪神 函館
2018/06/10 (日)
東京 阪神
2018/06/09 (土)
東京 阪神
2018/06/03 (日)
東京 阪神
2018/06/02 (土)
東京 阪神
2018/05/27 (日)
東京 京都
2018/05/26 (土)
東京 京都
2018/05/20 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/19 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/13 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/12 (土)
東京 京都 新潟
2018/05/06 (日)
東京 京都 新潟
2018/05/05 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/29 (日)
東京 京都 新潟
2018/04/28 (土)
東京 京都 新潟
2018/04/22 (日)
東京 京都 福島
2018/04/21 (土)
東京 京都 福島
2018/04/15 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/14 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/08 (日)
中山 阪神 福島
2018/04/07 (土)
中山 阪神 福島
2018/04/01 (日)
中山 阪神
2018/03/31 (土)
中山 阪神
2018/03/25 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/24 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/18 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/17 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/11 (日)
中山 阪神 中京
2018/03/10 (土)
中山 阪神 中京
2018/03/04 (日)
中山 阪神 小倉
2018/03/03 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/25 (日)
中山 阪神 小倉
2018/02/24 (土)
中山 阪神 小倉
2018/02/18 (日)
東京 京都 小倉
2018/02/17 (土)
東京 京都 小倉
2018/02/13 (火)
小倉
2018/02/12 (月)
東京
2018/02/11 (日)
東京 京都
2018/02/10 (土)
京都 小倉
2018/02/04 (日)
東京 京都
2018/02/03 (土)
東京 京都
2018/01/28 (日)
東京 京都 中京
2018/01/27 (土)
東京 京都 中京
2018/01/21 (日)
中山 京都 中京
2018/01/20 (土)
中山 京都 中京
2018/01/14 (日)
中山 京都 中京
2018/01/13 (土)
中山 京都 中京
2018/01/08 (月)
中山 京都
2018/01/07 (日)
中山 京都
2018/01/06 (土)
中山 京都
  馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒2、日曜がプラス0秒1だった。さかのぼって6日間の芝の馬場差を確認しておくと、前の開催2週目は高速馬場だったが、その後は雨の影響でプラスの数値か、水準に近いレベルで推移している。
 先週の札幌は月曜日から金曜日まで毎日雨が降っていたが、土曜朝の含水率は高くなく良馬場。しかし、芝の傷みは進んでいて、Cコースに移っても高速馬場には戻らなかった。日曜の朝にまた雨が降って、日曜の4R以降は稍重。良馬場発表の1Rもレース前から雨が降っていて、ほとんど稍重。という事で馬場差は変動ではないが、土曜よりさらに時計が掛かっていた。雨の影響があったとは言え、Cコース1週目で先週のような馬場差になったのなら、今週そして来週といきなり高速化する事は考えにくい。パワーのある馬が好走しやすい馬場が続くと思う。
 先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともにマイナス0秒5だった。さかのぼって6日間の馬場差を確認しておくと、全てマイナスの数値だが、週によって時計の出方は異なり、前の開催3週目は脚抜きが良く、かなりの高速馬場になった。
 月曜から金曜まで毎日雨が降って土曜は稍重だった。日曜朝の含水率は土曜より低かったが、その計測後に雨が降ったので、結局土曜と日曜の馬場差は同じになった。


  タイム分析
 2018/08/18 (土)  芝=-0.2  Cコース
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
1R T1200 イッツクール    牡2 未勝利 1:10.0 -0.8 --- -0.7 -0.1 B D 2.25
2R T1800 シェーングランツ    牝2 未勝利 1:51.1 +0.3 --- +0.5 -0.2 D C 9.00
5R T1500 エレナレジーナ    牝2 新馬 1:32.8 +1.7 -0.7 +1.2 -0.2 SL C 5.00
7R T2000 ティイ    牝3 未勝利 2:03.5 +0.5 --- +0.7 -0.2 D D 8.33
10R T1800 トーセンスーリヤ    牡3 富良野特500 1:49.1 -0.1 --- +0.1 -0.2 C C 5.00
11R T2600 ララエクラテール    牡6 札幌日H1000 2:42.1 +0.3 --- +0.6 -0.3 D C 6.33
12R T1500 ウインシャトレーヌ    牝4 石狩特別500 1:30.1 +0.7 -0.2 +0.7 -0.2 D C 5.78
 2018/08/18 (土)  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 P補正 完T差 馬場差 WL TL ML 次走
3R D1700 シネマソングス    牝3 未勝利・牝 1:46.6 -0.2 --- +0.3 -0.5 C D 5.00
4R D1000 ミヤジサクラコ    牝3 未勝利 0:59.5 -0.1 --- +0.2 -0.3 C D 6.00
6R D1700 ディナミーデン    牡3 未勝利 1:47.7 +0.9 --- +1.4 -0.5 E D 7.50
8R D2400 サトノヴィクトリー    牡4 500万下 2:35.8 +1.3 --- +2.0 -0.7 E D 7.60
9R D1700 クルークハイト    牝4 500万下・牝 1:45.9 +0.2 --- +0.7 -0.5 D C 5.83

札幌1R 2歳未勝利 タイムB
 基準より0秒7速い勝ちタイムだった。イッツクールが逃げて2番手にファンシャン、そしてファムファタルが続いた。直線に入ってもイッツクールが先頭にいて、後続を離して1着。4馬身差でファンシャン、さらに4馬身離れてファムファタル。4コーナーの通過順での決着だった。
1着 イッツクール 勝ち馬注目
 イッツクールが距離短縮し、1200mで逃げ切った。イッツクールはスタートは普通でもその後のダッシュが鋭く、さらに直線で突き放した。これまでダート1200m・芝1400mと使って来たが、芝1200mで本領発揮となった。距離に限界はありそうだが、短距離路線なら今後も注目できる。
2着 ファンシャン 
 2着のファンシャンは楽に2番手を追走していたが、追って一息。安定はしていても勝ちきれないタイプに見えるが、それも組み合わせ次第だと思う。
3着 ファムファタル 
 3着のファムファタルはピッチ走法で伸びなかったが、スタートの早さは目立った。個人的にはダート短距離に出てきたら狙いとメモってある。
札幌5R 2歳新馬 タイムSL
 前半・中盤が遅く、補正しきれずスローの扱いとする。
札幌6R 3歳未勝利 タイムE
 基準より1秒4遅い勝ちタイムだった。4着のアスールダリアについて。
4着 アスールダリア 
 スタート直後からステッキをバンバン入れて逃げたが、900m55秒7。1000mが推定61秒8と速くなってしまった。今回出ムチを入れて逃げた伏線に前走にあって、前走は出遅れてその後叩いてもダッシュがつかず、1番人気で10着だった。そうならないように、最初から出して行ったが、それが裏目に出てしまった。ちょっとリズムが悪くなっているが、優先出走権は確保したので、札幌の内にもう一回使えるはず。普通のペースで先行できれば、巻き返して好走できると思う。
札幌8R 3歳上500万下 タイムE
 基準より2秒0遅い勝ちタイムだった。
札幌10R 富良野特別 注目
 4着だったバリングラについて。
4着 バリングラ 
 体重が14キロ増えていて、これがデビュー以来の最高体重。なおかつ体重以上に腹回りが緩く、仕上がり途上だった。それでも4コーナーで外をマクって来て、オッと思わせた。かつては右回りのコーナリングに難があった馬。札幌のコーナーが緩いとは言え、右回りのコーナーで追い上げて来る走りはスムーズで、弱点が減ったように感じる。使って良くなってきそうな体付きでしたし、右回りにも不安がなくなったとなれば、次走はコースがどこであれ、注目できる。

  馬券Summary
夏血統ノヴェリスト
 現3歳世代が初年度産駒のノヴェリストだが、2回前の放送で取り上げたオルフェーヴルと同じように、初年度産駒の新馬・未勝利戦の成績を月ごとに出してみると
夏血統ノヴェリスト
11月未勝利、12月1勝、1月・2月が未勝利と来て、3月に2勝、そして4月に5勝。この部分だけを見ると晩成タイプが多いように見えるが、恐らくそうではなくて、寒い時期が苦手という事だと思う。2歳6月から9月までの新馬戦では、芝に限らると4勝2着6回で、連対率は38.5%。晩成タイプが多い種牡馬の成績ではない。ここでさりげなく芝に限ればと言ったが、目立つ特徴としてダートが合わない馬が多いという事がある。軽い芝でスパッと切れる産駒が多くないので、ダートに使いたくなるようだが、この表の集計期間では全てのクラスを通じてダートではわずか6勝。その6勝は全て1番人気から3番人気の上位人気で、しかも1番人気の時の連対率が30.8%しかない。寒い時期が苦手と思われる上に、冬は下級条件のレースの多くがダートなので、1月から2月の勝ち上がりがゼロというのは、当然とも言える結果だと思う。芝なら2歳の初期から走るが、冬は不振なので、ダート、特に冬のダートでは軽視して、温かくなって来たら注目。また、ダートで凡走していても芝で一変する産駒がいるので、これも狙い目となる。一例として8/5の新潟4R芝1600mを勝ったアビームはダート12着の直後に芝で2着。その後にダート13着でその直後に芝で1着という、ノヴェリスト産駒のサンプルのような成績になっている。
当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。情報の修正依頼・ご要望等はこちらへ by ittai
since 2001.06.26